読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【孤鞍雨を衝いて茅茨をたたく 少女はために貽る花一枝】こあんあめをついてぼうしをたたく しょうじょはためにおくるはないっし)(落語・道灌「『何か字が書いてありまンねェ』『孤鞍雨を衝いて茅茨をたたく、少女はために貽る花一枝、少女はいわず花語らず、英雄の心緒紊れて糸のごとし』」)

【鯉口を着る】こいぐちをきる)「鯉口」水仕事などをする時、よごれを防ぐために着る筒袖のように仕立てた布子。──【広辞苑四版】(落語・豆屋「若い者が、向う鉢巻で鯉口を着て、暑いも寒いも夢中で『オーウ鰯こい……』」)

【恋せずば人は心も無からまし物の哀れも是よりぞ知る】こいせずばひとはこころもなからましもののあわれもこれよりぞしる) 「恋せずば人の誠は知られまじ物のあはれもこれよりぞ知る」とも。(落語・孝女お里「馬鹿アいへ。恋せずば人は心も無からまし物の哀れも是よりぞ知る。斯ういふ身分になつたのも、元はといへば婦人ゆゑ」)

【恋に上下の隔てはない】こいにじょうげのへだてはない)「〜差別ナシ」ともいう。──【諺語大辞典】恋愛には身分の上下による区別はない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・西郷南洲戀に上下の隔てはないと申しますが、流石の齋興卿もボーツとして」)落語:道灌

【恋は女子の癪の種、肥料は田舎の作の種】こいはおなごのしゃくのたね、こえはいなかのさくのたね)「こい」は女子が癪を起こすもととなるものである。──【故事俗信ことわざ大辞典】 後半はそれをもじったものか。(講談・笹野名槍伝「さうりや癪や癪や、えらいことになるもんや、戀は女子の癪の種、肥料は田舎の作の種」)

【恋は曲者】こいはくせもの)恋情は人をして、道ならぬ事を為さしむる悪魔なり。──【諺語大辞典】(講談・猿飛佐助「恋は曲者とはよく言ったもの、色々思案を廻らしている」)

【恋は盲目】こいはもうもく)恋は人を夢中にさせ、理性や常識を失わせるものだというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・山中鹿之助恋は人を盲目にするとか申しまして大九郎はますます逆上せあがりまして」)講談:旗本五人男

【恋は勇者なり】こいはゆうしゃなり)(講談・笹川繁蔵「いゝえねえ、親分、若い者は頼もしい、恋は勇者なりとはよくいったと思いましてねえ」)

【恋変じて無常となり、無常変じて恋となる】こいへんじてむじょうとなり、むじょうへんじてこいとなる)(落語・品川心中「恋変じて無常となり、無常変じて恋となるなぞと云いますが何うも無常変じて恋となるのは少ない、恋が一つ変じると必ず無常と云う奴になります」)落語:八百屋お七、刀屋

【光陰矢のごとく、月日に関守なし】こういんやのごとく、つきひにせきもりなし)月日の過ぎるのは、飛ぶ矢のように 早い。日のたつのが早いことのたとえ。月日のの進行を止める関所番はいない。月日が少しも滞ることなく経過してゆくことのたとえ。──【故事俗信ことわざ 大辞典】 「毛吹草」にも「くはうゐんやのごとし」とある。(講談・寺坂吉右衛門「とにかく光陰に関守なく、 自分が年をとるのはわからないが、子供が成長するのがもどかしくて、手足をもって引き延ばしてもやりたいと思い」)落語:たちきり、蒟蒻問答、天神山、紺屋高尾、景清、乳房榎、吉野狐、長屋の花見、千早振る 講談:小山田庄左衛門、猿飛佐助、受難の村正、天保六花撰、幡随院長兵衛、徂徠豆腐、赤穂四十七士伝、富蔵藤十郎

【後悔先に立たず】こうかいさきにたたず)事過ぎて後悔するも益なし、されど其事のある時には気のつかぬものなりとの意。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・太閤記「凡て物事は其時に依るべきで、後悔先に立たずとは、此事でございます」)講談:明智三羽烏

【後悔を先に立たして後から見れば杖を突いたり転んだり】こうかいをさきにたたしてあとからみればつえをついたりころんだり)(落語・唐茄子屋「“後悔を先に立たして、あとから見れば、杖をついたり転んだり”“身から出た錆”の若旦那は、もうどうにもしようがありません」)

【剛毅木訥仁に近し】ごうきぼくとつじんにちかし)(「剛毅」は意志が強固で何事にも屈しないこと。「木訥」はかざりけがなく話下手なこと)剛毅木訥であることは、道徳の理想である仁の徳に近い。「論語」より。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・元犬「なに?…田舎者か…結構結構…“剛毅木訥は仁に近し”…田舎の方は正直でよろしい」)落語:佃祭、かつぎ屋五兵衛

【豪傑もとより大酒を好む】ごうけつもとよりたいしゅをこのむ)(講談・山中鹿之助「プーンと酒の匂ひがいたしまする、豪傑素より大酒を好む、鹿之助も性來酒好きでございますから」)

【巧言令色佞弁邪智】こうげんれいしょくねいべんじゃち)(講談・梁川庄八「巧言令色佞辯邪智に任せて遮ぎつたにより、家再興の儀は空しく御沙汰止みとなつたと申す事」)

【孝行と不孝と並ぶ新枕】こうこうとふこうとならぶにいまくら)(落語・文七元結孝行と不孝と並ぶ新枕、などといふことがありますが、実に能く穿ちましたもので」)(参照)→孝行に身を売られ、不孝に受け出され

【孝行に身を売られ、不孝に受け出され】こうこうにみをうられ、ふこうにうけだされ)(講談・越後伝吉「川柳にもある通り、孝行に身を賣られ、不孝に受け出されとある通りでせう」)落語:文七元結

【孝行の心を神の水にせで酒とくまする養老の滝】こうこうのこころをかみのみずにせでさけとくまするようろうのたき) (落語・二十四孝「時の帝之を聞し召され、孝子の徳を賞し給いて、養老の滝と御称けになつた『孝行の心を神の水にせで酒とくまする養老の滝』という歌がある」)

【孝行は富士の高嶺によく似たり人にほめられ人に仰がる】こうこうはふじのたかねによくにたりひとにほめられひとにあおがる)道歌。(講談・水戸黄門「親には孝行をしなければならぬぞ。孝は百行の基、孝行は富士の高嶺によく似たり人にほめられ人に仰がる」)

【孝行をしたい時分に親はなし、さればとて石に布団も着せられず】こうこうをしたいじぶんにおやはなし、さればとていしにふとんもきせられず) 親の苦労がわかるような年頃になって、さあこれから親孝行をしようと思う時には、すでに親は死んでしまっていない。親が死んだ後で、親孝行しておけばよ かったと、後悔することが多いことをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】、「石ニ蒲団ハ着セラレヌ」生ある間は大切に介抱すべし。死しては孝養をつくすべき道なし。「霜の鶴土へふとんもは被されず」其角 ──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「何をいふにも幼少の時阿父さんに別れて、孝行をしたい時分に親はなしの譬の通り、何うも仕様がない」)落語:唐茄子屋、二十四孝、景清、おかめ団子 講談:水戸黄門、天保六花撰、藪原検校、小金井小次郎

【恒産なきもの恒心なし】こうさんなきものこうしんなし)常の生業なき者は、人の常に有すべき善心を維持する能わずして、往々邪僻の行あるをいう。[孟子]──【諺語大辞典】(講談・南部坂雪の別れ「恒産なきもの恒心なし孟子も申している。いや浪人いたしては、あたかも木から落ちたる猿の如く、さても哀れなものでござる」)

【孝子は貧家の門より出でる】こうしはひんかのもんよりいでる) 「家貧しくして孝子出づ」に同じ。(講談・梁川庄八「アゝ孝子は貧家の門より出でるといふが、之が孝太郎の家か」)

孔子も時に合わざれば労して功なし】こうしもときにあわざればろうしてこうなし)「孔子モ時ニ遇ハズ」智能あるものも、不運にして用いざれざることあり。[荘子]──【諺語大辞典】(講談・寛永御前試合「ご同役の前だが、孔子も時に合わざれば労して功なし」、落語・無学者「孔子も時に遇はざれば、と云ふ事が有るからね……」=木火土金水)

【講釈師扇で嘘を叩き出し】こうしゃくしおうぎでうそをたたきだし)編者注:江戸時代の著名な講釈師・東流斎馬琴が残した狂句であるという。このほか「講釈師つかえた時に三つ打つ」というのも馬琴の句だという。(講談・田宮坊太郎「『講釋師扇で嘘を叩き出し』などと、大分講釋師は攻撃されますけれども」)

【講釈師見てきたような嘘をつき】こうしゃくしみてきたようなうそをつき)川柳。講釈師がまるで自分が見てきたような口ぶりで、政談、軍記、かたき討ちなどを語るさまをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】江戸時代の講釈師・東流斎馬琴の句であるという。(落語・お七「講釈師見てきたような嘘をつき と川柳の悪口にもいってありますが」)落語:仙台高尾 講談:田宮坊太郎

【講釈場、いらぬ親父の捨てどころ】こうしゃくば、いらぬおやじのすてどころ) 「〜生きた親父の捨てどころ」とも。(落語・くしゃみ講釈「講釈場、いらぬ親父の捨てどころてな川柳がございまして、家におったら若い夫婦の、じゃまになるてなお爺(じん)がな、『お父つぁん、講釈聞きに行といなはれ』ちゅうて嫁はんに小遣もろてやってくる」)

甲州のころ柿流】(こうしゅうのころがきりゅう)「ころ柿」(転柿)渋柿の皮を剝いて乾し、表面に白い粉を生じたもの。干柿。──「江戸語の辞典」(講談・寛永御前試合「習う剣術は吉岡流でも、皆甲州のころ柿流、甘いばかりで下手なりに固まっているから仕方がない」)

甲州の人は武田信玄を称め、越後の人は上杉謙信を称め、信州から出る人は真田幸村と田毎の月と更科の蕎麦を称める】こうしゅうのひとはたけだしんげんをほめ、えちごのひとはうえすぎけんしんをほめ、しんしゅうからでるひとはさなだゆきむらとたごとのつきとさらしなのそばをほめる)(講談・幡随院長兵衛「藤吉さん、少し待つておくれ、甲州の人は武田信玄を稱め、越後の人は上杉謙信を稱め、信州から出る人は眞田幸村と田毎の月と更科の蕎麥を稱める。誰れでも我が土地を惡いといふ奴はいない」)

甲州へ行くは葡萄のなりさがり】こうしゅうへゆくはぶどうのなりさがり)(講談・本所五人男「川柳に『甲州へ行くは葡萄のなりさがり』と申す位ゐで笠井仁太夫は立歸つて參り帯刀殿に其次第を申すと帯刀殿も大きに驚ろき」)

【好事魔多し】こうじまおおし)「魔障多シ」ともいう。好き事には妨害の入り易きをいう。花ニ嵐、月ニ村雲の類なり。──【諺語大辞典】(講談・左甚五郎「ところが世にいう好事魔多しで、その年の三月ごろ、正利ふとした風邪の心地から、床につきましたが」)講談:寛永三馬術朝顔日記

荒神様へ薪をのせる】こうじんさまへまきをのせる)「荒神荒神三宝荒神の略。竈の神の敬称。──【江戸語の辞典】(講談・寛永三馬術「『それでは荒神様へ薪を乗せろ』『あれも矢張天氣の禁厭(まぢなひ)だ』」)

【後世恐るべし】こうせいおそるべし)(正しくは「後生畏るべし」)自分より後から生まれてくる者は、これからどれほどの力量、進歩を示すかはかり知れないから、おそれるに値する。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永御前試合「舌を巻いて先生も感心いたし、後世恐るべき、名人とならん、と喜んでいられる」)落語:明烏、猫久 講談:関東七人男、橋弁慶

【浩然の気を養う】こうぜんのきをやしなう)(「浩然」は、水が豊かに流れるさま。また、心などが広くゆったりとし ているさま)自らが天地の間で満ち広がると感じるような、公明正大でどこも恥じるところのないたくましい精神を育てる。転じて、のびのびとして解放された 心持ちになることをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・坊主の遊び「お前吉原へチョイチョイ繰込んで浩然の気を養うというような事でな」)講談:寺井玄渓

【豪的】ごうてき)「強敵」「ごうぎ」「ごうせい」と殆ど同じ。はなはだ。非常に。すごく。大層。ひどく。程度が普通以上である。──【江戸語の辞典】(講談・寛永御前試合「そいつあ豪的だ」)

【功成り名遂げて身退く】こうなりなとげてみしりぞく)業成り名揚がりたる上は、退隠して功名を全うすべし。[老子]──【諺語大辞典】(講談・紀伊国屋文左衛門「功成り名遂げて身を退く、誠に不實の様だ、大火中を幾十萬人の難澁につけ込んで儲けた身代、天理としても、永持をする譯がない」)講談:相馬大作西郷南洲、加賀騒動

【後難は山にあらず川にあらず、人間反復の中にあり】こうなんはやまにあらずかわにあらず、にんげんはんぷくのうちにあり)「後難」後日の難儀。後のわざわい。──【広辞苑四版】(実録・大岡政談後藤半四郎「若き者は有うちの事何も是を生涯の恥となす程の事でもなし古き俚諺(ことわざ)に後難は山にあらず川にあらず人間反復の中に在と云いつ何時如何なる難儀憂目に出會も計られず」)

【郷に入っては郷に従え】ごうにいってはごうにしたがえ)住んでいる所の風俗・習慣には、すなおに従うのがよい。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「郷にゐては郷にしたがへ」とある。(講談・祐天吉松「郷に入つては郷に從へといふ事がある。手前が不意に來てそんな生意氣をいふのが惡い」)落語:三十石夢の通い路、茗荷屋 講談:寛永三馬術、笹野名槍伝

【勾配が早い】こうばいがはやい)判断がすばやく、動作が機敏である、機転がきく、血のめぐりが早い。──【故事俗信ことわざ大辞典】 反対語は「〜がぬるい」。(講談・梁川庄八「勘四郎勾配の早い奴で、庄八の紙入は、別の處へ仕舞つたらしい」)

【孝は百行の基、忠臣は孝子の門より出ずる】(こうはひゃっこうのもとい、ちゅうしんはこうしのもんよりいずる)孝行はすべての善行の基本であり、徳行のはじめである。また、主君に忠義を尽くすような人物は、必ず親に孝行な者である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・近江聖人「お前が讀んで居る孝經といふ書物にも、孝は百行の基と書いてある」)落語:二十四孝 講談:水戸黄門、梁川庄八、正直車夫、越後伝吉

【幸福の富は天にあり】こうふくのとみはてんにあり)(落語・田能久「ェェ、幸福の富は天にあり。いつ何時人間は幸いを得るかわかりませんもので」)

【弘法にも筆の誤り】こうぼうにもふでのあやまり弘法大師のような書道の名人でも、時には書き損じをすることがある。どんなにその道の名人上手でも、時には失敗することがあるものだということ。「猿も木から落ちる」と同意。(落語・片袖「馴れた人かて、やりぞこないがなんぼでもあるねン。上手の手から水が漏る。弘法にも筆のあやまり」)《い》講談:鼠小僧次郎吉

紺屋の明後日こうやのあさって)(紺屋の職業は天候に左右されるので、明後日にはできると言って期限を延ばすこ とが多いところから)あてにならないこと。約束の守られないたとえ。こんやのあさって。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・紺屋高尾「そこで、どうも あてにならないことを、『あァ、だめだ、だめだい、紺屋の明後日だよ』なんてんで、これは江戸時代の一つの通用語になりまして」)

【強欲は無欲に似たり】ごうよくはむよくににたり)「大欲は無欲に似たり」欲の深い者は、強すぎる欲のためにかえって失敗しがちで、結局何も欲望を持たなかったのと同じ結果になる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・松枝宿の子殺し、実録・安間小金次にあり)とも。(落語・一文惜しみ「昔から『強欲は無欲に似たり』という譬えを申します。ま、欲のないという人はございません」)落語:夢金、しわい屋

【孝を立てんか忠を立てる能わず、忠たらんと欲せば親に不孝】こうをたてんかちゅうをたてるあたわず、ちゅうたらんとほっせばおやにふこう) 「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」の意か。(講談・片岡源五右衛門「それを堅く相守り父上を僞りお怒りに觸れ候次第、孝を立てんか忠を立つる能はず、忠たらんと欲すれば親に不孝」)

【声なくて野山に人を呼ぶものは此のごろ花のさくらなりけり】こえなくてのやまにひとをよぶものはこのごろはなのさくらなりけり)「声なくして人を呼ぶ」声を出して呼び集めなくても、人がたくさん集まってくる。徳ある人の周囲には、自然と人が慕い寄って来ることにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「こゑなうて人よぶ」とある。(落語・親子茶屋「声なくて野山に人を呼ぶものは此のごろ花のさくらなりけり。誠に歌の通りで、桜花(はな)は声のあるものではございませんが、人を呼び寄せる力は宏大なもので」)

【声はすれども姿は見えず、ほんにおまえは屁のようだ】こえはすれどもすがたはみえず、ほんにおまえはへのようだ)「声はすれども姿は見えず」声は聞こえるけれども、その姿が見えない。芝居などで使われる決まり文句。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・もぐら「何所に何か居るんだが真暗で分らない、声はすれども姿は見えずホンにお前は……」)落語:石返し、鮑のし 講談:寛永三馬術

【氷は水より出てなお冷ややか、孫は子より出てその愛勝る】(こおりはみずよりでてなおひややか、まごはこよりでてそのあいまさる)「氷は水よろ出でて水より寒し」元のものよりも程度がまさること。弟子が師よりもまさることのたとえ。「青は藍より出でて藍より青し」と同意。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「氷はみづよりいでゝみづよりさむし」とある。(落語・表札「よく講談や浪曲で やってらァ、氷は水より出でて尚ひややか、孫は子より出でてその愛優る、てけんど、本当のこんだな」)講談:二度目の清書、西行鼓ヶ滝

【こかす】こかす)人または品物をひそかに他へ移す。やる。隠す。または盗み取る。だまし取る。くすねる。ちょろまかす。──【江戸語の辞典】(落語・牡丹燈籠「こいつをこかすよりほかにしようがねえや」)

【碁敵は憎さも憎し懐かしし】ごがたきはにくさもにくしなつかしし)「~又いとし」とも。(落語・笠碁「それじゃァこれが、ふたりこれッきり会 わないかてえとそうでもない。碁がたきは憎さも憎し懐しし……」)落語:碁どろ、茶わん屋敷、将棋の殿様、滑稽義士 講談:三家三勇士、小金井小次郎

【五月という月は気の立ちやすい悪い月】ごがつというつきはきのたちやすいわるいつき)(講談・小金井小次郎「この五月と云ふ月は氣の立ちやすい惡い月でございまして、古から名将が討死をするなどと云ふのも五月」)

【黄金花咲く奥州の若い殿様吉原通い】こがねはなさくみちのくのわかいとのさまよしわらがよい) 万葉集大伴家持の歌「すめろぎの御代栄えんと東なるみちのく山に黄金花咲く」に由来。(講談・伊達誠忠録「黄金花咲く奥州の 若い殿様吉原通ひ 伽羅の下駄穿いてそろそろと 忍び姿が闇でも知れる ぷんと匂いに立つうはさ」)

【故郷忘じがたし】こきょうぼうじがたし)故郷はいつまでたってもなつかしく、忘れがたいとの意。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(講談・笹川繁蔵「もう旅に出てから二年も経ちまして、故郷忘じ難く余燼(ほとぼり)ももう冷めた頃と思ったので」)落語:長崎の赤飯、牡丹燈籠、塩原多助一代記、真景累ヶ淵 講談:本所五人男、関東七人男、寛永三馬術水戸黄門、寛永御前試合、西郷南洲

ごきんとうさま】(ごきんとうさま)「金当」(「当金」の倒語)伝言あるいは返却・返済・支払い等の義理固く几帳面であること。応答詞としては「ご」を冠していうが常。──【江戸語の辞典】(講談・伊賀の水月「『大きにごきんとうさまのことで』」)

【極悪の極は善、極善の極は悪】ごくあくのきょくはぜん、ごくぜんのきょくはあく)(講談・安中草三郎「アゝ極惡の極は善、極善の極は惡、善と惡との先は近いといふが誠にさうだ」)

【極楽も地獄も己が身に存て鬼や仏は心なりけり】ごくらくもじごくもおのがみにありておにやほとけはこころなりけり)道歌。(実録・妲妃のお百「極樂も地獄も己が身に有て、鬼や佛は心なりけりとの道歌の如く、譬へば惡盛んにして天に勝つとは一時の事にて、爭か其身を全うせん」)

【虎穴に入らずんば虎子は得難し】こけつにいらずんばこしはえがたし)「虎穴ニ入ラザレバ虎子ヲ得ズ」危険を冒さざれば奇功なし。──【諺語大辞典】(講談・西郷南洲虎穴に入らずんば虎子は得難しと、頻りに之等仲間に交つて盛に往來して居りました」)講談:誰が袖音吉

【白痴(こけ)の一念は恐ろしい】こけのいちねんはおそろしい)「コケノ一心」愚人も一心に思いこみたる念力は、恐るべきものあるをいう。──【諺語大辞典】(講談・関東七人男「よくそんなよい人で牢破りなぞが出来たこった、白痴の一念は恐ろしいものだね」、落語・あり「白痴の一心で、白露先生のおかみさん、亭主が留守になりますと近所の女の子をみんな集めて、こちらの女の子にはお手玉をこしらえてやり、こちらの女の子には姉さまをこしらえてやるとか」)講談:関東七人男

【コケの一寸ノロマの三寸】こけのいっすんのろまのさんずん)「下衆ノ一寸、ノロマノ三寸、馬鹿ノ明放シ」 戸を閉ずるに一寸ほど残すもの、三寸ほどなるもの、全く明放しなるものあり、之によりて人物の如何を卜すべし。──【諺語大辞典】 ただし「ノロマの一寸 馬鹿の三寸」「下衆の一寸のろまの三寸(馬鹿の開けっ放し)」などともいう。ここでは前項「コケの一心」を洒落たものか。(講談・関東七人男「原村の千次 郎の門口へ來るといふとコケの三寸ノロマの一寸、彼の使ひ屋がのろまとコケの中だと見江て二寸バかり明て徃つたから」)

【白痴(こけ)の思案は休むに似たり】こけのしあんはやすむににたり)(講談・鯉の久三「コケの思案は休むに似たりとある。まづその邊ぢやな」)

【沽券にさわる】こけんにさわる)「沽券ガ下ル」人物の価値をおとすをいう。「沽(估)券」は地所売買の証券。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「事情はともかく、ちょっと估券にもさわれば、融通の車も止まる」)落語:錦の袈裟

【虎口身を損じ舌剣生命を失ふ】ここうみをそんじぜっけんせいめいをうしなう)(落語・入黒子「虎口身を損じ舌剣生命を失ふと、大層六ケ敷事を申す様で御坐いますが」)

【虎口を逃れる】ここうをのがれる)危険な場所、常態からのがれる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・鎌倉星月夜「虎口を逃れし心地して、一足先に己の居間へ立ち戻った松島が」)

【小(叱)言は言うべし、酒は買うべし】こごとはいうべし、さけはかうべし)(講談・野狐三次「オイ叱言はいうべし酒は買うべしだ、皆これを取って置きねえ」)落語:たらちね 講談:近松勘六清水次郎長、乃木将軍

【叱言を言えばふくれる、殴れば泣く、殺しゃ化けて出る】こごとをいえばふくれる、なぐればなく、ころしゃばけてでる)(落語・お直し「といって、叱言をいやァふくれちゃうし、なぐりゃ泣くし、殺しゃぁ化けて出る」)

ここは地獄の一丁目で二丁目のねえところだ】(ここはじごくのいっちょうめでにちょうめのねえところだ)「地獄の一丁目」(地獄の入り口である一丁目の意)のっぴきならない羽目に陥り破滅に向う第一歩。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永御前試合「知れたこった、ここは地獄の一丁目で二丁目のねえところだ」、落語・うそつき弥次郎「ここは地獄の一丁目、二丁目のねえところだ」)

【心ある侍は暗夜に霜の降るのを知る】こころあるさむらいはあんやにしものふるのをしる)「心ガケアル武士ハ轡ノ音ニモ目ヲサマス」「心ガケアル武士ハ地ヲ這ウ虫ニモ気ヲユルサズ」心に油断なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「心ある侍は、暗夜に霜の降るのを知るというくらい」)

【志あれば事遂に成る】こころざしあればことついになる)「志ある者は事竟(つい)に成る」志がしっかりしていれば、どのような事でも、最後には成しとげることができる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・栗崎道清「志あれば事遂に成るとは、古人の教、忍耐勤勉は人に執つての寶であります」)

【志は松の葉】こころざしはまつのは)「志ハ木ノ葉ニ包メ」志だに厚くあらば、贈物は木の葉に包む程の、軽微なるものにてもよし。──【諺語大辞典】 「~椎の 葉」「~笹の葉」とも。やがて「つまらないものでも 贈る側の気持ちが伝わりさえすればいいのだ」という形骸的な意味に変わってしまった。「つまらないものですが」「寸志」という意味の挨拶に使う。「毛吹草」に「こゝろさしは木のはにつゝむ」とある。(講談・茶碗屋敷「志は松の葉といふことがございますから、紙一枚の御禮でも貴下が此方の旦那になさる、それが人の道だらうと思ふのでございます」)《い》講談:梁川庄八、鼠小僧次郎吉、慶安太平記

【心だにまことの道に叶いなば祈らずとても神や守らん】こころだにまことのみちにかないなばいのらずとてもかみやまもらん) 菅原道真の歌であるといわれる。【諺語大辞典】は下の句を諺として項目に挙げている。(講談・伊賀の水月「信心詣りや神詣はよせ。――心だにまことの道に叶いなば、祈らずとても神や守らん」)講談:両越大評定、菅源助

【心の内は賤杣人のつくも髪、とくにとかれず、いうにいわれず】こころのうちはしずそまびとのつくもがみ、とくにとかれず、いうにいわれず) 「つくも髪」老女の白髪をいう。ツクモツクモモ(次百)の約で、百に満たず九十九の意と見、それを「百」の字に一画足りない「白」の字とし、白髪にたと えたという。──【広辞苑四版】編者注:解く(説く)ことも結う(言う)こともできない苦しい心の内。(講談・祐天吉松「ヂツと無念を堪へた表門村の常五郎、その心の内は賤杣人のつくも髪、とくにとかれず、いうにいわれず」)

【心の駒が狂う】こころのこまがくるう)「意馬心猿」情慾心意の狂い動きて制し難きさまをいう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「心の駒が狂ひました所から帳場にあつた七十兩の金を持つて夜中家内の寝息を窺ひ此のお君を連れて窃つと逃げ出しました」ほか)

【心易立てが過ぎる】こころやすだてがすぎる)「心安立」親しいのになれて遠慮のないこと。──【江戸語の辞典】(落語・三夫婦「つまりお前は心易立てが過ぎるといふもの、其ぢやア済まないよ」)落語:真景累ヶ淵 講談:清水次郎長

【腰かけ三升座って五升】こしかけさんじょうすわってごしょう)(講談・寛永御前試合「元来この真之助は大の酒ずきで、腰かけ三升坐って五升という酒豪、その上酒癖があまりよろしくない」)

【乞食にも身祝い】こじきにもみいわい)「乞食も身祝い」乞食のような身分の者でも祝い事はする。だれでも祝うべき時には身分相応の祝いをするものだということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・相馬大作乞食にも身祝いという例え、ホンの一口なにもねえが飲っておくれ」)落語:不動坊 講談:紀伊国屋文左衛門、関東七人男

【乞食の子も三年経ったら三歳になる】こじきのこもさんねんたったらみっつになる)人はだれでも年月がたてば成長するものだということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】編者注:「阿呆の子でも三年飼ったら~」「三年経てば赤ん坊でも三歳になる」 (講談・鼬三次)などともいう。(落語・池田の牛ほめ「こないいうたら、言うたれ……侮ンなはんな、乞食の子ォも、三年経ったら三歳(みっつ)になりまっせェ、こない言うのや」)落語:池田の牛ほめ、髪結新三 講談:祐天吉松、安中草三郎

【乞食は三日すればやめられぬ】こじきはみっかすればやめられぬ)「乞食モ三日スレバ三年忘レヌ」遊惰の風習除き難きをいう。──【諺語大辞典】(講談・三家三勇士「『第一、乞食を三日すれば、やめられぬというぞ、働かないで銭や食物が貰えるのだ、こんな結構なことはない』『オヤオヤ』」)落語:黄金餅 講談:由井正雪

【五七の雨に四つ旱、六八風に九は病】ごしちのかぜによつひでり、ろくはちかぜにくはやまい)五つ時(今の八時)七 つ時(今の四時)に地震あれば雨降り、四つ時(十時)なれば旱、六つ時(六時)八つ時(ニ時)なれば風、九つ(十二時)なれば病人を生ずとの意。のあった 後に決まって起こる異変をいう。──【諺語大辞典】編者注:「九は病、五七は雨に四つ旱、六八ならば風と知るべし」という歌の形にもなっている。(落語・ 千両みかん「あーこりゃァなんだな、今のこの地震はてえと、えー“五七の雨に四つ旱、六八風に九は病”と、くだらないことをいってるうちに、だんだんだんだんひどくなってきた」)

【小姑は鬼千匹に向う】こじゅうとはおにせんびきにむかう)「姉姑ハ鬼千匹ニ向カイ、小姑ハ鬼十六匹ニ向カウ」嫁の身にとりて、夫の兄弟の御し難きをいう。千匹十六匹は難易の差をいうに過ぎず。──【諺語大辞典】、「小姑一人は鬼千匹に向かう」──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「俺の娘を嫁(や)らうと思つたがモウ遣れねえ。小姑は鬼千匹に向ふといふ」)

【後生一生のお願い】ごしょういっしょうのおねがい)「後生一生の願い」現世、来世を通じてもたった一度の願い。強く懇願する時にいう。(落語・庖丁「ちょいと寅さん、あたしが後生一生のお願いだから聞いてください」)落語:宮戸川真景累ヶ淵 講談:木曾富五郎

【碁将棋に凝ると親の死に目に遭えない】ごしょうぎにこるとおやのしにめにあえない)「碁将棋は親の死に目に会わぬ」碁や将棋に凝ると大事な用もほったらかすようになることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・宮戸川「さて覚えて見ますと、其道は面白いもので、碁将棋に凝ば、親の死目に逢えんとさえ申す程夢中に成ます」)落語:碁どろ

五常の道も度を過ぎれば身に及ぼす】ごじょうのみちもどをすぎればみにおよぼす)「五常儒教で、人の常に守るべき5つの道徳。仁・義・礼・智・信。──【広辞苑四版】伊達政宗の教訓に由来するものか。(講談・笹野名槍伝「人間の欠くべからざる五常の道も其の度を過ぎれば、身に及ぼす、中々世渡りといふものは、むづかしいものでございます」)

【故障を付ける】こしょうをつける)【意味】「故障を入れる」不服を言う。邪魔をする。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小金井小次郎「俺が二分か一兩勝つたと思つて、いやにお前達は故障を附けやあがる」)落語:棒鱈、くしゃみ講釈

【古人我を欺かず】こじんわれをあざむかず)(落語・付き馬「どうも天の配剤、破れ鍋にトジ蓋とは之を称していう。古人我を欺かずだ」)

【小袖ぐるみ】こそでぐるみ)「おかいこぐるみ」とも。常に絹の着物を着ていること。贅沢な生活をいう。──【江戸語の辞典】(講談・妲妃のお百「私がどんなに稼いでも旦那を小袖ぐるみにして、今までの御恩返しに遊ばせて置きますから、どうか確かりして下さい徳兵衛さん」)講談:写真のお若

【小楯に取る】こだてにとる)(「小(木)楯」は、楯のかわりになる立ち木などをいう)身を隠しかばうものとして用いる。間に合わせの楯とする。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・うそつき弥次郎「みれば一本の松がある。これを小楯にとって」)講談:清水次郎長、寛永三馬術、寛永御前試合

【小力がある】こぢからがある)【意味】「小力」ちょっとした力。普通より少し強い力。──【広辞苑四版】(講談・越後伝吉「彼奴は小力があるからウンと引叩かせべえ」)講談:伊賀の水月

【こっち思いの向こう思わず】こっちおもいのむこうおもわず)(落語・ちきり伊勢屋「またはじめやァがった、お前ひとり大へんにほれているんだ、こっち思いの向う思わず……」)

【凝っては思案に能わず】こってはしあんにあたわず)物事にあまり熱中する時は、思慮分別を失うをいう。──【諺語大辞典】 「~凝らざればその味わい分からず」と続く(しかしながら、凝らなければその道のおもし ろさが見えてこないのも事実)。(落語・四段目「さてコノ、凝っては思案にあたわずとよくおっしゃりますが、ここに芝居好きの小僧がございました」)落語:碁どろ、笠碁、四段目、後生鰻、夢金、相撲の蚊帳、蚊いくさなど 講談:寛政力士伝

【今年ゃ南瓜の当たり年】ことしゃかぼちゃのあたりどし)「南瓜ノ当リ年」よからぬものの、勢を得て繁昌する時節なりとの喩に用う。──【諺語大辞典】(落語・薬違い「今年ゃ南瓜の当り年だなァ、夫れから何うした」)落語:錦の袈裟 講談:朝顔日記

【事足りてやがて焼かるるかかし哉】ことたりてやがてやかるるかかしかな)(講談・佐倉義民伝〜甚兵衛渡し)

【事に臨みて驚かざるを大丈夫とする】ことにのぞみておどろかざるをだいじょうぶとする)(落語・湯屋番「ねェ、『事にのぞみて驚かざるを大丈夫とする』貴方、木村重成てえ方をご存じですか、大阪落城の時(みぎり)、冑に名香をたいて立派に討死をしたではありませんか、人間あきらめが肝腎です」)

【言葉多きは品少し】ことばおおきはしなすくなし)軽々しく物いう者は威儀品格少し。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・天神山「言葉多きは品少し、わたいは至って無口(ものいわず)や」)(参照)→男というものは三言しゃべれば氏素性が現れる 落語:米揚げ笊、りんきの独楽

【言葉は国の手形】ことばはくにのてがた)訛ハ国ノ手形に同じ。方言は生国をあらわすことをいう。──【諺語大辞典】(講談・太閤記言葉は国の手形、私は清洲ご領地の良民でござる」)講談:両越大評定、西郷南洲

【子供は親の鑑】こどもはおやのかがみ)(落語・佐々木裁き「子供は親の鑑とかで、子供を見ると、その親がわかるという……」)

【子供は風の子】こどもはかぜのこ)子供は元気なので、寒風の中でも平気で遊びまわるのでいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・真田小僧

【事を分ける】ことをわける)筋道を立てていう。条理を尽くす。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小金井小次郎:「姉御のやうに事を分けて云はれると申譯がねえ」)

【こなから】こなから)四半分の意。一升の四分の一、すなわち二合五勺。──【江戸語の辞典】編者注:落語ではしばしば「二合半」、つまり「二号はん」=お妾さんの洒落。(落語・算段の平兵衛「でこの一升のなから、なかばが五合で、更にその半分というので、こなから。で、二合半(二号はん)ですな」)

【子なくとも泣かぬ】こなくともなかぬ)(講談・柳生三代「子無くとも泣かぬと云ふが、我は子供があつても歎きを見なければならぬとは何んたる不幸であらう」)

【粉屋の泥棒】こなやのどろぼう)「粉屋ノ盗人ノヤウ」厚化粧したる形容。──【諺語大辞典】(講談・大岡政談お花友次郎「友次郎といえば、確かに澤井の次男。あの粉屋の泥棒に違えねえ」)

【子に甘いは親の常】こにあまいはおやのつね)たとえどんな厳格な人でも、わが子にだけは寛大すぎるのが普通である。どんな親でもわが子には甘いものである。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「子 に甘いのは母親の常」、「どこまでも子に甘いは親心」とも。(講談・倉橋伝助「しかし子に甘いは母親の常、早く会いたい、話をききたいと、しきりに気をもんでおります」)落語:代脈 講談:近松勘六紀伊国屋文左衛門、宮本武蔵、大島屋騒動、天保六花撰、三家三勇士、女天一坊爆裂お玉

【子に越す宝はない】こにこすたからはない)「子に過ぎたる宝なし」子は人間の最上の宝である。どんな宝も子には及ばない。子は第一の宝。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・搗屋幸兵衛「そこの家のご惣領・ご次男が羽織袴で坐っていて……『あたくしどもの宝はこれでございます』ッてえ話があらァ。……子に越す宝はねえッてくらいだ…ェえ?」)

【子に巻かれる親】こにまかれるおや)「子に引かるる親心」(子への愛のために、思い切って行動できない親の心。子に迷う親心。子故の闇。──【故事俗信ことわざ大辞典】)と同義か。(講談・本所五人男「とは云ひましたが併し子に巻れる親で之より川並の長次郎に段々話しをして貰ふと雖も元來長次郎と云ふ奴は無口にて」)

【小糠三合持ったら婿養子に行くな】こぬかさんごうもったらむこようしにいくな)「小糠三合」=わずかな財産のことをたとえていう。男は少しでも財産があるのなら、婿入りなどしないで、独力で一家を立てるべきだ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・星野屋「かかあが面倒臭えことをいやァこっちからオン出て行かにゃならん。小糠三合持ったら婿養子に行くなというくらいなもんで、なかなか辛いもんだ」)落語:ろくろっ首、ざこ八、腕食い、春雨茶屋 講談:祐天吉松

【此の奥に何が在すか知らねども有難なさに涙こぼるる】このおくになにがおわすかしらねどもありがたなさになみだこぼるる)「何事のおはしますかはしらねどもかたじけなさに涙こぼるる」平安末期から鎌倉初期にかけての歌人西行が伊勢の大神宮参拝の折に詠んだとされる歌。どのような御方が祭られているのか知らないけれど、ただ有難さに涙がこぼれるのである。──【故事俗信ことわざ大辞典】によるものか。(講談・小金井小次郎「『此の奥に何が在すか知らねども有難なさに涙こぼるる』と申しますが、實にそれに違ひない」)

【この酒を止めちゃいやだよ酔わせておくれまさかしらふじゃ言いにくい】このさけをとめちゃいやだよよわせておくれまさかしらふじゃいいにくい)(落語・妾馬「この酒をとめちゃいやだよ酔わせておくれ、まさかしらふじゃいいにくい、なんてね、いいもんだねェ殿様ァ」)

【この手柏の裏表】このてがしわのうらおもて)「児の手柏の二面(ふたおもて)」コノテガシワの葉は表裏が定めにくいことから、物事がどちらともきめがたいことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・水戸黄門「善と悪との別れみち、この手柏の裏表」)

【この時遅くかの時早く】このときおそくかのときはやく)(講談・塚原ト伝この時遲くかの時早し、小太郎汀の所まで乘込み來り、『ヤア彈正、逃ぐるとは卑怯なり。返せ、戻せ、船を返して勝負に及べ』」)講談:赤穂義士本伝、山中鹿之助、寛永御前試合他

【この世の中、捨てるお女中もなし、捨てる殿方もなし】このよのなか、すてるおじょちゅうもなし、すてるとのがたもなし)(落語・鋳掛屋「とらとや、オッタン。この世の中、捨てるお女中もなし、捨てる殿方もなし。やっぱり、鍋釜屋は、鍋釜屋みたいなもん同士、つるむわなァ」)

【碁は牛のごとく、将棋は早馬のごとし】ごはうしのごとく、しょうぎははやうまのごとし)(落語・浮世床「よし、シャレ抜きとくりゃ早えぞ。『碁は牛の如く、将棋は早馬の如し』てえやつだ」)

【子は生んでも心は生みつけぬ】こはうんでもこころはうみつけぬ)「子は生むも心までは生まぬ」子供の体は親の生ん だもので親に似るかもしれないが、その心まで親に似せることはできない。子の性格の悪いのを、親が非難していうときの語。──【故事俗信ことわざ大辞典】  「毛吹草」に「かたちはうめとも心はうまず」とある。(落語・菊江の仏壇「子は生んでも心は生みつけぬ、すみませんでした、番頭どん……番頭さんは?」)

【子は親に似たる者ぞと亡き人の恋しき時は鏡をぞ見よ】こはおやににたるものぞとなきひとのこいしきときはかがみをぞみよ)「子は親に似る」子というものは結局その親の性質を受け継いでいるものだ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・松山鏡「『愛いやつである、その方にとらせる。余人に見せるなよ』子は親に似たるものぞと亡き人の、恋しきときは鏡をぞ見よ……お歌をつけていただいてまいりました」)

【子は鎹】こはかすがい)「子ハ夫婦ノ中ノ鎹」子のために、夫婦の中の繋がるるをいう。──【諺語大辞典】(落語・子別れ「子は夫婦の鎹いとはよく言つたものでございます」)落語:子宝=女の子別れ

【子は三界の首枷】こはさんがいのくびかせ)恩愛の絆の脱し難きをいう。──【諺語大辞典】 「首枷」は刑具の一種。「毛吹草」にもある諺。(講談・国定忠治「アゝ殘念、子は三界の首枷とは此の事ですね、仕方がねえ、癈(よ)しませう」)(参照)→女は三界に家なし《い》

【牛蒡抜き】ごぼうぬき)牛蒡を引き抜く如く、寝こじに引き抜くをいう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「小金井小次郎が牛蒡抜きにして自分の妾にして終つた」)

【五本の指で三本と下らない】ごほんのゆびでさんぼんとさがらない)(講談・小金井小次郎「汝は俺の身内で五本の指で三本と下らねえ人間だ」)

【田作(ごまめ)の歯軋り】ごまめのはぎしり)微力なる者のいたずらに憤慨するに喩う。──【諺語大辞典】(講談・赤穂義士本伝「お目付位の言つたことは所謂田作の齒軋り、どうすることも出來ませぬ」)講談:両越大評定、塚原ト伝西郷南洲、天保六花撰)

【小娘と小袋は油断がならない】こむすめとこぶくろはゆだんがならない)小さい袋ほころびやすく、若い娘も傷つきやすくて、ともに目が放せない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・おかめ団子「小娘と小袋は油断がならねヱ。御用心をなせへまし、ハイ然やうなら」)落語:おせつ徳三郎〜花見小僧 講談:水戸黄門、梅ヶ枝仙之助

【ご無理ごもっとも】ごむりごもっとも)相手の言うことが無理と知りながら、やむを得ずさからわずに従うこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・天保六花撰「その当時は、もう一家中の者は、殿がおっしゃったとなると、鷺が黒いとおっしゃっても御意、烏が白いとおっしゃっても御意、ご無理ごもっともで」)

【米の飯がてっぺんにあがった】こめのめしがてっぺんにあがった)「米の飯が天辺に回る」米の飯の生活に慣れて、すっかりぜいたくになる。ぜいたくの病が救いがたくなったことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・百年目「かわいがってやれば増長する。米のめしが天辺へあがったというのは貴様のことだ」)

【米の飯とお天道(太陽)様はどこへいったってついて回る】こめのめしとおてんとうさまはどこへいったってついてまわる)「米の飯と天道様はどこへ行っても付いて回る」日の光がどこへ行ってもさすように、どんな逆境に陥っても食っていくくらいのことはできる。くよくよしない楽天的な生き方をいうことば。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・唐茄子屋「え、太陽(てんとう)様と米の飯は、ついてまわるといったが、どうだい、ついてまわってるかい?」)落語:湯屋番、しめこみ 講談:安政三組盃、大島屋騒動、由井正雪、慶安太平記

【子持ちの眠たがり】こもちのねむたがり)(落語・三年目「しょうがないな、どうも。子持ちの眠たがりてえが、そんなに眠いもんかな」)

【薦の上にも三貫】こものうえにもさんがん)出産の為には少なくとも銭三貫の費用がかかるということ。産三両、子三両とも。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・寿限無「些と確かりして呉れなくつちやァ困るよ、オギャアと生れりやァ菰の上にも三貫というなァ昔からの譬」)(参照)→産の入り用は藁の上から三貫 落語:味噌蔵、位牌屋 講談:藪原検校

【子も踏まず枕も踏まず時鳥】こもふまずまくらもふまずほととぎす)(講談・柳生三代「お武家斯ういふ句があるが御承知か、子も踏まず枕も踏まず時鳥、何とお解りかな」)

【菰を着る】こもをきる)「薦を被る」こもをかぶる身となる。乞食になりさがる。(講談・西郷南洲「二人の乞食が劍菱男山の菰を着まして、汚ない手拭いを被つて」)

【子ゆえに迷う三悪道こゆえにまようさんあくどう)「三悪道衆生が自己の業によって到るべき地獄道、餓鬼道、畜生道三悪趣。三途。──【広辞苑四版】(落語・長崎の赤飯「てまえも一時は立腹いたし、世に申す、子ゆえに迷う三悪道」)

【子故の闇】こゆえのやみ)「人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな」 という藤原兼輔の有名な歌(「後撰和歌集」一一◯三)による。子を愛するあまり、親が思慮分別を失うこと。子に迷う闇。子を思う心の闇。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「子に迷わぬ親はなし」(講談・鰯屋騒動、落語・さら屋)とも。(落語・五段目「人の足音とぼとぼと、道は闇路に迷はねど、子故の闇につく杖も、直ぐなる心堅親爺」)落語:軒づけ 講談:梁川庄八、安中草三郎、鰯屋騒動

御用風を吹かせる】(ごようかぜをふかせる)(講談・安政三組盃「まさか御用風を吹かして、しばり上げてつれて来るわけにもいかない」、関東七人男「ややもするとお前さんは御用風を吹かせる」)

【これほど想うにもし添われずば わたしゃ出雲へ暴れ込む(実も宝の持ち腐れ)】(これほどおもうにもしそわれずばわたしゃいずもへあばれこむ・じつもたからのもちぐされ)都々逸。(落語・夢の酒「小唄の二つ三つもやってあとが都々逸、え? これほど想うにもし添われずば、わたしゃ出雲へ暴れ込む、唄い尻をぽォんとあげて、おれの顔をじィッと見てねェ」)落語:小言幸兵衛

【是れも一生、彼れも一生】これもいっしょう、あれもいっしょう)貧苦のうちに生涯を終えるのも人の一生であるし、栄華を極めて生活するのもまた同じ一生である。人間の生き方はさまざまであるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】編者注:「鋳掛松」の芝居(河竹黙阿弥作)の名セリフ。「あれも一生、これも一生、こいつぁ宗旨を変えずばなるめえ」。主人公が自分の浮かばれぬ暮らしと栄耀栄華を欲しいままにする人のそれを比較し、思い切って商売道具を川へ投げ捨てて盗賊となり、太く短く生きようと決意する際に使う。(講談・鋳掛松「アゝ羨やましいことだなア、是も一生、彼れも一生、鋳掛屋をして居ちやア所詮出来ねえ彼の栄耀」)

【転ばぬ先の杖】ころばぬさきのつえ)前に注意すれば、後に顛倒の患いなし。──【諺語大辞典】(講談・天保六花撰「此所に黒衣とあるは間違つて居るといふお叱りもありませうと存じますから転ばぬ先の杖一言申上て置きます」)《い》

【衣は骭に至り袖腕に至る】ころもはかんにいたりそでわんにいたる)(講談・柳生三代「然るに其頃兵兒の強がり連中は、所謂衣は骭に至り袖腕に至るの風俗で、白木綿の帯を一反も腰へグルグルと巻付け」)

【転んでも只は起きない】ころんでもただはおきない)「転ンデモ徒手ハ起キヌ」吝嗇強欲なる者を譏りていう。──【諺語大辞典】(落語・らくだ「吝嗇たつて大変な握り手で、転んでも只は起きないと云ふ風でございます」)

【恐い恐いと思えば(棕櫚)箒も鬼に見える】こわいこわいとおもえばほうきもおににみえる)【意味】。「恐いと思う時は株(くいぜ)も人に見える」びくびく恐れていると、木の切り株も人の姿に見える。──【故事俗信諺大辞典】(落語・おすわどん「怖い怖いと思うと棕櫚箒も幽霊に見えるという比喩の通り、何でも物は思いように依て其の通り見えたり聞えたりする、所謂神経でございます」)(同義)→枯れた尾花を幽霊と見る 落語:植木のお化け、米搗の幽霊 講談:清水次郎長相馬大作、小幡小平次

【強飯に胡麻塩】(こわめしにごましお)もともと強いものに、一層強さが増すものが加わることのたとえ。(講談・玉川上水の由来「そうですね、お赤飯の上に胡麻塩をふりまくようにしても、三百両は要るでしょうね」)

【子を思う親の心は四手籠暫し憩らう息杖もなし】こをおもうおやのこころはよつでかごしばしやすらういきづえもなし)作者未詳の道歌「子を思う親の重荷の四手駕籠しばしも休む息杖はなし」によるか。(講談・横谷珉貞「子を思ふ親の心は四手籠暫し憩らふ息杖もなし 親が子を思ふ情は又格別なもの、宗兵衛はうれしさうに吾家を指して歸つて參ります」)

【子を見ること親に如かず】こをみることおやにしかず)「子ヲ視ルハ親ニ如カズ」子の性行や能力について最もよく観察しその長所や短所を知っているのは親である。子を知るものは親。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・神崎与五郎子を見る事親に如かず、與左衛門が見抜いた通り、後に四十七士の中へ加はりました」)落語:滑稽義士 講談:伊達誠忠録、音羽丹七、太閤記、岩見重太郎、越後伝吉、西郷南洲赤穂義士本伝、大石内蔵助

【子を持って知る親の恩】こをもってしるおやのおん)孝養の心なきものも、子持ち手こそ親のこゝろざしは思い知るなれ。──【諺語大辞典】(落語・表札「子を持って知る親の恩、と申しますが、子の可愛いい、というのは、人間だけではありません」)

【こんこんちき】こんこんちき)こんこんとこんちきとの合成語。狐の異称。また、強調するため他の語につけていう。──【江戸語の辞典】(落語・佐々木政談「ええ、ええ。そんな事は訳なしのこんこんちきです」)

【今日様に申し訳ない】こんにちさまにもうしわけない)「今日様」お天道さま。太陽の尊敬称。──【江戸語の辞典】(落語・藁人形「この多額(たぶん)のお布施を頂戴するてえなァ、これァ今日様へも申し訳ねえんでございますが」)

権八ごんぱち食客。居候。隠語。白井権八が幡随院長兵衛の居候であったのでいう。──【江戸語の辞典】(落語・穴泥「おいらァなァ、こちらの出入りの鳶頭の家の権八で、向こう見ずの勝てぇ者だァ」)落語:船徳、大工調べ

【権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる(三度に一度は追わねばなるまい)】(ごんべえがたねまきゃからすがほじくる)俗謡の歌詞。農夫がまく種をすぐ鳥にほられるの意から、人が努力してすることを他が後からぶちこわしていくのをいう。また、つまらなく努力することのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・夏泥「権兵衛たって、いろンな権兵衛がありますからなァ。畑へ種を撒いて、烏にほじくられちまう権兵衛もある」)

【権兵衛蒟蒻辛労が利】ごんべえこんにゃくしんどがり)「シンドガ利」シンドは辛労の訛。骨折損ノクタビレモウケと同意。──【諺語大辞典】 蒟蒻屋の権兵衛という男が、採算度外視の商売をし、異様に繁昌した割にほとんど儲からなかったというのが由来、という。(落語・三十石「大阪の古い諺に『権兵衛こんにゃく辛労(しんど)が利』という言葉がある。なんの事かというと、東京(こちら)でいうと『骨折り損のくたぶれ儲』という諺がありますがそれと同じなんです」)落語:三十石夢の通い路

【婚礼に帰るもどるは忌み言葉】こんれいにかえるもどるはいみことば)か(落語・たらちね「婚礼に帰るもどるは忌言葉。いい加減でここを切り上げようというのさ」)(参照)→帰す帰るは船頭の忌言葉

 トップヘ

広告を非表示にする