読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【帷の内に謀をめぐらし、勝を千里の外に決する】いあくのうちにはかりごとをめぐらし、かちをせんりのほかにけっする)「謀ヲ帷握ノウチニ運ラシ勝ヲ千里ノ外ニ決スル」[史記]。帷幄は幕なり。──【諺語大辞典】「謀を帷幄の中に運らし勝つことを千里の外に決する」陣屋の中で作戦計画を定め、遠く離れた戦場での勝敗を決める。戦略の巧妙なることをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・曾呂利新左衛門「またその帷幕の内に謀を廻らし、その意気を補った卿の力もまた尠くはない」)講談:柳生三代、乃木将軍

【威あって猛からず】いあってたけからず)「威アッテ猛カラズ」威厳ありて粗厲(それい=荒々しく激しいこと)ならず。[論語]述而編より。──【諺語大辞典】(講談・由井正雪「實に威あつて猛からず、どう踏倒しの屑屋が値踏みをしても、三萬石の大名の價値は確か」)落語:乳房榎 講談:両越大評定、幡随院長兵衛、三家三勇士、岩見重太郎、慶安太平記、寛永御前試合、西郷南洲

【いい嘘は方便】いいうそはほうべん)「ウソモ方便」ホラモ方便ともいう。虚言も亦方便として用うべしとの意。仏経より出ず。──【諺語大辞典】(落語・御神酒徳利「だけどね、いゝ嘘は方便といってね、お釈迦様もお許しンなった」)

【いい職人はおいそれと仕事をしない】いいしょくにんはおいそれとしごとをしない)(講談・三村次郎左衛門いい職人てのはおいそれと仕事をしないもんだねえ。そうだなァ、もう五月になるかなァ」)

【言い出し兵衛】いいだしべえ)「言出屁(いひだしべ)」放屁した当人が隠そうとして先ず騒ぎ出す意。何事でも犯人が先ず無実潔白らしく言い出すことのたとえ。「言い出しっぺ」。──【江戸語の辞典】(落語・居残り佐平次「だからよ、其処は俺が言ひ出しべえだな」)落語:酢豆腐、蔵前駕籠

【家あれど帰り難く、国あれど奔り難し】いえあれどかえりがたく、くにあれどはしりがたし)(講談・太閤記「最早鵜沼へは歸られず、清洲へは奉公叶はず、家あれど歸り難く、國有れど奔り難しと云ふのは拙者の身の上ぢや」)

【家に争臣三人あるときはその家倒れず】いえにそうしんさんにんあるときはそのいえたおれず)「天子に争臣あれば其の天下を失わず」天子にいさめる臣があれば、天下は治まり、国を失うことはない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・相馬大作「家中人なきこと氷山のごとし。家に争臣三人あるときはその家倒れずと申すに、遊女を身受して、諸侯にあるまじき遊蕩無頼の君公を諫める一人の重役もなかったことは歎わしい」)

【家に鼠、国に盗賊】いえにねずみ、くににぬすびと)「国に盗人、家に鼠」物事には必ず有害なものが伴うことのたとえ。──【広辞苑四版】(講談・徳川天一坊「家に鼠、國に盗賊、此の世に如何なる謀反人がないとも限りませぬ」)

【家を富岳の泰きに治める】いえをふがくのやすきにおさめる)(講談・安政三組盃「しかしお家の悪人を一掃したということは、佐竹の家を富岳の安きに治めたるもの」)講談:朝顔日記

【厳めしく見えても脆き霰かな】いかめしくみえてももろきあられかな)(落語・江戸見物「厳然く見えても脆き霰かなと江戸ッ子の気性をあられに譬えて有るといふ事で」=よいよい蕎麦)落語:大工調べ

【意気相投ずれば昨日の敵も今日の味方】いきあいとうずればきのうのてきもきょうのみかた)「昨日の敵は今日の味方」昨日まで敵であった者たちが、事情が変化し今日は味方どうしになること。人の心や運命が変わりやすくあてにならないことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・猿飛佐助「意気相投ずれば昨日の敵も今日の味方塙団右衛門は三豪傑と大言壮語」)講談:水戸黄門

【生き馬の目を抜く】いきうまのめをぬく)狡猾敏慧なるをいう。──【諺語大辞典】、利を取るのに巧みですばやいたとえ。──【江戸語の辞典】(講談・大岡政談お花友次郎「なるほどこりやあ何しても生き馬の目を抜くつてんだからたまらねえ。どうも豪勢な賑わいだ」)落語:甲府い、遠山政談、河村瑞賢、牛の嫁入 講談:田宮坊太郎、越後伝吉

【行きがけの駄賃】いきがけのだちん)「行キガケノ駄賃」問屋へ荷物をうけ取にゆく馬の、途すがら人の委託をうけて荷物を駄して、其賃を得るを、事の序に余事を為すに喩う。──【諺語大辞典】 「ゆきがけの~」とも読む。 (落語・真景累ヶ淵「どうにでもなりやがれ、行きがけの駄賃だ」)講談:猿飛佐助、小幡小平次

【生物には餌あり】いきものにはえあり)「生身ニ餌食」人にはおのずから糊口の道あるをいう。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長「まァいいや、生物には餌ありと云つて、どうにかなるだらうと思ふんだ」)落語:能狂言

【いくらかくら】いくらかくら)「幾らか」を二分して押韻語としたものか。一説に「是れはいくら彼れはいくら」の意。金額の多少。あれほどだこれほどだという事。──【江戸語の辞典】(落語・真景累ヶ淵いくらかくらって、こっちはもらう方だから」)

【いけ好かない】いけすかない)「いけ」は接頭語。ほんとに嫌いだ。いやらしい。大嫌い。語尾は訛って「〜ねい」「〜ねえ」とも。──【江戸語の辞典】(講談・小金井小次郎「本當にいけ好かない奴だよ」)

【異国の者は偽り多し】いこくのものはいつわりおおし)(講談・太閤記異国の者は偽り多し、よくよく御思慮の程こそ望ましうござる」)

【いざ鎌倉へ】いざかまくら)「イザ鎌倉」一旦主君の大事ある場合に、という意。──【諺語大辞典】(講談・鉢の木「稲の取り入れさておいて、いざ鎌倉へ、いざ鎌倉へ、いざ鎌倉へ。さても源左衛門その日の扮装いかにと見てあれば……」)講談:西郷南洲

【イサクサ】いさくさ)「いざこざ」に同じ。もめごと。ごたごた。紛糾。──【江戸語の辞典】(講談・小金井小次郎「イサクサなしにお呼びなさいやしよ」)講談:安政三組盃

【砂子の黄金】いさごのこがね)「砂に交じる黄金」砂の中に砂金がまじっていること。つまらぬ物の中に意外によい物のまじっているたとえ。──【江戸語の辞典】(講談・八百蔵吉「泥中の蓮と申ませうか、砂子の黄金と称へませうか、誠に温順にして親父を大切に致し、孝行娘の評判高きお花」)

【躄三百】いざりさんびゃく)「躄三百文」膝行して行き得る程の近所へ転宅しても、尚三百文の費用を要すとの意。引越三両と同意。──【諺語大辞典】(講談・三家三勇士「『躄三百というではないか』」)

【石が流れて木の葉が沈む】いしがながれてこのはがしずむ)顛倒の喩。──【諺語大辞典】(講談・名医と名優「万一かれが参ったならば、石が流れ木の葉が沈むわ、たわけ」)落語:擬宝珠

【石の上にも三年】いしのうえにもさんねん)忍耐の徳に譬う。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にも「いしのうへにも三年ゐればあたゝまる」とある。(講談・奉行と検校「石の上にも三年と申しますが、こんな調子で由太郎は、十年間というものセッセと働きました」)《い》落語:化物使い、三軒長屋 講談:寛永三馬術水戸黄門

【石部金吉金兜、叩けばカンカン音がする】いしべきんきちかなかぶと、たたけばかんかんおとがする) 【意味】手堅き人をいう。──【諺語大辞典】 続けて、「五徳手久金火箸」(ごとくてっきゅうかなひばし)とも。すべて金属製の道具。手久は金棒を格子状 に組み、火に掛けて魚などを乗せて焼くためのもの。(落語・阪東お彦「是れが又女嫌ひと云ふ堅い男で、堅いの堅くないのつて石部金吉金兜、五徳手久金火箸、堅餅の焼きざましより堅い」=派手彦)講談:笹野名槍伝、傑僧担山、赤穂四十七士伝、祐天吉松、猿飛佐助、新吉原百人斬り

【医者の薬礼と深山のさくら、取りにゃ行かれぬ先次第】いしゃのやくれいとみやまのさくら、とりにゃいかれぬさきしだい)「医者の薬礼と深山の桜、取りに行かれずさき次第」 先方と咲きをかけたしゃれ。医者の治療代や薬代は、患者が届けに来るもので、とどこおった時は体面のある医者は取りに行かれず、先方次第であるという意。 ──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・姫かたり「医者の薬礼と深山のさくら、取りにゃ行かれぬ先次第 第一に世間の習慣として『医者の薬礼と深山のさくら、取りにゃ行かれぬ先次第』」などと、当時の街歌にもうたわれた」)

【衣食たりて礼節なる】いしょくたりてれいせつなる)「衣食足リテ礼節ヲ知ル」飢寒の思なくして、始めて礼儀栄辱を解するに至るべし。──【諺語大辞典】(講談・天保六花撰「人間というものは、金がたまるとどことなく心にゆとりができるもので、衣食足りて礼節を知るとか」)講談:水戸黄門

【石を抱いて淵に臨む】いしをいだいてふちにのぞむ)「石を抱きて淵に入る」助かる可能性をみずから捨てる無謀な行い。自殺行為。──【広辞苑四版】 「毛吹草」に「いしをいたきてふちに入」とある。(講談・天保六花撰「この流山へ帰ったのは、石を抱いて淵へ臨むにひとしいおまえ」)講談:難波戦記

【イスカの嘴の食い違い】いすかのはしのくいちがい)人事の齟齬し易きを、此鳥の嘴のくい違えるに喩う。──【諺語大辞典】(講談・赤穂義士本伝「どうもこれでは、することなすこと、どこまでもイスカの嘴のくいちがい、うまくいくとか気が合うとかするわけがございません」)落語:牡丹燈籠 講談:安政三組盃、太閤記、山中鹿之介、天保六花撰、大岡政談お花友次郎

【いずれを見ても山家育ち】いずれをみてもやまがそだち)どれを見ても田舎育ちで、役に立たない者ばかりであるということ。「菅原伝授手習鑑─寺子屋の段」の武部源蔵の台詞で知られる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・宿屋の仇討「女出入りとくると、おたがいさまにそりゃアまァね、いずれを見ても山家育ちッてやつでね、あんまり女に縁のねえつら」)

【伊勢海老も鎌倉海老も諸共に腰をかがめて入る大江戸】いせえびもかまくらえびももろともにこしをかがめてはいるおおえど)(講談・梁川庄八「伊勢海老も鎌倉海老も諸共に腰をかがめて入る大江戸 時は徳川家覇府を開いた始めで、朝日の昇る勢ひ」)

【伊勢へ七度熊野へ三度愛宕山には月参り】いせへななたびくまのへさんどあたごやまにはつきまいり)信心は多きを厭わずとの意に用う。──【諺語大辞典】(落語・百人坊主「でもまぁ、伊勢へ七度熊野へ三度 愛宕さんへは月参り、てなことを言いまして、一生に一ぺんや二へんはお伊勢さんへお参りせないかんという」)落語:三人旅

【伊勢屋、稲荷に犬の糞】いせや、いなりにいぬのふん)江戸に多かりしものをいう。──【諺語大辞典】(落語・火事息子「昔から江戸の名物が『火事、喧嘩、伊勢屋、稲荷に犬の糞』と申しまして、火事というものが名物で」)落語:短命、鼠穴、火事息子、江戸見物 講談:鈴木重八、天明白浪〜八百蔵吉

【居候置いて合わず居て合わず】いそうろうおいてあわずいてあわず)川柳。──【諺語大辞典】(落語・素人占い「居候置いて合わず居て合わず、是は置いては合いますまい。困るのは居候の方に権式があるのです」=きめんさん)落語:乾物箱、湯屋番

食客亭主の留守にし候】いそうろうていしゅのるすにしそうろう)(落語・孝行娘「食客の上等(いい)のは沢山(たんと)無いね。食客亭主の留守にし候」=小烏丸)

【急がずば濡れざらましを旅人の後より晴るる野路のむら雨】いそがずばぬれざらましをたびびとのあとよりはるるのじのむらさめ)「急グ鼠ハ雨ニ逢ウいそがずば濡れざらましを、旅人のあとより晴るゝ野路のむら雨の歌意に同じ。──【諺語大辞典】(落語・道灌 「『急がずば濡れざらましを旅人の後より晴るる野路のむら雨か』『へぇ、よく似たことがあんなぁ』『なにが』」)

【磯の鮑の片思い】いそのあわびのかたおもい)「アワビノ貝ノ片思」あわび貝は片方よりなきにより、枕詞のごとく用いしなり。──【諺語大辞典】(落語・磯の鮑「今日と云う今日は、ようようの思いで登(あが)つた、是が磯の鮑の片思いだ」)落語・鮑のし

【痛くもない腹を探られる】いたくもないはらをさぐられる)わが関知せざる事を、他人より疑わるゝをいう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「就ては此の監内から罪人が出るやうなことがあると痛くもねえ腹を探られなきやアならねえから」)

【板子一枚下は地獄(の海雀)】(いたごいちまいしたはじごく)舟子の業の危険なるをいう。板子は船の揚板なり。「一寸ノ地獄」「一寸下ハ地獄」とも。──【諺語大辞典】(講談・紀伊国屋文左衛門「乗る時から生きて還れないといふ覺悟の上の仕事だらう、板子一枚下は地獄の仕事をする俺達は、さァといふ時にはかういう覺悟がなきやア宜い仕事は出來ねえ」)落語:野崎詣り、播州巡り 講談:潮田又之丞清水次郎長

【鼬の最後屁】(いたちのさいごっぺ)いたちは敵に追われて窮すると悪臭の屁を放って逃げる。万策尽きたとき非常手段に訴えてのがれようとすることなどのたとえ。──【江戸語の辞典】(落語・王子の狐「一発鼻を貫ぬくような奴をパツと放つた、鼬の最後屁ということはよく申しますが」)

【鼬の道】いたちのみち)いたちは一度通った道を二度と通らぬという俗信から、ふっつりと足の絶えたことをいう。──【江戸語の辞典】(落語・子別れ「可哀相だけれども先方(むこう)の女を思い切つて、鼬の道で行かなくなつた、其の女に出会(でくわ)したんだから、俺だつて驚こうじやないか」)落語:搗屋無間、お化け長屋、首提灯、立切れ、政談月の鏡 講談:旗本五人男、新吉原百人斬り、女天一坊爆裂お玉

【板の間稼ぎ、枕探し】いたのまかせぎ、まくらさがし)「板の間稼ぎ」湯屋の脱衣場で他人の衣服・金品などを盗むこと。またその人。「枕探し」旅客・遊客などの睡眠中に、枕元・蒲団の下などの金品を盗み取ること。またその盗人。──【江戸語の辞典】、「板ノ間カセギ」湯屋盗人をいう。──【諺語大辞典】 ともにけちな盗人(多くの場合女)のこと。(講談・西郷南洲「生れついて手癖が惡く、板の間稼ぎや枕探し、どう諦めても諦められぬ腐つた根性」)落語:真景累ヶ淵、政談月の鏡

【一押し、二金、三男】いちおし、にかね、さんおとこ)「一押ニ金三姿四程五芸」女の愛を得んには、押の強きこと第一にして、金力容貌之に次ぐとの意。「一閑ニ金三男」ともいう。──【諺語大辞典】(講談・天保六花撰「一押し、二金、三男と申しますが、直次郎、この三つを兼ね備えて、これを巧みに使いわけたから、お雪のなびくのもあたりまえです」)講談:小金井小次郎

【一河の流れ一樹の蔭、つまずく石も縁の端(一樹の蔭一河の流れ他生の縁)(袖摺り合うも他生の縁)】(いちがのながれいちじゅのかげ、つまずくいしもえんのはし)現世におけるさまざまな接触も、前世からの因縁のよるものだ。──【広辞苑四版】 「毛吹草」にもある。(講談・木村長門守「一樹の蔭一河の流れ他生の縁とこそ申傳へ參らせ候に、自ら君に思ひ思はれ參らせ候に」)落語:お目見え 講談:伊賀の水月、鼠小僧次郎吉、岩見重太郎、越後伝吉、慶安太平記

【一合一離水に月の影ふかく、波間の鳰の浮きつ沈みつ】いちごういちりみずにつきのかげふかく、なみまのにおのうきつしずみつ)(講談・太閤記「兵助大いに怒り、馬の前脚薙ぎ倒して呉れんと、勢鋭く打つて懸れば、拜郷も槍取り直し、一合一離水に月の影ふかく、波間の鳰の浮きつ沈みつ、暫く挑み戰ふところへ」)

【一合取っても武士は武士】いちごうとってもぶしはぶし小禄にても武士には武士の本分ありとの意。──【諺語大辞典】(落語・野ざらし「狐狸妖怪の類でもたぶらかしに参ったなと思い、一合取っても武士のはしくれ、侍、齢はとってもまだまだ腕に齢はとらせんつもり」)講談:相馬大作、加賀騒動

【一事が万事】いちじがばんじ)一事を見て他の万事を推知し得べし。──【諺語大辞典】(落語・厩火事「あァありがたいご主人だ、この君ゆえには一命を投げうっても尽くさなきゃならないと思うだろう、これがお崎さんの前だが一事が万事てえんだよ」)講談:忠僕直助

【一日千秋の思い】いちじつせんしゅうのおもい)【意味】「一日三秋ノ思」思慕の情切にして、一日見ざれば、久しく逢わざるが如し。三秋は九十日。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「そこで一日千秋の思いをして、一両日を経て夜に入って笹屋を訪れる。絶えて久しき十七年ぶりに親子の対面」)講談:寛永御前試合

【一上一下、虚々実々、宛ら二頭の唐獅子が牡丹に狂う風情、千変万化の早業は、水に映りし月影が、波にウネウネうねるに似たり】いちじょういちげ、きょきょじつじつ、さながらにとうのからじしがぼたんにくるうふぜい、せんぺんばんかのはやわざは、みずにうつりしつきかげが、なみにうねうねうねるににたり)(講談・野狐三次「一上一下、虚々実々、宛ら二頭の唐獅子が牡丹に狂う風情、千変万化の早業は、水に映りし月影が、波にウネウネうねるに似たり、二十七八合、丁々発止と打ち合ったが、いずれも名人上手の打合いなれば何時果つべしとも見えざりき」)講談:山中鹿之介

【一膳飯は食うもんじゃない】いちぜんめしはくうもんじゃない)「一膳飯ハ食ワヌモノ」飯は一椀にて止むべからずという。俗信。──【諺語大辞典】、一膳飯を忌むのは、枕飯(死者の枕元に供える飯)を一杯飯と呼ぶことへの連想によるか。──【江戸語の辞典】(落語・湯屋番「一膳飯は食うもんじゃァないてえから、おまんまを願います。これも前とおんなじだ。お茶漬けさァで終わり」)落語:らくだ 講談:幡随院長兵衛、小金井小次郎

【一と言って二と下らぬ】いちといってにとさがらぬ)「〜ぬ」は「〜ない」とも。第一位というを強めていう。並ぶ者がない、最高だ。──【江戸語の辞典】(講談・左甚五郎「わしも日本では一と言って二と下らない木曾の工匠だ」)落語:三人旅、景清、能狂言、隅田の馴染め 講談:梁川庄八、祐天吉松、山中鹿之介、越後伝吉、玉川上水の由来、小金井小次郎、安政三組盃

【一に看病二に薬】いちにかんびょうににくすり)病気には医薬よりも看護を大切とす。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長一に看病二に藥とか申しまして、次郎長の身體がめつきり快くなりました」)落語:小言幸兵衛、真景累ヶ淵 講談:大久保彦左衛門、慶安太平記、越後伝吉

【一人出家すれば九族天に生まる(生ず)】(いちにんしゅっけすればきゅうぞくてんにうまる)出家の功徳多きをいう。──【諺語大辞典】(落語・万金丹「『坊主になるとどうにかなりますか?』『“一人出家すれば九族天に生まる”といってな』『へえ…胡瓜が天上しますか』」)講談:梁川庄八、田宮坊太郎

【一年のことは元朝にあり】いちねんのことはがんちょうにあり)「一年の計は元日にあり」準備は早く整うるをよしとす。──【諺語大辞典】(講談・太閤記一年のことは元朝にありと申しまして、正月の元日というものはまことにお目出たい、心清らかにして迎えたい日でござります」)

【一年の事は正月に有り、其月の事は一日に有り】いちねんのことはしょうがつにあり、そのつきのことはついたちにあり)(落語・暦の隠居「まぁまぁ、一年のことは正月に有り、其月の事は一日に有りと言ふから、マァ、何うか松の内丈は笑つて暮したいな」)

【一年を二十日で暮らす良い男】いちねんをはつかでくらすよいおとこ)(落語・花筏一年を二十日で暮らす良い男、と、こう言うた。春場所が十日間、夏場所が十日間で、エー、ちょうど一年二十日で暮らす」)

一富士二鷹三茄子いちふじにたかさんなすび)[俚言集覧]瑞夢の次第をいふ、一説に駿河国の名物をいふといへり。──【諺語大辞典】 (講談・曾我物語情けの紋づくし「昔からいい夢のたとえに、一富士二鷹三茄子と申します」)

【一枚紙をはがすように】いちまいがみをはがすように)=「薄紙ヲヘグヨウ」病気の少しずつよくなる形容。(落語・金玉医者「病人の運がいいのか、医者が間のいいのか、一枚紙をはがすようにこれがよくなるッてんですから、家内の者は大喜び」)

【一枚ものを脱いでも】いちまいものをぬいでも)(落語・子別れ「明日の朝、一枚ものを脱いでもなんとかするから」)

【一枚をもってせんべいとはこれいかに、ひとつをもって饅頭というがごとし】(いちまいをもってせんべいとはこれいかに、ひとつをもってまんじゅうというがごとし)(落語・蒟蒻問答「一まいをもってせんべいとはこれいかに、ひとつをもってまんじゅうというがごとし、なんてなことをいう。これはまァつまり駄洒落でございましてな」)落語:万病円

【一真面目、二機嫌、三眠り、四ビリ、五泣き、六管巻き、七押し、八無心、九盗み、十喧嘩】いちまじめ、にきげん、さんねむり、しびり、ごなき、ろくくだまき、しちおし、はちむしん、くぬすみ、とおけんか) 「ビリ」は隠語で女のこと。(講談・小金井小次郎「其の酒の癖と云ふものは一真面目、二機嫌、三眠り、四ビリ、五泣き、六管巻き、七押し、八無心、九盗み、十喧嘩と云つて」)

【一目山随徳寺】いちもくさんずいとくじ)「一目散」を山号の一目山にもじり、ずいと行くを寺号の随徳寺としたしゃれ。一目散に逃げること──【江戸語の辞典】(落語・山号寺号「『これで……』といいながら駆け出して、『一目山随徳寺』『ア……南無三仕損じ』」)

【一以て万に通ず】いちもってばんにつうず)「一を以て万を知る」物事の一端にふれてみて、他のあらゆる面に察しがつく。一を聞いて十を知る。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「一をもちて万をしれ」とある。(講談・猿飛佐助「その一つに図抜けさえすれば、余のものは学ばずとも出来る。一以て万に通ずとはこのこと」)

【一も取らず二も取らず】いちもとらずにもとらず)彼も此も共に失うをいう。虻蜂取ラズに同じ。──【諺語大辞典】「毛吹草」に「一もたらす二もたらす」とある。(講談・幡随院長兵衛「もし斯うして居る處を上のお役人にでも知れたら何うする、もし召捕られでもしやうものなら、一も取らず二も取らずだ、何んだ、バタバタ慌てやァがって」)

【一文惜しみの百損】いちもんおしみのひゃくぞん)「〜百知らず」とも、「〜百失い」ともいう。目前のわずかの銭を惜しんで、後で大損失をすること。──【広辞苑四版】(講談・赤穂義士本伝「金を持ってくればこんなむだな入費はかからぬものを一文惜しみの百損とはこのことである」)

【一文銭か生爪か】いちもんせんかなまづめか)一文銭を使うは生爪をもぐ如く苦しとの意にて、吝嗇なるをいう。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「このお兼婆ァてえのは、欲の皮の千枚張り一文銭か生爪かという奴で、ないしょで高利貸しをしやァがって」)

【一夜無情の風が吹いて、紅顔忽ち白骨となる】いちやむじょうのかぜがふいて、こうがんたちまちはっこつとなる)(講談・安政三組盃「幼少の時分には、いかにも達者そうであったが、一夜無情の風が吹いて、紅顔忽ち白骨となる、何か病気でこの世を去ったのではあるまいかとは思ったが」)

一陽来復いちようらいふく)陰極まりて陽生ずること。陰暦10月は極陰の月にて、十一月冬至に至りて一陽初めて生ずるをいう。転じて事物回復の運に際会するを一陽来復という。──【諺語大辞典】(落語・真景累ヶ淵「すると其年も明けまして、一陽來復、春を迎へましても、まことに屋敷は陰々といたして居りますが」)落語:道具屋、三百餅 講談:大高源五、忠僕直助

【一粒万倍】いちりゅうまんばい一粒の種子もまけば万倍の粒となるの意で、少しのものもふえて多くの数となるたとえ。少しだとて粗末にはできぬの意にもなる。また、稲の異称。──【広辞苑四版】(落語・乳房榎「ああもってえねえ、一粒万倍だ、こぼれたものは再び元へは帰らねえって」)

【一両の花火間もなき光かな】いちりょうのはなびまもなきひかりかな)(落語・素人相撲「余まりパツと流行するものは、廃止るところへ行くと大層早いもので、其角の句に、一両の花火間もなき光かな」)

【一蓮托生】いちれんたくしょう)死して後、同じ蓮花の上に倶に生まるとの意にて、死後かけて深く契るをいう。──【諺語大辞典】(講談・大岡政談お花友次郎「未来は必ず一蓮托生と、惚れた同士の共難儀」)

【一を聞いて十を知る】いちをきいてじゅうをしる)悟の早さをいう。──【諺語大辞典】編者注:また「一を以て万を知る」(講談・太閤記など)「〜百を知る」ともいう。(講談・近江聖人「祖父の仕込みで、一を聞いて十を知る利發、學問は素より、武藝もメキメキ進みました」)《い》落語:愛宕山 講談:幡随院長兵衛、安政三組盃、祐天上人、左甚五郎、由井正雪相馬大作西郷南洲、藪原検校、太閤記、寛永御前試合

【一を知って二を知らぬ】いちをしってにをしらぬ)物事の一方面のみ知りて、他を知らぬをいう。──【諺語大辞典】(講談・夕立勘五郎「御道理(ごもつとも)だが、お前さんといふ人は、一を知つて二を知らない、どうだな」)落語:二丁蠟燭 講談:猿飛佐助、太閤記、徳川天一坊、難波戦記、百猫伝

【一閑張】いっかんばり)【意味】器物に紙を張り漆を塗ったもの。また、紙張子に漆を塗ったもの。寛永年中シナ人飛来一閑が帰化して京都油小路に住し創始したものという。──【江戸語の辞典】(落語・五人廻し「切って赤ェ血の出る一閑張りでねえようなのを連れてこい!」)

【一季半季の奉公人】いっきはんきのほうこうにん)(落語・星野屋「当期半期の奉公人だ、彼等(あいつら)のいうことを取り上げてグズグズいっちゃアいけないよ」)落語:化物使い 講談:水戸黄門片岡源五右衛門、寛永三馬術

【一犬虚を吠え万犬実を伝う】いっけんきょをほえばんけんじつをつたう)「一人虚を伝うれば万人実を伝う」とも。「一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う」一人が虚言を言うと、多くの人がそれを真実として伝えるものだというたとえ。──【広辞苑四版】(講談・清水次郎長「誰が言ひ出したのか、一犬虚を吼えて萬犬實を傳ふといふのは此事。何時か之れが都鳥吉兵衛一家の耳に入りました」)講談:寛永三馬術、名人小団次、宮本武蔵箱根山中狼退治

【一視同仁】いっしどうじん)【意味】親疎の別を立てず一切同一に仁愛を施すこと。──【諺語大辞典】(講談・猿飛佐助「一視同仁、汝等七人は我がための大切なる郎党、何れに甲乙はないのである」)

【一志萬事を成す】いっしばんじをなす)(講談・幡随院長兵衛「良い心掛けぢや。一志、萬事を成すといふ諺もある。その心がけがあれば、必ず上達いたす。拙者が指南してつかはすぞ」)

【一紙半銭】いっしはんせん)仏家にて僅少の施物をいう。──【諺語大辞典】(講談・祐天吉松「所が吉松一紙半錢たりとも怪しいことがない。その中にハヤ五月も經ちましたが」)

【一升袋は一升】いっしょうぶくろはいっしょう)「一升徳利ニ二升ハ入ラヌ」物おのおの器量あるをいう。──【諺語大辞典】 「一升桝は一升」(講談・村井長庵)とも。(落語・福禄寿「一升袋は一升、二升詰めりゃア中のものは…みんな袋が破れて出てしまう道理でございまして」)落語:おかめ団子

【一寸先は闇】いっすんさきはやみ)未来の予知すべからざるをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・鼠小僧次郎吉「一寸先は暗だ、まだお前に詳しいことは話さなかったが、お前とは十年前から縁があったのだ」)《い》

【一寸試し五分試し】いっすんだめしごぶだめし)「一寸ダメシ」ためし斬に寸断すること。──【諺語大辞典】(講談・三家三勇士「夜が明けて明日になれば、一寸試し五分試し、大勢で嬲り殺しにしてくれる」)講談:寛永三馬術塚原ト伝、祐天吉松、安中草三郎、幡随院長兵衛、福沢諭吉安政三組盃

【一寸伸びれば尋】いっすんのびればひろ)「一寸ノブレバ尋ノブル」少時間の猶予も、なお多少の利便を与う。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・鼠小僧次郎吉「一寸延びれば尋のたとえ、どうかまぁ気の短えことをなさらねえで下せえ」)講談:梁川庄八、寛永三馬術太閤記

【一寸の虫にも五分の魂】いっすんのむしにもごぶのたましい)【意味】小さく弱い者にもそれ相応の意地があるから侮りがたいの意。──【広辞苑四版】(講談・熊の皮「一寸の虫にも五分の魂、お前のように頭からガミガミ云われると、俺の方でも些たア文句を云いたくならア」)落語:佃祭、金魚の芸者、神仏論 講談:祐天上人、笹野名槍伝、相馬大作

【一殺多生】いっせつたしょう)【意味】一人を殺して、多くの人を助くること。仏語。──【諺語大辞典】(講談・由井正雪「生かして置いても益なき者共、一殺多生の理を以て命を取つた、現世は兎も角も未來は正路の者に生れて來い」)講談:慶安太平記

【流連】いつづけ)【意味】遊里で一夜明かして朝になっても帰らず、そのまま居ること。──【江戸語の辞典】 「三日御定法」といって、無制限に居続けることはできなかったという。(講談・安政三組盃「吉原(なか)へ行って流連をして素っ裸になったりした」)

【言って言えず言わせて言えず】いっていえずいわせていえず)(講談・肉附の面「總て藝道は名人の位に至りますと、云つて云へず云はせて云へずと申す不思議な妙味がございまして」)

【一天地六南三北四西ニ東五】いってんちろくなんざんほくしさいじとうご)賽の目のそれぞれ上下両面合わせて七であることをいう。多く二個の賽を壺に入れて振る時に唱える語。「〜東五西ニ」ともいう。──【江戸語の辞典】(落語・万金丹「壺皿とか妻とか女房とか、一天地六東五西二北四南三の目を盛ったものを笊の中へ入れ、ガラガラポンポンと村の者を多ぜい集めて、和尚がテラを取って毎晩ばくちが始まるという」)

【一天万乗の君】いってんばんじょうのきみ)兵車万乗を出す国を「万乗の国」といい、其の国の君を「一天万乗の君」という。古は大国の諸侯の称なりしが、後世専ら天子にいう。──【諺語大辞典】(落語・はてなの茶碗「すると近衛殿よりこの趣きを一天万乗の君へ申し上げになりますと」)講談:西郷南洲

【一杯酒は飲まぬもの】いっぱいざけはのまぬもの)俗に、不幸にあうという。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・らくだ「『イエ、もう、あきまへん』『一杯酒は飲まんもんや。もう一杯だけ……』」)(参照)→酒外れはせぬもの 

【一筆啓上火の用心】いっぴつけいじょうひのようじん)(講談・下郎の忠節「本多と云ふのは、嘗て陣中から家郷の妻女にあて「一筆啓上火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」と云ふ有名な名文を送つた程、要領を得た人物」)

【一婦怨みを含む時は、天百日の雨を降らさず】いっぷうらみをふくむときは、てんひゃくにちのあめをふらさず)(講談・夕立勘五郎「旦那、女だと思つて馬鹿にしちやア往けませんよ、一婦怨みを含む時は、天百日の雨を降らさずといひますよ」)

【一腹一生】いっぷくいっしょう)同母兄弟をいう。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長「一番上が吉兵衛、次が常吉、末が梅吉、一腹一生の兄弟、親の死んだ後を引受けましたが」)

【一夫これを守れば、萬卒超ゆることを得ず】いっぷこれをまもれば、ばんそつこゆることをえず)「一夫関に当れば万夫も開くなし」要害よき関所などをいう。──【諺語大辞典】(講談・西郷南洲「左右は斷崖絶壁で、所謂一夫これを守れば、萬卒超ゆることを得ずといふ難所でございます」)

 【一方聞いて下知をすな】いっぽうきいてげちをすな)「両方聞イテ下知ヲナセ」に同じ。──【諺語大辞典】(講談・猿飛佐助「一方聞いて下知をすなということがあるぞ」)

【一歩は高く、一歩は低く】いっぽはたかく、いっぽはひくく)(講談・赤垣源蔵「一歩は高く一歩は低く、漸くに來た兄伊左衛門方の玄關」)落語:乳房榎 講談:伊賀の水月

【いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と天罰】いつまでもあるとおもうなおやとかね、ないとおもうなうんとてんばつ)人にたよる心を戒め、倹約の大切さを教えることば。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「〜ないと思うな瘡と天罰」とも。(落語・ちきり伊勢屋「いや、そんなことはない、な、譬えにもあるだろう。“いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と天罰”あなたには運が向いて来るぞオ」)落語:御神酒徳利、唐茄子屋

【従兄弟従々兄弟は他人も同様】いとこはとこはたにんもどうよう)「従兄弟糸程」兄弟の子となれば、既に血縁の関係褸の如く弱小となるの意。「従兄弟ハトコハ泥溝(ドブ)ノ端(ハタ)ニモアル」多くあれども、さしてたのみにならぬをいう。「〜道端ノ犬ノ糞」とも。──【諺語大辞典】(落語・六尺棒「阿父さんには姪だ甥だと云うのは近い身内かも知れませんが、従兄弟従々兄弟は他人も同様というじゃありませんか」)落語:唐茄子屋

【稲妻や昨日は東今日は西】いなずまやきのうはひがしきょうはにし)【意味】其角の句。変化迅速の喩に用う。──【諺語大辞典】(講談・大高源五「イヤ宗匠の御一句通り稲妻や昨日は東今日は西で、住所も定まりません」)講談:亀甲縞治兵衛

犬打つ童】(いぬうつわらべ)児童走卒などいうと同じ。犬打つ童に至るまで知らぬものなしなどいう。──【諺語大辞典】(講談・伊賀の水月「汝如きは犬打つ童」)

【犬が西向きゃ尾は東】いぬがにしむきゃおはひがし)極めて明白なる事をいう。──【諺語大辞典】(講談・幡随院長兵衛「そんなことは分り切つてゐる、犬が西向きゃ尾は東といふやうなもんだ」)落語:五人廻し

【犬去って梅花を描き、鶏去って紅葉を残す】いぬさってばいかをえがき、にわとりさってこうようをのこす)(落語・雪てん「雪の中を犬が歩く。その足あとが梅の花のようだというような意味さ。犬去って梅花を描き、鶏去って紅葉を残す、というようなわけで」)

【犬になっても大所の犬、立ち寄らば大樹の陰】いぬになってもおおどこのいぬ、たちよらばおおきのかげ) 「立チ寄ラバ大樹ノ蔭」依頼するには勢力のある者を択ぶべし。「犬ニナルトモ大所ノ犬ニナレ」事を為すには、相手や主人を択ぶべきをいう。──【諺語大辞典】「たちよらば大木のかげ」と「毛吹草」にある。(落語・鼻きき源兵衛「天びんがあるから一生八百屋をしてつまらなく世を渡っているのだ。なんでも人間は心ほどの世を経る、立ち寄らば大樹のかげ、犬になるにも大家(おおどこ)の犬になれといわア」)落語:子宝 講談:寺坂吉右衛門由井正雪、慶安太平記赤穂四十七士

【犬の糞で仇】いぬのくそであだ・かたき)「犬ノ糞デ敵打ツ」「〜敵ヲトル」ともいう。卑劣なる手段にて、怨を報ずること。──【諺語大辞典】(落語・大工調べ「まァ、長えもんにゃア巻かれろ、あとで犬の糞でかたきでもつまらねえから、え? 下手に出て、よくわけェ話してもらってこい」)落語:らくだ、胴取り

【犬は三日飼われれば三年恩を忘れない】いぬはみっかかわれればさんねんおんをわすれない)「犬ハ三日ノ恩ヲ三年忘レズ、猫ハ三年ノ恩ヲ三日デ忘ル」犬猫の恩を記憶するに厚薄あるをいう。「犬猫モ三日扶持スレバ恩ヲ忘レズ」犬猫も猶恩を知る、況や人をや。──【諺語大辞典】(落語・元犬「犬という動物はご承知のように、たいへん利口でございます。…“三日飼われれば三年恩を忘れない”ということを言ってございます」)落語:猫定 講談:里見八犬伝

【犬骨折って鷹の餌食】いぬぼねおってたかのえじき)犬の労して山野より追いだしたる鳥獣の、その口に入らずして、鷹の餌となるをいう。──【諺語大辞典】(講談・鼠小僧次郎吉「しめた、犬骨折って鷹の餌食、人間というものはどんなところにこういう間拍子のいいことがあるか知れねえもんだ」)

【犬も歩けば棒に当たる】いぬもあるけばぼうにあたる)「棒ニアウ」ともいう。事をなすものは禍にあうことありとの喩なるべきを、今は多く意外の幸福に出合うことに用う。──【諺語大辞典】(落語・今戸の狐「ェえ? なるほどね。“犬も歩けば棒に当たる”えェと、薪屋の横ッてッたなァ」)《い》落語:転宅、鰻の幇間、遠山政談、庖丁 講談:大塩瓢箪屋裁き、朝顔日記、寛永御前試合

【犬も朋輩、鷹も朋輩】いぬもほうばい、たかもほうばい)身分に上下あるも同僚たるは同じ。往時大名の家に犬鷹を飼養せしより起りし諺。──【諺語大辞典】(講談・笹野名槍伝「マア宜いや、犬も朋輩、鷹も朋輩、一つ鍋のものを食べ合つてゐた仲だ」)落語:元犬、万金丹、春雨、米搗の幽霊、下女の恋 講談:荒木又右衛門、太閤記、三家三勇士

【命あっての物種】いのちあってのものだね)【意味】「〜畑あっての芋種」と続く。何事も命ありての上の事なりとの意。──【諺語大辞典】(落語・永代橋「然うですとも、命あつての物種だ、斯んな嬉しい事はありません」)落語:うそつき弥次郎、土橋萬歳、塩原多助一代記 講談:梁川庄八、寛永三馬術太閤記、鼠小僧次郎吉、赤穂四十七士伝、大高源五、名刀捨丸

井の中の蛙大海の広きを知らず】いのなかのかわずたいかいのひろきをしらず)「井の内の蛙大海を知らず」自分の狭い見聞や知識を唯一最高のものと考え、他に広大な世界があるのを知らぬたとえ。視野の狭いたとえ。──【江戸語の辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・玉菊燈籠「彼は江戸へ參つたことがないから夫故いはゞ井の中の蛙同様城普請の法には叶はざる繪圖を引きまする」)《い》落語:茶わん屋敷 講談:荒木又右衛門、由井正雪、岩見重太郎、慶安太平記、玉菊燈籠、西郷南洲

【医は意なり】いはいなり)医術の深趣は言説し難きをいう。──【諺語大辞典】 「因話録」という書物にある言葉だという。(講談・寺井玄渓「アッハッハハお前はまだ若い。医は意なりというはこゝのことじや、何もくよくよ考えるには及ばんではないか」)

【医は医のために倒れる】いはいのためにたおれる)(講談・荒木又右衛門「いや醫は醫のために倒れる。人の病を治す大役ではあるけれども病氣には勝たれぬ」)

【医は仁術(長袖)】(いはじんじゅつ)【意味】人を救う術なればなり。──【諺語大辞典】「長袖」武士に対して、公家・僧侶・神官・医者・学者などの称。武士が鎧を着る時、衣服の袖を括って短くするのに対して、常に長袖の衣服を着るのでいう 。──【江戸語の辞典】(落語・夏の医者「昔は、『医は仁術なり』ということを申します」)講談:清水次郎長、野狐三次、大岡政談お花友次郎、同村井長庵、

【疣相持ち】(いぼあいもち)持ちつ持たれつ、相互扶助。この「疣」は「鷸蚌」の訛った語。「鷸」はしぎ、「蚌」はどぶ貝、またはハマグリのこと。「鷸(カワセミ)蚌(ハマグリ)ノ争ハ漁夫ノ利トナル」二者利を争うて、第三者に横取せらるに喩う。──【諺語大辞典】「えぼあいもち」「うぶあいもち」「うむあいもち(有無相持・上方語)」とも。「毛吹草」にもある。(講談・明智三羽烏「持ちつ持たれつ、お互ひ様、疣相持ち」)

【今さら思えど六日の菖蒲】いまさらおもえどむいかのあやめ)「六日ノ菖蒲十日の菊」共に時機におくれて役に立たぬことのたとえ。陰暦五月五日は菖蒲の節句、同じく九月九日は菊の節句。──【江戸語の辞典】(講談・忠僕直助「今さら思えど六日の菖蒲、如何とも仕様がございませんから、先立つものは涙とやら、ボロボロ男泣きに泣いて居る様子を見た助廣は至つて義侠心(をとこぎ)の強い人でございますから」)

【今鳴るは芝か上野か浅草か】いまなるはしばかうえのかあさくさか)(講談・慶安太平記今鳴るは芝か上野か浅草か、昔は芝三縁山増上寺、上野東叡山寛永寺、浅草金龍山浅草寺弁天山の鐘、この三つを江戸の三大名鐘と申しました」)

【忌めば忌む忌まねば忌まぬ、忌むという字は己の心なりけり】いめばいむいまねばいまぬ、いむというじはおのれのこころなりけり) (落語・しの字丁稚「故郷にいたとき、物識りの隠居はんから聞いたことがおます。忌めば忌む忌まねば忌まぬ忌むという字は己の心なりけり……。文字というもんは理詰めのもんで、善も悪も、おのれの心でどうとでもなります」 

【いやだいやだよ馬方いやだ手綱とる身で日を暮らす】いやだいやだようまかたいやだたづなとるみでひをくらす)(講談・三家三勇士「いやだいやだよ馬方いやだ手綱とる身で日を暮らす、シャンシャンシャーンと、駅路(うまやじ)の鈴の音、馬子唄を声自慢に唄いながら通って行く」 

【いや待てしばし金火箸】いやまてしばしかなひばし)(落語・かはりめ「これまでの所ア悪かツた、勘弁して呉んねえ、斯う言つて謝らうかと思ツたが、イヤ待て霎時(しばし)金火箸と考へた」

【煎豆に花(〜に咲いた花)】(いりまめにはな)稀有の喩。枯木ニ花の類。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・矢田五郎右衛門「御命の助かりしは煎豆に咲いた花とやら、此の上は仲右衛門方へ參りまして」)《い》講談:梁川庄八、笹野名槍伝、両越大評定、岩見重太郎

【色ある花は匂い失せず】いろあるはなはにおいうせず)(落語・札所の霊験「少うししがれてはいるが、色ある花は匂い失せずとやらのたとえ、以前勤めをした女だけになにごとにつけ、取りなしが素人とは違いまして灰汁抜けがしています」

【色男金と力はなかりけり】いろおとこかねとちからはなかりけり)川柳。──【諺語大辞典】、女に好かれるような美男は、とかく金と腕力がないものだ、の意。──【江戸語の辞典】(落語・六尺棒「俺は其倅だけれども力なんかサツパリ無いんだ、色男金と力はなかりけり、何処まで俺は色男に出来上つて居るんだろう」)講談:塚原ト伝

【色気より食気】いろけよりくいけ)「花ヨリ団子」の類。──【諺語大辞典】、色気よりも食欲の方が強い。──【江戸語の辞典】(落語・明烏「私はもう斯うなると色気よりは食気で、今此所の茶箪笥を見ると栄太楼の甘納豆があるから」)

【色恋は晴れて会ってはおもしろくない。忙しい中で首尾をして会う、ここが値打ちだ】いろこいははれてあってはねうちがない。いそがしいなかでしゅびをしてあう、ここがねうちだ)(講談・関東七人男「すべて色恋は晴れて会ってはおもしろくない、忙しい中で首尾をして会う、ここがネウチだ……ねえ親分、そうじゃアありませんか」

【色好まざる男の子は玉の盃底なきが如し】いろこのまざるおのこはたまのさかずきそこなきがごとし)すべてのことに すぐれていても、女色に興味のない男は情趣を解さず、立派なさかずきに底がないように人間として不完全である。──【故事俗信ことわざ大辞典】、【諺語大辞典】「色好まざらん男はいとさうざうしく玉の巵底なき心地ぞすべき」──[徒然草](実録・おこよ源三郎「色好ざらん男の子は玉の盃盞に底無きが如しと云ど、情慾を好めとには非ず、色とは眞實の心を言なり」)

【色にはなまじ連れは邪魔】いろにはなまじつれはじゃま)「恋にはなまじ連れは邪魔」恋は一対一のさしむかいがよいのであって、なまじっかな連れは邪魔である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・居酒屋「色にはなまじ連は邪魔ということがあらあ、一と人の方が気が揃って、よほどいい心持だ」)落語:野ざらし、白銅

【色の白いは七難隠す】いろのしろいはしちなんかくす)色白ければ容貌の醜き所をもてかくす。──【諺語大辞典】(落語・文違い「だれしも多少はこの自惚れというものがありまして、色の白いのは七難かくすなんてえまして、おれは色が白いからなんてんでたいそうこの喜んでいる」)

【色は内輪にしていちゃあできるものではない、十人くどいて一人くどき落としゃあ一割、はじかれてもともと】いろはうちわにしていちゃあできるものではない、じゅうにんくどいてひとりくどきおとしゃあいちわり、はじかれてもともと)(落語・さら屋「十人口説て一人諾(うん)といへば、一割に当るといつて、丹念に口説て歩く人がいる」)落語・羽衣

【色は思案の外】いろはしあんのほか)「恋は思案の外」、「色ハ心ノ外」。恋愛は尋常の規矩をはずれたるものなりとの意。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「伊勢の白子の丹波屋から頼まれまして小金井小次郎の首を取ることを請合つて來た大丈夫の武士も、戀は思案の外と云ふ位ゐで」)とも。(落語・たちきり「百日の蔵住居せんならん若旦那、なにがためだと申しますと、色は思案のほかなんで」)講談:難波戦記

【色は年増に止めさす】いろはとしまにとどめさす)中年の女は情味深しという。──【諺語大辞典】(落語・縮み上り「マア下らねえ事を云わねえで彼方へ行く女を見ねえ。色は年増に止めさすと云うが真正だな」)落語:湯屋番

【色町が明るくなれば家は闇】いろまちがあかるくなればうちはやみ)(落語・親子茶屋「お若いうちは、どうしましても、お色気の方へ向くようで……色町が明るくなればうちは闇……うまいことが言うてございます」)

【鰯の頭も信心から】いわしのかしらもしんじんから)「いわしのあたま」、「信心がら」とも。鰯の頭のようなつまらないものでも、これを信仰する心が篤ければ、神仏同様の霊験をもつに至る。信心の力の大きいことをいうたとえ。──【江戸語の辞典】 節分に鰯の頭を串に刺し、柊の枝とともに 門口にさす「追儺」に由来するという。「毛吹草」にある。(落語・乳房榎「いや流行神(はやりがみ)などというものは利く利かないにかかわらず、自ずと人気がそこへ寄るものだから、鰯の頭も信心柄とやらで、こっちの心さえ通じればそれはきっと利益のあるもの」)《い》落語:ちきり伊勢屋 講談:鼠小僧次郎吉、慶安太平記

【鰯を煮た鍋】いわしをにたなべ)「鰯煮タ鍋」鍋に腥臭のつくが如く、離れがたき同臭の間柄をいう。──【諺語大辞典】(講談・梁川庄八「『庄八正國といふ大先生は、俺と縁がねえんぢやアね え、生臭い仲なんだぜ』『ヘエ』『大した事もねえけれど、俺の叔父さんの其叔母さんの其實家の從弟の兄の妹の……まア鰯を煮た仲とでも云はうか』」)講談:伊賀の水月

【言わぬが花】いわぬがはな)黙止して言わざるが却て勝れり、あらわに言いては味なしという場合に用う。──【諺語大辞典】(落語・ちきり伊勢屋「『冗談じゃない。こんな汚ない身装をしているけれども、もと麹町五丁目で……』ちきり伊勢屋……といいかけたが、ま、言わぬが花」)講談:三村次郎左衛門

【言わぬは言うに増す(いや勝る)】(いわぬはいうにます)黙っていた方が、言う以上に威力を発揮する。──【江戸語の辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・片岡源五右衛門「こういう場合になっては中々口なぞきけません。言わぬは言うにまさるやら、この時主従の心の底はどんなものでありましたろう」)南部坂雪の別れ

【陰々滅々】いんいんめつめつ)陰気で気がめいるさま。──【広辞苑四版】(落語・牡丹燈籠「辺りは陰々滅々とし、清水の下から、カラーン、コローン」)落語:お七

【因果応報(、天の道)】(いんがおうほう)過去における善悪の業に応じて、現在の幸不幸の果報を生じ、現在の業に応じて未来の果報を生ずること。──【広辞苑四版】(講談・水戸黄門「人を殺せば自分も討たれる、因果應報、天の道で仕方がない」)

【因果は巡る車の輪】いんがはめぐるくるまのわ、たいかいのうしおもみちひのあるごとし)「因果はめぐる車の輪」因果応報の車輪の如くめぐり来るをいう。──【諺語大辞典】「ゐんぐはは車のわのごとし」と「毛吹草」にある。(実録・おこよ源三郎「因果は運る車の輪、大海の潮も満干のある如しと」)落語:文違い 講談:越後伝吉

【因果をふくめる】いんがをふくめる)【意味】かくなるは自然の応報なりと称して、人の願望を断念せしむるをいう。──【諺語大辞典】(講談・寺坂吉右衛門「お前、あの子に因果をふくめて……」)

【陰徳あれば陽報あり】いんどくあればようほうあり)人に知らせず徳を修め善き行あれば、おのずからあらわなる報いあるをいう。[淮南子]夫有陰徳者必有陽報。──【諺語大辞典】(落語・佃祭「え?『陰徳あれば陽報あり』助けてやったのを忘れてしまったというのだ。その女の家でお酒をご馳走になって助かったのだとさ」)

陰にとじては陽にひらく】(いんにとじてはようにひらく)「陰に打てば陽に開く」静かに鋭く打ち込めば大きく活発に体をかわす。──【江戸語の辞典】(講談・伊賀の水月「又右衛門、陰にとじては陽にひらき」)

陰にこもって物凄い】(いんにこもってものすごい)「陰に籠る」陰気な様子をいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・猿飛佐助「今しも打ち出す真夜中の鐘は陰に響いて物凄く」)

トップヘ

 

広告を非表示にする