増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【鯨飲馬食】げいいんばしょく)鯨が水を呑むようにたくさん酒を飲み、馬が食べるようにたくさん食物を食うこと。「牛飲馬食」。多量に飲食することのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・試し酒「もろこしの言葉に鯨飲馬食ということばがあるが、きみののみっぷりなんざ、まさに鯨飲てぇやつだなァ」)講談:慶安太平記西郷南洲

【芸者商売仏のごとく花や線香で日を送る】げいしゃしょうばいほとけのごとくはなやせんこうでひをおくる)(落語・たちきり「芸者商売仏の如く花や線香で日を送る……船場。大阪のどまん中。……船場のご大家にありましたお噂でございます」)

【系図買い】けいずかい)盗品と知りながら、これを売買すること。故買。また、その商人。──【広辞苑四版】 「故買屋」で「けいずや」と読み、略して「ずや」ともいう。本来は「窩主(けいず・盗人の隠れ場所、盗品の隠匿場所の意)買」。「系図買」は成り上がり者が家系を偽るため貧乏貴族から系図を買い取ること。次の用例は「家系詐称」の意か。(落語・ちきり伊勢屋「あっしの姿(なり)を見てお前さんは、『こりゃァ系図買じゃねえか』と思ってるンだろうが」)

【傾城にかわいがられて運のつき】けいせいにかわいがられてうんのつき)「可愛ガラレテ身ノ切迫」傾城に可愛がられて運のつきという川柳より出ず。──【諺語大辞典】「可愛がられて運のつき」遊女にかわいがられて見の破滅をまねくこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・お見立て「『傾城に可愛がられて運の尽』という狂句にある通り遊郭(くるわ)などは余り行くべき処ではございません」)落語:五人廻し、お見立て、指仙人、山崎屋、立波

【傾城に咎なし、かよう客人に咎あり】けいせいにとがなし、かようまろうどにとがあり)「傾国に咎なし~」とも。(落語・五人廻し「『傾城傾国に罪なし、通い給う賓人(まろうど)にこそ罪あれ』……なぞとは、ほほ、吉田の兼好も乙ゥひねりやしたね」)

【傾城に誠なし】けいせいにまことなし)「傾城ノ誠ト卵ノ四角ナハ無イ」、「傾城ニ誠アレバ晦日ニ月ガ出ル太陰暦にては晦日に月なし。──【諺語大辞典】。(講談・清水次郎長「親兄弟もなし、誰に孝行をしようと言ふ人も無いから、此人と一緒に死なうといふのは、傾城に實が無いとは誰が言つた、實が有る程通やせで。」落語・幾代餅「傾城に誠ないとは誰が言うた、両国名物幾代餅の一席でございます」)落語:紺屋高尾

【傾城の恋はまことの恋ならで金持ってこいが本当のこいなり】けいせいのこいはまことのこいならでかねもってこいがほんのこいなり)「遊里ニ恋ナシ金ヲ以テ恋トス」傾城ノコイハ金ヲモッテ来イノコイナリともいう。──【諺語大辞典】(落語・お直し「『傾城の恋はまことの恋ならで金持ってこいが本当のこいなり』金をもってこいという恋なんですからな」)落語:唐茄子屋

【傾城の涙で倉の屋根が漏り】けいせいのなみだでくらのやねがもり)川柳。傾城の為に家産を失うをいう。──【諺語大辞典】(講談・安中草三郎「今日も明日もと吉原通ひをして、そうそう續く筈はない『傾城の涙で倉の屋根が漏り』」)

【鶏頭となるも牛後となるな】けいとうとなるもぎゅうごとなるな)「鶏口トナルモ牛後トナル勿レ」大なる者の後に従わんより、小なる者の頭となれ。──【諺語大辞典】 「史記」にある言葉「むしろ鶏口となるも牛後となるなかれ」などによる。(講談・夕立勘五郎「鶏頭となるも牛尾となるな、人は小さくも頭にならなけりやア徃かねえ」)

【芸は一文上がり】げいはいちもんあがり)(講談・相馬大作乱暴のようだが、芸は俗に一文あがりと申します、芸術というやつは習って覚えた奴が上手」)

【芸は死ぬまで修行】げいはしぬまでしゅぎょう)(講談・寛永御前試合「もうその方の腕前であれば十分じゃけれども、芸は死ぬまで修行じゃから、一度回国修行をして参れ」)

【芸は身を助ける】げいはみをたすける)技芸の其身に益あるをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「げいは身をたすくる」とある。(落語・軒付け「なァ、芸は身を助けるというて、まァ結構なこっちゃ」)《い》落語:梅若礼三郎

【警蹕の声】けいひつのこえ)(「蹕」は道ゆく者を止める意)天皇または貴人の出入り、神事の時などに、先払いが声をかけてあたりをいましめること。──【広辞苑四版】(落語・佐々木政談「『シィーッ……』警蹕の声で」)講談:徳川天一坊、安政三組盃

【桂馬の高上がりは歩の餌食】けいまのたかあがりはふのえじき)【意味】「桂馬ノ高跳、歩ノ餌食」将棋の語。奢る者の身を亡すに喩う。──【諺語大辞典】(落語・将棋の殿様「桂馬の高上りは歩の餌食と云う譬えの通りで、桂馬を取りました」)落語:浮世床

【鶏鳴暁を告ぐる】けいめいあかつきをつぐる)(落語・五人廻し「もはや鶏鳴暁を告ぐるから、いかんとも術なしでげす」)講談:安中草三郎

【下戸の薬知らず、上戸の毒知らず】げこのくすりしらず、じょうごのどくしらず)(落語・居酒屋「下戸の薬知らず、上戸の毒知らず……これもうまいお言葉で、下戸のお方は少し召しあがるとお薬になるということを知っていて飲めませんし、また上戸の方は、こんなに飲んでは毒だな、ということをご承知でやめられません」)講談:小山田庄左衛門

【下戸の肴荒らし】げこのさかなあらし)下戸の肴を貪るをいう。──【諺語大辞典】(講談・太閤記「併し某は下戸でござる、下戸の肴荒しとかお肴が頂戴いたしたいものでござる」)落語:三軒長屋

【下戸の立てたる倉もなし】げこのたてたるくらもなし)酒を飲まねばとて、富者ともならずの意。──【諺語大辞典】(落語・縁結び浮名の恋風「其中にも上戸は下戸を掴へて『下戸の立てたる倉もなし』」=清正公酒屋)落語:ズッコケ

【芥子が辛けりゃ唐辛子は甘い】けしがからけりゃとうがらしはあまい)「芥子が辛けりゃ唐辛が隠居する」「怪しからぬ」と言った相手に対して、けしが辛ければ、唐辛子が用無しになってしまうとまぜっかえしていう語。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小金井小次郎「何が怪しからねえ、芥子が辛けりやア唐辛は甘えや、まごまごしやアがると打擲るぞ」)講談:笹野名槍伝

【下衆の智恵は後から出る】げすのちえはあとからでる)「下衆の後知恵」に同じ。下賤の者は、事の当 座にはよい知恵もうかなず、事の終わった後にようやく方法を思いつく。役に立たないものとしていう語。──【故事俗信ことわざ大辞典】編者注:「下衆の智 恵と猫の睾丸は後から出る」とも。 「毛吹草」に「げすのちゑはあとにつく」とある。(落語・引越の夢「下司の智恵と猫の睾丸は後から出るなんてェことをいうが、どうにもしょうがねえな」)

【血気未だ定まらずこれを戒むる色にあり】けっきいまださだまらずこれをいましむるいろにあり)(講談・猿飛佐助「血気未だ定まらずこれを誡むる色にあり。伊勢崎五郎三郎は楓を押し倒して馬乗りとなり」)

【結構毛だらけ】けっこうけだらけ)(同音ではじまる語をならべた語)「結構」を茶化していう。「猫灰だらけ」「猫のけつ」「灰だらけ」「穴(けつ)だらけ」などと続けることもある。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・能狂言「よろしいどころじゃござんせん。大変よろしい大結構……結構毛だらけ猫灰だらけ、てえぐらい」)落語:お直し 講談:寛永三馬術

【煙くとも後は寝やすき蚊遣かな】けむくともあとはねやすきかやりかな)「煙い目をすれば寝易き蚊遣りかな」蚊遣りをたくと、初めは煙いが後には蚊がいなくなって楽に寝られる。転じて、一時の苦痛が後に楽をみちびくたとえとしても用いられる。立羽不角の句。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・清水次郎長「『煙くとも後は寝やすき蚊遣かな、我慢してゐろ』『オヤオヤ情ねえなァ』」)落語:蚊いくさ 講談:祐天吉松、獄門小僧

【外面如菩薩内心如夜叉】げめんにょぼさつないしんにょやしゃ)「外面如菩薩、内心夜叉」女は外貌柔和にして、内心険悪なり。──【諺語大辞典】(講談・天保六花撰「外面如菩薩内心如夜叉、ああ女はおそろしい」)落語:お直し、猫久、無学者、血脈、地見屋、つるつる 講談:大久保彦左衛門、新吉原百人斬り、妲己のお百

【家来の落ち度は主の落ち度】けらいのおちどはしゅうのおちど)(講談・猿飛佐助「家来の落ち度は主の落ち度、予が詫びをいたす」)

【家来を見ることは主に如かず】けらいをみることはしゅうにしかず)(落語・滑稽義士「己れは人を、見損なつたことのない人間だよ、人を見ることは如ないつもりだ。家来を見ることは主に如かず、子を見ること、親に如かず」)

【下郎の業は仕易い】げろうのわざはしやすい) 「下司の業は仕易い」とも。「下賤(げす)の事には慣易い」(落語・お祭佐七)「下賤の業はし易い」(落語・星野屋)という言いかたもある。(講談・笹野名槍伝「下郎の業は仕易いといふが、權三郎の權平の奉公振りはといふと、決して主人にばかり取り入らうとは努めませぬ」)講談:笹野名槍伝、三家三勇士

【下郎は口のさがなき者】げろうはくちのさがなきもの)【下臈ハ口サガナキモノ】賤人は多弁饒舌なるが常なり。──【諺語大辞典】「小僧は~」(落語・隅田の馴染め)とも。(講談・加賀騒動「知れたことだ、下郎は口のさがないもの、鄕右衛門が刀の錆となつて往生しろ」)落語:夢金、禍は下 講談:寛永三馬術、大岡政談お花友次郎

【毛を吹いて傷を求める】けをふいてきずをもとめる)「毛ヲ吹イテ疵ヲ求ム」他人の隠れたる過失を捜し出すことをいう。後には誤りて、人の悪を露わさんとて、なまじいに吟味だてして、却て我身の過失を暴露するようの義に用う。──【諺語大辞典】(講談・太閤記「止めなさい止めなさい、毛を吹いて疵を求めるようなものである」)落語:孝女お里 講談:太閤記西郷南洲

【喧嘩すぎての棒千切】けんかすぎてのぼうちぎり)「争ハテテノチギリキ」チギリキは乳切木にて棒なり、争い終りたる後に、棒を持ち来るも、その効なく、時機に後るをいう。「喧嘩過ギテノ棒乳切木」争闘果てて後、棒(乳切木は乳のあたりまでの長さあるをいう)を持ち来るも用なし。「イサカイ果テテノ乳切木」期に後れて用をなさざるに喩う。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「いさかひはてゝのぼうちぎりき」とある。(講談・幡随院長兵衛「と後悔をしたが、喧嘩すぎての棒千切、今更仕方がない」)《い》講談:相馬大作

【喧嘩に被る笠はない】けんかにかぶるかさはない)喧嘩して傷つかざる方法なし。──【諺語大辞典】「売られる喧嘩に被る笠はない」とも。(講談・幡随院長兵衛「喧嘩に被る笠はない。身に降りかゝる火の粉なら拂はなければならぬ道理」)講談:祐天吉松

【玄関つきの洒落】げんかんつきのしゃれ)ことわざ・成句などを前半は原句のとおりに言い、後半を語呂合わせにするしゃれ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・一人酒盛「無冠の太夫おつもり…ッて、いけないかい、玄関つきの洒落は……」)

【現金掛け値なし】げんきんかけねなし)掛け売り、掛け値をしないで、正札通りの値段で現金と引き替えに商品を売る こと。江戸時代、元禄頃に江戸の呉服店三井越後屋が始めたという。転じて、いつもきまり通りで、変化のないこと。またうそいつわりのないこと。誇張してな いこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・白銅「『真正の電車代ぢやアねえか』『エゝ現金懸価なし………』」=五銭の遊び)落語:高田の馬場

【賢者の一失愚者の一徳】けんじゃのいっしつぐしゃのいっとく)「愚者モ一得」愚人も一つの得たる事ありて、時としてよき分別を出すことあり。「千慮の一失」智者も時として過失なきを得ず。──【諺語大辞典】(講談・天保六花撰「賢者の一失愚者の一徳と申す古諺あり」)

【けんつく】けんつく)荒々しくしかりつけること。語気強く人に当たること。どなること。また、そのことば。──【故事俗信ことわざ大辞典】「剣突」「拳突」。(落語・厩火事「『どこをあそんであるいてやがるんだ』と、いきなりけんつくを食わせるんですよ」)講談:小金井小次郎

【けんのみを食わせる】けんのみをくわせる)「けんのみ」「けんのみね」の略。「剣の峰を食わせる」刀で峰打ちを食わせる意。転じて、けんつくを食わす。つっけんどんに言う。語気荒く叱りつける。ぽんぽん言う。威勢よく啖呵を切る。──【江戸語の辞典】(落語・芋俵「夫から俺がケンノミを喰わせるんだ、間抜ツ」)落語:芝浜、骨違い 講談:誰が袖音吉

【剣呑剣呑(険難険難)】(けんのんけんのん)あぶないこと。危険。また、安心がならぬこと。不安。──【江戸語の辞典】(講談・重の井子別れ「えゝ、もう本陣の座敷なんていふものアツルツル辷つて、劍呑で歩かれねえ」)落語:紙入れ、七段目、素人占い、樟脳玉、厩火事永代橋 講談:赤穂義士本伝、宮本武蔵、富蔵藤十郎

【玄蕃】げんば)【意味】玄蕃桶の略。出火の際、水を運ぶに用いる大きな担桶。──【江戸語の辞典】(落語・鼻利長兵衛「玄蕃へ水を一ぱい汲んで来て、水鉄砲で、土蔵(くら)の窓へチウチウやりやアがつた」)

【犬馬の労を厭わず】けんばのろうをいとわず)犬や馬程度の働き。主人または他人のために、力を尽くすことをへりくだっていう語。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・高田の馬場=安兵衛婿入り「又それがしも犬馬の労をいとわず御奉公つかまつります」)講談:山中鹿之助、加賀騒動、無筆の出世

【見物の下知に従うへぼ将棋】けんぶつのげちにしたがうへぼしょうぎ)下手な素人将棋は、見物している人が差し出がましくいちいち指図するのに影響されて、余計勝負を危うくする。無責任な第三者の意見に左右されるような自信のない態度では、所詮勝ちはおぼつかない、ということ。(落語・碁どろ「見物の下知にしたがうへぼ将棋……なんてえますが、たしかにそんなことがございます」)

【権柄ずく】けんぺいずく)「権柄」権勢をもって人をおさえつけること。権力を濫用すること。また、そのさま。横柄。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・徳川天一坊「『しばらく控えておれ』権柄づくに湯呑み場に待たせておきましたが」)

源平藤橘四姓に枕を交わす】げんぺいとうきつしせいにまくらをかわす)(講談・安中草三郎「たとへ源平藤橘の四姓に枕をかわす浮川竹の勤めをして居ても、花山だけは決して親の遺言を無にするやうな事はなからうと思ふが」)落語:反魂香 講談:加賀騒動、慶安太平記、女天一坊爆裂お玉

【けんもほろろ】けんもほろろ)にべもなく無愛想なるをいう。ケンもホロロも共に雉子の鳴声なり。その声無愛敬にて、つぎほなきに象りたるべし。──【諺語大辞典】(落語・清正公酒屋「何百遍お前さんが頼もうとも引く事は出来ないとケンもホロロの挨拶」)落語:唐茄子屋 講談:柳生二蓋笠、越後伝吉、小金井小次郎、藤原銀次郎

【権門】(けんもん)権力ある家柄、権勢ある家。それらへの贈賄ないし阿諛。転じて一般に、進物。ごきげんとり。──【江戸語の辞典】(講談・安政三組盃「諸出入りの者から権門を取るにしてみたところで、総収入のほどは多寡が知れている」)

 トップヘ

広告を非表示にする