読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【永とう】えいとう)「エイトウエイトウ」往来の衆多なるをいう。──【諺語大辞典】群集した人々の声。また、見物人の多いさま。多く興行物で、永当の字を当て)口上の際に、長く、幾久しくの意にも用いる。──【江戸語の辞典】(名医と名優「扨御見物の皆様方、初日より永當永當斯様に御入來下さいまして日々大入繁昌」)落語:甚五郎 講談:梁川庄八

【英雄豪傑色を好む】えいゆうごうけついろをこのむ)英雄の女色を好むをいう。──【諺語大辞典】(落語・血脈「英雄色を好むとか申し、どうも物の頭になる方は多く御婦人を愛したと申します」)落語:孝女お里

【英雄の胸中閑日月あり】えいゆうのきょうちゅうかんじつげつあり)「閑日月」心に余裕のあること。また、ひまな月日。──【広辞苑四版】(講談・紀伊国屋文左衛門「生別に臨み洒落を云つてゐる。英雄の胸中閑日月ありとは、是等のことでございませうか」)

【得たり賢し】えたりかしこし)心得たり、都合よしの意。──【諺語大辞典】(講談・木村長門守「得たり賢こしと、重成を惡く惡くと思はせるのが、佞臣の陰險な手管で御座居ます」)

【得手勝手】えてかって)自分にのみ都合よくして、他の利害を顧みぬこと。──【諺語大辞典】(講談・加賀騒動「それは近頃得手勝手といふもの。内藏とても狂人では御座らぬ」)

【得手に帆かける】えてにほかける)「得手ニ帆ヲアゲル」「〜帆ヲマク」ともいう。おのれの望める好機到来して、之を利用することに喩う。──【諺語大辞典】(落語・子別れ「熊さんも呆れ返つて居る内に、女の方で得手に帆をかけ出て行つて了ひました」)《い》

【江戸っ子の生まれぞこない金をため】えどっこのうまれぞこないかねをため)「江戸者ノ生レ損イ金ヲ溜メ」川柳なり。江戸子ハ宵越シノ銭ヲ使ワヌ参照──【諺語大辞典】(落語・三方一両損「ェェ…『江戸っ子のうまれぞこない金をため』なんてえ川柳がありまして……昔の職人てえものはたいへん…この、お金てえものに無頓着」)落語:三方一両損、鼠穴、肥瓶、言訳座頭、掛取万歳、あた棒=大工調べ、等々

【江戸っ子は気で持ったもんだ】えどっこはきでもったもんだ)「男ハ気デ持テ」男子の尚ぶ所、意気に在るをいう。「男ハ気デ持テ、膾ハ酢デモテ」とも。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「おとこは氣でしたもの」とある。(講談・鼠小僧次郎吉「江戸っ子はそんな者は大嫌えだ。江戸っ子は気で持ったもんだ。いよいよかなわねえ時は腕ずくで、人の金を取るなら取ると立派なことをいたしやす」)

【江戸っ子は五月の鯉の吹き流し口先ばかりはらわたはなし】えどっこはさつきのこいのふきながしくちさきばかりはらわたはなし)江戸人の詞荒くして、心は却て淡泊なるを、五月の鯉幟に喩う。──【諺語大辞典】(落語・左甚五郎「中の職人にこれが聞こえたから黙っちゃいない。江戸っ子は五月の鯉の吹きながし口大きゅうて腸はなし 江戸っ子は腸がないんですね」)落語:大工調べ、厩火事、三人絵師 講談:間十次郎、田宮坊太郎、祐天吉松

【江戸っ子は宵越しの銭を持たない】えどっこはよいごしのぜにをもたない)「江戸子ハ宵越シノ銭ヲ使ワヌ」江戸人の銭ばなれよきをいう。──【諺語大辞典】(落語・反魂香「どうも、経済にかけては、江戸ッ子ぐらい当てにならないものはない。『宵越しの銭を持たない』てンでな」)落語:鼠穴、とろろん 講談:玉菊燈籠

【江戸で本所だの深川だのと言うが、川崎の蚊といえば大したもの】えどでほんじょだのふかがわだのというが、かわさきのかといえばたいしたもの)(講談・幡随院長兵衛「『ヘエ、江戸で本所だの深川だのと云いますが、川崎蚊といえば大したものでございます。名からして東海道カワサキと云ひますからな』」)

【江戸の敵を長崎で討つ】えどのかたきをながさきでうつ)時又は所を異にして、意外の復仇をなすをいう。──【諺語大辞典】(講談・安中草三郎「それで宗三に趣旨の立つやうにして屋敷へ來いといふのは、江戸の敵は長崎といふ謎だ」)落語:月宮殿、長崎の赤飯 講談:越後伝吉、小金井小次郎

【江戸の人間が江戸でまさかこんなことはできねえと、見栄があってそのまさかって坂がどうしてっも越せねえもんだ。知らねえ土地なら何しても構わねえ】えどのにんげんがえどでまさかこんなことはできねえと、みえがあってそのまさかってさかがどうしてもこせねえもんだ。しらねえとちならなにしてもかまわねえ)(講談・徂徠豆腐「知らねえ土地へ行って夫婦二人でどんなに身を落としてなりとも一生懸命 働こうよ。江戸の人間が江戸でまさかこんなことはできねえと、見栄があってそのまさかって坂がどうしても越せねえもんだ。知らねえ土地なら何しても構わねえ」)

【江戸は石の上の住居】えどはいしのうえのすまい)「石ノ上ノ住居」不安なる生活をいう。──【諺語大辞典】(講談・玉菊燈籠「江戸は石の上の住居、生馬の目を抜くといひますから何誰でも此の品物を預かつたといふ御書附を」)

【江戸は火事っ早え】えどはかじっぱええ)「江戸ハ火事早イ」火事多く延焼速かなるをいう。──【諺語大辞典】(落語・胴取り「江戸っ子は気が短えんだ、江戸は火事早えんだ」)落語:双蝶々〜下、とろろん、らくだ

【胞衣を埋めたところをいちばん先に通ったものが虫が好かない】えなをうめたところをいちばんさきにとおったものがむしがすかない)(落語・饅頭こわい「まぁ、うそかほんとか知らねえが、なんでも胞衣を埋めたところをいちばんさきに通ったものが虫が好かねえそうだ」)

【餌のあるところに魚は寄る】えのあるところにうおはよる)(講談・清水次郎長餌のあるところには魚がよる。むこうはおれとちがって親代々からの立派な貸元」)

【柄のないところへ柄をすげる】えのないところへえをつける)「柄ノナイ所ヘ柄ヲツケル」強いて口実を設くること。──【諺語大辞典】「柄を挿(す)げる」無い事を有るように言う。言いがかりをつける。「柄に柄を挿げる」いろいろさまざまの理屈をこじつける。あれやこれやと口実を設ける。──【江戸語の辞典】(講談・神崎与五郎「因縁を附けたら幾らかになるだらうと思つて柄のねえ所へ柄をすげて、いろんなことをいつた上、肩を打つたり痰を引つ掛けたり」)講談:梁川庄八、寛永三馬術、寛政力士伝、木村長門守、赤穂義士本伝、本所五人男、夕立勘五郎

【栄耀栄華】えようえいが)「栄耀」おごり。贅沢。──【江戸語の辞典】(講談・安政三組盃「おれも久しいあいだ栄耀栄華をして」)

【襟元の浮世】えりもとのうきよ)「襟元ニツク」権勢富貴に媚附すること。懐の温かなるにつく意なり。──【諺語大辞典】「襟に付く」襟付き、すなわち身なりのよい人に付くの意。金持ちと見て、へつらう。金持ちになびき従う。──【江戸語の辞典】編者注:それが世の中である、ということ。(講談・三家三勇士「エエ、宜しゅうございます。とかく襟元の浮世といって、いい方につくのが当世でございます」)

【得るもの先に立ち、失うもの後につく】えるものさきにたち、うしなうものあとにつく)  晋の「神銭論」という書物にある言葉だと黄表紙金々先生栄花夢」(恋川春町)にいう。文語体では「うるもの~」。(講談・小山田庄左衛門「得るもの先にたち、失うもの後につく。足なくしてよく走り、羽なくしてよく飛ぶとやら、金というものは尊いものじゃ」)

【袁玄道】えんげんどう)「袁彦道」博奕をいう。晋の世の博奕に巧みなりし袁耽、字を彦道といえる人の名に本づく。──【諺語大辞典】(講談・重の井子別れ「實は此の頃、俺や少々袁玄道に凝つたのぢや」)落語:三人旅

【燕雀何ぞ大鵬の志を知らんや】えんじゃくいずくんぞたいほうのこころざしをしらんや)「燕雀イズクンゾ鴻鵠ノ志ヲ知ラン」小人の智は大人豪傑の意を量る能わず。──【諺語大辞典】(講談・大石内蔵助「けれども燕雀安ぞ鴻鵠の志を知ら。大石は世の惡評は耳にも掛けず、遠林寺にあつて静養をいたして居ります」)落語:蚊いくさ 講談:寛永三馬術三村次郎左衛門、伊賀の水月、岩見重太郎、難波戦記

【円頂黒衣】えんちょうこくい)円い頭に墨染のころも、すなわち僧のすがた。──【広辞苑四版】(講談・慶安太平記「怪しからんことをする者があるものだ。拙者は円頂黒衣の僧だ」)講談:橋弁慶

【縁なき衆生は度し難し】えんなきしゅじょうはどしがたし)仏縁なき衆生は済度し難し。──【諺語大辞典】(講談・国定忠治「どうだい文藏、岩鐵、そんな話を聞かなけりやア、縁なき衆生は度し難し、此儘乗打をするのだが」)落語:繋馬春の陣立 講談:国定忠治、獄門小僧

【縁のない橋は渡られぬ】えんのないはしはわたられぬ)「縁ノ切レタノハ結バレヌ」縁なき者は結合する能わず。──【諺語大辞典】(落語・橋の結婚「御縁談のお周旋:せわ:をすることを橋渡しなぞと申します。また縁なき橋は渡られぬなぞとも申します」)講談:梁川庄八

【縁は異なもの】えんはいなもの)男女の縁の不可思議なるものなるをいう。──【諺語大辞典】  「(縁は異なもの)味なもの、ウドが刺身のツマになる」などともいう。(落語・たらちね「エエ一席申し上げます。この、縁は異なものということを昔からよく申しますが」)落語:宿屋の仇討、髪結新三、猫忠、橋の結婚 講談:真柄のお秀

【縁は切っても血筋は切れぬ】えんはきってもちすじはきれぬ)(落語・おせつ徳三郎〜刀屋「縁は切っても血筋は切れぬ とうとう勘当てえことにしましたが、縁は切っても血筋は切れぬという譬えがある。やっぱりなにかの時に思い出して、今頃はどうしているかと」)落語:牡丹燈籠、真景累ヶ淵

【猿臂を伸ばす】えんぴをのばす)「猿臂」猿の如く身体の割合に、臂の長きをいう。──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「突然猿臂を伸してムズと掴み」)

【閻魔様が塩辛をなめたような】えんまさまがしおからをなめたような)「閻魔ノ塩ヲ嘗メタヨウ」恐しくむずかしげなる顔を形容す。──【諺語大辞典】(落語・百年目「お店にいる時はこわい顔ですね、どうも……えへッ、閻魔さまが塩辛を舐めたというような」)

【閻魔の庁】えんまのちょう)「閻魔ノ庁ニ就ク」死して冥土に行くこと。閻魔王が、亡者の生前おかした罪悪を取り調べる場。──【諺語大辞典】(講談・伊賀の水月「しかし閻魔の庁へいって、どういうわけで死んで来た」)

 トップヘ

広告を非表示にする