増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

div style="text-align: left;">

水魚の交わりすいぎょのまじわり)水と魚のような交際。非常に親密な友情、交際などをたとえていう語。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・木村岡右衛門「叔父の間瀬と木村岡右衛門とは、ふだんより水魚の交わり」)講談:木村長門

【水道の水で産湯を使う】すいどうのみずでうぶゆをつかう)(「水道の水」は、江戸で、徳川幕府によって設けられた 玉川上水や神田上水の水をいう。上水の規模の大きいところから江戸っ子の自慢の種となっていた)自分が江戸の生まれだということを誇示していう。江戸っ子 の誇称。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「白い鬼の牙のような飯を食う」(しろいおにのきばのようなめしをくう)と続く。「鬼ノ牙ノヨウ」上白米の形容。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「生れた故郷の江戸という所で水道の水の湯にはいり、白い鬼の牙のような飯を食って」)(落語・水屋の富「江戸っ子の啖呵の一つに『おう、おれァ水道の水で産湯ゥつかったんだ』なんてえのがございますが」)

【随徳寺を決め込む】ずいとくじをきめこむ)「ずいと何々する」の「ずいと」をしゃれて寺の名のように言ったもの。──【故事俗信ことわざ大辞典】「一目山随徳寺」参照のこと。(講談・鼠小僧次郎吉「目ぼしい雑物を引っさらって、随徳寺を極め込むのが上分別だあね」)講談:安中くさ三郎、大岡政談お花友次郎、百猫伝

【酸いも甘いもかみ分けた】すいもあまいもかみわけた)よく世態人情に通ずるをいう。──【諺語大辞典】 「酸いも辛いも弁える」(講談・越後伝吉)ともいう。(落語・三枚起請「親父(おとつ)さんはアゝいう酸いも甘いも御存じの方だから」)落語:山崎屋、唐茄子屋、悋気の火の玉 講談:倉橋伝助

ずうずうし学校卒業生】(ずうずうしがっこうそつぎょうせい)「尋常小学校」の洒落?←根拠まるでなし。(落語・まんじゅうこわいずうずうし学校卒業生てのはてめえのことだ」)

【末始終】すえしじゅう)末の末まで。行く末長いさま。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・真景累ヶ淵末始終はよくあんめえと思ってね」)

【据え膳食わぬは男の恥】すえぜんくわぬはおとこのはじ)(「据え膳」は女の方から男に言い寄ること)女の方から情交をいどまれて、その誘いに応じないのは男として恥だ。女からの誘いに応じるのは男として当然だの意。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・笹川繁蔵「決められた勢力の方こそいゝ災難、否女難で、据え膳食わぬは男の恥というけれど、これがとんだ事件になりました」)講談:本所五人男、百猫伝「お膳をすえられて、それを食わねえのは男の恥」(落語・お七)

【スカタンすかたん)反対。失敗。当てのはずれたこと。──【大阪ことば事典】「スカ」に接尾語「タン」(特に意味はない)をつけた言葉。(講談・猿飛佐助「五度も六度もカタン喰わされては、如何に豪勇無双の人間でも堪らない」)

【すがれている】すがれている)「末枯れる」。香・火などが、消えようとする。消えかける。「末枯」盛りを過ぎて尽きようとする状態。──【江戸語の辞典】(落語・御慶「なるほど、うめえね、さすがは商売商売だ、言うことがすがれてやがら」)

【頭寒足熱】ずかんそくねつ)頭部が冷えて足部があたたかいこと。又、そういう状態にすること。古来から、健康によい状態といわれる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・無精床「むかしから頭寒足熱といって、あたまは冷やさなくっちゃあいけねえ。水でしめしな」)落語:一文惜しみ

【素寒貧】すかんぴん)赤貧。無一文。文無し。極度の貧乏。──【江戸語の辞典】(落語・ちきり伊勢屋「この素寒貧の一文無しの空ッ穴が」)落語:庖丁

【好きこそ物の上手】すきこそもののじょうず)好める道には上達し易し。──【諺語大辞典】(落語・九段目「なるほど好きこそもののじょうずなれと申しますから、うまくできる人は相違ないが、ただここに規律ということがありません」)《い》落語:将棋の殿様、九段目、相撲の蚊帳 講談:関東七人男、左甚五郎、梁川庄八、山中鹿之助、寛永御前試合、加賀騒動、安中草三郎、獄門小僧 浪曲:正宗孝子伝

【過ぎたるは尚及ばざるが如し】すぎたるはなおおよばざるがごとし)「論語」より。程度を越えたものは足りないことと同じである。物事には程度というものがあり、それを越えることは足りないのと同じようによくない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・佛馬「過ぎたるは猶及ばざるが如しという事がありますが、誠によい戒でございます」)《い》落語:たらちね 講談:大久保彦左衛門、太閤記〜長短槍試合

【好きなには心を奪われる】すきなものにはこころをうばわれる) (落語・狂歌家主「あの……『好きなものには心を奪われる』てえの」)落語:節分、掛取万歳、四段目、新治療=疝気の虫、芝居好の泥坊、三百餅=狂歌家主 講談:伊賀の水月、天野屋利兵衛

【好きには身を窶せ、粋は身を食う】すきにはみをやつせ、すいはみをくう)「好きには身を窶す」好きなことには身がやせ細るほどの苦労もいとわないものだということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「スイガ身ヲ食ウ」風流のために身を滅すをいう。──【諺語大辞典】女や芸事関係の道楽が過ぎると、耽溺したあげく健康を損ない、身を滅ぼすことすらある、という警句。(講談・寛永三馬術「それが好きには身を窶せ、粹は身を食ふなどと能く下世話に申しまするが」)《い》落語:お初徳兵衛

【杉は直ぐ松は曲みて面白し人の心は奇なり妙なり】すぎはすぐまつはいがみておもしろしひとのこころはきなりみょうなり)(落語・佃島「エー 杉は直ぐ松は曲みて面白し人の心は奇なり妙なり ト申します」)

【少しきを忍びざれば、則ち大謀を乱る】すこしきをしのびざれば、すなわちたいぼうをみだる)「小忍ばざれば則ち大謀を乱る」(「論語」)による。(講談・百猫伝「己に古人の戒めにも、少しきを忍びざれば、則ち大謀を乱ると云ふ、金言を顧みず、一時の怒りに堪え兼て、自ら害を引出すは、愚と云ん乎痴と云ん乎」)

【少し腹が北山時雨】すこしはらがきたやましぐれ)「北山」「来た」をしゃれていうことば。「北」と「来た」をか け、北山(京都の地名)と言いすすめたもの。「来た」は、気がある、古くなった、腹が減ったなどの意になる。──【故事俗信ことわざ大辞典】京の北山はい つも「透いて」見える、の意も。この場合は空腹感の表現。(講談・安政三組盃「少し腹が北山時雨ときているんだ。そこらの夜明かしへいって、底をあたためていきてえと思うんだが」)

【少しゃ馬鹿でも素直にかぎる、女のきついのは屑のくず】すこしばかでもすなおにかぎる、おんなのきついのはくずのくず)(落語・熊の皮「都々逸の文句にもあります、“少しゃ馬鹿でも素直にかぎる、女のきついのァ屑の屑”……酷(し)どい都々逸があればあるもんで……」)

【すすきの穂にも脅える体】すすきのほにもおびえるからだ)「薄の穂にも怖ず」薄の穂にも恐れてびくびくする。ほんのちょっとした動きや音にもおどろく。心が落ちつかず、常にびくびくしているさまにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「おちむしやすすきのほ におづる」とある。(講談・天保六花撰「『しまった、お客が来たな、面を知った人間じゃあるまいか』すすきの穂にもおびえるからだ」)

【勧むる供徳共に成仏】すすむるくどくともにじょうぶつ)仏法を人に勧めて信仰に導き入れたならば、その善根によって、勧められた人も勧めた人も同様にに仏に救われる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 義太夫の「沼津」にも出てくる。(講談・幡随院長兵衛「アゝ勧むる供徳共に成佛、矢張り一緒に行かなきアならねへか」)

【雀の千声よりも鶴の一声】すずめのせんこえよりつるのひとこえ)「雀の千声鶴の一声」たくさんの雀 がいせいに鳴くことと鶴の一声。つまらぬ者の千言より、すぐれた者の一言のほうがまさっているの意。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもあ る。いわゆる「鶴の一声」。(講談・夕立勘五郎「『ヤア此奴飛んでもねえ事をしやアがつて、刀を鞘に納めねえか』といふと雀の千聲より鶴の一聲」)

すっとこどっこい】(すっとこどっこい)罵倒語。「馬鹿野郎」の意。(落語・崇徳院百人一首にあるすっとこどっこいとかいう人の歌を……」)

すっぱらげっちょ】すっぱらげっちょ)罵倒表現。「すっぺらげっちょ」(落語・小言幸兵衛)「すっからべっちょ」(落語・五人廻し)とも。(落語・笠碁「いいかげんにしやがれ、なにいってやんでえ、すっぱらげっちょ!」)

【すっぽんとお月様】すっぽんとおつきさま)「おつきさまと鼈」似た所はあるが甚だしく違うことのたとえ。月もすっぽんも円いところは似ている。──【江戸語の辞典】(落語・刀屋「若旦那とお前、年期野郎の奉公人とは〈すっぽんとお月さま〉でしょうがないやね」)《い》落語:無学者 講談:赤穂四十七士伝、ボロ忠売り出し

【捨目捨耳】すてめすてみみ)「見捨テ聞捨テ」=見タラ見流シ聞イタラ聞キ流シ見聞せし事を妄に人に語る勿れ。──【諺語大辞典】(講談・大塩瓢箪屋裁き「捨てているうちにこう為になるっていうんで『捨目捨耳』というのかも知れませんな」)

【酢でも蒟蒻でもいかん】すでもこんにゃくでもいかん)「酢デモ蒟蒻デモ食エヌ」制御し難きものをいう。烹テモ焼イテモともいう。──【諺語大辞典】「酢の蒟蒻の」なんのかの。四の五の。多く助詞「と」を伴い、「言う」にかかる。──【江戸語の辞典】「四の五の」をたわむれて言い換えたものか。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・佐々木裁き「佐々木さんと言うたら酢でもコンニャクでもいかんと言うて町中のお年寄り、ふるえ上がってござるがな」)講談:藪原検校

【捨てる神あれば拾う神あり】すてるかみあればひろうかみあり)「~助ける神あり」(講談・大岡政談お花友次郎「花や、世の中に捨てる神もあれば助ける神もある」) とも。世間は広いから、一方で見捨てられ相手にされなくなっても、また他方では助けてくれる人も出てくるものだ。世の中はさまざまだから、非難・排斥され てもくよくよすることはない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「すつる神あれば引あぐる神有」とある。(落語・首ったけ「捨てる神あれば拾う神ありだ。俺のような者でも亦何とか思つて呉れる花魁が出来たんだ」)落語:雪の瀬川 講談:大島屋騒動、安中草三郎、本所五人男、大岡政談お花友次郎、寛永三馬術

【脛に傷もちゃ笹原走る】すねにきずもちゃささはらはしる)脛を怪我していると、葉が傷を刺して痛むので、笹原を落 ち着いて歩けずに急いで走って通る。後ろ暗いところのある者は、静かに落ち着いて世間を渡ることができないというたとえ。また、やましいところのある者 は、笹のそよぐ葉音にもびくびくして小走りに逃げ足で行く意とも。──【故事俗信ことわざ大辞典】 上方落語「算段の平兵衛」では、「~笹原よける」ともいっている。(落語・札所の霊験「脛に傷持ちゃ笹原走るのたとえ。お梅もなにか落ちついていられませんので家へ帰る」)落語:真景累ヶ淵

【ずぶ六】【ずぶ七】ずぶろく、ずぶしち)「ず(づ)ぶ七」泥酔したさま、また泥酔者の擬人名語。──【江戸語の辞典】ヅブは全くの意にて、泥酔者を人名に擬していふ。──【諺語大辞典】 「ずぶ六」も「ずぶ七」も同じ。それぞれ単独で使う場合がある。(落語・初音の鼓「とこれから一杯飲んで、ずぶ六、ずぶ七ぐらいに相なりまして」)落語:宮戸川、なめる、真景累ヶ淵 講談:関東七人男

【すみかへて見ても浮世は鍋の尻くらうせぬ日は一日もなし】すみかえてみてもうきよはなべのしりくろうせぬひはいちじつもなし)(落語・団子平「すみかへて見ても浮世は鍋の尻くらうせぬ日は一日もなし と私共の下等社会には苦労がたえる間がございません」)

【住めば都】すめばみやこ)おのが住所となればいかなる辺鄙も都のように思わるとなり。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長住めば都ってえから、当分住んでみねえ」)

【相撲取りには何処ようて惚れた稽古帰りの乱れ髪】すもうとりにはどこようてほれたけいこがえりのみだれがみ)(講談・笹川繁蔵「相撲とりには何処ようて惚れた、稽古がえりの乱れ髪――という文句があるが、あの稽古帰りの相撲の姿というものは、なんともどうもイブセキもので」)
 
ずらかる】(ずらかる)もと盗人などの隠語。逃げる。逃亡する。高飛びをする。──【広辞苑四版】(落語・子別れ「さきにずらかりゃあがったんだ」)
 
【寸善尺魔】すんぜんしゃくま)一寸の善に一尺の魔伴うとの意。好事魔多し。──【諺語大辞典】(講談・寛永三馬術「實に世の中は寸善尺魔、まゝにならぬが浮世でございます」)講談:猿飛佐助、新吉原百人斬り 実録:大岡政談鉄砲弥市
 
広告を非表示にする