読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【合縁奇縁】あいえんきえん)縁は不思議のものにて、合えば能く和熟するものなりとの意。愛縁機縁(愛の縁あれば愛し、機の縁あれば発すとの意)より転ぜしなるべし。──【諺語大辞典】(講談・梁川庄八「主從只二人、合縁奇縁といふか、此三蔵がひどく庄八の氣に入つた」)落語:道灌、反魂香、蜀山人、雑俳 講談:大久保彦左衛門、紀伊国屋文左衛門、笹川繁蔵、慶安太平記、寛永三馬術

【愛想もこそも尽き果てた】あいそもこそもつきはてた)「仕様模様モアル」、「惚タ腫レタ」、「ヨノメサノメ」など重ねていうと同じく、単に愛想の尽きるという意。──【諺語大辞典】(落語・宮戸川「夫婦養子でもなんでもして死に水をとってもらう。他人様に。もう愛想もこそもつきはてた」)落語:厩火事、浜野矩随、百人坊主、寝床、木乃伊取り、代脈 講談:小金井小次郎、伊賀の水月天明白浪〜むささびの三次、盲目吉兵衛

【開いた口に牡丹餅】あいたくちにぼたもち)物事に運よく、求めずして幸いの来るをいう。──【諺語大辞典】(講談・大岡政談お花友次郎「情けの深い升屋久蔵の言葉、開いた口に牡丹餅と、猫をかぶつて升屋の店の隅に座り」)

【相手変われど主変わらず】あいてかわれどぬしかわらず)人と共に為すことの、いつまでもおのれ一人は同一事を継続して行う時にいう。──【諺語大辞典】 「相手変わらず主変わらず」(落語・三軒長屋)などとも。(講談・岩見重太郎「相手変われど主変わらずだから、さすがの重太郎もかなわない、だいぶ酩酊をして参りました」)落語:大山詣り三方一両損

【相手のない喧嘩はできない】あいてのないけんかはできない)「狂人(キチガヒ)モ一人ハ狂ハズ」ともいう。──【諺語大辞典】(落語・蒟蒻問答「相手のねえ喧嘩ァ出来ねえまさかお前にやる訳にはいかねえだろう」)

【逢い見ての後の心にくらぶれば、昔は物を思わざりけり】あいみてののちのこころにくらぶれば、むかしはものをおもわざりけり)権中納言藤原敦忠の歌「あひ見てののちの心にくらぶれば昔は物を思はざりけり」による。(実録・妲妃のお百「逢見ての後の心にくらぶれば、昔しは物を思はじと浪花に於て知られたる桑名屋徳兵衛が、古郷を跡に江戸へ來り、元手の金もなき故に紙屑買と成果てし哀れなる有様」)

【会うは別れのはじめ】あうはわかれのはじめ)逢うということあれば、既に別るゝことあるを予期せざるべからず。(藤原)家隆、いつのまに年月のごと思ふらん逢ふは一夜のけさの別れを。──【諺語大辞典】(講談・磯貝十郎左衛門「昔の人の言うた通り、会うは別れのはじめとやら、そちに再び会えぬかも知れぬ」)講談:水戸黄門

【青菜に塩をかけられたよう】あおなにしおをかけられたよう)力なくうちしおるる様にたとう。──【諺語大辞典】(落語・地見屋「奴さん青菜に塩といふ格好で」)落語:京見物、相撲の蚊帳

【青は藍より出でて藍より青い】あおはあいよりいでてあいよりあおい)弟子の師にまさる類のことをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・中村仲蔵青色は藍より出でて藍より青い。どうして俺のような者にお前のような弟子ができたか」)

【赤い顔してお酒を飲んで後の勘定で蒼くなる】あかいかおしておさけをのんであとのかんじょうであおくなる)(講談・玉菊燈籠「赤い顔してお酒を呑んで、後の勘定で蒼くなる――手に取つて見ると百五十兩餘、彌吉ははつと思つて蒼くなりました」)

【赤い布団の上で言われたことを本当にするのは馬鹿】あかいふとんのうえでいわれたことをほんとうにするのはばか)(講談・関東七人男「赤いふとんの上で言われたことを本当にするのは馬鹿だが、おやまは嘘を吐くような女じゃァねえ」)

【(赤)児を捨てる藪はあれども、身を捨てる藪はない】あかごをすてるやぶはあれども、みをすてるやぶはない)「子ヲ棄ツル藪ハアレド身ヲ棄ツル藪ハナシ」窮しては最愛の子をも棄つることあれども、自己の身を棄つること能わずとの意。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「子をすつれとも身をすつるやぶはなし」とある。(講談・野狐三次「赤児を捨てる藪はあれども、身を捨てる藪はねえという世の譬えもある。憎くって捨てた訳じゃあるめえが」)講談:安中草三郎

【赤んぼの前で風車まわすようなことを言うな】あかんぼのまえでかざぐるままわすようなことをいうな)(落語・牡丹燈籠「そんなお前、赤んぼの前で風車まわすようなことをお言いでないやね」)落語:山崎屋、梅若礼三郎

【「商い」てえくらいだから飽きずにやらなくちゃいけねえ】あきない、てえくらいだからあきずにやらなくちゃいけねえ)(落語・道具屋「なァ、商いてえくらいのもんだ、飽きずにやンなくちゃだめだ」)落語:時そば、豆屋 講談:魚屋本多

【商いは牛の涎】あきないはうしのよだれ)商売は牛の涎の少しずつ絶えざる如く、気永にかまえて、利得を急ぐべからずとの義。──【諺語大辞典】(落語・古着屋「それに気が短かい、商いは牛の涎、気を長く持って御客の気を外らさないようにしなければ商売は繁昌しません」)《い》

【商いは馬鹿になれ】あきないはばかになれ)(落語・孝行糖「世の諺に『商いは馬鹿になれ』というのがあるでしょう。あいつは本当の馬鹿だ」)

【秋の日は釣瓶落としあきのひはつるべおとし)暮るゝことの急速なるをいう。釣瓶落シは急下の喩。──【諺語大辞典】(講談・幡随院長兵衛「秋の日は、釣瓶落しと申しますが、その日も、やがて雀色時となる」)

【呆れかえってそっくり返って天神様の脇差あきれかえってそっくりかえっててんじんさまのわきざし)「天神様の脇差のよう」そりかえっているというしゃれ。曲がっているさま、また、いばっているさまなどにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・双蝶々「ははは、只ァ銭くんろとよ。呆れけえってそっくりけえって天神様の脇差だあ」)落語:五人廻し

【あきれ蛙の頬かぶり】あきれかえるのほおかぶり)「蛙の頬冠り」(蛙が頬冠りをすると目がかくれて前方が見えないことから)向こうが見えない、目先のきかないことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永三馬術「さうか、何だアハハハハハ、呆れかへるの頬冠りと云ふのは此の事だ」)講談:武林唯七

【商人は損と元値で蔵を建て】あきんどはそんともとででくらをたて)「商人ノ元値」商人の物を売るに、元値が切れるなどいいて、人に勧めること多きをいう。商人は川柳。「商人ハ損シテイツカ倉ガ建ツ」利益なしと口にいいながら、いつしか富裕となるをいう。──【諺語大辞典】(落語・高田の馬場「商人は損と元手で蔵を建て……という川柳がございますが、これが、いくら正直がいいといっても馬鹿正直というものはいけませんもので……」

【悪盛んなるときは天に勝ち、天定まって人に勝つ】あくさかんなるときはてんにかち、てんさだまってひとにかつ)「天定まって人に勝つ」 邪悪非道な人間が一時は栄えることがあっても、やがて天運が常態に復すれば自然の理(天理)に従って悪は滅び、善が栄えるようになる。人は多数をもって一 時は天の道を踏みにじることもできよう、しかし天の道が定まればそうした人間たちはことごとく天に打ち破られてしまう。人力の天に及ばないことをいう。 ──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・猿飛佐助「悪盛んなる時天に勝ち、天定まって人に勝つ。此方猿飛佐助は、日が暮れると急ぎ城内を立ち出で」)講談:越後伝吉、寛永御前試合、藪原検校

【悪事の栄える例なし】あくじのさかえるためしなし)「悪は一旦の事なり」悪事が通用するのは一時的なものであって、結局は正義にかなわない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永御前試合「悪事の栄えし例なし、今のうちに思いとどまり候え」)講談:越後伝吉

【悪事の尻が割れる】あくじのしっぽがわれる)「尻(シリ)ガワレル」陰事の発覚するをいう。──【諺語大辞典】、隠し事が発覚する。悪事・秘密が露見する。──【江戸語の辞典】(講談・小金井小次郎「惡事の尻が割れて此の島へ斯うして來て居るんだ」)

【悪事は千里を走り、好事は門を出ず】あくじはせんりをはしり、こうじはもんをいでず)悪事は忽ち世間にあらわる。──【諺語大辞典】、善い事はなかなか世間に伝わらないが、悪い事は千里の遠い所までも直ぐ知れ渡る──【江戸語の辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・和久半太夫「然るに好事門を出でず、悪事千里を走る、誰云ふとなく、此事がパツと世間へ廣がつた」)講談:獄門小僧、寛永三馬術、寛永御前試合、百猫伝、妲己のお百 落語:夢金、猫久、おもと違い 

【悪女の深情け】あくじょのふかなさけ)悪女は愛情深し。難有迷惑という場合に用う。──【諺語大辞典】、「悪女」みにくい女、醜女。──【江戸語の辞典】(講談・安中草三郎「悪女の深情けとはよく云つたもので、飄輕者の勘治もこれには一番閉口していろいろ思案の上」)講談:相馬大作

【悪銭身につかず】あくせんみにつかず)不正の手段方法によりて得たる金銭は、忽ち消失して手に留まらざるべきをいう。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「あるにまかせて、あっちこっちと遊んでいるうちに、もとより悪銭身につかず、てもなく再びはだかになって」)落語:竃幽霊、講談:水戸黄門

【悪態もくたい】あくたいもくたい)「アクタモクタ言ウ」=「アクゾモクゾ言ウ」人の 欠点をあげて、さまざまに悪口すること、芥藻屑(アクタモクヅ)より転ぜしものならん。──【諺語大辞典】、「あくたもくた」の上半を悪態とし、これに脚 韻を揃えて下半を「もくたい」とした強調語。──【江戸語の辞典】(講談・新門辰五郎「そんな事情も知らないで、苛めたり惡態もくたい、だからお前さん達は土偶の坊だといふんさ」)

【悪党も木刀もない】あくとうもぼくとうもない)(講談・本所五人男「惡黨も木刀もあるものかコレ、見ろと云ひながら腕をまくつて一本這入つて居た入墨を見せ」)

【悪に強きは善にも強い】あくにつよきはぜんにもつよい)悪心強き者一旦悔悟すれば、非常の善人となる。──【諺語大辞典】「毛吹草」にもある。芝居の河内山宗俊のセリフでも有名。(講談・天保六花撰「自分がいうのもおかしいが、立派な相談相手、悪に強けりゃあ、善にも強いのたとえ」)講談:水戸黄門、猿飛佐助、名刀捨丸、左甚五郎、鼠小僧次郎吉、夕立勘五郎、安中草三郎

【悪筆唐様に似たり】あくひつからようににたり)(講談・赤穂義士伝・南部坂雪の別れ〜楠屋勢揃い「この手本はひどい字だ。悪筆唐様に似たりということがあるが、ひどい字だ」)

【上げ潮のごみ】あげしおのごみ)(落語・風呂敷「ざまァみやがれ、上げ汐のごみ!」←志ん生師、同・佐々木政談「馬鹿ッ、また引っかかってやがる……上げ潮のごみ!」←円生師)

【揚げ膳据え膳】あげぜんすえぜん)「上げ膳、据え膳」膳の上げ下げなどいちいち給仕して客をもてなすこと。優遇することのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・勤王芸者「阿母も揚げ膳、据え膳で食はしてやるんだ」)落語:蒟蒻問答 講談:安中草三郎

【阿漕ヶ浦】あこぎがうら) たび重なれば顕るという意。──【諺語大辞典】、「阿漕」古今六帖四「あふことを阿漕が島に引く網のたび重ならば人も知りなむ」により、同じ事の度重なることにいう。貪欲、しつこい、執拗。またつれないこと、不法、無理、無体の意。──【江戸語の辞典】但し落語『西行』では、由来を「伊勢の海阿漕ヶ浦に曳く網も度重なればあらはれにけり」としている。(落語・怪談市川堤「度々遭うておりますうちに、阿漕が浦に引く網というやつで、軍太夫の耳に入る」)落語:政談月の鏡 講談:徳川天一坊、勤王芸者、越後伝吉、赤穂四十七士

【顎で蝿を追う】(あごではいをおう)病み衰えて手で蝿を追い払う元気がなく、顎を振って追い払う。房事過度で気力が全くなくなったさまにいう。──【江戸語の辞典】(落語・首提灯「病人が蠅を追うような恰好しやがったな? 顎で蠅を追う病人は助からねえッてえぞこん畜生め」)

【朝起きは三文の得】あさおきはさんもんのとく)「朝起ニ三文ノ徳アリ」早起の利益あるをいう。──【諺語大辞典】(講談・伊賀の水月「ところがただ一軒、角屋三右衛門という旅籠屋では、主人が朝早く起きると三文の得があるといって」)落語:ろくろっ首 講談:水戸黄門

【朝帰りだんだんうちが近くなり】あさがえりだんだんうちがちかくなり)(落語・五人廻し「朝帰りだんだんうちが近くなり……なんてえのがありますな。行きはッてえと、たいへん遠いように思う」)落語:子別れ

【朝酒は女房を質に置いても飲む】あさざけはにょうぼうをしちにおいてものむ)「朝酒門田(かどた。門の前にある田。屋敷の近くで耕作に便利)ヲ売ッテ飲メ」五割ノ金ヲ借リテモ朝酒ハ飲メともいう。朝の酒は味よく、且衛生によしという。──【諺語大辞典】、「借金を質に置いても」(講談・本所五人男)とも。(落語・付き馬「『朝酒は嬶ァを質に置いても飲む』なんてえ昔から譬があるが、いい心得だねェ。ちょいッと飲っただけで朝酒てえものァききますねェ」)講談:慶安太平記

【朝茶はその日の災難を避ける】あさちゃはそのひのさいなんをさける)宮城地方の俗信。──【諺語大辞典】朝茶はその日の祈祷。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・紙入れ「サアお茶をお喫り、朝茶は其の日の災難を避けるというから」)落語:湯屋番

【朝北風に夕南風】あさならいにゆうみなみ)夏は朝北風吹きて、午後南風吹くを常とす。──【諺語大辞典】(落語・芝浜「朝北風に夕南風、少し薄ら寒いが、是れで寿命が延びる」)

【あざのつくほどつねっておくれ それを惚気の種にする】あざのつくほどつねっておくれ それをのろけのたねにする)(落語・唐茄子屋「昔の都々逸に、『あざのつくほどつねっておくれ それをのろけのたねにする』というのがありますが」)

【朝は朝星、夜は夜星をいただいて働く】あさはあさぼし、よはよぼしをいただいてはたらく)「朝は朝星夜は夜星昼は梅干食べて働く」朝はやくから夜おそくまで、精を出して働くこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・算段の平兵衛「一生懸命、朝は朝星、夜は夜星をいただいて働いてる人よりもうまい酒飲んだりしてる算段の平兵衛」)

【欺くにその道を以てすれば君子も防ぎ難し】あざむくにそのみちをもってすればくんしもふせぎがたし)(講談・猿飛佐助「欺くにその道を以てすれば君子も防ぎ難し。短気無類の源心入道は、猿飛佐助の計略にかかり」)

【足が上がる】あしがあがる)位を失うこと。──【諺語大辞典】、奉公人がしくじって、主家を追われる。──【江戸語の辞典】(落語・足上がり足が上がる――というのは、今では死語同様になっている上方言葉ですが、おひまが出る、クビになることを言います」)

【足が早い】あしがはやい)食品が腐りやすい。足が弱い。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・酢豆腐「夫でなくとも豆腐てえものは足が早えものじゃァねえか」)落語:猫の皿

足軽眠がる、空腹(ひだる)がる、鉄砲持たせりゃ重たがる】足軽だるがるひだるがる、鉄砲持たせりゃ重たがる、弁当持たせりゃ食いたがる、うちへ帰れば眠たがる、女を見せれば抱きたがる)(あしがるねむがる、ひだるがる、てっぽうもたせりゃおもたがる)(落語・紫檀楼古木「まことに始末の悪いもので、「足軽がるがる饑るがる、弁当持たせりゃ食いたがる、鉄砲持たせりゃ重たがる、女を見せれば抱きたがる」なんという、まことにどうも始末の悪い人間で」)講談:義士討ち入り、烈女お高

【悪しき病あれば去るべし】あしきやまいあればさるべし)「女ニ七去アリ」父母に孝順ならず、子なきこと、多言、竊盜(せっとう)、淫乱、嫉妬、悪疾、以上を妻を去るべき七条件とす。──【諺語大辞典】(落語・橋場の雪「中に悪しき病あれば去るべしと云ふのは好う御座いますが」=夢の瀬川)

【朝に道を問い夕に死すとも可なり】あしたにみちをといゆうべにしすともかなり):「朝ニ道ヲ聞イテ夕ニ死スルモ可ナリ」[論語]。道を聞くことを得ば、死すとも遺憾なしとの意。──【諺語大辞典】(講談・祐天吉松「君子は朝に道を聞けば夕に死すとも可なりといふ事がある。出來るだらうかの、出來ねえのと云つてやらねえのは一番不可ねえ」)講談:大塩瓢箪屋裁き

【足駄履いて首ったけ】あしだはいてくびったけ)「足駄ヲハイテ首タケ」女に深く惑溺するをいう。──【諺語大辞典】(落語・三枚起請「夢中だよ足駄履いて首ッたけてのァあるが、あの子はそんなどこじゃないよ」)落語:首ったけ、酢豆腐 講談:幡随院長兵衛

【足許から鳥が飛び立つような騒ぎ】あしもとからとりがとびたつようなさわぎ)「足下カラ鳥」不意に事の起りて、騒ぎ立つにたとう。──【諺語大辞典】、「足元から鳥が立つ」突然身近に意外な事件の起こるたとえ。不意の事にあわてることのたとえ。──【江戸語の辞典】。「毛吹草」に「あしもとからとりのたつことし」とある。(講談・大島屋騒動「まあ、足もとから鳥が立つようなこって、お支度が間に合いましょうか」)《い》講談:武林唯七、荒木又右衛門、大島屋騒動、笹川繁蔵

【足元の明るいうちに】あしもとのあかるいうちに)事の手後れにならざる前にという意。日の暮れて足下の弁ぜざるに至る前に、目的の地に達するに喩う。──【諺語大辞典】(落語・庖丁「足元のあかるいうちに、さっさとでておいで」)

【足を棒にする】あしをぼうにする)「足ガ棒ニナル」疲労甚しく、足の感覚を失うをいう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「足も何も棒の様になつて仕舞ひましたが、追分へ着いたのが彼是夜の九刻過ぎ」)
【明日ありと思ふ心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは】あすありとおもうこころのあだざくらよわにあらしのふかぬものかは) 人世の無常をいう。親鸞上人絵詞伝に、上人九歳の詠とせり。──【諺語大辞典】(落語・佃祭「真正に人の身の上は分らないもので、明日ありと思ふ心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」)落語:天王寺詣り、かつぎや、質屋庫、擬宝珠 講談:寛永三馬術、両越大評定、玉菊燈籠、小間物屋四郎兵衛

 【明日の百両より今日の五十両あすのひゃくりょうよりきょうのごじゅうりょう) 「明日ノ百ヨリ今日ノ五十」「末ノ百両ヨリ今ノ五十両」ともいう。少くとも確実なるがよしとの意。──【諺語大辞典】(講談・鼠小僧次郎吉 「明日の百両より今日の五十両てえことがあるからな、お前に叱られる迄も俺は取る気になったのよ」)講談:野狐三次

明日は明日の風が吹くあすはあすのかぜがふく)「明日ハ又明日ノ風ガ吹ク」明日の事は明日の運命に委せて、安んずべし。──【諺語大辞典】(落語・掛取万歳「明日はあしたの風が吹く、どうにかなるなんて、世の中が安直だったせいもある」)落語:言訳座頭、鼠穴 講談:藤原銀次郎

【東男に京女】あずまおとこにきょうおんな)関東に好男子多く、京に美女多し。──【諺語大辞典】(落語・京見物「相を崩しなさんな外見ねえ、東男に京女といふぢやアねえか」)落語:鼻きき源兵衛、講談:安政三組盃、玉菊燈籠、柳沢昇進録

【汗水を流して習う剣術の役にも立たぬ御代の目出度さ】あせみずをながしてならうけんじゅつのやくにもたたぬみよのめでたさ)(落語・蚊いくさ「『汗水を流して習う剣術の 役にも立たぬ御代の目出度さ』不戦条約が成立し、軍縮会議が開かれる世の中でも」)講談:俵星玄蕃

【遊ばんと欲す、遊びて足らず、楽しまんと欲す、楽しみて足らず、偽らんと欲す、偽りて足らず、貪らんと欲す、貪りて足らず、遂に盗まんと欲す】あそばんとほっす、あそびてたらず、たのしまんとほっす、たのしみてたらず、いつわらんとほっす、いつわりてたらず、むさぼらんとほっす、むさぼりてたらず、ついにぬすまんとほっす)(落語・一ト目上り「こうなんだ、お聞きなさいよ、『遊ばんと欲す、遊びて足らず、偽らんと欲す、偽りて足らず、貪らんと欲す、貪りて足らず、遂に盗まんと欲す』……とこう書いてあるんだ」)

【遊びをして再会を返さないのはお客の恥、馴染を付けさせないのは花魁の腕が鈍い】(あそびをしてうらをかえさないのはおきゃくのはじ、なじみをつけさせないのはおいらんのうでがにぶい) (落語・居残り佐平次「ゆうべ遊んだ四人だ。遊びをして再会を返さないのはお客のせい、馴染を付けさせないのは花魁の腕が鈍いぐらいのことは充分に心得ている」)

【与えるは取る】あたえるはとる)「与ウルハ取ランタメ」後に取らんとする為に、暫く譲り置くをいう。「老子」将欲奪之、必固与之──【諺語大辞典】(講談・佐倉宗五郎「よく與へるは取るといつてな、人に物を只くれるのは、向うで此方の物を取らうといふ下心と思はねばならぬ」)

【あだが深川勇みが神田人の悪いが飯田町】あだがふかがわいさみがかんだひとのわるいがいいだまち)(講談・玉菊燈籠「あだが深川勇みが神田人の悪いが飯田町といつて昔しの戯歌にございますが、神田ツ子は意張る夫に又言葉が一種變りましたのは神田に限ります」)

【あたじけない】あたじけない)(一説、あたは接頭語、湿ないの意)欲深い、しわい、けちだ、みみっちい、賤しい。──【江戸語の辞典】(講談・梁川庄八「行灯に灯を入れ、藍繪の染附の手焙へあたじけない火種を取りまして」)講談:汐留の蜆売り

【当たって砕けろ】あたってくだけろ)事の成敗は期すべからざるも、進んで決行すべし。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「當つて碎けろ、お喜代の心を引いて見るんだが」)落語:城木屋 講談:あやめ人形、国定忠治西郷南洲

【あたぼう】あたぼう)あたりまへの下略に坊を付けた擬人名語。──【江戸語の辞典】(落語・大工調べ「八百位やらなくツてもアタボウだ」)

【頭かくして尻かくさず】あたまかくしてしりかくさず)一部分の悪事欠点をかくして、其他をかくし得ぬこと、雉の草叢に首を入れて尾を顕わすが如きをいう。──【諺語大辞典】(講談・伊賀の水月「貴様は糸立をあんまり上に着たもんだから、腰が丸出しだァ。頭かくして尻かくさず、――この野郎、卑怯にも逃げようとしやァがる」)《い》

【頭はげても浮気はやまぬ】あたまはげてもうわきはやまぬ)色欲の去り難きをいう。雀百マデ踊忘レズという語も、これと同様に使用せらる。──【諺語大辞典】(落語・道灌「あんまりいい相談じゃァないでしょう。『頭はげても浮気はやまぬ』ッてえからね」)

【新しき畳も打てば塵が立つ】(あたらしきたたみもうてばちりがたつ)「新シイ畳デモ叩ケバ芥(ゴミ)ガ出ル」余りに詮索すれば、いかなるものにも欠点なき能わずとの義。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「新しいたたみもはたけば埃が出る。まして古いたたみに於ておやだ」)落語:山崎屋 講談:曽呂利新左衛門、天保六花撰、安政三組盃

【あたらぬがある故ふぐの怖さかな】(あたらぬがあるゆえふぐのこわさかな)(落語・お直し「あたらぬがある故ふぐの怖さかな……河豚というものは、たべてあたるときまってりゃァだれも食わない、あたらないことがあるから食ってあたるン」)

【当たらぬものは夢にチョボイチ】あたらぬものはゆめにちょぼいち)あてにならぬもの。チョボイチ=樗蒲一は博奕の一種。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「いやチヨボ一などと云ふものは些とも當らぬと云ふのでおますがな、當らぬものは夢にチヨボ一と、こないに言うて居る位や」)

【当たりキ車力按摩の尻】あたりきしゃりきあんまのしり)「あたりき車力車曳き」当たり前であるということの語呂合わせ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・お茶汲み「当りキ車力按摩の尻よ」)

【当たるも八卦当たらぬも八卦あたるもはっけあたらぬもはっけ)卜筮は時として中し時として外る。──【諺語大辞典】、占いは的中する時もあれば的中しない時もある。だから気にするには及ばない。──【江戸語の辞典】(落語・ちきり伊勢屋「俗に当たるも八卦当たらぬも八卦と申しますが、これでは、われわれごとき無学の者は惑います」)落語:牡丹燈籠

【仇を報うに恩を以てす】あだをむくうにおんをもってす)「仇ハ恩デ報ゼヨ」[老子] 「報怨以報」。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「あたはおんにてほうずる」とある。(講談・本所五人男「之れ仇を報ふに恩を以てすと云ふ世の諺ざの如く、斯くまでに丹精をして平癒を祈るといへども不幸にして養生叶はせられず」)講談:安政三組盃

【あちら立てればこちらが立たず、両方立てれば身が立たぬ、九尺二間に戸が一枚】あちらたてればこちらがたたず、りょうほうたてればみがたたぬ、くしゃくにけんにとがいちまい) 「アチラ立ツレバコチラガ立タヌ」──総方立ツレバ身ガ立タヌという俗歌あり。──【諺語大辞典】。「九尺間口に戸が一枚」(落語・赤垣源蔵)などともいう。(落語・城木屋「といっておかみさんの方にまんざら恥をかかせることもでき ず、どうしようかしらん……あちら立てればこちらが立たず、九尺二間に戸が一枚」)落語:袈裟御前 講談:鼠小僧

【暑いも寒いも彼岸まで】あついもさむいもひがんまで)「暑サ寒サモ彼岸限リ」残暑の暑さも秋分になれば衰え、余寒の厳しさも春分になれば衰う。──【諺語大辞典】(落語・天王寺詣り「ェェなにしろもう、暑い寒(さぶ)いも彼岸までと申しますが、一年じゅうでこのいちばん気候のええのがお彼岸のあとさきでございまして」)

【鉄面皮なやつ】あつかわなやつ)面の皮の厚いこと、あつかましいこと。恥しらず。──【江戸語の辞典】(落語・王子の幇間「そこィ旦那がお出になれば、どんな鉄面皮なやつでも」)

【暑さを避け、寒さを避けるから「酒(さけ)」】あつさをさけ、さむさをさけるからさけ)(講談・魚屋本多「暑さを避け、寒さを避けるから『さけ』といったんだそうだが、うめえこと言ったもんだなァ」)落語:赤垣源蔵のかたみ

【当て事と越中ふんどしは向こうから外れる】あてこととふんどしはむこうからはずれる)こなたのみにて予期したる事は、往々先方より違変に逢うもの也。──【諺語大辞典】(講談・田宮坊太郎「偉いことになりやアがつた、當て事と何とかで向うから外れやアがつた」)落語:五人廻し、講談:寛永三馬術、伊賀の水月安政三組盃、大岡政談お花友次郎

【後足で砂をかける】あとあしですなをかける)犬馬などの走るときに、後脚にて砂を蹴散しゆくが如く、後の事を顧慮せず平気に去りゆくをいう。──【諺語大辞典】(講談・朝顔日記「そこで毒を食はば皿までと、後足で砂を掛けてイヤ不實千萬な奴」)

【あと白浪と逃れる】あとしらなみとのがれる)「跡白波(「しらなみ」を「知らない」にかけて)物事のあとがどうなったかわからないこと。去っていって、ゆくえが知れなくなること。また、姿が見えなくなることにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・片袖「あと白浪とその日限り。三隅亘、逐電をいたしました」)落語:城木屋

【後の喧嘩を先にする】あとのけんかをさきにする)最初に能く争論し置けば、後に紛議の種残らずして却てよしとの意。──【諺語大辞典】(落語・仔猫「後の喧嘩を先にしとかんといかん。というのは、お給金は安いで」)落語:延陽伯

【後の祭り】あとのまつり)祭のすみたる後の意にて、時機におくるゝこと。──【諺語大辞典】、「毛吹草」にもある。(講談・新吉原百人斬り「今更私きが何をいつても俗にいふ跡の祭り」)講談:稲葉小僧新助

【後は野となれ山となれ】あとはのとなれやまとなれ)結局の如何を顧みざること。──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「夫れを引擔ぐと夫婦は後は野となれ山となれ、狼狽へ騒いで長屋内を逃げ出して仕舞ひました」)落語:転宅、千両蜜柑 講談:猿飛佐助、木村長門守、妲己のお百、大岡政談お花友次郎

【後腹疚(痛)めず】あとばらやめず)「後腹ガ病メル」出産後に腹の痛むより転じて、事終りたる後になやましき事あるをいう。──【諺語大辞典】「後腹がない」(講談・伊賀の水月)とも。(落語・二丁蝋燭「女 郎などというものは後腹が病めなくって宜い。女房を貰うのは宜いが子供が出来る」)落語:お見立て、夢金 講談:梁川庄八、関東七人男、大岡政談お花友次郎

【穴端へ腰を掛けた奴】あなっぱしへこしをかけたやつ)「穴端(アナバタ)ニ腰ヲカケル」老人などの死期に近きをいう。──【諺語大辞典】 穴端は「あなっぱ」とも読み、棺桶の意という。(講談・祐天吉松「エー穴端へ腰を掛けた奴は仕様のねえもんだ」)落語:髪結新三

【兄貴は馬鹿の通り名】あにきはばかのとおりな)(講談・天野屋利兵衛「その煽動てに乗って、よくいう話だが兄貴は馬鹿の通り名で」)

【姉と妹に年問うてみたら姉は姉だけ年が上】あねといもとにとしとうてみたらあねはあねだけとしがうえ)(落語・住吉駕籠「『チャチャンチャンチャン……か。姉と妹に年問うてみたらーか、姉は姉だけェ、年が上と……』」)

【あの人を弁慶よりも強いとは堪忍強き人をいうなり】あのひとをべんけいよりもつよいとはかんにんつよきひとをいうなり)(講談・伊達政宗の堪忍袋「あの人を弁慶よりも強いとは 堪忍強き人をいうなり。おなじみの伊達政宗の堪忍袋の一席でございました」)講談:木村長門守の堪忍袋

【菊石も厭面】あばたもえくぼ)「痘痕モ靨」情人の目には醜も美と見ゆ。──【諺語大辞典】(落語・嫁取り「つまりネ、ほれた目で見りゃアバタもエクボというのは、まァ、愛してしまうと相手の悪いとこもよく見える」)講談:本所五人男

【虻蜂取らず】あぶはちとらず)二者併せ得んとして、其一をも得ざること。──【諺語大辞典】(講談・大久保彦左衛門「本人に死なれた日には虻蜂取らず、といつて御自分が役目の落度として之が爲に腹を切るのも辛い」)講談:鼠小僧次郎吉、女天一坊爆裂お玉

【油っ紙に火のついたような】あぶらっかみにひのついたような)燃え易きこと、又其の音より多弁の形容に用う。「鉋屑ヘ火ガツイタヨウ」早口の形容。──【諺語大辞典】(講談・水戸黄門「口上は巧いものだ、油紙に火の附いたやうにペラペラ喋舌る」)

【油を掛ける】あぶらをかける)人を誉めはやして煽動すること。──【諺語大辞典】(講談・宮本武蔵「『如何にも杉田のいう通り、恐らく近国には若先生以上の腕の者はあるまい』なぞと互いに油をかけて担ぎ上げるので」)落語:錦の袈裟、居残り佐平次 講談:宮本武蔵、小金井小次郎、太閤記〜長短槍試合

甘塩の秋刀魚のような長い奴】(あまじおのさんまのようなながいやつ)(講談・安政三組盃「サーッと鼻ッ先へ甘塩の秋刀魚のような長い奴が閃いた」、清水次郎長「小松村の閻魔堂前、バタバタバタッという足音とともに、甘塩の秋刀魚みたような奴をぶらさげてとび出した曲者三人」)

【雨滴が石をうがつ】あまだれがいしをうがつ)「霤(アマダレ)石ヲ穿ツ」[前漢書]泰山之霤穿石 Constant dropping wears the stone.──【諺語大辞典】(雨垂れも長い間同じ所に落ちると、下の石に穴をあけるというところから)小さなことも続ければ、大きなことができる。根気よくやれば成功につながる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・祐天上人「精神一たび到れば何事か成らざらんやと申します、雨滴(あまだれ)が石を穿つ」)講談:忠僕直助

阿弥陀も金で光る世の中】あみだもかねでひかるよのなか)「阿弥陀ノ光モ銭次第」金銭の威力大なるをいう。「阿弥陀モ銭デ光ル」[一休狂歌問答]一文や二文は何と思ふなよ、阿弥陀も銭で光る世の中──【諺語大辞典】「一文や二文の金と思うなよ阿弥陀も金で光る世の中」、(落語・夢金「『阿弥陀も金で光る世の中』……えヘッ、なんでも金次第で…」)落語:幽霊稼ぎ 講談:安政三組盃、越後伝吉、祐天吉松

【雨霰雪や氷と隔つれど落つれば同じ谷川の水】あめあられゆきやこおりとへだつれどおつればおなじたにがわのみず)初めは異なるも、終りは同じ様をいう。──【諺語大辞典】 一休宗純「雨あられ雪や氷とへだつれどとくれば同じ谷川の水」(「骸骨」所収)によるか。(講談・三家三勇士「そうだ、雨霰雪や氷と隔つれど 落つれば同じ谷川の水。一刀流、神蔭流、八重垣流と、いろいろ流儀は異つていても、落ちつくところは一つ」)

【雨露に打たるればこそ道芝の錦をかざる秋は来にけれ】あめつゆにうたるればこそみちしばのにしきをかざるあきはきにけれ)(浪曲・正宗孝子伝「雨露に打たるればこそ道芝の錦をかざる秋は来にけれ、人間は辛抱が肝腎じゃ」)

【雨に悩める海棠のごとし】あめになやめるかいどうのごとし)「雨にしおれし海棠の花」美人の憂い顔をいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「露を含める寒紅梅、鶯の吹雪に悩む風情」などとも続く。(講談・伊達誠忠録「高尾只一人、愁然として綱宗の傍に坐してゐるが、其風情は雨に惱む海棠のやう」)講談:塚原ト伝、天保六花撰

【雨に浴し風に梳り、山に寝ね野に伏して】あめによくしかぜにくしけずり、やまにいねのにふして)【意味】「風ニ櫛ケズリ雨ニ沐(カミアラ)ウ」風雨にさらされ労苦すること。[荘子]。──【諺語大辞典】(講談・太閤記「五年の月日を不毛の異境に送り、雨に浴し風に梳り、山に寝ね野に伏して、艱難辛苦いたせしは是何の爲」)講談:寛永御前試合

【雨の降る日は天気が悪い、親父俺より年が上】あめのふるひはてんきがわるい、おやじおれよりとしがうえ)(講談・寛永三馬術「お祝の唄一つ唄うべえ、雨の降る日は天氣が惡い、親父ァ乃公より年が上か、トロンコトロンコ、スツトントン」)

【雨降って地固まる】(あめふってじかたまる)わろしと見ゆることの、却て善き結果を来すをいう。──【諺語大辞典】「毛吹草」にある。(講談・寛政力士伝「雨降つて地固まるとは此の事でありませうか、今迄抱へ力士の爲に互ひに面白くなく睨み合つて居りました出羽様と有馬様との間といふものが、非常に親密になりました」)講談:金田屋お蘭、幡随院長兵衛、岡野金右衛門新門辰五郎、加賀騒動、鰯屋騒動、小金井小次郎、四ツ車大八

【雨降りあげくのきのこ野郎】あめふりあげくのきのこやろう)(講談・伊賀の水月「どうも今時の若い野郎は雨降りあげくのきのこ野郎、ピョコピョコ頭を持ち上げるが、ろくな奴はありゃしない」)講談:大久保彦左衛門

【雨降り風間】あめふりかざま)雨の降る日や風の吹く時。雨風の日。──【江戸語の辞典】(落語・らくだ「人間てえもなあ、雨降り風間、病みわずらいてえものがあるんだ」)落語:お化け長屋、刀屋、ちきり伊勢屋、星野屋、猿丸太夫、松枝宿の子殺し 講談:忠僕直助、祐天吉松、慶安太平記〜鐵誠道人

【危ういこと風前の灯】あやういことふうぜんのともしび)「風前ノ灯火」命の危うきに喩う。──【諺語大辞典】風の中についている灯火のように、危難が迫って命などが危ういこと。(講談・水戸黄門「此の美濃守が大老になつたならば、徳川の天下は五代六代の間に暗夜にならうといふ、其の危ふいこと風前の灯火であります」)落語:お七 講談:小金井小次郎

【危うきこと累卵のごとし】あやうきことるいらんのごとし)危険の迫っているさまは、積み上げた卵がいつくずれるかわからないのに似ている。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・岩見重太郎「惡い奴ながら二人も相当の使い手なれば、見ていて岩見の危きことは累卵の如く」)講談:西郷南洲

【過ちの功名】あやまちのこうみょう)「過ノ高名怪我ノ高名ともいう。みずから思い設けざることの、偶然功名となる意。──【諺語大辞典】(講談・寛永御前試合「今日だけは、しゃべったのが、いわゆる過ちの功名だから」)

【過を等しうすればこれを己に買い、功を同じうすればこれを人に売る】あやまちをひとしうすればこれをおのれにかい、こうをおなじうすればこれをひとにうる)(講談・幡随院長兵衛過ちを同じうすればこれを己に賈ひ、功を同じうすればこれを人に賣る、古の人はうまいことを申して居ります」)

【あやまって改むるに憚ることなかれ】あやまってあらたむるにはばかることなかれ)[論語]学而編、過則勿憚改──【諺語大辞典】(講談・夕立勘五郎「誤まつて改むるに憚ることなし、今までの心得違ひを詫る」)講談:清水次郎長、名刀捨丸、荒木又右衛門、伊達誠忠録

【鮎は瀬に住む鳥ゃ木に止まる人は情けの下に住む】あゆはせにすむとりゃきにとまるひとはなさけのしたにすむ)「鮎は瀬につく鳥は木にすむ人は情の下にすむ」[諸国盆踊唄]──【諺語大辞典】「人は情けの下に住む」人は互いの人情に守られて生きている。人の世は人情で保たれている。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・阿武松緑之助「あたしに面倒みさせておくれよ。鮎は瀬に住む鳥ゃ木に止まる人は情けの下に住む。あたしが面倒見るから、死のうなんて気を起こしちゃいけませんよ」)

【荒木の前に荒木なく、又右衛門の後に又右衛門なし】あらきのまえにあらきなく、またえもんのあとにまたえもんなし)(講談・伊賀の水月「鵜の毛でついたほどの傷もうけなかったとは、荒木の前に荒木なく、又右衛門の後に又右衛門なしと広言を吐くだけのことはあり大したものでございます」)

【あらためて孝行するも不孝なり大事の親の肝を潰さん】あらためてこうこうするもふこうなりだいじのおやのきもをつぶさん)(落語・二十四孝「古い歌に「あらためて孝行するも不孝なり大事の親の肝を潰さん」急に又親孝行をするといつて騒ぐと不可ない」)

【有難迷惑】ありがためいわく)表は歓ばしきすじにて、内心は却て厭わしく嬉しからぬこと。──【諺語大辞典】(落語・真景累ヶ淵「ところがどうも、有難迷惑なんだ」)

【有難山のかんとんびひゅうとろとろと嬉し鳴き】ありがたやまのかんとんびひゅうとろとろとうれしなき) 「有難山」たゞ有難しという意を洒落て、有難山の椎の木、有難山の寒紅梅など、さまざまにいえり。──【諺語大辞典】、種々の語に「山」をつけていうしゃれの一種。「ありがた山の寒烏」山を更に「山の寒烏」へと展開させた「有難山」のしゃれ。「ありがた山の鳶烏」山を更に「山の鳶烏」へと展開させた「有難山」のしゃれ。──【江戸語の辞典】 「ピイトロピイトロと~」とも。「~昼鳶、ひゅうとろひゅうとろと 嬉しなき」という用例が講談『安政三組盃』にもある。「鳶とろろ」で「まんまとかっさらう(われる)こと」でもある。(講談・汐留の蜆売り「たッたッ たッ! 有難山のかんとんびひゅうとろとろと嬉し鳴きてんだ、たァッ、有難え、ええああ有難えまァどうも」)

【蟻の思いも天まで】ありのおもいもてんまで)「蟻モ天ヘ登ル」微物も一念の力によりて、大事を成すを得べし。──【諺語大辞典】(講談・佐倉宗五郎「その時に殘る六人、貴下方が順に願つて出たら、蟻の思ひも天まで、何日かはお取上げになる事もあらう」)

【主思いの主倒し】(あるじ〔しゅう〕おもいのしゅうだおし)主人思いの行動が過ぎて、かえって主人に迷惑を及ぼすこと。(講談・寛永三馬術「空け者めがツ、主思ひの主倒し、不義不忠とは汝のこと」)落語:柳田格之進

【有る時払いの催促なし】あるときばらいのさいそくなし)無期限、無催促を条件に金を貸すこと。(講談・加賀騒動「そこで有る時拂ひの催促なしといふことに致さう。その方が面倒でなくて宜しい」)落語:ちきり伊勢屋 講談:夕立勘五郎

【あるようでないのが金、ないようであるのが借金】あるようでないのがかね、ないようであるのがしゃっきん)「アリソウデナイノガ金、無サソウデ有ルノガ借金」富裕なる者少しとの意。──【諺語大辞典】(講談・天明白浪〜鼬三次「どうだ兄貴、あるやうで無えのが金、無えようで有るのが借金だといふが、百五十兩たア思いの外あつたなア」)講談:関東七人男

【合わせ物は離れ物】あわせものははなれもの)くっつけ合わせたものは、いつかまた離れることがある。夫婦別れなどにいう。──【江戸語の辞典】(講談・清水次郎長合せ物は離れもの、これも定まる約束だろう。お前を女房にもっていると、おれの男が立たねえことになった」)落語:子別れ、あり、塩原多助一代記 講談:二度目の清書、昆寛狐の由来、祐天吉松、小幡小平次、木村長門守の堪忍袋

【泡を食って出世したのはぼらばかり】あわをくってしゅっせしたのはぼらばかり)(落語・出来心「泡食って出世したのァぼらばかりてえから、落ち着きが肝腎だ」)

【あんけらそう】あんけらそう)「あんけら(安家来)」一説に、安い家来を詰めていう通語で、下級の家来、折助のこというは、いかが。──【江戸語の辞典】編者注:あっけらかん(口をぽかんと開いた様子)=「あきれ相」の意とも。(落語・夢金「ざまあみやがれ、あんけらそう!」)

【鞍上人なく鞍下に馬なし】あんじょうひとなくあんかにうまなし)騎者と乗馬が一体になったように見えるほど、巧みに乗りこなすさまにいう。──【広辞苑四版】(講談・寛永三馬術「見る間に『ハイヨーツ』ポツポツ、ポツポツ、鞍上に人なく、鞍下に馬なく」)落語:嵩谷、目黒のさんま 講談:荒木又右衛門、伊賀の水月、乃木将軍、拳骨和尚、母里太兵衛、寛永御前試合、山内一豊出世の馬揃い

【案ずるより産むがやすし】あんずるよりうむがやすし)物事はかねて心づかいせしよりも、実際はたやすしとの意。──【諺語大辞典】(落語・つるつる「ェッ、案ずるより生むがやすいてェのァ本当だ……。なんでもねェ、男てえものはねェ、度胸がなくちゃアいけませんねェ」)落語:双蝶々 講談:相馬大作、大火星談お花友次郎

【暗に罪する者は天之を罰し、明かに罪する者は人之を罰す】あんにつみするものはてんこれをばっし、あきらかにつみするものはひとこれをばっす)(講談・徳川天一坊「暗に罪する者は天之を罰し、明かに罪する者は人之を罰す、年甲斐もない、恁麼事に加擔するのは止しなさいよ」)

【あんにゃもんにゃ】あんにゃもんにゃ)「なんじゃもんじゃ」関東地方で、その地方には見られない種類の大木を指していう称。あんにゃもんにゃ。──【広辞苑四版】 罵倒語。由来は「木(気)が知れない」からか? (落語・首ったけ「ふん。一と人でいい男がってやがら…あんにゃもんにゃ……こっちにゃ他にいい人がついてるんだよ!」)落語:小言幸兵衛、子別れ

【暗夜の礫】あんやのつぶて)不意に加えられる襲撃。防ぎがたいことにたとえる。──【広辞苑四版】 「毛吹草」に「よるうつつぶて」とある。(講談・岩見重太郎「いかに文武両道の達人でも、暗夜の礫は避けられぬたとえ、飛道具で不意を喰つて、何条もつて堪るべき」)講談:小金井小次郎、伊賀の水月、梁川庄八、宮本武蔵、猿飛佐助、妲己のお百、安中草三郎

【あんよは上手、転ぶはお下手】あんよはじょうず、ころぶはおへた)幼児を歩かせる時、大人がはやす詞。──【江戸語の辞典】(講談・蘇生「『アイヨは上手、轉ぶはお下手だ』『洒落處じゃァないやね』」)

トップヘ

広告を非表示にする