読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【咳一咳】がいいちがい)(講談・慶安太平記咳一咳した鐵誠道人」)講談:由井正雪

【飼犬に手を噛まれる】かいいぬにてをかまれる)日頃特別大事にしてやっていて、恩を感じているはずの部下などから、思いがけず害を加えられる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・お若伊之助「昨夜泊めるでは無かつたに。飼犬に手を噛まれた」)講談:野狐三次、小金井小次郎

【皆暮れ】かいくれ)「掻暮」(掻き暮れのイ音便)。かき暮れて見えぬ意。全く。一向に。下に打消が来る。──【江戸語の辞典】(講談・祐天吉松「傍々お縫母子の行方に氣を配り心を入れて探してみたが皆暮れ分らない」)

【会稽山に越王が恥辱を雪ぐ大石の山と川との合い言葉、末代めでたき忠義の亀鑑】(かいけいざんにえつおうがちじょくをそそぐおおいしのやまとかわとのあいことば、まつだいめでたきちゅうぎのかがみ)「会稽の恥を雪ぐ」 越王勾銭、呉王夫差のために会稽山に破られしが、後呉を打ち亡ぼして、前の恥辱を雪ぎしなり。──【諺語大辞典】 赤穂義士が 討ち入りの後、芝高輪の泉岳寺に引き上げる際に使われるおきまりの描写。(講談・三村次郎左衛門播州赤穂の浪士四十七人、会稽山に越王が恥辱を雪ぐその思い出」)

【会稽の恥を雪ぐ】かいけいのはじをそそぐ〔すすぐ〕)(講談・太閤記會稽の恥を雪がんは目のあたりでござる。早く李提督のところへ頼みにお出でなさい」)

【骸骨の上を粧うて花見かな】がいこつのうえをよそうてはなみかな) 美人も亦臭骸に過ぎざるをいう。鬼貫(上島鬼貫・一六六一~一七三八)の句。──【諺語大辞典】(落語・野ざらし「私がそのまねをして、“骸骨の上を装うて花見かな”ではない、“野を肥やせ骨をかたみのすすきかな”と浮かびました」)落語:長屋の花見 講談:新吉原百人斬り 実録:おこよ源三郎

【海棠に露を含んだような】かいどうにつゆをふくんだような)「海棠の雨に濡れたる風情」美人がうちしおれているさまを、雨にうたれた海棠にたとえていう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・王子の幇間「美女(いいこ)が泣くと海棠に露ゥ含んだようだってェが、あァたが泣くと…芭蕉ッ葉ァ夕立をくらったようだ」)落語:袈裟御前 講談:柳沢昇進録、加賀騒動

【快刀乱麻を断つ如く、急坂に水を流すより速やか】かいとうらんまをたつごとく、きゅうはんにみずをながすよりすみやか)「快刀乱麻ヲ断ツ如シ」テキパキ事を処断する形容。──【諺語大辞典】 後句も手際が良く、速やかなことをいう。(講談・両越大評定「實に其裁斷の明快なる、快刀亂麻を斷つ如く、急坂に水を流すより速かで御座います」)講談:曽呂利新左衛門

【怪力乱神は語るべからず】かいりょくらんしんはかたるべからず)怪異勇力悖乱鬼神の如き不可思議の事を語らず。[論語]子不語怪力乱神。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「旦那、怪力乱神は語るべからずとか申します」)落語:反魂香 講談:本所五人男、百猫伝

【偕老同穴の契り】かいろうどうけつのちぎり)夫婦は老に到りても猶親み深く、死なば穴を同じくして、塚を一所に築き並ぶるをいう。──【諺語大辞典】(落語・牡丹燈籠「死んだ者と生きた人間と偕老同穴の契りを結べば、どんな者でも必ず命を失うという」)

【飼ふ人の恩を肴に思ふまでよくかみ分けて門まもる犬】かうひとのおんをさかなにおもうまでよくかみわけてかどまもるいぬ)(落語・旅行の鴉「併し乍ら此の犬と云ふものは恩を忘れぬ獣でござりまして“飼ふ人の恩を肴に思ふまでよくかみ分けて門守る犬”」)

【帰す帰るは船頭の忌言葉】かえすかえるはせんどうのいみことば)(講談・田宮坊太郎「歸す歸るは船頭の忌み言葉、是非なく途中大阪へ寄港をいたし、江戸品川へ無事に入つた神風丸」)

【蛙の子は蛙】かえるのこはかえる)子の親に似るを言う。(悪しき方にて)──【諺語大辞典】(講談・赤穂義士本伝「『親子はあらそえぬもの、やはり蛙の子は蛙でござるナ、ハハゝゝゝ』と吉良は笑った」)落語:小言幸兵衛、菊江仏壇 講談:赤穂義士本伝、柳生三代、玉菊燈籠、獄門小僧、鋳掛松

【蛙の面に水、馬の耳に風】かえるのつらにみず、うまのみみにかぜ)平気にして少しも感じざる喩。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・安中草三郎「コレコレ宗三どん、それこそ蛙の面に水、馬の耳に風といふものだ、そんな惡黨をつかまへて百萬遍言つた所で仕方がない」)《い》

【顔に泥を塗る】かおにどろをぬる)名誉を傷つける、面目を失わせる。恥をかかせる。顔をよごす。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・火事息子「親の顔へ泥を塗るてえのはお前さんのことだ」)

【嬶天下に空ッ風】かかあでんかにからっかぜ)「嬶天下」妻の権力強き家庭をいう。──【諺語大辞典】上州の名物をふたつならべたことば。──【故事俗信ことわざ大辞典】 野州でも用いるらしい。(講談・寛永三馬術「宇都宮の名物は嬶天下に空ッ風じゃァないか」)

【嬶と仏壇は持ち急ぎをするな】かかあとぶつだんはもちいそぎをするな)(落語・五目講釈「死んだ親父が言うたぜ。嬶と仏壇は持ち急ぎをするなよう。気に入らんと云うて直ぐに持替えると言う訳には行かんのやさかいと」)落語:不動坊

【かかあの悪いのを貰うと六十年の不作】かかあのわるいのをもらうとろくじゅうねんのふさく) 「悪妻ハ六十年ノ不作」悪妻を得たるものは、生涯の不幸なり。──【諺語大辞典】(落語・猫久「かかあの悪いのォもらうてえと、六十年の不作だってえがまったくだい、一生の不作だね」)落語:茶釜の喧嘩

【屈み女に反り男】かがみおんなにそりおとこ)女はうつむき、男はあおのきたるが姿よしとの意。──【諺語大辞典】 「こごみおんなにそりおとこ」とも読む。(落語・反魂香「第一人間にも陰陽があります。俗に屈み女に反り男とか申しまして、御婦人は常に陰のものとしてありますから、少し屈み加減、男子は陽のものとしてありますから、鳥渡反り身になつて居る方が形が宜うございましたが」)落語:妾馬、三百餅=狂歌家主

【垣堅ければ犬入らず】かきかたければいぬはいらず)「垣固くして犬入らず」家庭が健全であれば、外部からこれを乱すものが入ってこない、というたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・安政三組盃「これはどういうわけだといえば、垣根がこわれているからで、垣堅ければ犬入らず、という金言がございましょう」)

【餓鬼のうちから手癖が悪く……】(がきのうちからてくせがわるく)『白浪五人男』稲瀬川勢揃い、忠信利平のセリフより。(落語・居残り佐平次「生ま れついたる悪性で、餓鬼のうちから手癖が悪く、抜参りからぐれだしまして、旅から旅をかせぎまわり、碁打ちといって寺々や、或は物持ち、百姓の……」)

【斯くされて心地よく咲く室の梅】かくされてここちよくさくむろのうめ)「だまされて~」とも。(講談・荒川十太夫「斯くされて心地よく咲く室の梅……堀部安兵衛武庸、この人の忠義があまって、他の人の徳になったという珍しいお話」)

【角な座敷を円く掃く】かくなざしきをまるくはく)「居候角な座敷を丸く掃き」川柳。居候はとかく横着者であるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・化物使い「丸く使うんじゃないよ。“角な座敷を円く掃く”てえのは貴様の事だ」)

【かくばかり偽り多き世の中に子のかわいさは誠なりけり】かくばかりいつわりおおきよのなかにこのかわいさはまことなりけり)(落語・藪入り「斯くばかり偽り多き世の中に子のかわいさは誠なりけり……お子供衆のかわいいという人情は、どこの国に参りましても変らないようでございます」)落語:おせつ徳三郎、初天神

【かくまでに親は思うぞ千歳飴】かくまでにおやはおもうぞちとせあめ)(落語・寿限無「『斯くまでに親は思うぞ千歳飴』親子の情愛というものはまた別段で、我々が改めて云う必要もございませんが」)

【霍乱を起こす】かくらんをおこす)(落語・唐茄子屋「霍乱を起こすといけねえからな、青葉を一枚、中へ入れときな」)

【かけつけ三杯】かけつけさんばい)酒席に遅れて駆けつけし者は、まず三盃を重ね喫すべしとの義。──【諺語大辞典】 「遅れ三杯」ともいう。(落語・木乃伊取り「もうあとは決して勧めないから、『かけつけ三杯』てえ譬があるから」)落語:らくだ、どうらんの幸助 講談:母里太兵衛

【陰になりひなたになり】かげになりひなたになり)種々に心を砕いて、人を庇護すること。──【諺語大辞典】(講談・寛永御前試合「また十次郎が陰になりひなたになりこの身を庇うてくれるいじらしさ」)

【影の形に添うごとく】かげのかたちにそうごとく)「影ノ形ニ随ウガ如シ」相離れざるをいう。──【諺語大辞典】(講談・幡随院長兵衛「影の形に添うが如く、庄之助の一身を離れませぬ」)

【欠け椀も元は吉野の桜かな】かけわんももとはよしののさくらかな)(講談・三家三勇士「第一、旦那方は乞食々々と、頭ごなしに仰しゃいますが、欠け椀ももとは吉野の桜かな」)

【駕籠に乗ったら駕籠任せ、船に乗ったら船頭任せ】かごにのったらかごまかせ、ふねにのったらせんどうまかせ)(講談・小猿七之助「黙って乗ってりゃいいんでえ、駕籠に乗ったら駕籠任せ、舟に乗ったら船頭任せだ」)講談:慶安太平記

【笠の台が飛ぶ】かさのだいがとぶ)打ち首になる。──【故事俗信ことわざ大辞典】、「笠ノ台」首をいう。──【諺語大辞典】(講談・梁川庄八「俺の口から斯うと、一つ言葉を辷らしたら、お前さんの笠の臺が飛ぶ」)落語:夢金 講談:梁川庄八、寛永三馬術岡野金右衛門

【傘屋の手間取り】かさやのてまとり)「傘屋の小僧で骨を折って叱られる」せっかく一生懸命やってもほめられず、叱られるばかりというしゃれ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・難波戦記「早々この場を立去れよ、と何のことはない傘屋の手間取りでございまして」)

【火事は江戸の華】かじはえどのはな)江戸に火災多く且消防夫の働きぶりなど見事なりしよりいう。──【諺語大辞典】(落語・二番煎じ「ェェ…“火事は江戸の華”という……あア…どうも…考えてみりゃア、つまらねえものが華でな」)落語:富久 講談:安政三組盃、伊賀の水月

【河岸を変える】かしをかえる)事(飲食・遊興)をなす場所、商売、相手を変えること。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・つるつる「も、吉原も飽きたよ。今日はな、河岸を替いてなァ、柳橋で遊ぼうてン」)

【火事を出せば七代祟る】かじをだせばしちだいたたる)「火事の火元は七代祟る」多くの人からうらまれるのでこういう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小金井小次郎「是りやア火事を出せば七代祟ると云ふ事は聞いて居るが」)

【臥薪嘗胆】がしんしょうたん)復讐の念を忘れざるをいう。──【諺語大辞典】(講談・岩見重太郎「故郷を旅立って星霜二年、薪に臥し肝を嘗めるの苦を忍んで彼等のありかを尋ねありしに」)講談:梁川庄八

歌人は居ながらにして名所を知る】かじんはいながらにしてめいしょをしる歌人は古歌や歌枕の研究を通して、 そこに実際に旅行しなくても、天下の名所のありさまを知ることができる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・太閤記「どうも秀吉といふ人は豪いもので、歌人は居ながらにして名所を知ると申しますが、秀吉は未だ嘗て東國の地へ足を踏み入れた事がないのにも拘らず當時はまだ草深い江戸といふところをちやんと知つて居た」)落語:京見物

【春日燈籠と鹿の数を三日三夜で数えた者は長者になれる】かすがどうろうとしかのかずをみっかみよさでかぞえたものはちょうじゃになれる)(落語・鹿政談「それに当地(あすこ)には面白い諺がありまして、“春日燈籠と鹿の数を三日三夜で数えた者は長者になれる”という言い伝えがある」)

【上総部屋】かずさべや)大名屋敷で、中間の大部屋。中間に上総出身者が多かったによるか。──【江戸語の辞典】(講談・新吉原百人斬り「早速上総部屋の部屋頭墨染源次を呼びにやりました」)

【がせい】がせい)「我勢」。骨身を惜しまずに働くこと。勤勉なさま。──【江戸語の辞典】(講談・水戸黄門「若いに似合はずがせいに働いて、亭主孝行だといふことでございます」)落語:地獄八景

【稼ぎ男に(やり)繰り(廻し)女】かせぎおとこにくり(やりくり・くりまわし)おんな) 俚言集覧にいず。「クリ女」はククリ女の誤にて、女は内に居て、しめくゝりすとの意ならん。──【諺語大辞典】外に出てよく働いて稼ぐ男と、家を守り家事をうまくやりくりする女。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「亭主が外の車を回し、嫁はんがうちらの車を回す、夫婦は車の両輪のごとし、心棒は金」(落語・稲荷俥)などと上方では言う。(落語・鼠穴「稼ぎ男に繰り女、おかみさんは内助の功というので、うちで内職をする。ご亭主はおもてへ出て、いっしょう懸命にはたらきます」)落語:しめこみ、印鑑証明

【稼ぐに追いつく貧乏なし】かせぐにおいつくびんぼうなし)能く勤むる時は、貧窮を免る。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・芝浜「稼ぐに貧乏追ひつかず、貧乏するなア、稼がねえからだ。己も目が覚めた」)《い》講談:寛政力士伝、太閤記、朝起五十両=芝浜、越後伝吉、清水次郎長〜心中奈良屋

【風に逆らう】かぜにさからう)(講談・雪の夜話「そのうちにゃまたいい風の吹くこともあらあな。風にゃ逆らえねえ」)

【風は吹けども山は動かず】(かぜはふけどもやまはうごかず)まわりが騒いでも、少しも動じないで悠然としているさまのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・徳川天一坊)

【風に柳】かぜにやなぎ)「柳に風」。勢いに逆らわざる喩。──【諺語大辞典】(落語・孝女お里「今考がへれば夫を大切に思ふから柔しく、風に柳と受流して居たんだらうが」)

【風邪は万病の元】かぜはまんびょうのもと感冒の恐るべきをいう。──【諺語大辞典】(落語・火事息子「風邪は万病の元といいましてなァ、どうぞおだいじになさいますように、よろしくなァ……」)落語:六尺棒

【風吹かば吹け、雨降らば降れ】かぜふかばふけ、あめふらばふれ)「雨降らば降れ風吹かば吹け」どうにでもなれ、なるようになるさ、ということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 一休宗純の名の由来になった道歌「有漏路より無漏路へ帰る一休み雨降らば降れ風吹かば吹け」による。(講談・梁川庄八「先はまた何うにでもなる、風吹かば吹け雨降らば降れ、世の中は左のみ心配致すものではない」)講談:小山田庄左衛門、祐天吉松

【風を食ふ】かぜをくらう)盗人などの我を捕えんとする様子を聞きさとりて逃げ去るをいう。──【諺語大辞典】(講談・木曾富五郎「探偵が乗込で來て見ると、早くも風を食つて逐電をして了つた後」)

【肩上げ】かたあげ)子供の着物の裄を肩の所に縫いあげておくこと。──【広辞苑四版】 「〜を下ろす」で、成人することのたとえ。(講談・清水次郎長「吉良の仁吉は肩上げのついている時分から、カスリを取っていたということ」)

【片陰のあるうち】かたかげのあるうち)「片陰」日光のあたらない所。──【広辞苑四版】(落語・唐茄子屋「片陰のあるうちと思ったんだが、汗びっしょりになっちゃった、婆ァさん、冷てえ水をくれないか」)

【片々】かたかた)「片方」一対の中の一方。片一方。──【江戸語の辞典】(講談・水戸黄門「木履が片々入つて居る」)落語:佐々木政談、真景累ヶ淵

【片仮名のトの字に一の引きようで上になったり下になったり】かたかなのとのじにいちのひきようでうえになったりしたになったり) (落語・三味線栗毛「ですからよく申し上げますが、片仮名のトの字に一の引きようで、上になったり下になったりてえことを申しますな」)

【仇の家に来ても口を濡らせ】かたき〔てき〕のいえ〔うち〕にきてもくちをぬらせ)利の有る事は、いかなる所にても見逃す勿れとの意。──【諺語大辞典】(講談・徳川天一坊「イヤ仇の家へ來ても口を濡らすと云ふから一つ呑むが宜い」)

【蝸牛角振り分けよ須磨明石】かたつぶりつのふりわけよすまあかし) 松尾芭蕉(一六四四~九四)の句。源氏物語 「須磨」に「明石の浦はただ這い渡るほどなれば」とあるのをうけ、かたつむりが角をふる前後左右に須磨・明石の景色が展開していることを歌ったもの。「源 氏」の世界の盛衰のさまを「蝸牛角上」に象徴している。(講談・柳生三代「牛角振分けよ須磨明石。兵庫を出立してからの街道は實に風景が佳しうございます」)

刀がささらになるまで】(かたながささらになるまで)(講談・関東七人男「この刀がささらになるまで幸右衛門はじめ家内中みな殺しにするのだ」)

刀の目釘のつづくだけ】(かたなのめくぎのつづくまで)(講談・赤穂義士本伝「イデ来たれ、今生の思い出に刀の目釘のつづくだけ、槍は穂先の折れるまで花々しくたたかい」)

【肩抜け】かたぬけ)「肩が抜ける」(今まで肩にかかっていた荷物から肩がはずせる意)責任や負担がとれる。肩が軽くなる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・厩火事「お別れお別れ、あゝ別れるがいい、あたしも肩抜けだよ」)

【片棒を担ぐ】かたぼうをかつぐ)(駕籠かきの棒の片方をかつぐということから)ある企てや仕事に加わり、その一部を受けもって協力する。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・鰻の幇間「あたしも乗りかかった舟だ、男にするよ本当に。片棒担ぐ」)

【語るなといえば互いに語り合い語るななどと語る世の中】かたるなといえばたがいにかたりあいかたるななどとかたるよのなか)  「語るなと一人に言えばまた一人、語るななどと語る世の中」などとも。(講談・荒木又右衛門「喋べるなといふとどうも喋べりたいもので。語るなといへば互ひに語り合ひ、語るななどと語る世の中」)講談:秋色桜の由来

【花鳥風月】かちょうふうげつ)自然の美しい風物。また、それを鑑賞したり、材料にして詩歌などを創作して遊ぶこと。また、その遊び。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・やかん「つねに書物に心を寄せ、あいだには花鳥風月を友としてさ」)

【渇しても盗泉の水は飲まず、熱しても悪木の陰に舎らず】かっしてもとうせんのみずはのまず、ねっしてもあくぼくのかげにやどらず) 飢渇に迫るも不正不義の事は為さずとの意。──【諺語大辞典】いくら暑くても悪い木の下では休まない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・御神酒徳利 「あたしはなんにもわからないが、『渇しても盗泉の水は飲まず』という、昔から譬えがある」)落語:たけのこ、塩原多助一代記 講談:本所五人男、明智三羽烏、安中草三郎、五平菩薩 実録:大岡政談後藤半四郎

【勝ったのと負けたのとでは大名と乞食ほど違う】かったのとまけたのではだいみょうとこじきほどちがう)(講談・寛政力士伝「勝つたのと負けたのとでは俗に申す大名と乞食ほど違ふといふくらゐ」)

【勝って兜の緒をしめろ】かってかぶとのおをしめろ)敵に勝ちても油断せず、戒心すべし。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「かちてかぶとのをゝしめよ」とある。(講談・関東七人男「もうここは手を締めて帰ったらよかろう。勝ってカブトの緒をしめろという諺もある」)《い》落語:蚊いくさ

【河童の川流れ】かっぱのかわながれ)(水中で自由自在に泳ぎまわる河童でも時には水に押し流されることがあるというところから)その道の名人と言われる人でも、時には失敗をするという意。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・猫の皿「河童の川流れ、百足もころぶてえくらいのもので、いいことばかりではない」)

【河童の屁】かっぱのへ)何の造作もなきことをいう。木屑(こっぱ)の火の転訛りなりという。──【諺語大辞典】 「屁の河童」(落語・佐々木政談など)とも。(落語・無学者「『聞いてみると河童の屁だね………』『河童の屁をお嗅ぎかい………』」=木火土金水)落語:不動坊

【勝つもあれば負けるもあり、あるいは引き分け勝負なし】かつもあればまけるもあり、あるいはひきわけしょうぶなし)(講談・梁川庄八「勝もあれば負けるもある。或は引分け勝負無し、漸々番數が進んで來るに隨ひ、見物は益々緊張して來ます」)講談:寛政力士伝

【勝てば官軍、負ければ賊】かてばかんぐん、まければぞく)勝敗により正邪となるをいう。明治語。──【諺語大辞典】(講談・西郷南洲薩長は恐れ多くも天子を擁して居るからのこと、勝てば官軍、負ければ賊、一戰争して彼を打ち破り、我々が陛下を擁し奉れば、此方が官軍で、彼等が賊軍である」)

【瓜田に沓を入れず、李下に冠を正さず】かでんにくつをいれず、りかにかんむりをたださず)嫌疑を被らざるよう注意すべきをいう。──【諺語大辞典】(落語・盃の殿様「公儀へのおそれ、悪しき場所に立入るべからず…“瓜田に沓を入れず、李下に冠をたださず”と申します」)講談:安政三組盃

【門松は冥途(土)の旅の一里塚(めでたくもありめでたくもなし)】(かどまつはめいどのたびのいちりづかめでたくもありめでたくもなし)世に「〜めでたくもありめでたくもなし」として一休の歌と称すれども、大江丸の俳諧懺悔に「門松や冥途のみちの一里塚 来山」と出せり。──【諺語大辞典】(講談・一休禅師「門松は冥土の旅の一里塚 目出度くもあり目出度くもなし どうだ、名歌だろう。目出度い目出度い」)講談:清水次郎長

【鼎の沸くような騒ぎ】かなえのわくようなさわぎ)【意味】鼎中の水の沸騰する如く、騒擾するに譬う。──【諺語大辞典】(講談・赤穂義士本伝「此の意外の椿事に殿中の騒動は宛然鼎の沸くが如くでございます」)講談:梁川庄八、寛永三馬術吉田忠左衛門、荒木又右衛門、大久保彦左衛門、伊達誠忠録、両越大評定、岩見重太郎、赤穂四十七士伝、慶安太平記、重の井子別れ、大石東下り

【金轡】かなぐつわ)金属製のくつわ。転じて、金銭を与えて黙らせ、あるいは承諾させること。──【江戸語の辞典】(講談・天野屋利兵衛)

【金沢に過ぎたるものが二つあり刀正次兜興里】かなざわにすぎたるものがふたつありかたなまさつぐかぶとおきさと)(講談・長曾根虎徹「金澤に過ぎたるものが二つあり刀正次、よろい興里 刀鍛冶の正次と鎧鍛冶の興里の二人は、金澤の名物所か寶とさへ云はれた位の名人で御座いました」)

【金槌の河流れ】かなづちのかわながれ)「金槌の川流れ」(「川流れ」は身投げの意。かなづちは頭の部分が重く、川の中では頭が下になるところから)いつも人の下積みとなって頭が上がらないこと、また、一生出世する見込みのないことのしゃれ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・伊賀の水月河流れの金槌頭の上る瀬もございません」)

【鉄棒を引く】かなぼうをひく)「金棒曳ク」夜番などの盗火を警むるため、金棒を曳きて音をたつるに譬えて、女の口やかましく、隣近所の噂をふれまわるをいう。──【諺語大辞典】(落語・三軒長屋「ま、どこの町内にも金棒曳のかみさんがいるもので」)落語:二番煎じ、搗屋幸兵衛、子別れ、素人占い=きめんさん 講談:赤穂四十七士

【叶わぬ恋の意趣返し】かなわぬこいのいしゅがえし)「意趣返し」恨みをかえすこと。復讐。──【広辞苑四版】(参考・浪曲・次郎長伝〜蛤屋の喧嘩「叶わぬ恋の意趣晴し、その腹癒せと知らないで、荒神山の縄張りを、阿濃一家にとらせるため」)

【蟹は甲羅に似せて穴を掘る】かにはこうらににせてあなをほる)人の為すこと、願うこと、大小広狭、皆己が分ほどなるをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「かにはかうににせてあなをほる」とある。(講談・大石東下り「きさまは武骨一辺のもの、とうてい気のきいた商人にはなれん。蟹は甲に似せて穴とやら、人はまず自分の性質を知ってそれに応じた業をしなければ出世はなるまい」)落語:狂歌合せ、宝船=一ト目上り 講談:寛永三馬術清水次郎長太閤記、鼠小僧次郎吉、男くらべ、三家三勇士、慶安太平記

【蟹は我穴を知りて他の穴を知らず、人は他の穴を知りて我穴を知らず】かにはわがあなをしりてほかのあなをしらず、ひとはほかのあなをしりてわがあなをしらず)(落語・一ト目上り「昔の人のいつた言葉に、蟹は我が穴を知りて他の穴を知らず、人は他の穴を知りて我穴を知らずと云う言葉がある」)

【金が敵の世の中】かねがかたきのよのなか)金銭の為に反目不和に及ぶこと多きをいう。──【諺語大辞典】(落語・田能久「金のためには人の命をとったりとられたりすることがございますが、金が敵の世の中という土台がございますから、金ぐらいこわいものはないと思います」)落語:不動坊 講談:藪原検校

金という剽軽者】(かねというひょうきんもの)(講談・清水次郎長「もっとも金という剽軽者の力を借りれば」祐天吉松「斯ういふ事を纏めるには金といふ剽軽者が一番でござんす」)

【鉦と太鼓で探す】かねとたいこでさがす)(迷い子を捜すのに、かねや太鼓を叩いて捜しまわったことから)大勢で大騒ぎして方々を捜し歩く。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永三馬術「日本一の馬乗の先生が、馬の口取りになつたのですから、是れほどの口取は、鉦と太鼓で探してもございますまい」)落語:厩火事

【金の切れ目が縁の切れ目】かねのきれめがえんのきれめ)金銭によりて成立せる色恋は、金つきて縁絶ゆ。──【諺語大辞典】(講談・傑僧坦山「併しその無理算段が何時まで續く筈がございません。金の切目が縁の切目」)

【鉄の草鞋を履いてさがす】かねのわらじをはいてさがす)鉄製の草鞋をはいて、根気強くさがし回って歩く。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「年上の女房」 に限らず、値打ちの高いものを探すときの例えに使われる。(講談・鼠小僧次郎吉「こんないい親方は金の草鞋で捜したって、滅多にゃあねえよ」)講談:幡随院長兵衛、越後伝吉、大岡政談鰯屋騒動

【金は金だが延べ金】かねはかねだがのべがね)「延べ金」刀剣の異称。──【広辞苑四版】「褒美の金は延べ金」(講談・清正仁徳録~蛇目坊主)とも。(講談・寛永御前試合 「催促に行けば武士に向かって不埒な奴だの、金は金だが延べ金だなどと申して、すっぱ抜きをしますから」)

【金は羽なくしてよく飛び、足なくしてよく走る】かねははねなくしてよくとび、あしなくしてよくはしる)(講談・小山田庄左衛門「しかし金というものは妙なもので、羽なくしてよく飛び、足なくしてよく走るとやら、利に利が積もって、しまいには己れの金へ己れの利を払うようになる」)

【鐘一つ売れぬ日はなし江戸の春】かねひとつうれぬひはなしえどのはる) 宝井其角の句。「春」というのは新春のこと。「入来る人に出る人と出家侍諸商人百万石も剣菱も~」にこの句が続くこともある。(落語・滑稽義士「八百万石のお城下(ひざもと)だよ、宜いか、鐘一つ売れぬ日はなし江戸の花」)講談:長曽根虎徹 実録:大岡政談〜津の国屋お菊

【金も名誉も女もいらぬ、あたしゃ頭の毛が欲しい】かねもめいよもおんなもいらぬ、あたしゃあたまのけがほしい)(落語・大山詣り金も名誉も女もいらぬ、あたしゃ頭の毛が欲しい というので、この都々逸を唄うとお客様が頭を見てどッとお笑いになるという……」)

【金を貯めるより子を産め】かねをためるよりこをうめ)(講談・天下の糸平「いやいや、子寶といふ位えのもの金を溜めるより子を産めだ」)

【蚊の喰わないまじない】かのくわないまじない)博奕をいう。春、宝引スレバ蚊ニクワレズなどいう。──【諺語大辞典】(講談・幡随院長兵衛「其の内に諸方で博奕といふ、蚊の食はない禁厭ださうで、怪しからん遊びを始めました」)落語:駱駝の友達 講談:汐留の蜆売り

【寡は衆に敵せず(衆寡敵せず)】(かはしゅうにてきせず)少数のものは多勢にはかなわないのが道理である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・清水次郎長「けれども寡は衆に敵せずというから多勢じゃァ敵わねえ、とうとうお前さん方のために、ひどい殺され方をしてしまったが」)落語:世界一周 講談:太閤記、笹川繁蔵、山中鹿之介、西郷南洲

【過不及は倶に非なり】かふきゅうはともにひなり)「過不及なし」多過ぎたり少な過ぎたりすることがない。ちょうどよい。──【故事俗信ことわざ大辞典】(実録・おこよ源三郎「過不及は倶に非なりと、傳教大師は説置かれたりとか、凡俗にして中庸を得るは難しとす」)

【禍福はあざなえる縄のごとし】かふくはあざなえるなわのごとし)変化常なく、禍と思いし事も福となり、福も禍となるをいう。──【諺語大辞典】(講談・名刀捨丸「禍福はあざなへる縄の如し、禍却つて福(さいわひ)となるなどと申しますが、人の運ほど分らぬものはございませぬ」)

【蕪っかじり】かぶっかじり)【意味】あほう、ばか。──【江戸語の辞典】(落語・あくび指南「なァによぅいってやんでえ、かぶッかじりめ、なにが弟子で師匠でえ」)落語:二段目

【壁に耳あり、徳利が物を言う】かべにみみあり、とくりがものをいう) どこで誰に聞かれているかわからないということで、密談などのもれやすいたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 前半(「毛吹草」にもある)に続けて「障子に目あり」というのが一般的 だが、この例に似た「徳利に口あり」、また「垣に縫い目あり」という表現もある。「~畳に目あり」(落語・天狗さし)は洒落か。(講談・梁川庄八「コレコレ萬吉、大きな聲をするな、壁に耳あり徳利が物をいふ、油斷のならぬ世の中だ」)落語:野ざらし 講談:俵星玄蕃、笹野名槍伝、慶安太平記、安中草三郎、女天一坊爆裂お玉、関東七人男、天野屋利兵衛

【果報は寝て待て】かほうはねてまて)因果応報は天意にして、人の力之を左右する能わず、只静に其到来を待つべしとの意。──【諺語大辞典】 「運は天にあり、牡丹餅は棚にあり」に続く文句。「毛吹草」にもある。(落語・らくだ「昔から果報は寝て待てと能く云うが、寝て居て銭儲けをしたという例はねえ」)《い》落語:伊勢詣り、高津の富、はぬき、宿屋の富

【釜の下の灰まで】かまのしたのはいまで)家財悉皆をいう。──【諺語大辞典】 芝居の「お富与三郎」にも出てくる言葉。「竈の下の~」とも。(落語・義太夫がたり「竈の下の灰まで俺のもんだ、何だなんでえ」=転宅)落語:立切れ、真田小僧 講談:加賀騒動

【上方ぜいろく】かみがたぜいろく)サイ六ともいう。上方者を罵る語。──【諺語大辞典】(落語・京見物「それでややとも上方才六上方才六て口汚のうて汚のうて、聞いているさかい腹が立つけれども」)落語:はてなの茶碗、江戸見物=よいよい蕎麦 講談:玉菊燈籠

【噛みつく蝮は生涯噛みつく】かみつくまむしはしょうがいかみつく)「噛む馬は生涯噛む」生来の悪い癖は最後までなおらないことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・祐天吉松「エーツ、噛付く蝮は生涯噛付くといつて、堅くなつた堅くなつたと思つたら、まだやりやアがるか……」)講談:夕立勘五郎

【雷が鳴るとへそを取られる】かみなりがなるとへそをとられる)俗説。腹を出した子供を戒めるときに言う語。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・雷飛行「雷が人間の臍を抜くと云ふが、お前は雷の娘の心を抜いて了つた」)

髪は烏の濡れ羽色】(かみはからすのぬればいろ)「濡れ羽色」は「烏羽色」に同じ。黒く青みのあるつややかな色。【広辞苑四版】(落語・つるつる「どうもまたお髪=ぐしのぐあいがけっこうですな。髪はからすの濡れ羽色」)

【神は非礼を受けず】かみはひれいをうけず)神は、礼にはずれた物は受納されない。道理にはずれた祈願をする目的で神をまつっても、神はその心をお受けにならない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「論語」による。(講談・源平盛衰記神は非礼を受ず、平家の繁昌を守らせ玉ふ神なればとて我々を憎しみ玉ふはづなし」)

【上乱れてその末治まらず、下上を恨むときはその国乱る】かみみだれてそのすえおさまらず、しもかみをうらむときはそのくにみだる)「その元乱るる時はその下治まらず~」とも。(講談・徳川天一坊「法は天下の大法、上亂るゝ時は下治まらず、其の位のことは源六郎様御存じないことはないぞ」)講談:水戸黄門、寛永三馬術

【上を見習う下】かみをみならうしも)「上ヲ学ブ下」上に立つ人の為す事は、下よく之に倣う。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「かみをまなふしも」とある。(落語・猫の茶碗「上を見習ふ下で、矢張り遊ぶことを考へる」=猫の皿)

【亀の甲より年の功】かめのこうよりとしのこう)年功経験の貴ぶべきをいう。功の字をあつるは非なり(「~年の劫」)。──【諺語大辞典】(落語・刀屋「どういうことがあるんだか言ってごらんなさい。亀の甲より歳の甲という」=おせつ徳三郎)落語:抜け裏、牡丹燈籠 講談:清水次郎長水戸黄門、鼠小僧次郎吉、三家三勇士、寛永御前試合、赤穂四十七士伝、寺井玄渓、汐留の蜆売り

【かやく抜き】かやくぬき)「加薬」付加物。具ゥ。たね。添えもの。──【大阪ことば事典】(落語・壺算「なあ、かやく抜きでやってもらおう。もうギリギリの値段あっさり言うてや」)

【蚊遣焚く九尺二間の太ッチョウ夫婦喧嘩に蚊柱の声】かやりたくくしゃくにけんのふとっちょうふうふげんかにかばしらのこえ)(講談・小金井小次郎「『蚊遣焚く九尺二間の太ツチヨウ夫婦喧嘩に蚊柱の声』なんと云ふと隨分暑苦しい」)

【空馬に転んだためしなし】からうまにころんだためしなし)「空馬に怪我なし」(「空馬」は人も荷物も乗せていない馬)無一文の者はそれ以上損はしない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・おせつ徳三郎「空馬に怪我は無し、御止し被為(なさい)」)落語:おせつ徳三郎・恋の仮名文 講談:蘇生

【傘一本で寺払い】からかさいっぽんでてらばらい)(僧が傘一本与えられて追放されたことから)破戒僧が寺から追放されることをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・祐天吉松「持照院は傘一本で寺を追ひ出され、その揚句日本橋へ曝されて、赤ツ耻を掻かなけりやアならねえ」)落語:ぬの字鼠 講談:梁川庄八

【唐崎の松は奉行にさも似たり曲がらぬようで直なるはなし】からさきのまつはぶぎょうにさもにたりまがらぬようですぐなるはなし) (講談・寛永三馬術唐崎の松は奉行にさも似たり、曲がらぬやうで直なるはなし、依怙の沙汰などをする者が幾らもございます」)

【烏かァで夜が明ける】からすかぁでよがあける) 講談では「烏カァ、引窓ガッタリ」(「浅妻船」など)などともいう。(落語・甲府ぃ「烏カアで夜が明けます」)落語:文七元結、宿屋の仇討 講談:応挙の幽霊画、安兵衛道場破り、淀五郎、五貫裁き

【烏(鴉)の鳴かない日はあっても】からすのなかないひはあっても)仮に烏の鳴かぬ日ありとするも、此事のなき日はあらずとの意。──【諺語大辞典】○○しない日はない」と受け、「一日も欠かさずに」ということ。「鳥の~」は誤植か?(落語・子別れ「あゝ、そう、そういつているよ、烏の啼かない日はあつても、お父さんのことを思い出さない日はないつて」)落語:佃祭、お茶汲み、牡丹燈籠、火事息子 講談:伊達家の鬼夫婦

【烏の濡れ羽色】からすのぬればいろ)「烏羽色」とも。黒く青みのあるつややかな色。──【広辞苑四版】(落語・つるつる「どうもまたお髪(ぐし)のぐあいがけっこうですな。髪は烏の濡れ羽色」)

【烏(鴉)を鷺】(からすをさぎ)「烏を鷺」理を非に、非を理に言いたてること。まちがいを強引に正当化することのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(講談・猿飛佐助「アハハハハ幾等烏が鷺と誤魔化そうとしても、この助兵衛はその手には乗らんぞ」)講談:木村長門

【空ッ穴】からっけつ)無一物。からっぽ。無一文。文無し。──【江戸語の事典】(落語・ちきり伊勢屋「この素寒貧の一文無しの空ッ穴が」)落語:庖丁

【借方に理なし】かりかたにりなし)(講談・梅ヶ枝仙之助「借方に理無しといつて、借があつたら、どこへ出たつて理窟の悪いものだ」)

【借りた物を返さんような料簡で出世ができるか】かりたものをかえさんようなりょうけんでしゅっせができるか)(落語・らくだ「お前、この剃刀、返してこい。借ったものを返さんような料簡で出世がでけるかい……」)

【樵人の打ち込み置きし斧きづの松はいつしか雪折れにけり】かりゅうどのうちこみおきしおのきずのまつはいつしかゆきおれにけり)(講談・夕立勘五郎「『樵人の打ち込み置きし斧きづの、松はいつしか雪折れにけりといふ事を勘五郎知つてるか』膝を叩いて『伯父さん判りました、人に憎まれては徃けないという事ですね』」)

【借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔】かりるときのじぞうがお、かえす〔なす〕ときのえんまがお)金を借りるときはにこにこ顔だった人が、返す時には、ふきげんな渋い(恐ろしい)顔をすることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・笹野名槍伝「ペタペタと大切な判を捺す、處が借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔、返濟期間が來ても其の義務を果さないとなると、債權者の方からは再三の催促」)《い》

【かるさん】かるさん)「軽杉」。(落語・うそつき弥次郎「扮装を見ると夜具縞の褞袍にカモ鹿の胴服藤柄巻の山刀にカルサンを履て足拵らへ厳重にして」)

【枯れた尾花を幽霊と見る】かれたおばなをゆうれいとみる)「幽霊の正体見たり枯尾花」=「化物の正体見たり枯尾花」 のこと。(講談・太閤記「疑心暗鬼を生じ、枯れた尾花を幽靈と見てしまつた」

【彼も人なり、我も人なり】かれもひとなり、われもひとなり)(彼も我も同じ人間であるの意で)自己の奮起をうながす場合や、自己の権利を主張する場合などに用いる。「彼も人なり、是も人なり」とも。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記〜矢矧橋「その時に子供ながら、彼も人なり我れも人なり、我れ運にかないなば、徳川竹千代を家来としてこの橋を越さんと思うたんじゃ」)

【可愛い子には旅をさせろ】かわいいこにはたびをさせろ)子を愛するなら、手もとに置いて甘やかさず、世の中の辛さを経験させるがよい。愛する子はきびしく育てよ、という意。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」に「いとおしき子に たびさせよ」とある。(落語・三人旅「古いたとえに『可愛い子には旅をさせろ』なんといいますが」)《い》落語:お玉牛、鼻がほしい、京見物、講談:両越大評定、鼠小僧次郎吉、鰯屋騒動、小間物屋四郎兵衛

【可愛さあまって憎さが百倍】かわいさあまってにくさがひゃくばい)愛憎の情は極端より極端に走る。──【諺語大辞典】(講談・山中鹿之助「女郎ッ……可愛さ余つて憎くさが百倍、斃れツ」)落語:庖丁、入黒子 講談:鼠小僧次郎吉、夕立勘五郎、越後伝吉、山中鹿之助、天保六花撰、安政三組盃、小金井小次郎、大岡政談お花友次郎、富蔵藤十郎

【川口で船破る】かわぐちでふねわる)「川口デ船ヲ破ル」事の将に成らんとして、失敗する喩。「港口デ〜」とも。──【諺語大辞典】(落語・百年目「川口で船破ったか、今日はなんとした悪日やろ」)

【川立ち(並み)は川で果て(つ)る】かわだちはかわではてる)「河ダチハ河デ果テル」河ダチは河育チの意。──【諺語大辞典】、(川に慣れて泳ぎの上手な者は、とかく油断して川で死ぬことが多いことから)。得意なわざをもつ者が、かえってそのために身をほろぼすたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・原惣右衛門川立ちは川で果てるとやら、武家に生れました以上は、武家でなければ世はわたれません」)講談:関東七人男

【川向こうの喧嘩】かわむこうのけんか)「川向ノ火事」。利害の関係直接ならぬを喩う。──【諺語大辞典】(講談・加賀騒動「併し俗にいふ川向ふの喧嘩で、相手は死んでゐる上、關係者は皆な江戸に居るのであるから調べやうがない」)

【瓦となって全からんより、玉となって砕けよ】かわらとなってまったからんより、たまとなってくだけよ)価値のない、平凡な存在でありつづけるよりも、全能力を発揮して、いさぎよく死んだほうがよい。──【故事俗信ことわざ大辞典】 中国の「北斉書」に出てくる。「玉砕」という言葉の語源。(講談・笹野名槍伝「コレコレ町人、瓦となつて完からんより玉となつて碎けよといふことがあるぞ、確かりやれ」)

【かわりやすきは男子の常】かわりやすきはなんしのつね)「変わりやすきは人心」人の心の変わりやすいこと、世情人心の変化しやすいこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・たらちね「まことに君の言の葉は喜ばしくは思えども、かわりやすきは男子の常」)

【飼われて恩を忘れるのが猫】かわれておんをわすれるのがねこ)「猫は三年の恩を三日で忘れる」。猫は三年飼われた恩を三日で忘れる。猫が人の恩をすぐ忘れることにいう。反対に「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」という。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・猫久「飼われましてその恩をわすれるのがこの猫でございますな」)落語:猫定

【勧学院の雀は蒙求をさえずる】かんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる)【意味】(「勧学院」は、平安時代藤原氏の子弟を教育するために建てられた学校。勧学院にいる雀は、 学生が「蒙求」を読むのを聞いておぼえ、それをさえずるの意)身近に見たり聞いたりしていることは、自然に習いおぼえるということ。門前の小僧習わぬ経を読む。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・真田小僧勧学院の雀は蒙求をさえずるとかいうたとえのとおり、孟子という人がりっぱにでき上がったということでございますが」)

【鰥寡孤独(は国の貧民)】かんかこどくはくにのひんみん)「鰥寡孤独は天下の窮民にして告ぐるなき者なり」男やもめ、後家、みなしご、老人のひとり者は、この世でもっとも苦しんでいる人々で、しかもそれを告げる話し相手のない気のどくな人たちである。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・田宮坊太郎「七珍萬寳蔵に滿ちませうとも、これを譲るべき子なければ身貧、鰥寡孤獨は國の貧民」)講談:徳川天一坊、寛永三馬術

【汗顔の至り】かんがんのいたり)大いに恥じて顔に汗をかくこと。極めて恥かしく感ずること。──【広辞苑四版】(講談・天保六花撰〜松江侯玄関先「これははなはだ汗顔の至り、酩酊のあまりのたわむれごと」)

【諌言耳に逆らう】かんげんみみにさからう)欠点や過失を指摘していさめることばは、聞く身にとっては素直に聞き入れにくい。──【故事俗信ことわざ大辞典】編者注:「忠言耳に逆らう」とも。(講談・朝顔日記「マ為を思いましてする意見は良薬口に苦し、諌言耳に逆らうといわれます」)講談:水戸黄門、加賀騒動

【冠婚葬は人間の三大礼】かんこんそうはにんげんのさんだいれい) 「婚礼、祭礼、葬礼」(落・東の旅)とするときもある。(講談・両越大評定「冠婚葬は人間の三大禮と申します」)

【元日や今年も来るぞ大晦日】がんじつやことしもくるぞおおみそか)(落語・言訳座頭「“元日や今年もあるぞ大晦日”なんて…。これは、まァ、どんな馬鹿でも、年のおしまいは大晦日だてェのは判っておりますから、正月から大晦日の心配をしておけば、間違いがないてンですが」)落語:睨み返し

【元日や夕べの鬼が礼に来る】がんじつやゆうべのおにがれいにくる)「一夜明クレバ鬼ガ礼ニ来ル」鬼は債鬼をいう。元日や昨日の鬼が礼に来る──【諺語大辞典】(落語・三百餅「夜が明けちまやァ元日だ。昨日の鬼が礼に来るといつて、元日に借金取りに来る奴ァねえや」)落語:旅行の鶴

【勘定合って銭足らず】かんじょうあってぜにたらず)計算の上にては、出入相当れども、実際は金銭に不足を生ずるをいう。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長「今日は是だけ儲かると思ふものが儲からねえ、勘定合つて錢足らず」)講談:難波戦記

【干将莫邪の剣】かんしょうばくやのつるぎ)「干将莫邪支那古代の名剣の名。──【諺語大辞典】(講談・寛永三馬術「併し干将莫邪の剣も持手に依る、木刀とても眞劍も同様」)

韓信の股をくぐって膝頭砂だらけ】かんしんのまたをくぐってひざがしらすなだらけ)「韓信股クグリ」感心という意の秀句。──【諺語大辞典】(落語・百年目「聞いた番頭が韓信の股をくぐって膝頭、砂だらけ」)

【肝胆相照らす】かんたんあいてらす)たがいに心の底をうちあけて話すことができる。深く理解し合ってつき合える。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記「英雄と英雄、肝膽相照らすとでも云ふのでありませうか」)

【かんちょうらい】かんちょうらい)ぞんざい。ざつ。またはかよわい。ひよわい。──【江戸語の辞典】(落語・首提灯「かんちょうらいッてえのは江戸の流行言葉だよッ。人が言うから俺も言ってみたんだ」)

【関東の連小便】かんとうのつれしょうべん)関東の人間は一人が小便をすると、同行者もそれにならって小便をするという意。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・突き落し「おい、関東の連れ小便てことがあるじゃねえか、やンなよゥ、え? でるよう、前をまくってそこィ立ってごらんよ」)

【艱難汝を玉にす】かんなんなんじをたまにす)洋諺の意訳なるべし。Adversity makes a man wise. ──【諺語大辞典】、困難や苦労を重ねることによって、人は成長し大成する。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・堀部安兵衛「子供の内から貧乏が頭に 浸み込んでゐますから自然出世を心掛るやうになる、艱難爾を玉にすといふのは此所の事でございます」)講談:苦心の管鍼

【艱難は幸福の母】かんなんはこうふくのはは)「不幸は幸福の元」不幸なことがかえって幸福を招くもととなる。不幸が幸せ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・お目見え「人は忍耐力がなくては役に立たん、艱難は幸福の母といふ事がある」)

【艱難も倶にすべくして、安楽を倶にし難し】かんなんもともにすべくして、あんらくをともにしがたし)  越王勾銭の人柄。才気はあるが、温かみがない。荒木村重織田信長を評して、羽柴秀吉にこう言う。(講談・太閤記「外寛にして内實は急、 英智大才餘りあつて、寛厚包容の徳に乏しい。艱難を倶にすべくして安楽を倶にし難しと云はれた越王勾踐の爲人によく似通うて居る」)

【(堪忍の)なる堪忍は誰もするならぬ堪忍するが堪忍】かんにんのなるかんにんはだれもするならぬかんにんするがかんにん)落語『天災』でおなじみ。 此下句ばかりを諺の如く用う。──【諺語大辞典】(講談・佐倉宗五郎「腹も立たうが、そこが我慢だ。天神様のお歌にも、成る堪忍は誰もする、成らぬ堪忍するが堪忍、と云ふことを仰せられた」)講談:寛永三馬術、寛政力士伝、村松喜兵衛吉田沢右衛門、神崎の詫証文、忠僕直助、佐倉宗五郎、幡随院長兵衛、由井正雪、三家三勇士、笹川繁蔵

【堪忍の袋は常に胸にかけ破れたら縫え破れたら縫え】かんにんのふくろはつねにむねにかけやぶれたらぬえやぶれたらぬえ) これも『天災』でおなじみ。徳川家康がこう言ったという。(講談・村松喜兵衛「『食物ではござらぬ、堪忍の袋は常に胸に掛け、破れたら縫へ破れたら縫へ』『お經ですかい』」)講談:神崎与五郎、忠僕直助

【寒の師走、三伏の暑さ厭いなく】かんのしわす、さんぷくのあつさいといなく)(講談・田宮坊太郎「寒の師走、三伏の暑さ厭ひなく、晝夜寝食を忘れ、一日も早く敵堀源太左衛門親常を討つべき腕になりたいと、一心に修業をいたしますから」)

【姦夫姦婦は重ねて四つに】かんぷかんぷはかさねてよっつに)(落語・庖丁「遺恨に思って俺たちを重ねておいて、四ッつにしようとか、八ッつにしようてえのか、おゥ」)落語:つづら 講談:小金井小次郎、大岡政談お花友次郎

【歓楽極まって哀情多し】かんらくきわまってあいじょうおおし)「歓楽極まりて哀情多し」楽しみや喜 びの感情がきわまると、かえって悲しみの気持ちがわいてくる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「楽しみ尽きて哀しみを生ず」ともいう。喜びが頂点に達す ると、そのすぐ後、無常・悲哀を思わせる出来事がやってくるということ。(講談・本所五人男「此處が古人の詞にある歡楽極まつて哀情多しで兩人が寝たる枕元にスツクと立つたる此村大吉」)

 トップヘ

広告を非表示にする