増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【大悪は善に近し】だいあくはぜんにちかし) 「悪に強きは善にも強い」と同義か。(講談・安中草三郎「アゝ大惡は善に近しとやら、其方も改心をして拙者の身代りになつて出やう、親父の恩返しをしようといふその志は有難い」)

【大廈の一木】たいかのいちぼく)「大廈ノ顛レントスルハ一木ヲ以テ支エ難シ」大勢の崩れかゝりたる時、独力にて挽回し難きをいう。──【諺語大辞典】(講談・相馬大作「あゝ天なるかな命なるかな。大廈の倒れんとする、よく一木の支えるところに非ず」)講談:朝顔日記、幡随院長兵衛、山中鹿之助

【大旱の雨を望むが如く】たいかんのあめをのぞむがごとく)「大旱ノ雲霓ヲ望ムガ如シ」望みをかくることの切なるをいう。──【諺語大辞典】(講談・太閤記「貴公の縁者の竹中半兵衛重治先生を慕はれること、大旱の雨を望むが如く」)

【大奸は忠に似たり】たいかんはちゅうににたり)「大姦ハ忠ニ似タリ」 「宋史」で政治家の王安石が呂誨からこのように評される。 悪人のうわべを飾りて人を欺くをいう。──【諺語大辞典】(講談・両越大評定「アハゝゝゝゝ、大奸は忠に肖たり、さしも二十四萬石の主家を横領せんとする大惡人の小栗美作」)講談:加賀騒動

【大義親を滅す】たいぎしんをめっす)君臣の大義を全うせんために、父子骨肉の私親を顧みざるをいう。──【諺語大辞典】(講談・木村岡右衛門「弓矢取る身は義の一言を守らねばならぬ。大義親を滅すという教えもある。早う帰れ」)講談:西郷南洲

【大行は細瑾を顧みず】たいこうはさいきんをかえりみず) 「大功」ともいうが、「大行」が正しい。「史記」より。 大事業をなしとげようとする者は、小さな事柄や欠点にこだわらったり、つまらない失敗を気にかけたりせず、目的を明確にしてどんどん積極的に事を行なう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・徳川天一坊「左様か大行は細瑾を顧みず、叱りはせぬが役人の目を欺きたる廉なるに依つて譽めは致さぬが、智謀で有るな」)講談:安政三組盃、吉田沢右衛門、三家三勇士、矢頭右衛門七、加賀騒動

幇間あげての末の幇間たいこもちあげてのすえのたいこもち) 「〜あげての後は〜」ともいう。(落語・つるつる「『幇間上げての後は幇間』と云ふ川柳が御座いますが、余程苦労しなければ幇間は出来ませんそうで」)落語:鰻の幇間

【だいこんと付くべき文字に付けもせずいらぬ牛蒡をごんぼォという】だいこんとつくべきもじにつけもせずいらぬごぼうをごんぼぉという)(落語・孝行糖「だいこんと付くべき文字に付けもせずいらぬ牛蒡にごんぼォという……文字に書きますと、大根と、んノ字がなくてはいけないんだそうでございますが、売り声に、んノ字を入れると不味そうに聞えます」)

【大事の前の小事】だいじのまえのしょうじ)1.大事を行なう前は、どんな小事にも油断をしてはいけないということ。2.または、大事を行なうにあたっては、小事にまでかかわっていられないということ。大事の前には小事を犠牲にしてもやむをえない。以下の用例は前者。(講談・神崎与五郎「今大望を抱く身が、大事の前の小事、僅か人足一人でも斬捨てれば土地の法に問われ、自然江戸表へ参る事も後れる」)講談:慶安太平記〜奥村の裏切り

【大将討たれて残兵全からず】たいしょううたれてざんぺいまったからず)「一陣敗レテ残党全カラズ」──「一陣破りて残党全からざれば、六波羅の勢、竹田の合戦にも打ち負け」[太平記]【諺語大辞典】 軍談、博徒もの講談に頻出。(講談・清水次郎長大将滅びて殘兵全からず、後の九人、バツタバタバタ切り倒され」)講談:幡随院長兵衛、太閤記、笹野名槍伝、塚原ト伝、三家三勇士、岩見重太郎、山中鹿之助、難波戦記冬合戦

【大丈夫手に唾して大事を成すべきの時】だいじょうぶてにつばきしてだいじをなすべきとき)「手に唾する」事に着手しようとして、勇気を奮い起こす。てぐすねをひく。手を舐(ねぶ)る。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記大丈夫手に唾して大事を成すべきの時に、空しく陋巷に朽ち果てるのも如何にも殘念」)

【大丈夫芳を百世に流す事能はずんば将に臭を萬年に貽すべし】だいじょうぶほうをひゃくせいにながすことあたわずんばまさにしゅうをまんねんにのこすべし)「芳を百世に流さざれば臭を万年に遺す」名声を後世百代に伝えることができなければ、悪名でもよいから名を万年も残す。男子の発奮をうながすことば。「臭を万載に遺す」悪名を後世にまで残す。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・加賀騒動「晋の桓温といふ豪傑が『大丈夫芳を百世に流す事能はずんば将に臭を萬年に貽すべし』と言つた」)

【大事に使えば一生ある命】たいせつ・だいじにつかえばいっしょうあるいのち) 「大切に使えば~」「~五十年使える命」とも。(講談・笹川繁蔵「まアまア大切に使へば一生ある命、あわを食ってくたばるにも及ぶめえ」)落語:指仙人 講談:水戸黄門塚原ト伝、笹川繁蔵、赤穂四十七士

【大象も必ず急所あり】だいぞうもかならずきゅうしょあり)(講談・太閤記「容易なことでは落ちませんな。しかし大象も必ず急所がございます」)

【大智は愚なるが如し】たいちはぐなるがごとし)「大智ハ智ナラズ」大智の者は、一見しては愚の如く見ゆとの意。──【諺語大辞典】 「賢者は愚なるが如し」とも。(落語・左甚五郎「なるほど。昔から『大智は愚の如し』なんてえことを言うが……」)落語:富久 講談:大石内蔵助

【大敵と見て恐れず、小敵と見て侮らず】たいてきとみておそれず、しょうてきとみてあなどらず)敵の勢力が強大だからといっていたずらに恐れてはならないし、小勢だあらといって決して油断してはならない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・ゆめ「大敵を見て畏るべからず、小敵を見て侮るべからずツてことがあるから、仲々油断はならねえ」=貸本屋)講談:梁川庄八

【大の虫を生かすには小の虫を殺す】だいのむしをいかすにはしょうのむしをころす)「大の虫を生かして小の虫を殺す」どうしてもやむをえない時には、重要なものを活かすために、よんどころなく小さなものを犠牲にするということのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「大をいけて小のむしをころせ」とある。(落語・二十四孝「大の虫を助けるには小の虫を殺さなければならん。ふびんではあるが夫婦の中のひとりの子どもを生埋めにして」)講談:寛永三馬術、祐天吉松

【大は小をかなえる】だいはしょうをかなえる)「大は小を兼ねる」。大きいものはそれ自体の用途の他にも、小さいものの代用品としても使える。大は小を叶える。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」に「大は小をかなゆる」とある。(落語・王子の幇間「“大は小を兼ねる”てえますから、大きいほうがお立派でよろしい」)落語:王子の幇間、野崎詣り 講談:太閤記

【大風一過して光風霽月】たいふういっかしてこうふうせいげつ)「光風霽月」心の清く涼しきに喩う。──【諺語大辞典】(講談・三家三勇士「危く命の取りやりをしようとした両勇士が、大風一過して光風霽月、生れる時は別々なれど死ぬる時は同日同刻と」)

【大仏に鹿の巻筆奈良晒、春日燈籠町の早起き】だいぶつにしかのまきふでならざらし、かすがどうろうまちのはやおき) 「奈良晒」を「あられ酒」とする場合もある。(落語・鹿政談「大仏に鹿の巻筆あられ酒、春日燈籠町の早起き、てなことを言いまして、町の早起きが名物の中に入ってましたんやが、これにも理由のあることなんで……」)

太平楽たいへいらく)「太平楽を言う」その場の様子を無視して好き勝手な事をいう。ぜいたくなことを言う。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・付き馬「さんざッぱら太平楽ゥ言(つ)いて、表へ出るとぶらぶらぶらぶら……」)落語:釜泥、子別れ

【大弁は訥なるが如し】たいべんはとつなるがごとし)(「訥」は口べたなこと)「老子」「荘子」より。すぐれた弁舌家は無駄なことを言わないから、むしり口べたのように見えるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】。(講談・南部坂雪の別れ「大弁は訥なるが如し老子とか申す人が云ったそうで」)

【大名も乞食も同じ花見かな】だいみょうもこじきもおなじはなみかな)(落語・長屋の花見「なにも身装(みなり)でもって花見に来てるわけじゃァない。『大名も乞食も同じ花見かな』」)講談:三家三勇士意、相馬大作

【大勇は怯に似たり】たいゆうはきょうににたり)「大勇は怯なるが如し」真の勇気のある人はむやみに人と争わないから、平時には臆病者と同じように見える。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・山中鹿之助大勇は怯に似たりといふことを知らざるや、今こそ我が腕前の程を見せてくれん」)

【高上り】たかあがり)【意味】1.身分不相応に奢ること。2.座席が上座すぎること。──【江戸語の辞典】(落語・佃祭「こりゃこりゃどうも……高上りじゃァすみませんなァ」)

【高いところへ土持ちをする】たかいところへつちもちをする)高いところへさらに土砂を盛り上げる。富んだ人が更に豊かになるたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「高ミニ土盛ル」──【諺語大辞典】(講談・小山田庄左衛門「なんのことはない、高いところへ土持ちをするようなものだ」)

【高い山から谷底見れば、瓜や茄子の花盛り】たかいやまからたにそこみれば、うりやなすびのはなざかり) 俗謡の歌詞。(講談・乃木将軍「機嫌が好いと、醉に乗じて手を叩いて、『高い山から谷底見いればなァ、瓜や茄子の花盛り……』」)

【たかいやまからひくいやまみればひくいやまのほうがどうしてもひくい】たかいやまからひくいやまみればひくいやまのほうがどうしてもひくい)(落語・蜘蛛駕籠「『たかァ…いィ…やまァ…かァらァ…ひくいやまァ…みれェ…ばァ…、なんてなァ、ひくいやまのほうがァ、どうしてェもォひくゥいィ』」)落語:三軒長屋

【高きにあっては低きを見ず】たかきにあってはひくきをみず)(講談・両越大評定「高きに在つては低きを見ず、越後家の御控へ御家督、その若殿が遊里通ひを遊ばすは此上もなき御心得違ひ」)

【高手小手】たかてこて)人を縛すること、小手は籠手の義。──【諺語大辞典】、両腕を背後にまわし、首から肘にかけて厳しく縛ること。高手は肘から肩までをいい、小手は肘から手首までをいう。──【江戸語の辞典】(講談・越後伝吉「到頭叩き伏せ、高手小手に踏ん縛ってしまいました」)講談:小金井小次郎、大岡政談お花友次郎、天保六花撰、浅妻船、矢田五郎右衛門

【鷹は死しても穂を摘まず】たかはししてもほをつまず)鷹ハ飢エテモともいう。つむは食う意。義を守る者は、飢渇にせまりても不義の財禄を受けざるに喩う。──【諺語大辞典】 浄瑠璃・歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」五段目冒頭の文句でもある。「毛吹草」に「鷹はしぬれと穂をつまぬ」とある。(落語・五段目「鷹は死しても穂をつまず………身の誤りに勘平はといふチヨボになつて」)

【高見の見物】たかみのけんぶつ)「高ミデ見物」利害の関係なくして傍観すること。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「寧その事小次郎と伊勢の白子の丹波屋と喧嘩をさして、さうして俺が高見の見物をしやうと、斯う云ふ了簡を出しました」)落語:らくだ

【宝は身のさしあわせ】たからはみのさしあわせ)「ノアリアワセ」 ともいう。──【諺語大辞典】、(「差し合わせ」は急の用に役立てることができるもの)財宝は困ったときや急場の用にあてることができるものだ。宝は持っ ていると身を救うものとなる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「~持ち合わせ」とも。「毛吹草」にもある。(講談・越後伝吉「御亭主、之れは國に居る時 分に、家内に拵へてやつた品ぢや非常に高くついて居るが寶は身のさし合せとやら、其のうちに荷物も來るであらうと思ふから、之れを一つ手放さうと思ふが」)

【竹に雀は品よくとまれ】たけにすずめはしなよくとまれ) 馬子唄の歌詞。「留めて止まらぬ色の道かいなぁよ」と続く。「東海道中膝栗毛」にもある。(落語・一ト目上り「あ、なるほど、竹に雀は品よくとまれか、なるほどなァッはは、雀ですか」)

【竹の柱に茅の屋根、簀子の縁の侘び住まい、見るもいぶせき埴生の小屋】たけのはしらにかやのやね、すのこのえんのわびずまい、みるもいぶせきはにゅうのこや) (落語・大師の杵「上人が娘の追善供養の 為めにと、竹の柱に萱の屋根瀟洒(そまつ)なる庵室を造(こし)らえ」)講談:柳生二蓋笠、鉢の木

【駄三一】ださんぴん)「三一侍」渡り奉公の若党・中間の侮称。転じては、下級武士一般の侮称。若党 の一年の給料が三両ないし三両一分であったによるとも、中間は年給三両一人三両ないし三両(日に五合の玄米)であったによるともいう。後説に従うべきか。 ──【江戸語の辞典】(講談・大岡政談お花友次郎「こう三一、そんなに目尻を釣り上げて、怖い顔ぁさらしても、こっちゃあ驚くことじゃあねえ。」)編者注:それへさらに「駄」をつけて馬鹿にしている。(講談・祐天吉松「何をいやアがる。駄三一」)講談:天保六花撰

【たじれて居る】たじれている)かんしゃくを起こして物事にじれる。いらいらする。──【江戸語の辞典】(落語・真景累ヶ淵「お前(めえ)なんだ逆上(のぼ)せて居るぜ、たじれて居るなア」)

【多勢に無勢】たぜいにぶぜい)多人数に対して、少人数で向かったのではとても敵対しがたいこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(落語・竜宮界「多勢に無勢はかないません」)落語:永代橋 講談:富蔵藤十郎、天保六花撰、小金井小次郎、福沢諭吉

【誰(そ)か彼かの夕間暮】たそかかれかのゆうまぐれ) 「誰や彼かの……」とも。「たれかかれか」「誰や彼か」=「たれやかれか」との読みも。(落語・千早振る「竜田川が一服つけていると、たそかかれかの夕まぐれ、そぼろを身にまとった女乞食が竹のつえにすがって」)講談:宮本武蔵塚原ト伝、青龍刀権次、誰が袖が袖の音吉、 

【たたがなくなってみばかり】たたがなくなってみばかり)(落語・真景累ヶ淵「畳といやアたいそう体裁がいいが、もうたたがなくなってみばかり。足へざらざら引っかかるという、いやもうひどいもの」)落語:出来心、野ざらし

【只の目になに石山の秋の月】ただのめになにいしやまのあきのつき)「ただ見れば~」とも。(講談・笹野名槍伝「ハテ此の男こそ確かに 武士(もののふ)、只の目に何石山の秋の月、流石に濱田の眼力に違ひはなかつた」)講談:寛永三馬術、田宮坊太郎、柳生三代、三家三勇士

【只ほど安いものはない】ただほどやすいものはない)「ただより安いものはない」ただが値段の最低である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・饂飩屋「只ほど安いものはないな。只と極ったらモウ一ぱい呉れ玉へ」) 

【畳と女房は新しいほどいい】たたみとにょうぼうはあたらしいほどいい)「女房と畳は新しいほうが良い」女房と畳とは新しいほど、住むのに気持ちがよい。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・芝浜「譬にもいう通り、疊の新らしいのと、女房の……新らしいのはいけねえや」)

【畳の上で往生することのできねえ野郎】たたみのうえでおうじょうすることのできねえやろう)「畳の上で死ぬ」出先での事故死や変死ではなく、自分の家の中で死ぬ。穏やかでふつうの死に方をする。──【故事俗信ことわざ大辞典】、「悪人ハ畳ノ上デハ死ナレヌ」非命の死を遂ぐべきをいう。──【諺語大辞典】(講談・国定忠治「忠次(←原文ママ)は此の様子を見まして、此奴も始終は疊の上で、往生することの出來ない野郎だと」)

【畳の上の水練】たたみのうえのすいれん)実地に適用せざるをいう。畠水練、炬燵兵法もいう。──【諺語大辞典】(落語・雪の瀬川「何のかんのといろんな文句をいったが、ひっきょう畳の上の水練」=夢の瀬川)講談:猿飛佐助

【畳の目の見えなくなるような思い】たたみのめのみえなくなるようなおもい)(講談・四ツ車大八「妾だつて畳の目の見へなくなるような思ひをして生んだ悴だアね」)

【ただ見れば(見ればただ)何の苦もなき水鳥の足に暇なき我が思いかな】ただみればなんのくもなきみずどりのあしにひまなきわがおもいかな)  水戸光圀が作った歌であるという。「見ればただ〜」(実録・水戸黄門仁徳録)とも。(講談・水戸黄門)講談:毛谷村六助

たたんじまえ】(たたんじまえ)「タタンデシマウ」結末をつける意より転じて、人を殺すことをいう。──【諺語大辞典】(講談・寛永御前試合「さあ兄弟たたんじめえ」、落語・うそつき弥次郎「ぐずぐずいわずとたたんでしまえと、賊の親分が号令をかけると」)

太刀風三寸にして身をかわす】(たちかぜさんずんにしてみをかわす)「太刀風」太刀を振る時に起る風。──【広辞苑四版】(講談・伊賀の水月「すべてこの武芸者というものは、太刀風三寸にして身をかわす」、宮本武蔵「身体に一寸の隙もない武蔵、太刀風三寸にして早くも身を躱したから」)

【立つ鳥跡を濁さず】たつとりあとをにごさず)「起ツ鳥アトヲ濁サズ」跡ヲケガサズともいう。わが去りし後の事まで思いて、うしろめたからぬように振舞うをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・鼠小僧次郎吉「あ、これこれあんまり調子に乗って臆面なしにしゃべるこたあよくあるめえぜ。ほら『立つ鳥跡を濁さず』てえことがあるからな」)講談:祐天吉松

【巽上がりにいきり立つ】たつみあがりにいきりたつ)「巽上がり」立身上リにて、居長高というと同意 か。或は龍蛇の騰るに比して、気象の鋭敏なるをいうにや。──【諺語大辞典】、1.声がかん高く大きなこと。また、そのさま。2.言動が粗野で荒々しいこ と。また、そのさま。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・笹川繁蔵「さすがは五郎、この場に臨んでも落着いたもので、巽上がりにイキり立つ初五郎を鎮めて、手を叩いて女中を呼び」)

【立つより返事】たつよりへんじ)人に呼びかけられたる際は、立ちあがるよりさきに、まず返事せよ。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長「さうか、立つより返事といふが、返事も立つも一緒だ、直ぐに行つて來うと、腰を立てたのは嬉しいが」)

【立て板に水を流すが如く】たていたにみずをながすがごとく)能弁の形容。──【諺語大辞典】(落語・浮世床「“立板に水を流すが如く…”てえが、そんな生易しいンじゃねえんだ。“立板に鉄砲玉の如く”てんだ」)《い》講談:難波戦記、越後伝吉

【たで食う虫も好きずき】たでくうむしもすきずき)辛い蓼を好んで食べる虫があるように、人の好みはさまざまで、いちがいにはいえない、というたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・三十石「よう言うやないか、『蓼食ふ虫もむしむし』じゃて)講談:本所五人男

【縦のものを横にもしない】たてのものをよこにもしない)めんどうくさがって何もしない。きわめて怠惰なさまの形容をいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】「横のものを縦にもしない」に同じ。(落語・湯屋番「若旦那、あなたは縦のものを横にもしないんですねっていったら」)講談:寛永三馬術

【立てば芍薬座れば牡丹歩む(姿は百合の花】たてばしゃくやくすわればぼたんあるくすがたはゆりのはな)美人の姿を形容することば。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・井戸の茶碗「実に美人でございます……“立てば芍薬…坐れば牡丹…歩く姿が百合の花”ッてんで……」)落語:十徳、入黒子 小横断:安政三組盃、塚原ト伝、柳沢昇進録、女天一坊爆裂お玉

【たとい千里を行く名馬なりとも、これを見出す伯楽なければ、終生駑馬で終わらねばならぬ(千里独行の名馬といえども、これを見出す伯楽なかりせば、王公宰相の厩舎に入ることあたわず)】(たといせんりをいくめいばなりとも、これをみいだすはくらくなければ、しゅうせいどばでおわらねばならぬ)「千里ノ馬ハアレド一人ノ伯楽ナシ」才能の士あるも、之を知りて用うる人なきに喩う。──【諺語大辞典】 「伯樂有りて後千里の馬あり、千里の馬は常にあれども伯樂は常になし」と松崎尭臣の「窓のすさみ」にある。(講談・寛永三馬術「第一、千里を歩む駿馬あっても乗りこなす伯楽がなければ仕方がない」)講談:荒木又右衛門、相馬大作

【たとえ野の末山の奥、手鍋を下げて暮らすとも】たとえののすえやまのおく、てなべをさげてくらすとも) 「手鍋を提げる」召使いも雇わず女主人が自分で煮炊きをするような、つつましい暮らしをする。貧しい生活をする。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・伊賀の水月「身共のためには死んでもよいと惚れこんでいるんだ。たとえ野の末山の奥、手鍋をさげてくらすとも、決していといはいたしません」)

【たとえ三日でも養えば主従三世の因みがある】たとえみっかでもやしなえばしゅうじゅうさんぜのちなみがある)「主従は三世」主人と家来の関係は、現在はもとより過去・未来にも深い因縁がある。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永三馬術「しかしながらたとえ三日でも養えば主従三世の因みがある」

【棚から牡丹餅】たなからぼたもち)意想外の好運に喩う。──【諺語大辞典】(落語・夢八「ああ、棚から牡丹餅とはこのことやな」)講談:太閤記

【他人の空似】たにんのそらに)【意味】血すじはつながっているわけではないのに、顔つきなどが、偶然よく似ていること。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・百年目「さうかな。他人の空似といふことは随分ありますが、どうも……」)講談:天保六花撰、安政三組盃、伊賀の水月倉橋伝助赤穂義士本伝

【狸の睾丸】たぬきのきんたま)【意味】「狸ノ睾丸デ又一杯」又と股にかけていう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「狸の睾丸つてんで又一杯と斯う……」)

【狸の金玉八畳敷】たぬきのきんたまはちじょうじき)狸の陰嚢は大きなるものなり。──【諺語大辞典】(落語・一つ穴「マア待ちなせえ! 短気は損気、狸の金玉八畳敷きだ……」)

【種のない手品は使えない】たねのないてづまはつかえない)「種ノナイ手品ハ使ハレヌ」材料なくては、事を為す能わず。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長「扨親分、種のない手品は使へないといふが」)講談:天保六花撰

【種腹同じ三兄弟】たねはらおなじさんきょうだい)(講談・大塩瓢箪屋裁き「兄さん、弟、ここは種腹同じ三兄弟だ」)

【楽しみあれば苦しみあり】たのしみあればくるしみあり) 「楽しみの後には苦しみ来たる」の意か。「楽は苦の種」ということか。(講談・朝起五十両「何事も樂しみあれば苦しみありと云ふ事を申しますが」)

【楽しみ尽きて悲しみ来たり、悲しみ尽きて悦び生ず】たのしみつきてかなしみきたり、かなしみつきてよろこびしょうず)「楽しみ尽きて悲しみ来たる」この上ない楽しみの後には悲しみが襲って来る。歓楽も極端になるとかえって悲哀の情がわいてくるものだ。楽しみは永久にには続かないものだ。楽しみ極まりて哀情多し。楽しみの後には苦しみ来たる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(実録・妲妃のお百「樂み盡て悲しみ來り、悲み盡て悦び生ず、世の盛衰は亦然り」)

【楽しみは後ろに柱前に酒左右に女ふところに金】たのしみはうしろにはしらまえにさけさゆうにおんなふところにかね)「後ニ柱、前ニ酒」前に旨酒佳肴あり、後ろに倚りかゝるべき柱ありて、快適得意の状をいう。──【諺語大辞典】(落語・初音のお松「よくコノ樂しみのうちにも、俚歌(ざれうた)に、楽しみは後ろに柱前に酒左右に女ふところに金 などと蜀山人がいっておりますけれども」)

【楽しみは春の桜に秋の月夫婦仲よく三度食う飯】たのしみははるのさくらにあきのつきふうふなかよくさんどくうめし) 五代目市川団十郎の作という。(落語・熊の皮「『楽しみは春の桜に秋の月夫婦仲良く三度食う飯』とか云いまして」)落語:たらちね

【楽しみはまづしきにあり梅の花】たのしみはまずしきにありうめのはな)(講談・左甚五郎「まあ、聞いておくんなさい。 楽しみは貧しきにあり梅の花 とはどうだな、あははははは」)講談:あやめ人形

【頼まれては越後から米搗きに来る】「たのまれてはえちごからこめつきにくる)「頼めば越後(信州)から米搗きに来る」切に頼めば、いかようの事にても叶うとの意。──【諺語大辞典】(落語・人形買い「みこまれたのア因果だ、なァ、頼まれりゃァ越後から米つきにくるってェたとえもあらァ」)落語:小いな、なめる 講談:太閤記、鼠小僧次郎吉、横谷珉貞、越後伝吉、赤穂四十七士

【頼みがたきは人心】たのみがたきはひとごころ)【意味】変わりやすいのは人心で、これほど頼みにならないものはない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・赤穂義士本伝「眞の忠義の者は百名足らず、頼み難きは人心」)

【頼む木蔭に雨漏る頼りなさ】たのむこかげにあめもるたよりなさ)木陰を頼って雨宿りすると、そこも雨が漏ってく る。頼みにしたあてがはずれることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「天の原曇れば悲し人しれず頼む木の本雨ふりしより」という古歌にちなむ。 「毛吹草」に「たのむ木のもとに雨もる」とある。(講談・天保六花撰「申さば、頼む木蔭に雨漏る心地、女の狭い量見から、とりつめまして、どういうまた変事がないとも申されません」)

【頼むとなれば犬も糞を食わぬ】たのむとなればいぬもくそをくわぬ)「犬モ頼メバ糞食ワズ」此方より 願い求むれば、高くとまりて容易に応ぜざるもんありとの意。乞食モ雇エバ冷飯食ワズと同義。──【諺語大辞典】【意味】こちらからもらってくれと頼むと、 相手はたとえそれが欲しい物であっても拒んでくる。こっちが下手に出ると相手はつけあがって、より過大な要求をするようになる、の意。(講談・小金井小次郎「あれだ、頼むとなれば犬も糞を食わぬと云ふが、友達甲斐のないのは長島だ」)

頼もう・ドーレ】(たのもう・どーれ)「頼もう」(頼マムの音便)他家を訪問して案内を請う時の語。「どうれ」(ダレ=誰の転という)武家時代、訪問者が「頼む」「頼もう」などと呼んで案内を請うた時、これに答える声。──【広辞苑四版】(講談・寛永御前試合「『頼うむ頼うむ』と、訪う者がある。一人の門弟が、『どーれ』と、玄関へ出て見ると」)

【煙草庖丁の柄のように太く短く】たばこぼうちょうのえのようにふとくみじかく)「煙草庖丁」煙草の葉を刻む時に使う庖丁。身が厚く幅が広く丈が短い。──【江戸語の辞典】(落語・もう半分「“煙草庖丁の柄のように…太く短く”なんてえ言葉があるがねえ…お前さんだってそうだろう」)落語:宮戸川

【旅の瘡は抜けない】たびのかさはぬけない) 俗信。(落語・蓄音機「旅の瘡は抜け無いと云ふから、女郎なんぞ買はずに辛抱してお出でヨ」)

【旅の恥はかき捨て】たびのはじはかきすて)旅行中には不面目の事も、さして後の恥辱とならずの意。──【諺語大辞典】(落語・京見物「構うものか。旅の恥は掻捨だ」)落語:京見物、朝這い、猿丸大夫 講談:相馬大作、小金井小次郎、本所五人男

【旅の留守家にも胡麻の灰がつき】たびのるすうちにもごまのはいがつき)(講談・越後伝吉「『旅の留守家にも胡麻の灰がつき』ということがあるから、殊によると、お前さんの留守中に何か悪い事でもしていたのかも知れませんよ」)

【旅に出たら火を見たら火事と思え、人を見たら泥棒と思え】たびにでたらひをみたらかじとおもえ、ひとをみたらどろぼうとおもえ)「火ヲ見レバ火事ト思エ」早く事前に注意すべし。「人ヲ見レバ盗賊ト思エ」軽々しく人を信用すべからずの意。──【諺語大辞典】(講談・水戸黄門旅に出たら火を見たら火事と思え、人を見たら泥棒と思えと、このような場合を云ったものでしょう」)

【旅は憂いもの辛いもの】たびはういものつらいもの)旅先には頼りとする人もなく、またその土地の事情も知らないのでとかく心配事や辛い事が多いものだ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・宿屋の仇討「昔から旅は憂いものつらいもの、ま、つらいものばかしじゃないでしょう、つらいことがある中にまたたのしさがあるところが旅なんでしょうな」)落語:朝這い、お玉牛、鼻ほしい、京見物 講談;:水戸黄門、小間物屋四郎兵衛 浪曲:正宗孝子伝

【旅は道連れ世は情】たびはみちづれよはなさけ)一人では何かと不安な旅でも、同行者がいれば心強い。世間を渡るにも互いに思いやりの心をもって助け合って行くのがよいの意。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・三人絵師「“旅は道連れ世はなさけ”と申しますように、気の合った者同士の旅はたのしいもので」)《い》講談:梁川庄八、大久保彦左衛門、奉行と検校、慶安太平記、富蔵藤十郎、越後伝吉、小間物屋四郎兵衛、大岡政談お花友次郎

【旅人は行呉竹の群雀泊まりては発ち泊まりては発ち】たびびとはゆきくれたけのむらすずめとまりてはたちとまりてはたち) 蜀山人の作か?(落語・三人旅「蜀山先生が旨い事を言ひました。『旅人はゆき呉竹のむら雀とまりては立ちとまりては立ち』」)落語:ねずみ、昔の詐偽=鬼薊の清吉、三人旅、京見物 講談:大石東下り

【足袋をはいて寝ると親の死に目に会えない】たびをはいてねるとおやのしにめにあえない)俗信。(落語・佃祭「ェェあの、寐るのに足袋ィはいて寐ると親の死に目にあえない……のぼせるからとか、コハゼでけがァするとかいわれるより、親の死に目にあえないてえと、こいつァたいへんだと思います」)

【たまか】たまか)1.倹約すること。つましいこと。金銭にこまかいこと。2.勤勉。実直。──【江戸語の辞典】(落語・質屋庫「どうするのかてえとそこは女てえものはたまかなもんだ」)落語:お化け長屋、お七、牡丹燈籠、三助の遊興 講談:真柄のお秀

【卵を以て巌石に打ちつけるが如し】たまごをもってがんせきにうちつけるがごとし)「卵デ石ヲ打ツガ如シ」直ちに粉砕するをいう。──【諺語大辞典】 「石もて鶏卵(とりのこ)を圧す」と曲亭馬琴はよく使う。(講談・太閤記「この小勢を以て今川の大軍に向ふは、宛も卵を以て巖石に打附るが如し」)

訛す狐が訛される】だますきつねがだまされる)(講談・山中鹿之助誑す狐が誑されるとは夢にも知らない兩人は大きな盃へ滿々と受け、ガブガブ飲み始めました」)

【玉なし】たまなし)元も子も無くすこと。皆無。ふい。台なし。──【江戸語の辞典】(講談・天保六花撰「娘一人を玉なしにしなければならぬと」)講談:関東七人男、清水次郎長

【民は国の基】たみはくにのもとい)「民は国の宝」人民は国にとってかけがえのない財宝である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・水戸黄門「如何に備前民は國の基といふことを知り居るであらう」)

【ため息は命を削る鉋かな】ためいきはいのちをけずるかんなかな)(講談・安政三組盃「ため息はいのちを削る鉋かな、と申しますから、必わるい時にでるもんで」)

便りのないのは無事の証拠(落語・鼠穴)

【だらすけ】陀羅尼助(だらにすけ)の略。黄栢、当薬などの煎汁を煮詰めたもの。黒色の塊で苦味が強く、腹痛薬に用いる。大峯参りの 土産物とする。──【江戸語の辞典】編者注:陀羅尼(梵文を原語で音読するお経)を読むとき、眠気よけに僧侶が用いたという。(落語・真景累ヶ淵「黒丸子 (くろぐわんじ)の様なもので苦い藥で、だらすけみたいなもので」)

【他を諷して悟らしめる】たをふうしてさとらしめる)(講談・朝顔日記「是より次郎左衛門が、愈々奇才縦横、他を諷して悟らしめると云ふ筆法に出で、光政公を改悛させしめ」)

【短気は損気】たんきはそんき)「短慮功ヲ成サズ」ともいう。──【諺語大辞典】、短気を起こすと結局は自分の損になる。短気を戒めていう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・天災「短気は損気ということがあるから、気を荒くもってはいけません」)落語:熊の皮、市助酒

【男子三十にして室あり】だんしさんじゅうにしてしつあり)(講談・近江聖人「これは禮記に『男子三十にして室あり』とある、之に依つて三十にして妻を娶つたものと見えます」)

【断じて行えば鬼神も之を避く】だんじておこなえばきじんもこれをさく)(「鬼神」は神々。また、鬼。恐ろしい神)あえて断行するならば、鬼神でさえもこれをさまたげないものである。(講談・太閤記鬼神も三舎を避くる武者振りに、さしもの大軍も手を出す勇氣もございません」)

【男子成すときに成さざれば千歳の悔いあり】だんしなすときになさざればせんざいのくいあり)(講談・相馬大作男子なすべき時になさざれば、千歳の悔いありとか、万歳の唄ありとか申します」)

【男色は武道の花】だんしょく〔なんしょく〕はぶどうのはな)昔の武将や僧侶は同性愛に美学を見出していた、ということを示すことわざ。(講談・難波戦記「我朝に於て男色は武道の花とか申して、決して恥入る次第ではなく」)

【男女七歳にして席を同じうせず】だんじょ〔なんにょ〕しちさいにしてせきをおなじゅうせず)  ここでいう「席」は茣蓙やむしろ(一枚に四人座れる)。男女は七歳になったら同席してすわらない。七歳にもなれば男女の別を正しくすべきであるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・宮戸川男女(なんにょ)七歳にして席を同うせず、剰へ夜分婦人(をんな)を連れて人の家へ泊りに往けば、善悪に拘らず、夫はいけません」)落語:おすわどん、牡丹燈籠 講談:由井正雪岡野金右衛門赤穂四十七士伝、本所五人男、安政三組盃、大岡政談お花友次郎

【旦那場】だんなば)商人・職人などが得意先を敬って呼ぶ語。──【江戸語の辞典】(落語・文七元結「おい、ここはねえ、親父の大事なお店だよ。その旦那場へ来て、そのおめえ、女将さんよりか上座へ座って、おめえ、めそめそ泣いてちゃいけないよ」)

【短兵急に】たんぺいきゅうに)急。にわか。気早や。せっかち。──【江戸語の辞典】(落語・唐茄子屋「俺だって、齢をとってらあ、そう短兵急に行くか」)講談:難波戦記

【短慮功をなさず】たんりょこうをなさず)「短気ハ損気」を見よ。──【諺語大辞典】、短慮の者は事を成就させることができない。事をなそうと思ったら、じっくりとよく考えよということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・赤穂義士本伝「短慮功をなさずとやら、わずか一日か二日のところを御辛抱あそばさるれば、御先祖の名も汚さず役目も相勤まり、上首尾になるべき所」)講談:太閤記、関東七人男、大石内蔵助

 トップヘ

広告を非表示にする