読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【仕合わせよし】しあわせよし)馬の腹当てに「仕合」「吉」などと染め抜いた語。──【広辞苑四版】(講談・大岡政談お花友次郎「仕合わせよしと大膽にも喜内の寝て居る枕元へ徃つて兩手を突き」)

【思案煙草】しあんたばこ)(落語・夏の医者「思案煙草ちゅうことがあるで、お前、火打ち道具を持ってないかい。ちょっと火ィきり出してくれ」)

【思案投げ首】しあんなげくび)いくら思案してもよい考えが浮かばず首を傾けている様子。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・鎌倉星月夜「どうしたもんであろうかと思案投げ首」)落語:河村瑞賢

【塩断ち茶断ち】しおだちちゃだち)「塩断」神仏に願がけしてある期間、塩気のある飲食物口にせぬこと。──【江戸語の事典】 「茶断ち」は同様に茶を飲まないでいること。(講談・櫓銀杏「そればつかりが妾の願ひ、關取、妾や鹽斷ち茶斷ちして、お前さんの出世を祈つてをりますよ」)「茶断ち塩断ち」(落語:お茶くみ)

【塩花を振る】しおばなをふる)「塩花」不浄を清めるために、ふりまく塩。──【広辞苑四版】(講談・小金井小次郎「野郎へ鹽花を振つて遣れ、忌々しい奴だ」)

【塩焼きにしようが刺身に作ろうが】しおやきにしようがさしみにつくろうが)(講談・本所五人男「貴公の思召し次第に願ふと云つたぢやア無えか此上は鹽焼にして食はうが刺身に作ろうが勝手次第だ」)

【死骸は積んで山の如く、血は流れて川をなす】しがいはつんでやまのごとく、ちはながれてかわをなす)  「太平記」に似た表現 (「尸骸は積んで九原の如し」)がある。(講談・太閤記「こゝを先途と挑み戰へば、双方死骸は積んで山の如く、血は流れて川を爲す」)講談:三家三勇士、山中鹿之助、難波戦記冬合戦

【四海みな兄弟】しかいみなきょうだい)「四海兄弟(けいてい)」天下の人は皆兄弟のようなものであるの意。世の人々はすべて兄弟のように親しくし、愛しあうべきであるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「論語」顔淵編より。(落語・成田小僧「ねえさん、怒りッこなし怒りッこなし。四海みな兄弟だからね」)

【四角八面】しかくはちめん)あらゆる方面。四方八方。方々。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・山中鹿之助「縦横無尽に乗り廻り、四角八面に暴れ廻つた」)

【仕方なくなく】しかたなくなく)(講談・大名花屋「仕方なくなく近江屋の二階にと引き上げましたが」)講談:四谷怪談ほか

【鹿を逐う猟師山を見ず】しかをおうりょうしやまをみず)ある一つの事に熱中すると、他の事をかえりみる余裕がないことのたとえ。また利欲・色欲に迷う者は道理を忘れるというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(講談・笹野名槍伝「それから先は山から山と、鹿を追ふ獵師山を見ずの比喩」)《い》落語:宿屋仇 講談:金田屋お蘭、清水次郎長

【四貫相場に米八斗】しかんそうばにこめはっと徳川時代の米価の標準をいう。──【諺語大辞典】(落語・宿屋の富「江戸時代には、四貫相場に米八斗といって…。え? 四貫というと四十銭、四十銭で米が八斗買えたんで……いま聞くと、はッと思うくらいですねェ」)講談:茶碗屋敷

【閾が鴨居になる】しきいがかもいになる)「敷居が鴨居」(「鴨居」は敷居に対して上にある横木をいう)敷居が鴨居のように高く思われて越せない意で、不義理や不面目なことなどがあって、その人の家に行きにくいこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・文七元結「こう……ごぶさたしちまうッてえと、敷居が鴨居になっちまいやがって……」)落語:三軒茶屋文七元結、雁捕り 講談:夕立勘五郎 

【色欲両道に抜目ない】しきよくりょうどうにぬけめない)「色と欲との二筋道」を参照のこと。「〜に目がくらむ」(講談・安政三組盃)「色と欲とのふたりづれ」(落語・庖丁)などとも。(講談・音羽丹七「却々色慾両道に抜目のない惡漢で、此奴が豫ておとわに戀着して居りますから」)講談:関東七人男

【しくじる】しくじる)過失などによって解雇されたり、出入りを差し止められたりする。──【広辞苑四版】(講談・寺坂吉右衛門「若気の至りでシクジッタとか」)落語:錦の袈裟ほか

【四苦八苦の苦しみ】しくはっくのくるしみ仏教でいう、生・病・老・死の四苦と、愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・ 五陰盛苦の四苦を合わせた八苦から)非常な苦しみ。人間のあらゆる苦しみ。また、非常に苦しむこと。苦労すること。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・地獄八景「怖ろしいもんでんな。苦しいもんでっせ。そらも、四苦八苦の苦しみでナ……」)

【茂りやすい楊柳は秋の初風に堪えられぬ】しげりやすいようりゅうはあきのしょふうにたえられぬ)(講談・玉菊燈籠「茂り易い楊柳は秋の初風に堪へられぬたとへ、彌左衛門はふとした風邪で寝たのが因となり、だんだんと重い病氣と變つて」)

【地獄で仏】じごくでほとけ)「地獄で仏に会ったよう」の略。非常な危難に会ったり、大変困ったりしている時などに、思いがけない助けに会った喜びをたとえていう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・鰍沢「あァ、ありがたい、ほォ…“地獄で仏”ッてぇのは、これでございますね」)落語:蒟蒻問答 講談:水戸黄門清水次郎長、梁川庄八、太閤記、鋳掛松、鼠小僧次郎吉、相馬大作、岩見重太郎、妲己のお百、越後伝吉、小間物屋四郎兵衛、曽我物語

【地獄の沙汰も金次第】じごくのさたもかねしだい)地獄で受ける裁判も金を出せば有利になるというくらいだから、ましてこの世では、金さえあれば何事も思うがままだというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・朝友「地獄の沙汰も金次第、些とは持つて居るか」)《い》落語:竃幽霊、地獄八景、首屋、木火土金水 講談:大久保彦左衛門、木村長門守、天保六歌撰、渋川伴五郎、野狐三次、越後伝吉、獄門小僧、関東七人男、英一蝶ひもの便り

【しし食ったむくいはおそろしい】ししくったむくいはおそろしい)「しし食ったむくい」他人がしない ようなよいこと、自分だけがよい思いをしたからには、そのうめあわせとして当然受けなければならない悪いむくい。美食や快楽などの後に、そのはねかえりと して味わう苦痛。また、悪いことをしたむくい。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・猪買い「やッはは、やめとこ、猪食たむくいは恐ろしい、いうさかいなァ」)

獅子身中の虫しししんちゅうのむし)仏の教えの恩恵を受けながら、仏教に害を与える者。転じて、味方でありながら、内部からわざわいをもたらす者や恩を仇で返す者のたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・猿飛佐助「三代相恩の当家を捨て、他国へ奔る獅子身中の虫」)講談:猿飛佐助、由井正雪、三家三勇士、寛永御前試合、難波戦記冬合戦

【磁石よく鉄を吸い、悪は悪の友を呼ぶ】じしゃくよくてつをすい、あくはあくのともをよぶ)(実録・おこよ源三郎「磁石よく鐵を吸ひ、惡は惡の友を呼ぶ、是同氣相求むるの謂成んか」)

【四十九日の間は魂家の棟を去らぬ】しじゅうくにちのあいだはたましいやのむねをさらぬ)【意味】「四十九日までは魂が家の棟に居る」四十九日は、死者が次の生を得るまでの日数をいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 死者の魂はまだ迷っていて、自らの家の棟(屋根の最上部の水平部分をいう)に留まって去らないのである。(落語・樟脳玉「四十九日は屋の棟に魂がいますと申します。その魂がゆうべ出ましたよ」)落語:お見立て 講談:荒木又右衛門、祐天吉松

【四十五十にして聞えざれば、これまた畏るるに足らざるなり】しじゅうごじゅうにしてきこえざれば、これまたおそるるにたらざるなり)(講談・磯貝十郎左衛門四十五十にして、世の中に聞えざる者は畏るるに足らぬ孔子も申しております」)

【四十にて四谷を見たり花の春】しじゅうにてよつやをみたりはなのはる)編者注:正しくは「五十にて四谷をみたり花の春」(服部嵐雪)。講釈師の記憶違いか、あえて「四十」と「四谷」の語呂合わせにしてあるのか。(講談・和久半太夫「少し場末へ來ると實に淋しいもので、前にも申し上げましたが『四十にて、四谷を見たり花の春』」)

【四十二の二つ子は育たない】しじゅうにのふたつごはそだたない)「四十二の二つ子は一家一門に祟る」数え年で父親が四十二歳のとき二つになる男児(四十二に二を足すと四十四「死し」となるのを忌んでいる)は親を食い殺すことをはじめとして一家に不幸をもたらすという俗説。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・徳川天一坊「昔は四十二の二つ子といふものは育たないといふので、態々往來へ捨てたものださうです」)

【四十を越して親のあるのは幸運】しじゅうをこしておやのあるのはこううん)(講談・原惣右衛門「原様、人は四十を越して親のあるのは、この上もない好運だと申します」)

地震雷火事親父】じしんかみなりかじおやじ)世の中の恐ろしいものを順にならべたてたことば。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・太田道灌「私(わっち)の方なア、地震、雷、火事、親父。此は怖いものの四天王さ」)

【死すべき時に死なざれば却って恥多し】しすべきときにしなざればかえってはじおおし)(講談・太閤記「否々帯刀、汝の言葉もさる事ながら、死すべき時に死なざれば、却つて恥多しとは古人の金言」)

【死すも生きるも時の運】しすもいきるもときのうん)(講談・太閤記死すも生きるも時の運、武士は名をこそ惜しめ。いざ」)

【至誠天に通ず】しせいてんにつうず)まごころをもって事に当たれば、その気持ちは天に通じて、必ずよい結果をもたらす。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・赤穂四十七士伝「何しても之れは殿の御意に召さないのは未だ忠義が足りないのだ至誠天に通ずとやら己れに誠心があれば決して主君の御意に入らぬ筈はない」)

【死生命あり、富貴天にあり】しせいめいあり、ふうきてんにあり)「論語」顔淵編より。人の生死は天命によるもので、人の力ではどうすることもできない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 後半に続けて「牡丹餅は棚にあり」ともいう。(落語・そばの殿さま「死生命あり富貴天にあり、このそばをもって一命を捨てるもやはり忠死の一人でござろうがな」)

【死せし子の年を数うる】しせしこのとしをかぞえる)「死んだ子の年を数える」今さら言っても取り返しようのない過ぎ去った事の愚痴を言うたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・木村岡右衛門「いまさらかれこれ批判いたすは、死せし子の年を数うるに等しき愚なること」)

【地蔵の顔も三度】じぞうのかおもさんど)(柔和で慈悲深い地蔵菩薩も顔を何度もさかなでにされれば腹を立てるようになるということから)寛容な人でも、たびたび踏みつけにされると腹を立てるということ。「仏の顔も三度」ともいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・左甚五郎「いくら坊主だって地蔵の顔も三度ってえことがある」)落語:しめこみ 講談:幡随院長兵衛、音羽丹七

【舌三寸咽喉三寸】したさんずんのどさんずん)「喉三寸」美味を味わうのも、口から喉にかけてわずかの間で、飲み下してしまえば皆同じであるということ。(落語・三十石「昔からどんな美味えものを食っても『舌三寸咽喉三寸』という、六寸しか楽しめねえものを、おめえは幸せ者だ」)

【親しき仲にも礼儀あり】したしきなかにもれいぎあり)親しくすべきも狎るべからず。──【諺語大辞典】 「近しき仲にも~」とも。(落語・牛ほめ「おまえは他人の家を出し抜けに黙って開けるそうだが、そりゃあよくない。近しき仲にも礼儀あり」)落語:山崎屋、二十四孝、近眼の煮売屋、馬の田楽、三夫婦 講談:木村岡右衛門

【下地は好きなり御意はよし】したじはすきなりぎょいはよし)もともと好きなところへ、他からも好意をもってすすめられる。良い条件が重なって、非常につごうのよいこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・岩見重太郎「重太郎は、下地は好きなり御意はよし、よもやまの話しをしながら、愉快に盃のかずを重ねておりました」)講談:寛永三馬術、岩見重太郎、旗本五人男、祐天吉松、慶安太平記、越後伝吉、百猫伝、安政三組盃

【下っ腹に毛のない女】したっぱらにけのないおんな)「下腹に〜」とも。老狼は腹下に毛なしというより、老猾なる者に喩う。──【諺語大辞典】(落語・転宅「なかなか人間が摺れていて、下ッ腹に毛のない女だけに、その泥棒を色じかけにしたそうだが」)落語:札所の霊験、羽衣 講談:大岡政談お花友次郎

【下へも置かない待遇】したへもおかないもてなし)鄭重にもてなすこと。──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「と親娘が下へも置かぬ待遇に」)落語:三人無筆 講談:越後伝吉、小金井小次郎、岩見重太郎

【したみ】したみ)「したみ酒」の略。漏斗・升からしたたって溜まった酒。また盃の酒を他の器へあけたり、しずくを切って溜まった酒。──【江戸語の辞典】(落語・藁人形「私等が宅で平常飲みますのはたみ同様な酒で、頭へ上がりますが」)落語:二十四孝、和歌三神 講談:伊賀の水月

【七尺退がって師の影を踏まず】しちしゃくさがってしのかげをふまず)「三尺サガリテ」ともいう。──【諺語大辞典】、(七尺は約2メートル)「童子教」より。師に随行する時には、うしろからやや離れて、師の影も踏まぬようにして行くべきである。弟子は師を尊び敬っ て、どのような時にも礼を失するようなことがあってはならないということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「師の影は三尺退ってこれを踏まず」(講談・寛永御前試合)。(講談・倉橋伝助七尺退って師の影をふまずというほど自分を尊んでもいないのに」)落語:おせつ徳三郎〜刀屋 講談:三家三勇士、夕立勘五郎、寛永御前試合

【七尺の屏風は躍るともよも踰えじ、羅綾の袖は引けばなどか截(ちぎ)れざらん】しちしゃくのびょうぶはおどるともよもこえじ、らりょうのそではひけばなどかちぎれざらん)「史記」より。(講談・大石内蔵助「傍らの琴引寄せて、七尺の屏風は躍るともよも踰えじ羅稜の袂は引けばなどか截れざらんと彈ずる琴の音色」)

【七生までの勘当】しちしょうまでのかんどう)(「七生」は人界および天界に七度生まれ変わること。それ以後の生はないとされたところから転じて、未来永遠の意にもいう)七回の生の極限までの勘当。未来永遠にわたっての勘当。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永三馬術「亡き父に代わってこの母が七生までの勘当した」)講談:安政三組盃

【死地に入って生を得る】しちにはいってせいをえる) 「死中に活を求める」ことか。(講談・木村岡右衛門「ウンそうだ、死地に入って生を得るとはこの事、宮原の親類で目附を勤めおる間瀬久太夫の所へまいって手疵に治療をいたそう」)

【七人の子はなしても女に心許すな】しちにんのこはなしてもおんなにこころゆるすな) 「ななたりの~」とも読む。七人の子どもまでもうけた夫婦仲でも、女というものには気を許してはならない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「~肌(身)を許すな」とも言うが同じ意味。「七の子はなすとも女に心ゆるすな」と「毛吹草」にある。(講談・祐天吉松「アゝ、七人の子はなすとも女に心許すなといふのはこれだ」)落語:骨違い、閉込=しめこみ 講談:百猫伝、越後伝吉 実録:おこよ源三郎

【七年目七年目が浮き沈みの境目】しちねんめしちねんめがうきしずみのさかいめ)(講談・正直車夫「おっかあ、どうも不景気だなあ、ええ、年寄りの話にゃあ、七年目七年目が浮き沈みの境い目だてえことを聞いてるが」)

【七のずい】しちのずい)「七の図」(図は当字。正しくは椎)。尻の上部。腰の上端。──【江戸語の辞典】(講談・大岡政談お花友次郎「提灯を点けて、向こう鉢巻・尻七のずいまで引っからげ」)

【七里けっぱい】しちりけっぱいはなつまみ)「七里結界密教で、障魔を入れないために七里四方の所に境界を設けること。転じて、ある人や物事を忌み嫌って近づけないこと。遠ざけること。──【江戸語の辞典】 「ちちんぷいぷい七里けっぱい」=「まっぴらごめん」の意も。(講談・笹野名槍伝「されば大阪市中の者は七里けっぱい鼻摘み、厄病神のやうにして居ります」)

【尻腰の立つ】しっこしのたつ)「尻腰」「しりこし」の促音便。「腰」を強めるために「尻」を冠した 語。根気。気力。度胸。覇気。意気地。──【江戸語の辞典】 反対表現は「~のない」(講談「百万両宝の入船」などにみられる)。ただし「足腰」と 表記している速記もある。(落語・蔵前駕籠「おめンとこの若え衆にだって、尻腰の立つのァいるんだろう」)落語:お化け長屋、胴取り

【七転八倒】しってんばっとう)あちらにころげ、こちらにころげる。ころげまわる。苦痛にもだえのたうち苦しむさま。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「しちてんばっとう」とも読む。(落語・そば清「うちへ戻りましたが七転八倒の苦しみで、大変な思いをしました」=蛇含草)講談:小野寺十内

【十把一束】じっぱいっそく)「十把一絡げ」どれもこれもあまり価値のないものとして、多数を一まとめに扱うこと。また、何もかも一緒くたにして扱うこと。──【広辞苑四版】(講談・国定忠治「ヨーシ、藤蔵なんかを叩き斬つた處十把一束の人間だ」)

【シッペイ返し】しっぺいがえし)漢字では「竹箆返し」。竹箆は禅家にて人を打つ杖なり。人より悪しく仕向けられたることを、直にしかえしするをいう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「えらいシツペイ返しが來る」)

紫電一閃】しでんいっせん)とぎすました刀一ふり振る時にひらめく鋭い光。──【広辞苑四版】(講談・由井正雪「暗にも光る紫電一閃、サツと切込んで來る様子」)

【地頭のない所は、書いたものが口を利く】じとうのないところは、かいたものがくちをきく)「証文が物を言う」「証文が立つ」後日の証拠として書いておいた文書が役に立つ。証文が所期の効果を発揮する。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・お若伊之助「書いた者が口を利くと云ふが、乃公書いた者は当てに仕無いが」)落語:五光 講談:梅ヶ枝仙之助

指南番か葱南蛮か知らねえが】(しなんばんかねぎなんばんかしらねえが)(講談・清水次郎長「やかましいやいッ、指南番か、葱南蛮か知らねえが」、伊賀の水月「あれは指南番じゃァない、ネギ南蛮だ

【死人に口なし】しにんにくちなし)死人は証言も弁明もしない。死人を証人に立てたいが不可能で残念なとき、また死人に無実の罪を着せることで自分の罪を免れようとするときなどにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・伊達誠忠録「相果てし後は死人に口なし、甚だ困難であるな」)落語:皿屋、三人無筆 講談:笹野名槍伝、由井正雪相馬大作、加賀騒動

【死ぬ者の喉を乾かす】しぬものののどをかわかす) 「~の咽喉を絞る」(落語・豆屋)とも。(落語・梅若礼三郎「死ぬ者の喉をかわかせるというのはあの人のことでございます」)

【死ぬもの貧乏】しぬものびんぼう)「死ぬ者の貧乏籤」、「死ぬ者は損」死んだ者がい ちばんの損である。死んだ人は忘れられるだけであるし、死後のむごい仕打ちにも抗弁できない。生きていれば、どんなよい目に会わぬとも限らないのに、死ん でしまってはおしまいである。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・お茶汲み「だんだん考えてみると、死んだ人はもう帰って来ない。“死ぬ者貧乏”で、いくら苦労ばかりしてたって仕様がないから」)落語:三年目 講談:勝田新左衛門、祐天吉松、小間物屋四郎兵衛、関東七人男

【師の恩は須弥よりも高く蒼海よりも深し】しのおんはしゅみよりもたかくうみよりもふかし)(講談・三家三勇士「師の恩は須彌よりも高く、蒼海(うみ)よりも深し。いかにもして師の恥辱を雪がんと、命を賭してのお身の通し矢」)

【鎬を削り鍔を割り必死の働き】しのぎをけずりつばをわりひっしのはたらき)「鎬ヲ削ル」刀背に高く聳えたる筋を鎬という。烈しく争う意。──【諺語大辞典】、「鍔を割る」激しい戦いで刀の鍔が割れる。必死に戦うことをいう。鎬を削る。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・勝田新左衛門「それも其の筈、血を分けた父が、吉良の屋敷へ乗り込んで、鎬を削り、鍔を割り、必死の働きをする晩でございますから、親身の寝苦しいのは當然でございます」)赤穂四十七士

【四の五のぬかす】しのごのぬかす)「四の五の」賽賭博から出た言葉であろう。「〜言う」にかかり、なんのかの。ぐずぐず。うるさく抗議・不平など言うさま。──【江戸語の辞典】(講談・鈴木重八「四の五の吐かさずキリキリ出しやがれ」)

【芝居蒟蒻芋蛸南瓜】しばいこんにゃくいもたこなんきん)「女ノ好キハ芝居蒟蒻芋南瓜」──【諺語大辞典】(落語・狸の賽「女の好きなもんはちゅうたら、芝居、こんにゃく、いも、タコ、南瓜、とこない言うた、こらみな安い」)落語:親子茶屋

【死は一旦にして得易く、生は万代に得難し】しはいったんにしてえやすく、しょうはばんだいにえがたし)「死ハ一旦ニシテ易シ司馬遷の「人固有一死、死或重泰山、或軽於鴻毛」に基づきしならん。──【諺語大辞典】(講談・吉良屋敷替え「ともかく当方より沙汰いたすまで、切腹は慎しめよ。死は一旦にして易く生は難きもの」)落語:吉野狐 講談:安宅勧進帳、三家三勇士、赤穂四十七士伝、西郷南洲

【(武)士は己を知る人のために命を捨てる】しはおのれをしるもののためにいのちをすてる)男子は自分の真価を知って待遇してくれる人のためには身命をなげうって尽くす。──【故事俗信ことわざ大辞典】史記「刺客列伝」に見られる古いことわざ。晋の予譲の「士は己を知る者の為に死し、女は己を悦ぶ者の為にかたちづくる」というセリフから。(講談・小林平八郎「士は己れを知る者のために死す。イザ討入りというその時は、命を的の真剣勝負、十分手並を見せた上、いさぎよく討死せんものと覚悟を決めて、吉良方の附人となりました」)講談:赤穂義士本伝、堀部安兵衛、加賀騒動

【駟馬の舌は今更及ばない】しばのしたはいまさらおよばない)「駟も舌に及ばず」一度口外したことばは、四頭立ての馬車で追いかけてもとりかえしがつかない。ことばは慎むべきである、ということ。(「駟馬」は「しめ」とも読む)。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・梁川庄八「あんまり頼み方が早過ぎたと思つたが、駟馬の舌は今更及ばない」)

【死は易く生難い】しはやすくしょうはかたい)苦しみを逃れるために死ぬことは容易であるが、その苦しみに耐えて生きぬくことはむずかしい。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記死ぬるは易く生きるは難い。五右衛門は井戸の中へ這入り、首だけ出して隠れてゐました」)落語:松引き

【シビが入る】しびがはいる) 「ヒビ(亀裂=ひびたけも同意か)が入る」の訛りか。(講談・安政三組盃「身体にシビを入れていながら」)

【慈悲の目に憎しと思う人はなし罪ある身こそなお不憫なれ】じひのめににくしとおもうひとはなしつみあるひみこそなおふびんなれ)(講談・夕立勘五郎「イヤお前は剛いもんだ、慈悲の目に憎しと思ふ人はなし罪ある身こそ尚不便なれ、私は實にお前には感心した」)

【四百四病の外】しひゃくしびょうのほか)恋の病をいう。恋わずらい。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・雪とん「所で昔から四百四病の外としてありますのが恋病、今ではトンと此の恋煩などする者はございません」)

【四百四病の病より貧ほど辛いものはない】しひゃくしびょうのやまいよりひんほどつらいものはない)「四百四病より貧の苦しみ」どんな病気よりも人間にとって貧乏が一番つらいということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「四百四びやうよりひんのくるしみ」とある。(講談・寛永三馬術「假令自分は元どうあらうとも、下世話に申す四百四病の病より、貧程辛いものはない」)落語:万病円

【渋皮の剥けた】しぶかわのむけた)女性があかぬけして美しくなる。また物事になれてたくみになる。(落語・三十石「渋皮の剥けた女がいるところじゃァ、ここで昼食を使おうッてやがら……」)落語:算段の平兵衛、庖丁、不動坊火焔 講談:小金井小次郎

【自分の頭の蝿も追えないくせに】じぶんのあたまのはえもおえないくせに)「頭ノ上ノ蝿モ追ワレヌ」自己一身の始末をだに為す能わず。──諺語大辞典(落語・らくだ「あたくしなんぞもおふくろによくいわれるんで、へえ、自分の頭の蝿も追えねえくせに、他人の世話どころじゃないッ、なんて」)落語:唐茄子屋

【自分のうちにいたものは三日飼った猫でもかわいい】じぶんのうちにいたものはみっかかったねこでもかわいい)(講談・清水次郎長自分のうちにおりました者は、あなたの前だが、三日飼った猫でも可愛いものでございます」)

【地べたを掘っても三文の銭は出ない】じべたをほってもさんもんのぜにはでない)(落語・鼠穴「しかし、地びたァ掘っても三文の銭ァ出ねえちいたとえがある、これであきねえぶてねえことねえ」)落語:真田小僧 講談:国定忠治

【四方に使いして君命を恥ずかしめず】しほう〔よも〕につかいしてくんめいをはずかしめず)「君命ヲ辱シメズ」主君の命をうけ使者となりて、其職務を全くすること。「論語」の「使于四方、不辱君命」より。──【諺語大辞典】(講談・木村長門守「四方に使して君命を恥かしめずとは、實に此人の事で御座います」)講談:岩見重太郎

【四民の源上に立ち、三民の上席を穢す】しみんのみなかみにたち、さんみんのじょうせきをけがす)(落語・妾馬「士農工商という、四民のみなかみに立ち、三民の上席を汚すなんという、たいへんやかましいことをいいまして」)

【占子の兎】しめこのうさぎ)「占子」占めるのしゃれ。手に入れること。わが物にすること。「〜の 兎」は感動詞として「しめた」「うまくやった」の意に用いる。由来は兎肉の吸物とも、兎を飼う箱ともいうが不詳。──【江戸語の辞典】(落語・粟田口「六百だよォ、ねえ駕籠賃が。それィ二分くれるんてんだ――いい客だねェ。『こいつァしめこの兎』と飛上って俺は」)落語:浮世床

【下より上に通ずる噂の種】しもよりかみにつうじるうわさのたね)(講談・両越大評定「下より上に通ずる噂の種、お側にはべる佞奸の輩、傲岸不遜の忠直公へ對して、この事を申し上げる」)

【洒蛙つく】しゃあつく)「つく」は接尾語。あつかましい人を罵っていう語。恥知らず。──【江戸語の辞典】 「鉄面皮な」で「しゃあつくな」と読ませる。(落語・三枚起請「幾らアンナ洒蛙つくでもマゴマゴするだろう」)

【釈迦といふ悪戯者が世に出でて多くの者を惑わするなり】しゃかといういたずらものがよにいでておおくのものをまどわするなり) 「~惑わするかな」とも。一休禅師の道歌であるという。(落語・万金丹「お互に此処へ来て斯うやつてるのも 阿弥陀様の御利益だ。なア釈迦といふ悪戯者が世に出でて、多くの人を迷はするなりだ」)落語:真景累ヶ淵

【釈迦に説法】しゃかにせっぽう)釈迦に対して仏法を説くように、知り尽くしている人に教えるおりかさをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「釈迦に経」ともいう。「~百も合点二百も承知」と続く。(講談・猿飛佐助「ハッハハハハ、左様なことは釈迦に説法」)落語:花瓶、よかちょろ 講談:柳生三代

【弱よく剛を制す】じゃくよくごうをせいす)「柔よく剛を制す」しなやかなものが、かたいものの鋒先をそらして、結局勝つことになる。柔弱なものが、かえって剛強なものに勝つ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・安政三組盃「ふと胸に浮んだのは『弱よく強を制す』ということば忽ち雪洞に灯をうつして居間をでて」)

【車軸と降る雨】しゃじくとふるあめ)「車軸ノ如シ」大雨の降る形容。車軸ヲ流ス如シともいう。──【諺語大辞典】(講談・祐天吉松「夕景から降り出しました雨は車軸を流すやうドーツドーツ」)講談:曾我の紋づくし、祐天吉松、安中草三郎

【借金質に置いても見物に行く】しゃっきんしちにおいてもけんぶつにいく)どんな犠牲を払っても、どんな工面をしてでも。あることを、なんとか実現したいという気持ちを、おもしろく言ったもの。(講談・幡随院長兵衛「何しろそりア豪氣だ、借金質に置いても見物に行かなきア居られねえ」)

【蛇の道は蛇】じゃのみちはへび)「~ガ知ル」大蛇の通る道筋は、小蛇よく之を察知すとの義にて、物各専門の知識あるをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「じやのみちはへびがしる」とある。(落語・百川「そりやア蛇の道は蛇だア、銚子をかへやう」)落語:文違い、王子の幇間、菊江仏壇、猫定、駱駝の友達 講談:清水次郎長俵星玄蕃、三家三勇士、笹川繁蔵、傑僧担山、安中草三郎、関東七人男、明智三羽烏天明白浪〜八百蔵吉、越後伝吉、小幡小平次

【蛇は寸にして其の気を顕す】(人を呑む、虎は生まれながらにして牛を食らう)(じゃはすんにしてそのきをあらわす)(蛇は一寸ほどの小さな時からすでに、人を呑もうという気迫があるという意から)すぐれた人物が幼少の頃から他と異なる素質を示すたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・子ほめ「蛇は寸にして人を呑む、どうか斯う云うお子さんに肖かりとうございます」)講談:伊達誠忠録、宮本武蔵、両越大評定、太閤記相馬大作、慶安太平記、寛永御前試合、赤穂四十七士伝、富蔵藤十郎

【邪は正に勝たず】じゃはせいにかたず)よこしまなものは、一時は栄えても、結局正しいものに勝つことはできない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・湖水乗切り「時に天正の十六年六月の十三日、邪は正に勝たずのたとえ、ものゝ見事に、光秀方の敗けいくさとは相成ります」)講談:水戸黄門、徳川天一坊、梅ヶ枝仙之助、猿飛佐助、三家三勇士、岩見重太郎、妲己のお百

【沙弥から長老】しゃみからちょうろう)「沙弥カラ長老ニハナラレヌ」順序を踏まずしては上位に至りがたきをいう。[世話尽]──【諺語大辞典】(講談・夕立勘五郎:「夫りやア隨分と己れも可愛がらねえ事もねえが沙彌から長老だ、段々に出世をするだらうが、マアマア夫れまでは我慢をして、穏やかにするが宜い」)講談:三家三勇士、明智三羽烏

【ジャンジャン】じゃんじゃん)すべての事のよからぬかたにて、それぎりに畢るを、「もはやぢゃんぢゃん」などいう。──【諺語大辞典】(講談・淺妻船「この鹽梅ぢやア、ジヤンジヤンでもなけりやア宜うがすな」)

【主親は無理を言うもの(、泣く子と地頭には叶わぬ)】しゅうおやはむりをいうもの)「主ト親ニハ勝タレヌ」主人と親には従順なるべし。「主人ト親トハ無理ナルモノト思へ」[水戸西山公十ヶ条壁書]──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「さぁ大変なことになった。しかし主親は無理をいうもの」)講談:塚原ト伝

【十月の小六月】じゅうがつのころくがつ)(「小六月」は「小春日和」に同じ)「十月の小春」陰暦十月の春のように暖かい日和。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・柳生三代「俗に十月の小六月と申してポカポカ暖かく、旅行でもするには屈竟な時候」)講談:大石東下り

【十月の中の十日に心なき者を使うな】じゅうがつのなかのとうかにこころなきものをつかうな) 四月十五日は日の長き時、十月十五日は日の短き時なればなり。──【諺語大辞典】「四月の中の十日に心なき者に雇わるな」(四月は日が長いため、余計に働かされる)ともいう。(実録・大岡政談後藤半四郎「やれや れ日の短かひ事だ十月の中の十日に心なしの者を遣ふなとハ能云しものだ」)

【十五、六というところが一寸人間の変わりどころ】じゅうご、ろくというところがちょっとにんげんのかわりどころ)(落語・代脈「さて男女ともに十五六と云う処が一寸人間の変り時で…」)

【十三夜に曇りなし】じゅうさんやにくもりなし)(「十三夜」は陰暦九月十三日の夜。仲秋についで月のよい夜とされた)十三夜は曇りになることが少なく、月が美しく見られることが多いということ(天気俚諺)──【故事俗信ことわざ大辞典】。(講談・忠僕直助「よく人の申す十三夜に曇りなしなどというが、どうも十五夜はいつも雲が邪魔をしていかぬが」)

【十字の尻が曲がる】じゅうじのしりがまがる)(落語・蚊いくさ「イエ其の蚊帳が……十字の尻が曲って居るので」)

【主と病には勝たれない】しゅうとやまいにはかたれない) 「主親は無理を言うもの」参照のこと。 「毛吹草」にもある。(落語・夢の瀬川「やりますよ、主と病にゃァ勝たれねえ」)講談:幡随院長兵衛

【十人寄れば気は十色】じゅうにんよればきはといろ)「十人十色」人おのおの好む所、思う所を異にするをいう。──(諺語大辞典)「十人寄れば十腹」(落語・高津の富)という表現もある。(落語・酢豆腐「ェェ、十人十色なんてェことを言いますが、百人が百人、みな、お顔貌が変わっております。それに基いてお気性(きやい)てェものが変わりまして……」)落語:饅頭こわい、狂歌家主、支那そば屋、墓見ほか

【十年一昔】じゅうねんひとむかし「十年経テバ一昔」ともいう。十年にして時代の変遷、一期を画すべきをいう。──【諺語大辞典】(講談・太閤記十年が一と昔、わが家がわからンとは困った」)

十両盗めば死罪】じゅうりょうぬすめばしざい)(落語・転宅「昔ァこの…十両盗んだだけで首を切(と)られたというんですからねえ」)落語:紺屋高尾、講談:汐留の蜆売り、寛永三馬術

【十六七の後前見ず】じゅうろくしちのあとさきみず)「後前見ず」無分別にて前後の思慮なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・鼠小僧次郎吉「どういう訳といわずと知れた十六七の後前見ず、無分別の浮気から、思い合った情夫(おとこ)に連れ出され、その情夫のために苦労をして」)

【宗論はどちら負けても釈迦の恥】しゅうろんはどちらまけてもしゃかのはじ)「宗旨の争い釈迦の恥」仏教の宗旨あらそいは、どの宗派も同じ釈迦を開祖と仰いでいるのだから、結局は釈迦の恥になる。宗旨争いをあざけっていう。釈迦に宗旨なし。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・法華長屋「宗論は何方が負けても釈迦の耻……能く我々共が問答の御噺を致しますが」)落語:宗論、血脈

【主家の不祥が身の不祥】しゅ〔う〕かのふしょうがみのふしょう)(講談・富森助右衛門「其方(そち)とは縁あつて夫 婦に相成つたが、主家の不祥が身の不祥」)講談:間十次郎、赤垣源蔵、勝田新左衛門、小山田庄左衛門、祐天吉松、伊賀の水月大高源五

【樹下石上を宿とする】じゅげせきじょうをやどとする)(落語・万金丹「樹下石上を宿となし、艱難辛苦をなめた坊さんではない」)講談:宮本武蔵〜熱湯風呂の計略

儒者太宰相撲雷電武士真田蕎麦に月見に一茶御陀仏】じゅしゃだざいすもうらいでんぶしさなだそばにつきみにいっさみだぶつ)(講談・寛政力士伝〜雷電初土俵

【主従は三世】しゅ〔う〕じゅうはさんぜ)主人と家来の関係は、現在はもとより過去・未来にも深い因縁がある。「親子は一世」「夫婦は二世」に対して言う。三世の縁。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・安中草三「主従は三世の縁だから、親に孝行しようと思うと主人に忠義がつくせない、親はないものだと思って、主人のためなら生命もいらぬぞ忠義ィつくせ」)落語:安中草三

【主は主たらずとも臣は臣たる道の行い】しゅしゅたらずともしんはしんたるみちのおこない) 「君君たらずといえども臣臣たらざるべからず」によるか。(講談・湖水乗切り「主、主たらずとも臣は臣の道をつくすのが武道の教えと存じ奉ります」)講談:梁川庄八

衆生済度】しゅじょうさいど)仏・菩薩が衆生を迷いの苦海から救済し、彼岸に度(わた)すこと。人々を救って悟りを得させること。──【広辞苑四版】(講談・妲妃のお百「手前は袈裟や法衣を着やがつて、衆生済度とか人を助けるが出家の役だとか何とかといつてゐやがる」)講談:大名花屋

【十歳未満は法を以て論ぜず】じゅっさいみまんはほうをもってろんぜず)(講談・国定忠治「イヤ、承知いたしました、十才未満は法を以て論ぜずといふ掟もある」)

【術ない】じゅつない)苦しい。せつない。──【江戸語の辞典】「術ナキ時ノ神ダノミ」=「苦しい時の〜」に同じ。──【諺語大辞典】(講談・難波戦記「アゝアー、アゝ術ない」)

【出藍の誉れ】しゅつらんのほまれ) 「青は藍より出でて藍より青い」を参照のこと。(講談・天保六花撰「ところが世の中によくある出藍の誉れというやつで、宗俊が直次郎以上に智恵と胆力がすわっているから」)

【朱に交われば赤くなる】しゅにまじわればあかくなる)人はその環境によって善にも悪にもなるというたとえ。交際する仲間によって人は感化されるものであるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・越後伝吉「朱に交はれば赤くなる、塵も積れば山となるとか申しまして」)講談:徳川天一坊、新門辰五郎相馬大作、重の井子別れ

【主辱めを受ける時は臣死す】しゅはずかしめをうけるときはしんしす)「君辱めを受ける時は臣死す」に同じ。(講談・忠僕直助「この間旦那さまが、本を読んでお出でなされたのを、裏庭で聞いていた、主恥しめを受ける時は臣死す、と仰しゃった」)講談:幡随院長兵衛、加賀騒動、安中草三郎

【主命黙し難し】しゅめいもだしがたし)「君命黙し難し」主君の命令にはそむくわけにゆかない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永三馬術など)(講談・三家三勇士「こういう厳命、双方の張合いになってみると、主命もだし難、こゝで通し矢の技くらべということに相成りました」)落語:そばの殿さま 講談:塚原ト伝、三家三勇士、徳川天一坊、山中鹿之助

じゅんさいのような青筋】(じゅんさいのようなあおすじ)(落語・たがや「馬上のおさむらい、性来かんぺきの人とみえまして、ひたいのところィぴぴッぴッ、じゅんさいのような青筋が出てきました」)講談:小猿七之助

淳和奨学両院の別当源氏の長者征夷大将軍】(じゅんなしょうがくりょういんのべっとうげんじのちょうじゃせいいたいしょうぐん)(講談・寛永三馬術「君は淳和奨学両院の別当源氏の長者征夷大将軍という御大切なる御身をもって、かく軽々しくことを遊ばされ」、寛永御前試合「元和九年八月九日征夷大将軍淳和奨学両院の別当源氏の長者となられた」)

【春風秋雨十八年】しゅんぷうしゅううじゅうはちねん)「桜花咲き誇りたるを見ては春を知り、妻恋う鹿の鳴く音を聞いて秋を知り、春風秋雨夢の間に巡りて早◯年」を参照のこと。春秋の季節があっという間に流れて十八年の月日がが経過した、ということ。(講談・荒木又右衛門「曾我十郎、五郎の兄弟が春風秋雨十八年、千辛萬苦の甲斐あつて」)

【駿馬痴漢を乗せて走る】しゅんめちかんをのせてはしる) 「〜、美人醜夫を伴う」と 続く。(痴漢(ちかん)は「愚かな男」)つり合った、ふさわしい相手にめぐりあえないこと。特に美人がつまらない男と結婚すること。──【故事俗信ことわ ざ大辞典】、君臣夫婦などの相遭遇しがたきに喩う。──【諺語大辞典】(講談・伊達誠忠録「萬手姫は玉を攫まうと思つて、糞を攫んで了つたと同じ事、駿馬癡漢を乗せて走ると言ふ譬へ」)講談:木村長門

【順を以て逆を倒す】じゅんをもってぎゃくをたおす)「順逆」順序が正しいことと逆であること。道理にかなうこととかなわないこと。──【広辞苑四版】(講談・夕立勘五郎「大庭さんのいふ通り、順を以て逆を倒すに何んの差支へもねえ」)

【上意は風のごとく(、駿馬もこれを逐うこと能わず、)綸言汗のごとし、出でて再び復らず】じょういはかぜのごとく、しゅんめもこれをおうことあたわず、りんげんあせのごとし、いでてふたたびかえらず)「上意ハ風ノ如シ」 為政者の意は、下人民に加わること、風の草を靡かす如し。──【諺語大辞典】、「綸言汗の如し」君主のことばは、一度出た汗が再び体内に戻らないように、一度口から出たら、取り消すことができない。──【故事俗信ことわざ大辞典】「駟も舌に及ばず」と「論語」にある。「大丈夫の一言は駟馬(しめ)も走らず」という諺も。(講談・ 寛永三馬術「今更引くに引かれず、能く昔から申します、上意は風の如く綸言汗の如し、出でて再び復らず、斯ういふ高貴な御方の言出したことは後へ引くことが出來ないものでございます」)

鍾馗も鬼も西の海】しょうきもおにもにしのうみ)「正気(しょうき)」のシャレ。「西の海」は厄払いの文句の末尾につくことば。災厄を追い込む冥界は西の海にあると考えられた──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・二度目の清書「酒はさめた、ずんど正気、鍾馗も鬼も西の海、刀にかけて惚れた高窓、嘘はいわぬ大真実」)

【昭君胡地に嫁するの嘆き】しょうくんこちにかするのなげき)(講談・金田屋お蘭「古い譬への昭君胡地に嫁するの歎き、忠義の爲とは言ひながら、お雛は吉良の側室となりまして」)

【上根と器用と好きと三つのうち好きこそ物の上手なりけり】じょうこんときようとすきとみつのうちすきこそもののじょうずなりけり)「好きこそ物の上手 」何事も、好きだとそれを熱心にやるから上達するものだ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「上根」すぐれた素質・能力。また根気の良いこと(広辞苑四版。仏教では「才能があること」であるらしい)。(講談・横谷珉貞「宗眠は氣が狂ひはしないよ。斯う云ふ 歌がある 上根と器用と好きと三つの中好きこそ物の上手なりけり」)

【正直過ぎると馬鹿のうち】しょうじきすぎるとばかのうち)「馬鹿は阿呆の異名」折につけての融通のきかない正直は実は愚か者のすることである。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「アハゝゝゝ妙な事を尋ねるではないか、余り正直過ぎると馬鹿のうちだといふぜ」)

【正直の頭に神やどる】しょうじきのこうべにかみやどる)正直な人には必ずいつかは神の助けがある、神は正直の頭に宿る。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・永代橋「それがためにあっしは命が助かってこうして紙入れは元の通り、ちゃんと戻(けえ)ってくるなんてェのは、正直の頭に神宿るとは……はぁ、よう言うたものじゃなァ……」)落語:富久、正直 講談:伊賀の水月、鼠小僧次郎吉、越後伝吉、旗本五人男、菅源助、正直車夫

【正直は人の宝】しょうじきはひとのたから)「正直は一生の宝」正直であるということは、一生を通じて心にかけなければならない宝のように大切なものである。また、また正直はだれにでもほこれる財産であるの意。──【故事俗信ことわざ大辞典】「〜国の宝」(講談・水戸黄門)とも。(講談・清水次郎長「手めぇぐれぇ正直な奴はねえと小言を言われようとは思わなかった。正直は人の宝と云わァ、まぬけめ」)落語:稲荷俥

盛者必滅会者定離】(じょうしゃひつめつ・えしゃじょうり)→「会うは別れの始め」と同義。(落語・野ざらし)
 
【少々おそまき唐辛子、すまないの次郎丹治直実】しょうしょうおそまきとうがらし、すまないのじろうたんじなおざね)(落語・雪の瀬川「それに気がついたというのはもう少々、おそまき唐辛子。お前にはすまないの次郎、丹次直実」=夢の瀬川)

【生々世々】しょうじょうせぜ)生まれかわり死にかわりして世を経る意。現世も後世も。永劫。──【広辞苑四版】(講談・赤穂四十七士伝「『若し此儘に御勘免下されば生々世々御恩はわすれません』と疊へ頭を摺つけて詫をいたしますので」)落語:千早ぶる 講談:梁川庄八、清水次郎長、小金井小次郎、寛永三馬術、伊賀の水月

【小事を忍ばざれば大事成らず】しょうじをしのばざればだいじならず)「大事の前の小事」を参照のこと。(講談・由井正雪小事を忍ばざれば大事なしということもあるによって、どうか今日のところは勘弁してやってくれ」)

【小人閑居して不善をなす】しょうじんかんきょしてふぜんをなす)小人は暇でいると、とかくよくないことをしでかす。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・氏子中「エエ、小人閑居して不善をなすとか申しまして、どうも中等より下等社会というものは困ってまいりますとよい考えが出ないもんでげして」)落語:樟脳玉 講談:鼠小僧次郎吉

【小人罪なし玉を抱きて罪あり】しょうじんつみなしたまをいだきてつみあり)どんなに不徳と見られる小人物であろうとも生まれながらに罪人としてあったのではない。璧玉などの身分不相応な財宝を手にしたことから起こる欲望が罪に走らせるのだ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「匹夫罪なし~」(「春秋左伝」による)とも。(落語・もう半分「小人罪なし玉を抱いて罪ありと申しまして、酒屋の夫婦は、金を見たので急に悪心を起して、爺の忘れて行つた風呂敷包みを、戸棚の中へ隠しました」)講談:徳川天一坊、鼠小僧次郎吉、旗本五人男、祐天吉松

【小人は利のあるところに集まる】しょうじんはりのあるところにあつまる)(講談・赤穂義士本伝「小人は利のある所へ集るとか申すが、結局あれもそういう男であったか」)

【上手にも下手にも村の一人医者】じょうずにもへたにもむらのひとりいしゃ)(落語・夏の医者「上手にも下手にも村の一人医者 なんという川柳がありますが……これはもう、こういう処でわずらった病人というものは、まことに哀れなもので……」)

【上手の手から水が漏る】じょうずのてからみずがもる)巧者の時に仕損じあるをいう。──【諺語大辞典】(落語・双蝶々「もしひょっとして上手の手から水が洩る、万一仕損じはあるまいかとと、もういても立ってもいられぬ思い」)《い》落語:片袖、ぢぐち 講談:三家三勇士

【聳然として天を摩するの大山一日にして成らず】しょうぜんとしててんをまするのたいざんいちにちにしてならず)(講談・浜野矩随「聳然として天を摩するの泰山、一日にして成らず。名工矩随の陰にはこのような尊い母親の力があったのでございまする」)

【冗談から駒が出る】じょうだんからこまがでる)「瓢箪から駒が出る」の洒落か。(講談・安政三組盃「冗談から駒が出るということがありますが、ほんとうでしょうか」)講談:関東七人男

【小敵と雖も侮らず】しょうてきといえどもあなどらず)相手が小敵であるからと見くびっては行けない。相手を軽んずる心の油断が大きな損害を蒙ることになるという戒め。──【故事俗信ことわざ大辞典】「大敵と観て恐れず」に続く文句。(講談・国定忠治「待てよ、侮つてはいけない、小敵と雖も侮らずといふ事がある」)

【小児は白き糸のごとし】しょうにはしろきいとのごとし)「幼子は白き糸の如し」(白い糸はどんな色にも染まることから)幼い子供の躾が大切であることをいうたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・真田小僧小児は白き糸のごとく、染めようによってどうにでもなるという」)落語:双蝶々、安産、初天神ほか

【少年老い易し、一日再びあしたなり難し】しょうねんおいやすし、いちじつふたたびあしたなりがたし)若い若いと 思っているうちにすぐ年をとってしまうものだが、志す学問は遅々として進まない。年月は移りやすいので、寸暇を惜しんで学問に勉め励むがよい、──【故事 俗信ことわざ大辞典】一日に朝は二回来ないのであるから、ということ。(講談・安政三組盃「こりゃァ学問の力です、少年老い易し、一日再び晨なり難し、なんでも寸陰を惜しんで学問はしなければなりませぬ」)

【小の虫を殺して大の虫を生かす】しょうのむしをころしてだいのむしをいかす)小さな事は犠牲にして、大きな事を守る。重要な物事のためには、小さな事を犠牲にする。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・腹切魚=中村勘助「今申した通り、大の虫を生かして小の虫を殺さねばならんのだ」)講談:本所五人男、幡随院長兵衛

商売往来にない稼業】(しょうばいおうらいにないかぎょう)世間から認められていない商売。正業でない商売。どろぼう、すりなどの類。──【故事俗信ことわざ大辞典】編者注:博徒アウトローもこういう。(講談・関東七人男「そんなものじゃねぇ。商売往来にない稼業だ」)

【商売は道に依て賢し】しょうばいはみちによってかしこし)商売人はそれぞれ専門とする分野にはよく通じているものだということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」には「せい(性)はみちによりてかしこし」とある。(落語・御盆「商売は道に依て賢しと能く言ひ伝へます」)講談:無筆の出世

【商売身敵】しょうばいみがたき)「商売忌み敵」とも。同じ品を扱う者同士は、同業者として仲間ではあるが、利潤に関しては競争者となるということ。「傍輩笑み敵」(ほうばいえみがたき・同僚同士、表向き仲が良くとも内心妬みあうもの、の意)の洒落。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・玉菊燈籠「其の仕事の一條から商賣身敵といふ譬同じ郡山に住んで居りました、大工の棟梁利八といふ者との間に葛藤を生じ」)

【賞は下より罰は上より】しょうはしもよりばつはかみより)(講談・田宮坊太郎「恐れながら申上げます。總じて賞は下より罰は上よりと申す通り、假令安藤帯刀の甥なればとて、斯かる大罪を犯せしもの、百日の閉門にて御差許しとは」)

【賞罰正しからずんば家倒れ、国は乱る】しょうばつただしからずんばいえたおれ、くにはみだる)(講談・笹野名槍伝「賞罰正しからずんば國は亂れ、家は倒るの諺、假令計略にかかつたにもせよ、笹野權三郎といへる者、若殿の行列へ切込み、數名の者を切倒しました罪は許す事は出來ませぬ」)講談:寛永三馬術

【勝負は時の運】しょうぶはときのうん)勝負はその時その時の運・不運によるもので、必ずしも実力によるとは限らない。──【故事俗信ことわざ大辞典】相撲では「一番取りは時の運」(講談・夕立勘五郎)などという。(講談・寛政力士伝「勝負は時の運といふこともございます。今から注文を附けて置いても、どう變らぬといふ限りもございませぬ」)落語:高田の馬場、相撲の蚊帳、真景累ヶ淵 講談:伊賀の水月、荒木又右衛門、猿飛佐助、鼠小僧次郎吉、幡随院長兵衛、由井正雪、湖水乗切り、西郷南洲宮本武蔵、寛永御前試合

【小便一町、糞八町】しょうべんいっちょう、くそはっちょう)「小便一町糞一里」旅中大小便のために後るゝ道程をいう。──【諺語大辞典】(落語・紀州飛脚「小便をもよおしてきたがな。小便一町、糞八町ちゅう言葉があるねん」)

【正法に不思議なし】しょうほうにふしぎなし)正しい法門(宗教)には不思議な利益などということはない。奇特や不思議があるとすればそれは邪法(邪教)だということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・大工調べ「行つて貰つて来い、正法に不思議なしだ、日延猶予はならねえんだ、早く行つて取つて来い」)講談:岩見重太郎

【証文の出し遅れ】しょうもんのだしおくれ)証文を出し遅れたために、証文が証文としての役に立たなくなること。事の処置が間に合わないで、時機をのがしたために効力を失うことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・品川心中「篦棒め今時分顔を出しやァがつて証文の出し後れだ」)講談:梁川庄八

【女郎買いに吉日というのは暦にも書いてないじょうろかいにきちじつというのはこよみにもかいてない)(講談・関東七人男「マア待て。女郎買いに、吉日というのは暦にも書いてねえ」)

【女郎買い(大一座)ふられた奴が起こし番】じょうろかいふられたやつがおこしばん)(落語・明烏女郎買冷遇た奴が起し番とは能く云つたものです」)落語:錦の袈裟、付き馬 講談:笹川繁蔵

【女郎買い振られて帰る果報者】じょうろかいふられてかえるかほうもの)(落語・付き馬「『女郎買振られて帰る果報者』女郎買ばかりは振られた者ほど仕合せで安全だとしてあります」)落語:お茶汲み、羽織の遊び、付き馬、お見立て、五人廻し、立浪

【女郎のまことと四角な卵、あれば晦日に月が出る】じょうろのまこととしかくなたまご、あればみそかにつきがでる) 関連句以下の通り。「傾城に実がないとは誰が言った、実がある程通やせで」(講談・清水次郎長)「傾城に眞(まこと)ないとはそりや誰がいふた眞あるほど買いもせで」(講談・玉菊燈籠)「傾城に誠なしとは誰が言うた」(落語・紺屋高尾)(落語・立切れ「女郎の誠と四角な卵、あれば晦日に月が出る……こんなことがいうてございますが」)落語:吉野狐、吉住万蔵、素人占い=きめんさん

【将を射と欲すれば先ず馬を射よ】しょうをいんとほっすればまずうまをいよ)敵の大将を射ようと思うならば、まずその乗っている馬を射て後にその者を射よ。大きなものや主目標を攻撃する時には、直接そのものをねらうより、その周囲にあるものをまず攻撃するのがよいというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記将を射らんと欲つせば先づ馬を射よとか、竹中を抱き込まうとした藤吉郎は、その前提に大澤を生捕つてしまつた」)

【食事は腹八分が宜しい】しょくじははらはちぶがよろしい)「腹八分目に医者いらず」食欲にまかせて大食いしたりせず、いつも控え目に食べていれば、健康で病気にかかることもない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・米搗の幽霊「何でも程でございますが、殊に食事は腹八分が宜しいとしてあります」)

【職過ぎる】しょくすぎる)身分不相応である。分に過ぎる。立派すぎる。──【江戸語の辞典】(講談・関東七人男「一両の切りをぶつは手めえの貫禄には職過ぎている」)

【女丈夫】じょじょうふ)女傑。気が強くてしっかりしている女。──【広辞苑四版】(落語・猫久「あっぱれ女丈夫というべき賢夫人である」)

【女子と小人は養い難し】じょし〔にょし〕としょうじんはやしないがたし)女性と身分の低い卑しい者とは、近づければひどく不遠慮になり、遠ざければ恨みを抱くので扱い難く、どうしようもない。現在では、小人を徳の備わっていない人間と解して用いることも多い。── 【故事俗信ことわざ大辞典】「論語」より。「~之を近づくれば不遜なり、遠ざくれば則ち怨む」と続く。ここでいう「女子」「小人」は使用人のことであると もいう。(落語・三枚起請「何がといつて何うにも斯うにも、所謂ソレ女子と小人は養い難しで、斯うなると実に婦人には弱りますね」)落語:三枚起請、かはりめ、梅の春、子別れ 講談:安政三組盃、大久保彦左衛門、猿飛佐助、木村長門守、安中草三郎=小人は〜のみ、

諸人の難儀を救う】(しょにんのなんぎをすくう)(講談・伊賀の水月「そういう者なれば片づけてしまう方が、諸人の難儀を救うようなもの」、小山田庄左衛門「諸人助けのために、おれはここの家の金を持っていってやろう」)

【白河を夜舟で渡る高いびき】しらかわをよふねでわたるたかいびき)京都に行ったふりをした人が、地名の白川のこと を問われて、大きな川の名前と思って夜船で通ったから知らないと答えたという話に由来する。知ったかぶりをすること。また、ぐっすり寝込んでいて何が起 こったか全く知らないこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(落語・二十四孝「寝るともう前後忘却、白河夜舟高いびきで寝こんでしまって、翌朝になってあくびをしながら目をこすってみると夜はすっかり明けてしまっている」)落語:二十四孝 講談:忠僕直助、青龍刀権次、慶安太平記天明白浪伝、マガラのお秀、女天一坊爆裂お玉、岩見重太郎、大岡政談お花友次郎、無筆の出世、応挙の幽霊画、寛永三馬術

【白几帳面】しらきちょうめん)「しら」の強調語。清廉潔白。真面目で、うしろ暗いところの全くないこと。また、包み隠しをしないこと。明白。ありのまま。──【江戸語の辞典】(講談・関東七人男「われわれは、平キチョウメンな堅気のものだ」)

【知らざるは知らぬとせよ】しらざるはしらぬとせよ)知らないことは、知ったふりをせず知らないとはっきりさせよ。知っていることと知らないことをはっきりさせることが真に知ることである。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」の「しりてしらされ」はこの意か。(落語・無学者「知らざるは知らざるにせよ是れ知るなりで、知ら無い事は知らないと云ふ方が宜いのでございます」=浮世根問)講談:由井正雪

【知らず半分値】しらずはんぶんね)値打ちがわからないためにつける掛け値の半分の値。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永御前試合「知らず半分値というから、三十二両二分にまけて置け」)

【知らぬ顔の半兵衛】しらぬかおのはんべえ)知っていながら知らないふりをきめこんで取り合わない冷淡な者を人名のように呼んだもの。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・紺屋高尾「で、今度はな、そいつをなんだ、先生へあずけて知らん顔の半兵衛さんでな、いいか」)

【知らぬが仏】しらぬがほとけ)知らざれば、不快にも感ぜず、腹立つこともなく、其心仏の慈悲忍辱なるが如し。──【諺語大辞典】当人が知らずに平気でいるのを陰で嘲ってこのように言う。(落語・てんしき「知らんと云ってしまえば恥を人前でかくようなことはございませんがなかなか一口にそう云って済ましてしまうことも 出来ないものでございます。知らぬが仏でなく知るに足りなしと云ふことで……」)《い》落語:猫忠、肥瓶、鍋草履、饅頭こわい 講談:関東七人男、柳生三代、岩見重太郎、鼬三次

【尻馬に乗る】しりうまにのる)人の後につきて、事を為し、又は人のいう所に雷同するをいう。──【諺語大辞典】(講談・藤原銀次郎「君がいうからその尻馬に乗るわけじゃァないが」)

【尻喰い観音】しりくらいかんのん)困ったときには観音を念じるが、良くなると受けた恩を忘れて悪口さえも言いかね ないこと、または自分に都合のよいことをしおえると、あとは恩人にも知らん顔をしていることにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・文七元結「お めえを家ィ連れて帰っちまゃァ、あとはもう、尻喰え観音だから……」)

【尻宮が来る】しりみやがくる)【意味】「尻宮」尻のこと。「尻が来る」後になって責任を問われる。後で文句を言われる。──【江戸語の辞典】(落語・真景累ヶ淵「して見ればどこからも尻宮の來る氣遣はないによつて」)

【尻を出して河童を釣る】しりをだしてかっぱをつる)「尻子玉を抜く」俗説に、子供の水泳するを見つけると、河童が来て尻子玉(肛門にあると思われていた玉)を抜いて臓腑を食うという。──【江戸語の辞典】(講談・岩見重太郎「尻を出して河童を釣るの計略をもちい、所持の荷物大小を投げだし寝ていると、この山賊が餌にかゝってから引っ捉えて」)

【白犬は人間に近い】しろいぬはにんげんにちかい)俗信。(落語・元犬「白犬は人間に近いというが、真白で良い犬だ」)

【白鼠】しろねずみ)忠実なる番頭に喩えいう。鼠は大黒の使者なり、番頭かしこければ主人富む、主人は大黒、番頭は鼠のごとしという義。──【諺語大辞典】編者注:「チュウ(忠)と鳴いても油断をするな、帳場格子の白鼠」という都々逸もある(講談「薊小僧梅吉」) が。(落語・城木屋「アアおれもこう城木屋の白鼠じゃとまで世間よりいわれるくらい長いこと奉公しているが」)落語:木乃伊取り、菊江の仏壇、塩原多助一代記、短命

城を枕に討死】(しろをまくらにうちじに)戦いに敗れて城で討ち死にする。落城に際して敗軍の戦士が、最後まで城にとどまり、敵と戦って死ぬ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・木村岡右衛門「太平武士の眠りを覚し城を枕に討死いたし」、磯貝十郎左衛門城を枕に討ち死にをいたす奴もなし」)

【字を書かざれば理にうとし】じをかかざればりにうとし)「文字知らざれば理に疎し」のこと。(落語・金玉医者「字を書かざるは理にうとしとかいって、文字というものは読んだり書いたりできんければいかん……」)

【信あれば徳あり】しんあればとくあり)信心すればよき応報ありとの意。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・崇徳院「いいことをしましたねェ『信あれば徳あり』と言ってね」)落語:景清

【人気が悪い】じんきがわるい)「人気」人情と気質。──【江戸語の辞典】(落語・朝這い「上方というとこには人気が悪くッて、土地に慣れねえ者と見ると、まるではぎとりもぎとりみたような目にされて……」)落語:真景累ヶ淵 講談:大岡政談お花友次郎

【仁義五常は世の宝】じんぎごじょうはよのたから)(講談・大石内蔵助仁義五常は世の寶と申す事は聖人の説き置かれた所だ」)

真言美ならず、美言真ならず】しんげんびならず、びげんしんならず)「信言美ならず、美言信ならず」[老子]。真実の言は飾らず、飾れるは信実にあらず。──【諺語大辞典】(講談・朝顔日記「『眞言美ならず美言眞ならず』とは古の聖賢の言葉」)

沈香も焚かず屁もひらず(垂れず、放かず)】(じんこもたかずへもひらず)芳香もないが悪臭もないということから、役にも立たないが、害にもならないというたとえ。よい事もしないが悪い事もしない。──【故事俗信ことわざ大辞典】編者注:沈 香のうち、良質のものを伽羅という。(落語・百年目「世の中には沈香も薫かず屁も放(こ)かずちゅうのがあるやろ。そんなやつはあきゃへん」)講談:鼠小僧次郎吉、加賀騒動

【心中は向島、首くくりは喰違、追いはぎは護持院ヶ原】しんじゅうはむこうじま、くびくくりはくいちがい、おいはぎはごじいんがはら)(落語・小言幸兵衛「吾妻橋から左へ折れて、枕橋を渡って向島と来るが、心中は向島、首くくりは喰違、追いはぎは護持院ガ原とちゃんと昔から規則が立っているよ」)落語:盃の殿様

【身上の脈を引く】しんしょうのみゃくをひく)(講談・野狐三次「身上の脈を引くという、この人の悪い病気がある」)

針小棒大しんしょうぼうだい)針ほどの小さな事を棒ほどに大きく言いたてること。物事をおおげさに言うこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・大石内蔵之助「流石に内蔵之助もホツと息を吐いて、針小棒大何事かあらんと思ひの外箱根の難所も過ぎ誠に重畳」)

【神色自若】しんしょくじじゃく)大事に直面しても沈着で顔色が普段と少しも変わらないこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記「藤吉郎は神色自若」)

【人心の変わりやすきは掌(手の裏)を返すが如し】じんしんのかわりやすきはてのひらをかえすがごとし)「手の裏を返す」またたく間に一変することのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・勝田新左衛門人心の変わりやすきは掌をかえすが如しとか申しますが、仇討ちが成功しても切腹、不成功に終ればなおさら」)講談:音羽丹七

【人心の異なるその面の如し】じんしんのことなるそのめんのごとし):人の心は、その顔つきと同じように、めいめい違っている。──【故事俗信ことわざ大辞典】「春秋左氏伝」にある文句「人心の同じからず、その面の如し」による文句。(講談・大岡政談お花友次郎「人心の異なるその面の如しとか云つてこの忠八と云ふものは至つて古く召仕はれ律義一遍に忠義を盡して」)

【人心の物に触るるは色欲の道より迷い易きはなし】じんしんのものにふるるはしきよくのみちよりまよいやすきはなし)(実録・妲妃のお百「人心の物に觸るゝは色欲の道より迷ひ易きはなし、然ば悟る時は神佛の如く、迷ふ時は禽獣に劣れり」)

【信心は徳のあまり】しんじんはとくのあまり)「信心モ徳ノ余リ」衣食足リテ礼節ヲ知ルという類なり。──【諺語大辞典】(落語・後生鰻「ェェ…このォご信心に凝る方がございます。結構なことですな。“信心は徳のあまり”なんてェことを申します」)

【甚助な】じんすけな)「甚助を起こす」(「甚助・腎助」は「腎張」=性欲の盛んなこと)男が多情で 他人を嫉妬する。やきもちをやく。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・五人廻し「『あら、ちょいとお前さん、起きていたの?』『当り前じゃねえか。お 前が来ねえから寝られやしねえじゃねえか』なんてえと、いやに甚助な野郎だと思われるし……」)

【人生若いとき戒むべきは色にあり】じんせいわかいときいましむべきはいろにあり)(講談・天保六花撰「女も男とのしくじりから奈落におちいることもあります、人生若いとき戒むべきは色にありとはよく申したものでございます」)

【新造にふられ年増に意見され】しんぞにふられとしまにいけんされ)(落語・道灌「そこで川柳が『新造にふられ年増に意見され』」)

【身体髪膚これを父母に受く、敢えてこれを毀傷せざるは孝のはじめなり】しんたいはっぷこれをふぼにうく、あえてこれをきしょうせざるはこうのはじめなり)人のからだ、髪も皮膚も、これらはすべて父母からいただいたものである。これをあえてこわしたり傷つけたりしないのが孝行の初めであると孔子はいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・野狐三次「身体髪膚これを父母に受く、敢えてこれを毀傷せざるが孝のはじめとか終りとか申しやす」)落語:火事息子 講談:由井正雪、祐天吉松

【死んだ子の年を数える】しんだこのとしをかぞえる)「死ンダ子ノ年勘定」ともいう。いたずらに往時を追懐するも功なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・小山田庄左衛門「今さら後悔したところで、死んだ子の年をかぞえるようなものじゃ」)

【死んで花実の咲くものではない】(しんではなみのさくものではない)(「死んで花実の咲くものならば、五百羅漢は花盛り」とも)生きていればこそ良いこともあろうが、死んでしまっては何の幸福も得られない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・三味線栗毛「死んで花実が咲くもんじゃァないよ、人は生きてればこそ、ねェ、くやしいも悲しいも、つらいもおもしろいも、これ生きてればこそだ、そうだろう?」)落語:三味線栗毛、星野屋、ふたなり 講談:水戸黄門清水次郎長、雲居禅師、天保六歌撰、野狐三次、藪原検校、新門辰五郎

【仁に遠き者は道に疎し、苦しまざる者は智に于し】じんにとおきものはみちにうとし、くるしまざるものはちにうとし)(落語・一ト目上り)

【しんにゅうをかけてもまだ足りないほど立派な】しんにゅうをかけてもたりないほどりっぱな)甲より乙の一層まさりたるを、甲に辵をかけるという。輪ヲカケルというに同じ。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「実にどうも自分が想像に描いていたよりは、しんにゅうを掛けてもまだまだ足りないほどの立派な男だ」)落語:駱駝の友達

【しんねこ(の昼遊び)】(しんねこ)【意味】「真猫」(「しんみりねっこり」の略)男女が差向かいで睦まじくするさま。──【江戸語の辞典】(落語・菊江仏壇「近所の小料理屋から出来合いでもお取りになって、こっそりと、しんねこで、エエ、私もお相伴をいたしますがナ」)講談:鼠小僧次郎吉

【親は泣き寄り、他人は食い寄り】しんはなきより、たにんはくいより)親族は不幸を悲しまんが為に集り、他人は酒食の為に来るとの意。──【諺語大辞典】「毛吹草」に「しんはなきより」とある。(講談・加賀騒動「先刻鄕右衛門にも申したが、親の泣き寄り他人の喰い寄り、大勢がガヤガヤ酒を飲んで面白可笑しく騒いで遊ぶが」)《い》落語:猫定、狂歌家主

【腎張り】じんばり)淫欲深きものをいう。──【諺語大辞典】(落語・三十石「これはまた腎張りなお客じゃ」)落語:親子茶屋、お目見え

【親身のためには心の闇】しんみのためにはこころのやみ)「心の闇」特に、親が子供に対する愛から理性を失って迷う心をいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記「隼人正ほどの勇士も、親身のためには心の闇、死後の事を呉々も頼みました」)

【人面獣心】じんめんじゅうしん)(「にんめんじゅうしん」とも読む)顔は人間であるが、心はけものに等しい者。人の道にそむき、冷酷非情な人や義理人情をわきまえない人などをののしっていう語。人でなし。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・荒木又右衛門「人面獣心又五郎が恐れ入りましてございますといへばそれまで。そのうちに又五郎も年をとり、料簡が直つた時に言つて聞かせよう。それまでは欺されてをらう」)講談:大石東下り、難波戦記

 トップヘ

広告を非表示にする