増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【孤鞍雨を衝いて茅茨をたたく 少女はために貽る花一枝】(こあんあめをついてぼうしをたたく しょうじょはためにおくるはないっし)(落語・道灌「『何か字が書いてありまンねェ』『孤鞍雨を衝いて茅茨をたたく、少女はために貽る花一枝、少女はいわず花語…