増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【有為転変】ういてんぺん)この世は因縁によって仮にできているから、移り変わってしばらくも一定の状態にないこと。世事の移り変りやすいこと。──【広辞苑四版】(講談・明智三羽烏「アア世の中は有爲轉變、種々なものだ、ウン」)

【飢えたる鴇は食を選ばず】うえたるときはしょくをえらばず)通常は「飢えたる時は~」と表記する──【諺語大辞典】、「飢エタル時ハ藁ヲモ食ヘ」食を択ぶに遑なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・勤王芸者「飢えたる鴇は食を選ばず、小兒が慈母(はは)の乳を慕うに等しく、竹の皮の包みを解く間も急がはしさうに、例の握飯(むすび)を食べる」)

【上に立つ人から小言を言われるうちが人間の花】うえにたつひとからこごとをいわれるうちがにんげんのはな) 「良薬の苦いが娑婆の花盛り」という雑俳がある。(落語・ 唐茄子屋「若えの、まだ意見をいってくれたり、小言のいい手があるうちが花だよ」)講談:名匠源八

【上見ぬ鷲の振る舞い】うえみぬわしのふるまい)「蛙の鉢巻向こう見ず」に続けてこういうことも。また、「上見ぬ鷲の浅ましさ」「上見ぬ鷲の心驕る」とも。恐るべき者のないさま。上を恐れぬ傲慢な人にたとえてもいう。──【江戸語の辞典】(講談・由井正雪「其所は年が若いだけに天狗慢心、乃公ほど強い者はなからうと上見ぬ鷲の振舞」)講談:慶安太平記、荒木又右衛門、宮本武蔵、木村長門守、太閤記塚原ト伝

【上を下へと手の舞い足の踏むところを知らず】うえをしたへとてのまいあしのふむところをしらず)「上ヲ下ヘカヘス」混雑顚倒の様。──【諺語大辞典】(講談・寛永三馬術唐津の城内城外は鼎の沸くやうな喜びと混雑、上を下へと手の舞い足の踏むところを知らず」)

【魚心あれば水心】うおごころあればみずごころ)彼、我に好意を表すれば、我も亦彼に好意を表するものなりとの喩。──【諺語大辞典】(落語・夢金「いえ、“魚心あれば水心”“読みと歌”てえやつでねえ」)落語:菊江仏壇、お文様 講談:伊賀の水月、幡随院長兵衛、鰯屋騒動

【憂きが中にも旅の空】うきがなかにもたびのそら)(落語・宿屋の仇討「憂きが中にも旅の空……なんてえまして、同じ旅をしましても、少ゥし懐が重い、足もとが軽いなんてえなあ、のんきないい心持のもんで」)

【浮き草や今日は向こうの岸に咲く】うきくさやきょうはむこうのきしにさく)「浮草ヤ今日ハアチラノ岸ニ咲ク」節操なきに喩う。麦林舎乙由の句。──【諺語大辞典】(講談・関東七人男「まぁ仕方がねえや。――浮き草や今日は向うの岸に咲く……これだよ。公家高家のお姫さまじゃァねえ、だますが稼業の女郎だ」)

【兎討たるる時は狐悲しむ】うさぎうたるるときはきつねかなしむ)「兎死スレバ狐之ヲ悲シム」──とは、同じ類に禍の来らんことを悼む故。──【諺語大辞典】(講談・岩見重太郎「いうにゃ及ぶ。兎討たるゝ時は狐悲しむとかきく」)

【うさを忘れるのは酒】うさをわすれるのはさけ)(講談・鼠小僧次郎吉「何しろうさを忘れるなあ酒だから一盃やろう」)

丑寅のものは鰻を食わない】(うしとらのものはうなぎをくわない)「丑寅ノ年ノ生レノ人ハ鰻ヲ食ウベカラズ」[物類称呼]一代の本尊虚空蔵菩薩にて、生涯鰻を食うことを禁ずといえり。──【諺語大辞典】(落語・鰻の幇間「第一丑寅のものは鰻を食わねえてえくらいのもんだよ君、虎の掛物をかけて君、鰻屋で君、よろこんで君、勘定はいくらだい君」)

【牛にひかれて善光寺参り】うしにひかれてぜんこうじまいり)[本朝俚諺]昔信濃善光寺近辺に七十にあまる姥ありし が、隣家の牛はなれて、さらしおける布を角を引きかけて、善光寺にかけこみしを、姥おひゆき、初めて霊場なるを知り、度々参詣して後世を願えり、之を牛に ひかれて善光寺詣りといいならわす。──【諺語大辞典】(落語・池田の猪買い「やれやれ、牛にひかれて善光寺参りか」)講談:誰が袖音吉

【牛にも馬にも踏まれぬ身になる】うしにもうまにもふまれぬみになる)小児が成長したるにいう。──【諺語大辞典】(講談・田宮坊太郎「遺兒の坊太郎、ハヤ七歳になりました、是から先も牛にも馬にも踏まれぬやう、彼の世から幾久しく加護を賜ひ、無事に成長さして下さいまし」)落語:厄払い 講談:笹野名槍伝、大島屋騒動

【牛は牛づれ、馬は馬づれ】うしはうしづれ、うまはうまづれ)同類はおのずから相伴うに至ることのたとえ。各自似合いの相手を求めるのがよい。──【江戸語の辞典】「毛吹草」にもある。(講談・寺坂吉右衛門「けれども女は女づれ、牛は牛づれ、馬は馬づれということがある」)落語:おさん茂兵衛 講談:安政三組盃、寺坂吉右衛門曽呂利新左衛門、鼠小僧次郎吉、加賀騒動

【ウジャジャケる】うじゃじゃける)熟し、うみ、崩れる意。ただれる。化膿する。糜爛する。うじゃける。──【江戸語の辞典】(講談・安政三組盃「おとついの晩はなんとかいう女とウジャジャケて」)

【氏より育ち】うじよりそだち)血統より教育を重しとす。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・鋳掛屋「フン、なるほどな。氏より育ち。おんなじように、お母ちゃんの腹いためて、ホギャァと出んねやが、教育のしかたで、これだけちがうのやろな」)《い》

【後ろ鉢巻襷十字に綾なして】うしろはちまきたすきじゅうじにあやなして) 「向こう鉢巻〜」(その場合結び目が前後逆になる)とも。(講談・寛永御前試合「香取弥左衛門は向こう鉢巻襷十字にあやなして、三尺二寸波平行安の大刀を引き抜き真っ向大上段に振りかぶって」)落語:野ざらし、蚊いくさ 講談:徳川天一

【後ろ弁天前不動】うしろべんてんまえふどう)「後ろ千両前一文」後ろ姿のよくして、顔のみにくきをいう。──【諺語大辞典】(落語・山崎屋「ああいう後姿のいい女に限って前から見ると、さほどでないのがある。“後ろ弁天前不動”てねェ、それほどじゃないかァ」)講談:柳沢昇進録

【牛を馬に乗り換える】うしをうまにのりかえる)優れる方につく喩。──【諺語大辞典】(講談・太閤記「實は兄上、齊藤家に見切をお付けなされたと云ふなら、此際牛を馬に乗り替へるお考へはございませんか」)《い》落語・立切れ 実録・大岡政談〜越後伝吉

【有造無造】うぞうもぞう)【意味】「有想無想」種々雑多の人物事件をいう。──【諺語大辞典】、「有象無象」種々雑多なくだらない人間。──【江戸語の辞典】(落語・汲立て「お師匠さん出て御覧、有造毛造が太鼓を叩いて真赤になつて居らあ」)

【嘘つきは泥棒の始まり】(うそつきはどろぼうのはじまり)「嘘ツキハ盗賊ノ始リ」虚言を恥じざる者は、進んで盗みをなすに至る。──【諺語大辞典】(落語・うそつき弥次郎「嘘を吐く者は泥棒の初まりなどと云ふ悪口もございますが、偽といふ字は人偏に爲と云ふ字を書くさうでございますから」)落語:夏泥、雁取り

【嘘と坊主の頭はゆえねえ】(うそとぼうずのあたまはゆ〔い〕えねえ)言うと結うとにかけていう。──【諺語大辞典】(講談・関東七人男「イヤ番頭さん、おれは嘘と坊主の頭は結えねえ」)

【嘘は世上の宝】うそはせじょうのたから)【意味】「虚言ハ世ノ宝」虚言も必要の時あるをいう。──【諺語大辞典】(落語・高田の馬場「嘘は世上の宝と申しますが、なんにでも嘘というものはございます」)

【嘘も方便】うそもほうべんホラモ方便ともいう。虚言も亦方便として用うべしとの意。──【諺語大辞典】「嘘も時の方便」とも。前項にほぼ同じ。嘘は罪悪だが、社交的な効果があるので、時と場合によっては必要である。仏教から来た教え。(落語・錦の袈裟「子供だってそんなこと言やァしないよ、“嘘も方便”てェことがあるんだよ」)落語:錦の袈裟 講談:清水次郎長、越後伝吉、明智三羽烏、三家三勇士

【嘘らしい嘘をつけ、実らしい嘘をつくな】うそらしいうそをつけ、まことらしいうそをつくな)「嘘言ラシイ嘘言ハツクトモ誠ラシキ虚言ヲツクナ」誠らしき虚言は人の信用するため、其害多し。──【諺語大辞典】 徳川家康の言葉だともいう。(落語・三枚起請「其の昔、東照神君家康公は『嘘らしい嘘をつけ、實らしい嘘をつくな』と仰しやつたと申しますが成程嘘らしい嘘は罪がなくて宜いもので」)

【疑いは禍の基】うたがいはわざわいのもと)(講談・木村長門守「疑ひは禍ひの基、俗に疑心暗鬼を生ずなどと申す」)

【うだつが上がらない】うだつがあがらない)「ウダツガアガラヌ」不仕合にて志の伸びざるをいう。ウダツはウダチの転訛、梁上の柱なり。木匠の語に家を建て棟上げするを「ウダツガアガル」という。──【諺語大辞典】(落語・御慶「とてもおまえなんぞと一緒ンなってられないよ。うだつァ上がらないよ。離縁しとくれ。えッ? 離縁しとくれよ。去り状書いとくれ」)落語:淀五郎

【うたるるはかねて覚悟ぞ蕎麦の花】うたるるはかねてかくごぞそばのはな)(講談・寛永三馬術「此の聯の如く『うたるるはかねて覺悟ぞ蕎麥の花』お解りか」)

【内兜を見る】うちかぶとをみる)「内冑ヲ見スカス」「〜見ヌク」ともいう。相手の弱点をみとむる意。──【諺語大辞典】(講談・大石東下り「顔色を見せてもし内兜を見られてはなりません」)

【内股膏薬】うちまたごうやく)ニ心ありて両方につくに喩う。──【諺語大辞典】(落語・巌流島「なにを言ってやンでえ。こン畜生め。てめえみてえに内股膏薬のやつァねえや」)講談:寛永御前試合

打ちも打ったり、払いも払った両人の早技】(うちもうったり、はらいもはらったりょうにんのはやわざ)  むかしの野球中継の「打ちも打ったり、捕りも捕ったり」というような言い回しはこうした武芸ものが元ネタなのだろう。(講談・寛永御前試合「さればこれ真の玄達の勝ちにはあらず、打ちも打ったり、払いも払った両人の早技」)

【拍つ手ははずれても】うつてははずれても)「打ツ槌ハハヅルトモ」大地ヲ打ツ槌ハハヅルトモ何々ノ事ハハズレズという。──【諺語大辞典】(落語・ちきり伊勢屋「『拍つ手ははずれても、この先生のいうことははずれねえという先生だ』『名人だなァ』」 )(参照)→三尺の槌をもって大地を打つは外れることはあるが

【高梁(うつばり)強くて家を倒す】うつばりつよくていえをたおす)「カウバリ強くて家を倒す」家を倒れしめざらんための支柱も、強きに過ぐれば、却て之を顛覆せしむ。──【諺語大辞典】(講談・大石内蔵助梁強くして家を倒す、忠義も過ぐれば主を害するに等し、能く能く御勘考下さるやう」)《い》講談:夕立勘五郎

【梁(うつばり)の塵もとどまるかと怪しまれ】うつばりのちりもとどまるかとあやしまれ)「梁塵を動かす」歌う声のすぐれていること。転じて、音楽にすぐれていることをいう。──【広辞苑四版】(講談・磯貝十郎左衛門「心をこめて打ち鳴らす音色、梁の塵もとどまるかとあやしまれ、猩々の乱れをうちました」)

【討つ者も討たるる者も土器の砕けし後は元の土塊】うつものもうたるるものもかわらけのくだけしのちはもとのつちくれ)「討ツモ打タルルモ武士ノ習」[一夜船]「〜と飛び出て一太刀打合せしに」。──【諺語大辞典】 三浦荒二郎の歌による。(講談・田宮坊太郎「三浦荒二郎の古歌に『討つ者も討たるる者も土器の砕けし後は元の土塊』此の土器は大地へ打ち附け微塵に打ち砕くものださうで御座います」)

【うどの大木】うどのたいぼく)無用の長物をいう。──【諺語大辞典】(落語・妾馬「大柄ではございますが、あれはまァ俗に申します『独活の大木』でございまして、どうもしょうがございません」)

【自己が田へ水を引く】うぬがたへみずをひく)「我が田へ水」人皆自己の利益を謀るをいう。──【諺語大辞典】(落語・宮戸川「舟位好いものはございません、自己が田え水を引くのではございませんが、夏期(なつ)は舟に限ります」)

【自惚れと瘡っ気のない奴はいない】うぬぼれとかさっけのないやつはいない)(江戸っ子に)二者共に世人に普通なりとの意。──【諺語大辞典】(落語・文違い「昔から人間自惚れと瘡気のないものはないなんてえたとえがあって、だれしも多少はこの自惚れがありまして」)落語:紺屋高尾 講談:鼠小僧次郎吉、加賀騒動、関東七人男、小間物屋四郎兵衛、木曾富五郎

【鵜の毛で突いたほどの隙もない】うのけでついたほどのすきもない)「兎ノ毛ノ尖デツイタ程」細小の喩。(講談・宮本武蔵「何分双方とも一流を極めた達人、兔の毛で突いた隙もない」)落語:たがや 講談:山中鹿之介、宮本武蔵赤穂四十七士伝、梶川与惣兵衛

【卯の花下し】うのはなくだし)春夏の交、長雨の卯の花を腐らすをいう。──【諺語大辞典】(講談・関東七人男「丁度四月の下旬に相成り卯の花下しといふので毎日のやうに降りが續き」)

【鵜の真似をする烏は水に溺れる】うのまねをするからすはみずにおぼれる)「〜水を飲む」。自分の才能を考えずに他人の真似をして失敗することのたとえ。──【江戸語の辞典】(落語・松竹梅「人の真似と云ふ者は不可様に思ひます。鵜の真似を烏……何でも自分の器量丈遣りますと間違ひ有りませんが」)《い》落語:近日息子、年ほめ=子ほめ

【鵜の目鷹の目】うのめたかのめ)【意味】眼を鋭くして物を探し求むること。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・居残り佐平次「お役人は鵜の目鷹の目で見張つて居ります、ヘイ」)講談:祐天吉松、西郷南洲、小金井小次郎、因幡小僧、獄門小僧

【馬方船頭御乳の人】うまかたせんどうおちのひと)[倭訓栞]馬方船頭は荷物を質に取りて途中に強請をなす、乳母は嬰児を質として我儘をなす、すべて人を要して勝手を働くよりいふ。──【諺語大辞典】(落語・三十石夢の通い路「あないに言うてるが、馬方、船頭、お乳の人というて、言葉は荒いが気立てはええ」)《い》

【馬方船頭遠方(をち)の人、まぁ大きな声するやつに悪いやつはいない】うまかたせんどうをちのひと、まぁおおきなこえするやつにわるいやつはいない) [倭訓栞]馬方船頭は荷物を質に取りて途中に強請をなす、乳母は嬰児を質として我儘をなす、すべて人を要して勝手を働くよりいふ。──【諺語大辞典】馬方 や船頭、遠くにいる人、ともかく地声の大きな人(がさつで下品な人)に悪人はいない。悪人はたいてい小声で悪事をささやくものだからだ。が、別の表記・意 味もある。前項参照。(落語・三人旅「馬方船頭遠方の人、まァ大きな声ェするやつに悪いやつァいねえてえがなァ、この馬子さん面白えじゃねえか、ええ?」)

【うまき物食わす人に油断すな】うまきものくわすひとにゆだんすな)「ウマイ物食イテ油断スナ」わが歓心を買うものは、我に求むる所あればなり。──【諺語大辞典】(落語・土橋萬歳「へへーえ、うまき物食わす人に油断すな、ちゅうてな。うかうかそんなもん食べてその銭もろて……あんたわたいの生肝でも取ろうと思て」)落語:商売根問

【馬に止動の間違いあり、狐に乾坤の誤りあり】うまにしどうのまちがいあり、きつねにけんこんのあやまりあり)「馬ノ止動狐ノ困快(コンカイ)」顛倒の喩。馬は止止(シシ)というに却て走り、動々(ドウドウ)というに却て止り、狐は「困々(コンコン)と叫ぶが吉にして、「快々(カイカイ)」と叫ぶが凶なりとの義。(落語・猫久「馬に止動の間違いあり、狐に乾坤の誤りあり、とか申しますが」)落語:馬の田楽

【馬には軽く乗れ、水には重く乗れ】うまにはかるくのれ、みずにはおもくのれ)(講談・扇の的「今しも引く波につれてザッザッザッザと乗り入れる。馬には軽く乗れ、水には重く乗れ、と申します」)

【馬の背を分ける】うまのせをわける)【意味】馬の背の片方には雨が降り、もう一方には降らぬ意で、夕立などが、ごく近い区域でここには降り、あそこには降らぬさまにいう。──【広辞苑四版】(落語・紫檀楼古木「ある夏のことで、馬の背を分けるというところの夕立がザッとやって来ましたから、羅宇屋の荷をぬらすまい、自分もぬれまいと思って」)落語:天災 講談:藪原検校

【馬の耳に念仏(、牛の角に蚊)】(うまのみみにねんぶつ)「馬の耳に風」何とも感ぜぬをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にも「むまのみゝに風」とある。(落語・唐茄子屋「夢中になっている時は、そんなもので、親の意見も馬耳東風…『馬の耳に念仏』というやつでね」)

【馬は船乗人帆柱舵鐙、手綱帆綱に心小波うまはふねのりてほばしらかじあぶみ、たづなほづなにこころさざなみ)(講談・伊賀の水月「巧い巧い、ハア成程是は馬も出來るな、馬は船乗人帆柱舵鐙、手綱帆綱に心小波、馬が是だけ乗れれば立派な武士だ」)

生まれたときは別々だが、死ぬときは別々】(うまれたときはべつべつだが、しぬときはべつべつ)(落語・そこつ長屋「生まれたときは別々だが、死ぬときは別々だって仲」)

【海千山千】うみせんやません)「海ニ千年河ニ千年」老獪なる者をいう。──【諺語大辞典】  「~里に千年」(講談・木曾富五郎)とも。(落語・三枚起請「『ねェ、棟梁』『なんだよ』『あいつァねェ、海千山千なんだから、口でなんぞいったってだめだよ、うめえんだから』」)

【海に千年山に千年、まるで山伏の持ってる法螺の貝みたいな代物】うみにせんねんやまにせんねん、まるでやまぶしのもってるほらのかいみたいなしろもの)(落語・茶釜の喧嘩 「廓内に勤めをして居た時分は京町に三年、江戸町に三年、角町に三年居て揚屋町に三年ポンと出ると小塚原に三年、品川の三年、板橋に三年居て新宿に三年、 赤坂の桐畑に三年、根津に三年居たと云う、海に千年山に千年、まるで山伏の持ってる法螺の貝みたいな代物だから強いやね」)

【生みの親より育ての親】うみのおやよりそだてのおや)「生みの親より養いの親」、「生ミノ恩ヨリ育テノ恩」生みし親より、養育せし親の恩重きをいう。──【諺語大辞典】(講談・安中草三郎「生みの親より養ひの親、大恩うけしお父さんの御病氣、人參をのめば必ず癒ると聞いて」)落語:文違い 講談:安政三組盃、笹野名槍伝

【梅が香を桜の花に持たせつつ柳の枝に咲かせてぞ見ん】うめがかをさくらのはなにもたせつつやなぎのえだにさかせてぞみん)編者注:中原致時の歌「梅が香を桜の花に匂はせて柳の枝にさかせてしかな」による。[色三味線]月花に心寄する歌人も、梅が香を桜の花に匂はせ、柳の枝にさかせて見たい願ひ、いづれよい事は揃はぬものなり。──【諺語大辞典】(講談・大久保彦左衛門「『梅ヶ香を桜の花に持たせつつ柳の枝に咲かせてぞ見ん』之を政宗が二三度繰返し、長門守は能く此歌に似た男だと言つた」)

【恨みに報ゆるに徳を以てする】うらみにむくゆるにとくをもってする)「怨ミハ恩デ報ゼヨ仇ハ恩デカヘセともいう。[老子]報怨以徳──【諺語大辞典】(講談・水戸黄門「一旦は恨んだものの、恨みに報ゆるに徳を以てするといふのは流石に偉い處」)講談:笹川繁蔵

【売られた喧嘩は買わずにもいられねぇ】うられたけんかはかわずにもいられねぇ)(講談・関東七人男「好んでやる気はねえが、売られた喧嘩は買わずにもいられねえ」)

【瓜売りが瓜売りに来て売り残り売り売り帰る瓜売りの声】うりうりがうりうりにきてうりのこりうりうりかえるうりうりのこえ)(落語・雪てん)

【売り言葉に買い言葉】うりことばにかいことば)相手の暴言に対して、同じ調子で言い返すこと。──【江戸語の辞典】元々、物を売り買いするときの、高く売ろうとする言葉と、安く買おうとする言葉の応酬をいう。(落語・しめこみ「私だって売り言葉に買い言葉だから、離縁状を書いておくれと言ったら、じき離縁状を書いてよこし、不実の人だからなんにもいいません」)落語:厩火事、庖丁、算段の平兵衛、大工の訴訟=大工調べ、清正公酒屋 講談:北斎と文晁、寛永三馬術、二度目の清書、加賀騒動、安中草三郎

【売家を唐様で書く三代目】うりいえをからようでかくさんだいめ)川柳。富家の子孫の奢侈に長じて家産を保ち得ざるをいう。──【諺語大辞典】(落語・成田小僧「尊公は家を潰しますヨ。売家を唐様で書く三代目では有ませんが。併し一旦潰した上で尊公のお力で再び身上を取直さすのが真正の人間じゃア有りませんか」他)落語:短命

【瓜の蔓に茄子はならぬ】うりのつるになすびはならぬ)多く親子の似ている場合のたとえにいう。──【江戸語の辞典】(講談・宮本武蔵「ウーム瓜の蔓に茄子は生らぬといふが、イヤさうぢやらうのう」)《い》講談:祐天吉松

【売物買物】うりものかいもの)売るも買うも、名々の勝手なりとの意。──【諺語大辞典】編者注:金銭で売買できるもの、金さえ積めば買えるもののこと。話芸では、たとえば遊女や芸者のこと。(落語・子別れ「何が無理がないんだい、売物に買物、お金を持つてツたんぢやアないか」)落語:紺屋高尾 講談:関東七人男、小金井小次郎

【売り物には花を飾れ】うりものにははなをかざれ)「売物ニ花ヲ飾ル」売物は体裁をよくすべし。──【諺語大辞典】(講談・小野寺十内「ただ人間は頗る正直であると申して、俗にいう売物には花をかざれで、必死になってとりもちをいたした」)講談:水戸黄門

【瓜を二つに割らでそのまま】うりをふたつにわらでそのまま)「瓜ヲ二ツニ割ラズトソノママ」「瓜ヲ二ツニワッタヨウ」酷似の意。──【諺語大辞典】(そっくりであること)を強調した表現。「毛吹草」に「うりをふたつにわりたることし」とある。(落語・お茶汲み「“瓜二つ”と言いたいが“割らずそのまま”というようにお前さんが似ている。だんだん考えてみると、死んだ人はもう帰って来ない」)落語:三十石 講談:三家三勇士

【売る人もまだ味知らぬ初茄子】うるひともまだあじしらぬはつなすび)(落語・牛ほめ「売る人もまだ味知らぬ初茄子、こりゃあ叔父さん、其角の発句でございますな、と」)

【うわさこわさ】うわさこわさ)「噂」の語呂合わせ。(講談・名人小団次「今見てきた芝居のうわさこわさをしているんで」)講談:大名花屋

【噂をすれば影】うわさをすればかげ)「噂ヲスレバ影ガサス」人の噂をすれば、其人たまたま来るの意。──【諺語大辞典】(落語・一文惜しみ「おい、来たよ、来たよ、噂をすれば影……」)落語:たらちね、佛馬、バスガール、子別れ、唖の釣、滑稽義士、捻兵衛、墓見=天神山、政談月の鏡、乾草車 講談:藪原検校

【うんつく】うんつく)魯鈍なる者を卑しめいう語。──【諺語大辞典】「運尽くれば知恵の鏡も曇る」という諺に由来。──【江戸語の辞典】「うんつく孫左衛門」「うんつく太郎左衛門」ともいう。(落語・長者番付「行こう行こう、こんな大うんつくに話したってだめだよ」)

【雲泥万里】うんでいばんり)俗にウンテンバンテンという。──【諺語大辞典】天と地ほどの違い。差違の甚だしいこと。──【江戸語の辞典】(落語・やかん「これはその、雲泥万里の相違といいましてな、雲は雲、泥は土だな、天地のあいだほど相違しているということを雲泥万里の相違という」)落語:喜撰小僧 講談:大石東下り

【運は寝て待て】うんはねてまて)【意味】好機が到来するのをいまかいまかとやきもきしても仕方がない。運は天にあるのだから、寝て、ゆっくり待つのがよい。果報は寝て待て。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・三味線栗毛「ですから俗に運は寝て待ててえことを申しますな、あれはよく聞いてみましたら、寝て待てというのは違うんだそうです。運は練って待て」)

【運否天賦は賽の目任せ】うんぷてんぷはさいのめまかせ)「運符天符」運は天より人々に付与するものにて、如何とも為しがたきをいう。──【諺語大辞典】(講談・笹川繁蔵「いいやかまわねえ、運賦天賦は賽の目任せだ。サア勢いよく振っておくんなせえ」)

 トップヘ

広告を非表示にする