読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【ちぎっては投げちぎっては投げ】ちぎってはなげちぎってはなげ) 「つかんでは投げ、とっては投げ、ちぎっては投げ」(講談・伊賀の水月)などともいう。(落語・うそつき弥次郎「小脇に抱えた岩をちぎっては投げ、ちぎっては投げ」)

【治極まって乱となり、乱極まって治となる】ちきわまってらんとなり、らんきわまってちとなる)(講談・猿飛佐助「治極まって乱となり、乱極まって治となる大徳寺焼香場に於ける秀吉の計略は巧く当たり」)

【畜生のあさましさ】ちくしょうのあさましさ)「凡人ノアサマシサ」ともいう。──【諺語大辞典】畜類の、無遠慮で愚かなさま。また、心がいやしくさもしいさまをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・千早振る「そこが畜生のあさましさだ」)

【竹馬の友】ちくばのとも)少時よりの親友。──【諺語大辞典】(落語・馬のす「俺ァお前の竹馬の友だから、お前に話するン……」)

知仁勇の三徳】(ちじんゆうのさんとく) 「論語」の「知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず」に由来か。(講談・寛永御前試合「この知仁勇の三徳備わって徳川の天下は安泰になった」、猿飛佐助「智仁勇三徳兼備の麒麟児といわれたる若大将」、鉢の木「智仁勇三徳兼備の良将なれば」)

【治にいて乱を忘れず】(ちにいてらんをわすれず)太平の世にあるも、乱世の備を怠るべからず。──【諺語大辞典】 「易経」より。(落語・目黒のさんま「なぜなれば、その方は治にいて乱を忘れずというところの心がけが少ない」)

【地に面形を付けんばかりに】ちにめんがたをつけんばかりに)(講談・梁川庄八「庭に面型を附けんばかりにして只管詫び入ります」)

【血の雨が降る】ちのあめがふる)「血ノ雨ヲ降ラス」惨殺すること。──【諺語大辞典】(講談・関東七人男「ことによると御支配地の高阪に、血の雨が降るだろうと存じます」)

【智は諫を防ぐに足る】ちはいさめをふせぐにたる)(講談・木村岡右衛門「アハハハハ、智は諫を防ぐに足るとは貴公のことであろう、似(非?)忠臣の犬侍、腰抜け武士の木村氏」)

【血振いをする】ちぶるいをする)刀で人を斬った後、その血を振るい落とすこと。──【広辞苑四版】(講談・寛永御前試合「十三郎ざまを見ろと大刀の血振るいをして、打ち壊したる枝折戸から十三夜の月明かりをさいわいに、長野原を落ちのびました」)

【ちぼ】ちぼ)掏摸。──【大阪ことば事典】(落語・一文笛「実は、私は、大阪のスリでおまんね、掏摸(ちぼ)で……」)

【血道を上げる】ちみちをあげる)色恋に夢中になって逆上する。あることに熱中して分別を失う。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・関東七人男「おやまさんは今、猪之松に血道を上げているのだな」)

【血みどろ血がい】ちみどろちがい)(「血がい」は「血滴」=ちあえの意)「血みどろ」を強めていう。からだじゅう血だらけになること。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「~血んがい」ともいう。(講談・小金井小次郎「血みどろ血がいとなつて居る有様を見て屹となつた」)

【茶の熱いやつは癇癪にさわる】ちゃのあついやつはかんしゃくにさわる)(落語・猫の皿「あんまり熱いやつはいけねえんだ。茶の熱いやつは癇・癪にさわってネ」)

【茶腹も一時】(ちゃばらもいっとき)【意味】茶を飲みても、一時の飢は凌ぎ得べし。「湯腹モ一時」ともいう。──【諺語大辞典】 「〜酒腹も一時」とも。「〜水腹も半時」と続く。(落語・万金丹「“茶腹も一時、水腹も半時”てえから、流れさえ見りゃァがぶがぶやってみるが、どうもあいつァ腹へたまらねえなァ」)

【チャラポコ】(ちゃらぽこ)【意味】「ちゃら」。ごまかし。うそ。でたらめ。口から出まかせ。深川の岡場所語。──【江戸語の辞典】(講談・真柄のお秀「家の旦那のチャラポコは国で評判者だ」)

【茶を飲んで気心知れるには三月、酒を飲んで気心知れるには三日で済む、男女は一晩で気心が知れる】ちゃをのんできごころしれるにはみつき、さけをのんできごころしれるにはみっかですむ、だんじょはひとばんできごころがしれる)(講談・慶安太平記お茶を飲んで気心知れるは三月かかると申しますが、酒を飲んで気心知れるには三日ですむと申します。男女は一晩で気心知れると申しますが、由井正雪は一日にして丸橋忠弥の魂を奪ってしまった」)

【忠孝両道は全からぬもの】ちゅうこうりょうどうはまったからぬもの)「忠孝両全」忠義と孝行と、両方ともに完全であること。忠義と孝行は完全に一致して矛盾のないものであるから、孝行が完全ならば、自然に忠義も完全になる。──【故事俗信ことわざ大辞典】←はずなのだが、実際はそううまくいかない。(講談・寛永三馬術忠孝兩道は全からぬもの、忠ならんとせば孝の道を缺き、孝ならんとせば忠義の二字を失ふ」)

【忠臣(は)二君に仕えず(、貞女は二夫に見えず)】ちゅうしん〔は〕じくんにつかえず、ていじょはじふにまみえず)忠義な臣下は一度仕えた以上、主君を他に変えることをしない。貞操堅固な女は、夫を持ったら、離別・死別しても別の夫を持つことはしない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」には「けんじんは二君につかへす」とある。(講談・名月若松城忠臣は二君に仕えずとの教えもあり、殊には伊勢松ヶ崎に於ては、拙者一存にて退散は仕りましたなれど」)

【忠臣は孝子の門より出ずる】ちゅうしんはこうしのもんよりいずる)主君に忠義を尽くすような人物は、かならず親に孝行な者である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・二十四孝「『孝は百行の本、忠臣は孝子の門より出ずる』といって、身上(みじょう)の正しい者はみんな孝子だ」)

【ちゅうちゅうたこかいな】ちゅうちゅうたこかいな)子供がおはじきなどの数を二つずつ口で唱えながら数えるときに、二、四、六、八、十というかわりに用いることば。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・芝浜「勘定してみるからさァ……ちゅう、ちゅう、たこ、かい、な」)

【忠ならんと欲すれば孝の道にそむき、孝ならんとせば忠義の二字を失う】ちゅうならんとほっすればこうのみちにそむき、こうならんとせばちゅうぎのにじをうしなう)「忠ならんとすれば孝ならず孝ならんとすれば忠ならず」 主君に忠節を尽くそうとすれば、親の意思にさからうことになって不孝となり、親の意に従おうとすれば、主君にそむいて不忠になるという、進退きわまった状 態。「平家物語」の平重盛の言葉に由来。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永三馬術「忠孝両道は両立しないものか。忠ならんと欲すれば孝の道にそむき、孝ならんとせば忠義の二字を失う」)

【仲人は時にとっての氏神ちゅうにんはときにとってのうじがみ)「挨拶ハ時ノ氏神」喧嘩口論の時に調停仲裁しくるゝ人あらば、それを其時の氏神と思いて、其意に従うべしとの意。──【諺語大辞典】 「仲裁は時の氏神」「仲人は時の氏神」とも。(落語・子別れ「『仮にも“仲人は時の氏神”て…』『氏神もねえもんだい、渋ッ紙でこしれえた蛇(じゃ)みてえな面ァしやがって』」)

【嘲斎坊】ちょうさいぼう)(嘲されの擬人名語か)なぶりものにされる人。ばかにされる者。ばか。──【江戸語の辞典】(講談・小間物屋四郎兵衛「オイ佐吉、お前は家主を嘲斎坊にするのウ」)

【丁字が立つ】ちょうじがたつ)「丁字頭生ずれば吉事あり」丁字頭=燃えさしの灯芯の先にできた固まり。形が丁子の実に似ているところからいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・三枚起請「そしたらね、すゥッと丁字が立ったからねェ、あァ、こりゃきっと待ち人がくるなッと、こう思ってたらねェ」)

【長者の万燈より貧者の一燈】ちょうじゃのまんとうよりひんじゃのいっとう)「〜貧女ノ一燈」ともいう。物の多きより志の深さを貴ぶ喩。──【諺語大辞典】 「毛吹草」には「ちやうしやのまんどうひんによ(貧女)の一とう」とある。(落語・しじみ売り「なア、それだって“長者の万燈より貧者の一燈”とな」)

【長寿をすれば恥多し】ちょうじゅをすればはじおおし)「命長ければ恥多し」長生きすれば何かにつけて恥をかく機会が多い。──【故事俗信ことわざ大辞典】編者注:「荘子」より、「寿則多辱」。(講談・夕立勘五郎「『どうも今度はお身内が些つと許り宜くなかつたな』『ウム長壽をすれば恥多しだな』」)

【喋々喃々と語らう】ちょうちょうなんなんとかたらう)「喋々」しきりにしゃべるさま。 「喃々」は小声でしゃべる意。男女がたのしげに語りあうさま。──【広辞苑四版】(落語・ 五人廻し「彼は娼妓の待遇によって喜悦の眉を開いて胸襟をひらき、狂喜乱舞、喋喋喃喃と語らいつつある」)

【丁々発止】ちょうちょうはっし)刀などで互いに打ち合う音。また、激しく打ち合う様子。──【広辞苑四版】(講談・鈴木重八「水車のごとく薙刀を振りまわす奴を相手に取って、丁々発矢、丁発矢」)

【提灯に釣鐘】ちょうちんにつりがね)不権衡なる喩。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・山崎屋「お宅さまとあっしどもじゃ…“提灯に釣鐘”で、こんなに桁が違います」)《い》

【町内で知らぬは亭主ばかりなり】ちょうないでしらぬはていしゅばかりなり)(落語で頻発する)川柳。The good man is the last knows what's amiss at home.──【諺語大辞典】(落語・紙入れ「昔の人はうめえ事をいつたな、町内で知らぬは亭主ばかりなり、とは知らず扨留守中は御世話様 川柳なんてえものは穿つたもんだな」)
 
丁場】(ちょうば)宿場と宿場の距離。転じて、みちのり。馬子・駕舁等の用語。──【江戸語の辞典】「長丁場」は今も使われる語である。(落語・船徳「しっかりしとくれよ。もうひとっ丁場だよ」)
 
【長松が親の名で来る御慶かな】ちょうまつがおやのなでくるぎょけいかな)編者注:芭蕉の門人・ 志太野坡(しだやば・一六六二~一七四○)の句。(落語・御慶「あゝ、 じゃどうだい、『長松が親の名で来る御慶かな』」)

【蝶よ花よ】ちょうよはなよ)わが子、特に娘をひととおりでなくかわいがって大事にするさまをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「蝶よ花よと成長を楽しんで」ほか)

【直言の功は一番槍に勝る】ちょくげんのこうはいちばんやりにまさる) 徳川家康のモットーのひとつ。(講談・鯉の久三「徳川家康公の御言葉に、『直言の功は一番槍に勝る』と申されて居る。まことに、味のある一言」)

【猪口才】ちょこざい)生意気。こしゃく。武士詞。──【江戸語の辞典】(講談・越後伝吉「猪口才な奴……ジタバタ騒ぐなッ」)
 
ちょっくらちょい】(ちょっくらちょい)「ちょっくら」=ちょっと。ちょいと。手軽に。簡単に。──【江戸語の辞典】よって、同義語を重ねた強調表現。編者の出身地(愛知県東三河)でもたまに聞くが、「ちょっこらちょい」とやや日向臭く訛る。(落語・大山詣り「髪の毛なんかそうちょっくらちょいと伸びるもんじゃあねえ」)
 
【チョックラ持】ちょっくらもち)隙をねらって見て他人の物を盗むこと。持逃げ。かっぱらい。──【江戸語の辞典】(講談・八百蔵吉「与八さんだつてチヨツクラ持位えはやるだろうよ」)

【チョボイチ】ちょぼいち)一個の賽で勝負する博奕。また、賽博奕、賭事の総称。ぺてん師。人を罵っていう語。──【江戸語の辞典】(落語・錦の袈裟「そんなオツな真似をされて黙つて居るてえチヨボイチはねえから」)

チョロッカ】(ちょろっか)弱小なさま。なまやさしい。簡単。取るに足らぬ。──【江戸語の辞典】(講談・関東七人男「島台を飾って高砂やァと謡をうたって一緒になった、そんなチョロッカな夫婦じゃございましねぇ」)

【チリカラタッポ大陽気】ちりからたっぽおおようき)【意味】「ちりから」1.二挺鼓すなわち小鼓を肩に大鼓を脇の下にはさんで打つこと。チリ・カラはその音色についていう。2.特に長唄の囃子。──【江戸語の辞典】「チリカラタッポ、スッテケスッテケの~」とも。(落語・親子茶屋「両側の茶屋で、チリカラタツポ、スツテケスツテケの大陽気」他)

【塵っぱ】ちりっぱ)「塵っ葉」(「塵端」の俗訛)塵を強めていう。極小・極少のたとえ。──【江戸語の辞典】(講談・正直車夫「俺はなぁ、貧乏したって人様のものなんか塵っぱ一つでもさむしい心は持たねえよ」)

【塵も積もれば山となる】ちりもつもればやまとなる)微小なものでも数多く積み重なると高大なものになるたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・山崎屋「戴き物をポツポツ貯めて置いたのが、塵も積つて山とかで大きなものじやァありませんか」)《い》

【血を見て落着くのが武家の習い】ちをみておちつくのがぶけのならい)(落語・胴取り「目にも止らん位の早業、血を見て沈着くのが武家の習い」)

沈魚落雁閉月羞花ちんぎょらくがんへいげつしゅうか)「沈魚落雁」美人の形容。之に続きて閉月羞花ともいう。──【諺語大辞典】「羞月閉花」という例も(講談・鹽原高尾)。(講談・安政三組盃「逢ってみると、じつに沈魚落雁閉月羞花、どうもなんともかともたとえようのない美人」)

【ちんちん鴨々の小鍋立て】ちんちんかもかものこなべだて)「ちんちんかも」語源未詳。男女の交情の極めて深いさ ま。「かも」を畳語「かもかも」→「鴨」とし、その肉を小鍋で煮て食い合うの意としたのが「〜の小鍋立て」。──【江戸語の辞典】(ちんちん鴨々=講談・ 大岡政談お花友次郎「きつと伝通院前の魚屋與吉の家におかねが預けてあるから、そこへ行ってもぐりこんで、ちんちん鴨々で乳繰り合つて」)(落語・庖丁「又二人でちんちん鴨で居ると、何を思つたか表の格子をがらりと開けて」)

【狆猫婆】ちんねこばばあ)【意味】「狆猫婆子供いやいや」という諺の冒頭部分。「酒の席では狆猫婆」とも。いずれも酒席に出ては興ざめするもの。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・二度目の清書「太夫をつれてきて酒を飲む座敷に、狆猫婆ァなぞはおらぬ方がよいかと心得ます」)

トップヘ

広告を非表示にする