読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【戸板の上へ飴菓子を並べて売っても】といたのうえへあめがしをならべてうっても) (講談・祐天吉松「假令戸板の上へ飴菓子を並べて商うても堅氣は堅氣、立派な商人でございませう」)講談:水戸黄門、浜野矩随

【どういう風の吹き回し】どういうかぜのふきまわし)「ドウシタ風ノ吹キ回シカ」思い設けぬ人の偶々来れる場合にいう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「どう言ふ風の吹き廻しかなんて、鉋屑ぢやアないよ」)

【唐辛子羽をつけたら赤蜻蛉】とうがらしはねをつければあかとんぼ)編者注:戯句。其角・芭蕉の師弟が戯れにやりとりした句による、という。「赤蜻蛉羽ヲ取ッタラ唐辛子」形の似たるをいう。──【諺語大辞典】(落語・ぢぐち「『唐辛子羽根をつけたら赤蜻蛉』といふと句が活ると…」=地口合せ)

【(同気相求め同病相憐れむ】どうきあいもとめ、どうびょうあいあわれむ)「同気相求ム」類ヲ以テ集マルと同意。──【諺語大辞典】 「易経」より。「同病相憐レム」苦痛を同じくする者は、互に思いやりあるをいう。──【諺語大辞典】(講談・三家三勇士「それは定めしお困りでござろう、同病相憐むとか申す、幸いにして服みよき薬がござる」)落語:永代橋 実録:妲己のお百

【どうしてくりょう三分二朱】どうしてくりょうさんぶにしゅ)(落語・鼠穴「もうわずかで手が届くんですが、この死刑にするわけにはいかない。で、どうしてくりょう三分二朱なんてえのは、これからできたことばだてえますが」)落語:転宅、花瓶、テレスコ

【燈台下暗し】とうだいもとくらし)遠きことに明にして近きに暗きをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・赤垣源蔵「成程、手元にあるのか。気が附かなかつた。所謂燈台下暗しだ」)《い》落語:九段目 講談:伊賀の水月、大久保彦左衛門、太閤記相馬大作妲己のお百、小金井小次郎、大岡政談お花友次郎

【騰蛇の雲を起し、奮虎の翼を生ぜし如く・酔象の浪を蹴立て、狂獅の巌を伝うもかくやらん】とうだのくもをおこし、ふんこのつばさをしょうぜしごとく・すいぞうのなみをけたて、きょうしのいわおをつたうもかくやらん)(講談・太閤記「男盛りの勇将、騰蛇の雲を起し奮虎の翼を生ぜし如く、勢ひ猛く切つて廻り突いて掛れば」)

【道中師】どうちゅうし)(「師」は当字。動詞「する」の連用形名詞)飛脚や荷宰領の類。街道を往復するを業とするのでいう。──【江戸語の辞典】(落語・三人旅「あかるいとも、道中師てえくれえだ、馬鹿にすンなこの野郎」)

【道中で人を見たら盗賊と思え、火を見たら火事と思え】どうちゅうでひとをみたらとうぞくとおもえ、ひをみたらかじとおもえ)(講談・清水次郎長「世のたとえにも、道中をして人をみたら盗賊と思え、火をみたら火事と思えという位だから、ムヤミに人に金なんぞをかしたり何かしちゃァいけないよ」)

【如何で有馬の水天宮】どうでありまのすいてんぐう) 「どうで有馬の大入道」(入湯にかけている)とも。「恐れ入谷の鬼子母神」と同じ趣向。(落語・ぢぐち=地口合せ)

【十で神童、二十歳で才子、二十五になりゃ只の人】とうでしんどう、はたちでさいし、にじゅうごになりゃただのひと)「十で神童十五で才子二十歳過ぎては只の人」幼い頃は並はずれた秀才だと思われていた子どもが、成長するにつれて次第に平凡な人間になってしまう例が多いというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・堀部安兵衛 「餘り幼少の内に悧巧な者は成長するに從つて左程でもなくなる者が多い。十歳で神童、廿歳で才子、廿五になりや只の人と云ふ都々逸がある」)

【唐茄子のきらいな女房うちがもめ】とうなすのきらいなにょうぼううちがもめ)(落語・唐茄子屋「唐茄子のきらいな女房うちがもめ……という川柳もございます。女の人は唐茄子が好きでなければいけない」)

【問うに落ちず、語るに落ちる】とうにおちず、かたるにおちる)人に問わるゝ時は、注意して秘密を洩らさざれども、何心なく語る時に、覚えず事実を暴露するをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にも「とふにおちぬはかたるにおつる」とある。(講談・亀甲縞治兵衛「餘りと言へば方外なる仕打、問ふに落ちず語るに落つるとは、貴様の事だ、さアどうだ、申開きがあるか」)落語:高田の馬場、四段目

【塔は地輪から】とうはじりんから)「塔は下から組め」高い塔を建てるには土台からしっかり組み固めよ。物事はまず土台をしっかりかためてからすべきであるというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「塔ハ下カラ組メ」とも。──【諺語大辞典】(落語・左甚五郎「塔は地輪から、という。五重の塔は天辺からこしらえるもんじゃねえ。下から組み上げて五重の塔が出来る。な?」)

【問うは当座の恥、問わずは末代の恥】とうはとうざのはじ、とわずはまつだいのはじ)「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥」に同じ。知らずということを恥じて、一生無識の恥を取る勿れ。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「とふは一たんのはちとはぬはまつだいのはぢ」とある。(落語・猪買い「問うは当座の恥、問わずは末代の恥ということがある。な? よう聞いて行きなはれや」)落語:米揚げ笊

【豆腐の角へ頭をぶつけて死んでおしまい】とうふのかどへあたまをぶつけてしんでおしまい)「豆腐で頭を打って死ね」たやすいことができない者や簡単なことを失敗した者などをののしることば。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・穴どろ「お前のやうな者は生きて居る甲斐がないから、豆腐の角へでも天窓を打附けて死んでお終へ」)

唐変木とうへんぼく)田舎者。野暮。まぬけ。気の利かぬ人。偏窟な人。その罵語。──【江戸語の辞典】(講談・小金井小次郎「何を吐きやがるんでい唐變木」)講談:鈴木重八

【稲麻竹葦(と取り囲み)】とうまちくい)稲と麻と竹と葦。どれも群生するところから、多くの人や物がぎっしり立ち並んでいるさまや入り乱れているさま。また、幾重にも取り囲むさまのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記「上方の大軍、山中城稲麻竹葦と取囲み晝夜を分たず攻め立てましたので」)講談:難波戦記冬合戦

【道楽の子ほど可愛い】どうらくのこほどかわいい)(落語・福禄寿「“道楽の子ほど可愛い”ということが言ってありますが」)

【道楽の理に落ちたのが茶の湯なり】どうらくのりにおちたのがちゃのゆなり)「理に落ちる」話などが理屈っぽくなる。──【広辞苑四版】(落語・茶の湯道楽の理に落ちたのが茶の湯なり という川柳がございます」)

【道楽は「道を楽しむ」、また中には「道に落ちる」】どうらくはみちをたのしむ、またなかにはみちにおちる)(落語・相撲の蚊帳「道楽とは道を楽しむ、亦中には道に落ちるとか云ふ事を言ひますが」)

【蟷螂蝉を窺えば夜鳥蟷螂を窺う】とうろうせみをうかがえばやちょうとうろうをうかがう)目前の利に心を奪われて身に迫る危険に気づかないことのたとえ。また、人をねらう身はまた人からねらわれる身であるというたとえ。「莊子・山木」の故事による。──【故事俗信ことわざ大辞典】(実録・妲妃のお百「蟷螂蝉を窺へば夜鳥も蟷螂を窺ふの譬の如く、袋井の宿にて山賊共は徳兵衛夫婦の衣類を始め懐中爲し金銀を奪はんとせしに、往來の武士の力量に痛く懲しめを受けて逃去ぬ」)

【蟷螂の斧をもって龍車に向かう】とうろうのおのをもってりゅうしゃにむかう)「蟷螂ノ斧」自己の才力を顧みず、軽々しく大敵に手向うに喩う。──【諺語大辞典】 正しくは「隆車」であるという。蟷螂はかまきり、龍車(隆車)は高く大きな車。弱い者が身の程を弁えずに、強大な者に立ち向かう様子を例えた表現。「毛吹草」にもある。(講談・赤穂義士本伝「却ってトウロウが斧の受けるようなことは御免こうむる」)落語:蚊いくさ 講談:清水次郎長、梁川庄八、大石内蔵助、三家三勇士、加賀騒動

【遠い親戚より近くの他人】とおいしんせきよりちかくのたにん)「遠くの親類より近くの他人」遠方の親戚よりも近所の他人の方がなにかのちのたよりになる。また、疎遠な親類よりも親密な他人のほうがかえって助けになる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「とをきおや子よりちかき隣」とある。(落語・真景累ヶ淵「お長屋の衆も親切にして下すつて、遠くの親類より近くの他人」)《い》落語:一人酒盛 講談:本所五人男

【遠き慮なき時は必ず近き憂いあり】とおきおもんばかりなきときはかならずちかきうれいあり)【意味】「遠慮ナケレバ必ズ近憂アリ」[論語]人無遠慮、必有近憂。「遠キ慮ナキ者ハ近キ憂アリ」軽率に事を為す時は、禍害を招く。──【諺語大辞典】(講談・佐倉宗五郎「この廻文を見ると、眉を顰めて考へ出した、人遠き慮無き時は必ず近き憂ありといふ」)講談:由井正雪

【遠くて近いは男女の仲、近くて遠いは田舎の道)】(とおくてちかいはだんじょ〔なんにょ〕のなか、ちかくてとおいはいなかのみち) 「~男女の間~」とも。「遠くて近いは男女の中」男女の中は一見かけ離れているように見えて、意外に結ばれやすいこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】古 くは「遠くて近きもの 極楽。舟の道。人の中。」と「枕草子」にある。(落語・小言幸兵衛「なんの事ァない、猫の前に鰹節を置いとくようなもんだ。なあ?  『遠くて近いは男女(なんにょ)の中、近くて遠いは田舎の道』…これはお前なんだよ、くっつくよ」)落語:お直し、立切れ、吉住万蔵、庖丁、雷飛行、乾草車 講談:梁川庄八、岡野金右衛門水戸黄門〜出世の高松、鈴木重八、加賀騒動、重の井子別れ、天明白浪〜八百蔵吉、越後伝吉

【遠出(目)山越し笠の内】とおでやまこしかさのうち)遠くから見たり、山越しに見たり、笠の中をのぞいたりするときのように、物がはっきり見えないこと。(落語・高田の馬場「ご用とお急ぎでない方は、よッく見ておいで、遠出山越し笠のうち、物の文色と見分けがわからん」)

【とかく仕事の良い奴は怠ける】とかくしごとのいいやつはなまける)(講談・三村次郎左衛門「早く早くというんだがの、とかく仕事のよい奴は怠けるものでの」)

【どがちゃが】どがちゃが)どさくさ。物事が混乱するさま、ごまかすさまなどをいう。──【大阪ことば事典】(落語・味噌蔵「番頭に向かって帳面をどがちゃがにして、うまいものを食わせろとはなんたることを言いなさるんだい」)

【ドカンボコン】どかんぼこん)身投げ(の音)。(落語・文七元結「ここからどかんぼこんを決めようてんだろ?」)

【時の天下に日の奉行】ときのてんかにひのぶぎょう)「時ノ代官、日ノ奉行」其日其時の権力ある者に従うべしとの義。──【諺語大辞典】(講談・笹野名槍伝「それがな旦那はん、時の天下に日の奉行や」)

【時は得難く失いやすし】ときはえがたくうしないやすし)好機はなかなかめぐって来ないし、たとえ来たとしても、油断していると、すぐとりにがしてしまう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記「今宵の軍は天下の落去、時は得難く失ひ易し、猶豫は後悔の始めでござる」)講談:紀伊国屋文左衛門、太閤記由井正雪、義士討ち入り

【時世時節】ときよじせつ)何事も其時々の運命なり。──【諺語大辞典】編者注:「~と諦めさんせ屋形舟さえ大根積む」などという。(講談・祐天吉松「何のお前、そりア時世時節で仕方ないやねえ」)落語:牡丹燈籠 講談:寛永三馬術、梅ヶ枝仙之助、西郷南洲、重の井子別れ

常磐なす松のみどりも春くればなほ一しほの色まさりけり】ときわなすまつのみどりもはるくればなおひとしおのいろまさりけり) (講談・仏の作蔵 「サラサラと扇面に筆を運びます。常磐なす松のみどりも春くればなほ一しほの色まさりけり 書き終つて墨の乾くまでジツと眺めてゐる作之進」)

常磐なる国にかへらん雁のしばし休らふ函館の松】ときわなるくににかえらんかりがねのしばしやすらうはこだてのまつ) (講談・水戸黄門「雁が捨てて行く粗朶を以て焚く、それであるから、 常磐なる國にかへらん雁のしばし休らふ函館の松 といふ歌がございます」)

【毒ある花は人を悦ばせ、針ある魚は汀に寄る】どくあるはなはひとをよろこばせ、はりあるうおはみぎわによる)(実録・大岡政談越後伝吉「成程お専が言ふ如く毒ある花は人を悦ばせ針ある魚は汀に寄る骨肉なりとて油斷は成じ」)

【毒気を吹きかける】どくけをふきかける) 「毒気」の読みは「どっけ」が正しいか。「毒気に当てられる」非常識な、また予想外の相手の言動に呆然とするさま。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・狂歌家主「俺ァ家主の顔を見るてえとね、毒ッ気を吹っかけやんからねえ、ものが言えなくなっちまうんだよ」)

【毒蛇の口を脱れる心地】どくじゃのくちをのがれるここち)辛うじて危険を脱することのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・伊賀の水月「桜井兄弟、毒蛇の口を脱れる心地」)

【毒薬変じて薬となる】どくやくへんじてくすりとなる)害となるものが、一転して有益なものに変わることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(講談・寺井玄渓「ハイ、毒薬変じて薬となることもあると聞きましたが」)講談:寛永三馬術

【毒を食らわば皿まで(舐れ)】(どくをくらわばさらまで)毒を食った以上、同じ死ぬなら、その皿まできれいになめてやれ。いったん悪事を犯したからには、あくまで悪に徹しようというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「どくくはゞさらねぶれ」とある。(講談・夕立勘五郎「毒を食はゞ皿までと、是から先どんな惡いことをしねえとも限らねえ」)落語:札所の霊験、怪談市川堤、真景累ヶ淵 講談:朝顔日記、相馬大作、夕立勘五郎、小金井小次郎、宮本武蔵

【毒を以て毒を制する】どくをもってどくをせいする)悪人を除くに悪人を以てするようの喩。──【諺語大辞典】(講談・笹川繁蔵「所謂『毒を以て毒を制する』の法でございましたろうが」)落語:居残り佐平次

【解ければ早き東南東風】とければはやきいなさごち)(講談・笹野名槍伝「既に命の遣取りとなつたのが解ければ早き東南東風、茲に義兄弟の盃を酌み交しましたのは、奇しき縁でございます」)

【何處の馬の骨】どこのうまのほね)人の身分血統の知れざるをいう。──【諺語大辞典】(講談・小金井小次郎「お前さん方は何所の奴なんです、何處の馬の骨……」)落語・三方一両損

【所阿呆払い】ところあほうばらい)「阿呆払い」武士に対する追放刑の一。大小両刀を取り上げ、裸にして割り竹で叩き。古着に縄帯をしめさせて追放する。町人にも適用された。──【江戸語の辞典】 「門前阿房拂い」とも。(落語・百人坊主「此村を阿呆払いにされたら無宿者になる」)講談:小金井小次郎

【所変われば品変わる(ところによって唱えが変わる)(、浪花の葦は伊勢の浜荻)】(ところかわればしなかわる、なにわのあしはいせのはまお落語:双ぎ)所々によりて習俗の異なるをいう。──【諺語大辞典】 「草の名も所によりてかはるなり、なにはのあしも伊勢の はまをぎ」(救済)に由来。前半がことわざとなって使われる。「所変われば名も変わる」(講談・玉菊燈籠)とも。(講談・新門辰五郎「『ところ變れば品變る、浪花の蘆は伊勢の濱荻』で、どうも地方言葉で仕方がない」)落語:三十石夢の通い路、佐々木裁き、テレスコ、後の船徳、英国の落話、うそつき弥次郎 講談:水戸黄門、梁川庄八、相馬大作、寛永三馬術

【処で吠えぬ犬はない】ところでほえぬいぬはない)「我門デ吠エヌ犬ナシ」人皆自己の家にては勇者なりとの意。──【諺語大辞典】(落語・鴻池の犬「処で吠えん犬はないちゅうわい、お前らかてよその土地へ行ったらおんなじ目にあうのやがな」)

【ドジッぽい】どじっぽい)「どじ」(一説に鈍遅の字音かというも、擬態語で、どぢぐぢ、どぢどぢ等と同源語)愚鈍なこと。気の利かぬこと。とんま。まぬけ。──【江戸語の辞典】(講談・安政三組盃「背負物をすると、誰でもドヂッぽくみえるのがあたりまえ」)講談:稲葉小僧新助

【年は老れども勇士と鉄は朽ちぬ】としはとれどもゆうしとくろがねはくちぬ)「黄金と侍は朽ちても朽ちぬ」黄金がその輝きを失わないように、武士の名誉も永久に朽ちることがない。侍と黄金は朽ちても朽ちぬ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「侍と金は朽て朽せぬ」とある。(講談・勝田新左衛門年は老れども勇士と鐵(くろがね)は朽ちぬといふ比喩がござるが」)

【年は二八か二九からぬ】としはにはちかにくからぬ) 「憎からぬ」の洒落。(講談・大岡政談お花友次郎「この方に妹が一人あつて名をお花と呼び、年は二八か二九からぬ今年十八歳になりますが」)

【年をとっても腕に年はとらせん】としはとってもうでにとしはとらせん)(講談・安兵衛婿入り「ウム、いやどうも、年をとっても腕に年はとらせん」、寛永御前試合「老いたりといえども腕に年は取らん」)落語:野ざらし

【屠所の羊の歩み】としょのひつじのあゆみ)時々刻々死に近づくに喩う。──【諺語大辞典】(落語・双蝶々「屠所におもむく羊のごとく、後ろ髪をひかれる思いで吾妻橋へかかります」)講談:寛永三馬術赤穂義士本伝、笹野名槍伝、岩見重太郎、天野屋利兵衛

【年寄りの冷水】としよりのひやみず)不相応の事をなす喩。──【諺語大辞典】(落語・万金丹「“年寄りの冷水”だァ、よせばいいに屋根へ上がってな」)《い》落語:将棋の殿様 講談:赤垣源蔵のかたみ、清水次郎長、関東七人男、寛永御前試合

【年を取っても浮気はやまぬ、やまぬはずだよ先がない】としをとってもうわきはやまぬ、やまぬはずだよさきがない)(落語・野ざらし「年をとっても浮気はやまぬ、やまぬはずだよ先がない、てえ都々逸がありますがね」)落語:出来心

【十千万両】とちまんりょう)「十千万」数量の何万あるとも知れぬほど多いこと。巨万。──【江戸語の辞典】(落語・ちきり伊勢屋「あの世へ十千万両の身上を持っては行けない」)講談:汐留の蜆売り

【右つ左いつ】とつおいつ)「取つ置いつ」「とっつおいつ」(=取りつ置きつの音便)の語頭短称。ああかこうかと思案に暮れて。とやかく迷って。いろいろと。(落語・湯屋番「味噌漉を下げて出る形は余り好くないものだ右つ左いつして居ると」)落語:湯屋番、夢の瀬川、おさん茂兵衛 講談:赤穂四十七士

【とっこにとる】とっこにとる)「取こ」(取りこの促音便、こは接尾語)「取っこに取る」と慣用し、相手の言動のちょっとした事をとらえ、それにからんで文句を言う。──【江戸語の辞典】(講談・清水次郎長「これ幸いと、この喧嘩をとっこにとって」)

【トッタカ見たか】とったかみたか)忽ち得て忽ち失うこと。──【諺語大辞典】、1.手に取って見るか見ないかにの 意。手に入れたかと思うと直ぐに使ってしまうたとえ。転じて、その日暮し、あるいは出たとこ勝負のたとえにも。2.直ぐ。さっそく。手軽。簡単。3.ざっ くばらん。あけすけ。──【江戸語の辞典】(講談・安政三組盃「そりゃァあんまり、トッタカ見たかだ。ご迷惑ながら今ひと晩ご厄介になり、明朝立ちたいと思う」)講談:小金井小次郎

【どの道を往くも一つの花野哉】どのみちをゆくもひとつのはなのかな)(落語・血脈「どの道を往くも一つの花野哉。シテ見れば何宗で了らうとも、往くべき所は一つといふ事を申したものであるのです」)

【鳶が鷹を生む】とびがたかをうむ)平凡な親がすぐれた子を生むたとえ。子が親よりすぐれている、また美しいことをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・成田小僧「世間でそういってますぜ、鳶が鷹ァ産んだッて」)落語:小言幸兵衛、短命 講談:寛永三馬術、関東七人男

【鳶に油揚】とびにあぶらげ)思いがけず横あいからたいせつなものを奪われることのたとえ。当然自分のものになるはずの物を、不意に横取りされて呆然とするさまにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・文違い「真正に鳶に油揚とは此の事」)

【飛ぶ鳥を落とす勢い】とぶとりをおとすいきおい)「飛ブ鳥モ墜チル」権勢の盛なる喩。──【諺語大辞典】(講談・水戸黄門「天下三家老の一人中山備前守信義、飛ぶ鳥を落す勢ひ」)講談:安政三組盃、寛永御前試合、旗本五人男

【戸前をする】とまえをする)「戸前」は土蔵の入り口の観音開きの扉。防火・防犯対策としてここを厳重に作る(改装する)ことか。(講談・伊賀の水月「土蔵へ戸前をするとか、目塗りをして、預けるというような騒ぎ」)

【富籤の引き裂いてある首くくり】とみくじのひきさいてあるくびくくり)自殺体の側に宝くじを引き裂いて捨ててある。最後の希望を賭けて買った籤にはずれて死を選んだ、ということを意味する川柳。(落語・御慶「そのころの川柳に、 富籤の引きさいてある首縊り……なんてえのがございます」)

【左見右見】とみこうみ)あちらを見たり、こちらを見たり(またはあるものをあちらから見たり、こちらから見たり)すること。(講談・寛永御前試合「半兵衛近よって左見右見しつ」)

【富は屋を潤し、徳は身を潤す】とみはおくをうるおし、とくはみをうるおす)財宝が豊かであれば居宅が美しく栄え、徳行を積めば、その人の人格が立派になる。「大学」による。──【故事俗信ことわざ大辞典】(実録・天明水滸伝富は屋を潤し徳は身を潤す、爰に裁縫の里に村上勘十郎といふ豪福あり」)

【友達というんは、飲んだり食うたりするばっかりが友達やないで。おたがい、いかんことがあったら、ああやないか、こうやないか、というてこそ、ほんまの友達や】ともだちというんはのんだりくうたりするばっかりがともだちやないで。おたがい、いかんことがあったら、ああやないか、こうやない、というてこそ、ほんまのともだちや)(落語・三枚起請「オイ、源やん、友達というもんは、飲んだり食たりするばっかりが、友達やないで。おたがい、いかんことがあったら、ああやないか、こうやないかと言うてこそ、ほんまの友達やと思うねン」)

【友は類を以て集まる】ともはるいをもってあつまる)「類は友を以て集まる」気の合った者は自然により集まる。似た者は自然に集まる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記「中にも柴田勝家と瀧川一益との兩人は、友は類を以て聚る、隣同士の宿屋へ宿を定めましたが」)講談:紀伊国屋文左衛門

【病屋につく】とやにつく) 「病屋」は「鳥屋」とも表記。鷹の羽が夏の末に抜け、冬に生え直すこと。芸娼妓が梅毒 の第二期に入り毛髪が抜ける。またその期間中にある。──【江戸語の辞典】、旅芸人などが、不入りのため収支がつぐなわず、または、次の興行地へも行けず に同じ土地に無為に滞在する。また、芸人が病気などで家にこもる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・文七元結「又悪い病でも受けて病屋にでも就かれたら可哀想だから」)

【虎と見て石に立つ矢のためしあり(などて思いの通らざるべき)】(とらとみていしにたつやのためしあり)  「史記」より、李広が草の中の石を虎だと見て、矢を射たところ、鏃が刺さったという故事にちなむ。一心をこめて事を行なえば、不可能なことはないという たとえ。念力岩をも通す。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・田宮坊太郎「これはしたり小太郎、左様なことではならぬ、虎と見て石に立つ矢の例あり」)講談:水戸黄門、忠僕直助、雲居禅師、赤穂四十七士

【虎の威を藉(借)る狐】とらのいをかるきつね)「狐、虎ノ威ヲ藉ル」人の威勢を借りて威柄を弄する者をいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・梁川庄八「虎の威を藉る狐で、酩酊の上親の威光を笠に、無理難題を云掛け、脅しのために素ツパ抜きなどをする」)講談:笹野名槍伝、三家三勇士、慶安太平記

【虎の尾を踏む】とらのおをふむ)強暴な虎の尾を踏む。きわめて危険なことのたとえ。虎の口へ手を入れる。「易経」にある表現。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(講談・安宅勧進帳「流石の弁慶も、虎の尾を履み、毒蛇の口などといふは此処でございます」)

【虎は千里行って千里帰る】とらはせんりいってせんりかえる)「虎は千里の薮を越す」とも。虎は一日に千里行って、 また、その千里を戻って来ることができる。また、勢いの盛んなさまにもたとえる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「千里一はね」とある。遠 い距離をあっという間に行くことを「千里一時虎の小走り」(講談・堀部安兵衛千里一時虎の小走り、息をも吐かず飛んで來つた高田の馬場」)などという(「一時三里犬走り」という諺もある。二時間に三里進むには犬のように小走りで行く必要がある、の意)。(落語・やかん「『虎は千里の藪さえ越すが越すに越されぬ箱根山』というが、総じてこの蹴爪の割れているものは早いねエ」)落語:やかん 講談:小野寺十内、加賀騒動

【虎も用いざれば鼠に劣る】とらももちいざればねずみにおとる)「時に遇えば鼠も虎になる」よい時機にめぐりあうと、つまらない者でも出世して権勢をふるうようになることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「〜犬にも劣る」(講談・難波戦記)とも。(講談・相馬大作「かりに拙者が士分以上であったなら、かゝる不面目は起すまいに、虎も用いざれば鼠に劣る」)

【ドラを打つ】どらをうつ)「どら」(だらの双生語)怠惰。のら。転じて、放蕩。極道。またその者。「〜を打つ」=1.放蕩をする。極道をする。2.放蕩して財産を使い果たす。──【江戸語の辞典】(講談・小金井小次郎「夫れから粂の野郎が五宿で少しドラを打つたからツて」)

【取らんとする者あれば先ず与えよ】とらんとするものあればまずあたえよ)「与うるは取らんため」後に取らんとする為に、暫く譲りおくをいう。He who would take, must give.──【諺語大辞典】(講談・伊賀の水月「知らんか、――取らんとする者あれば先ず与えよ、ということを心得ているか」)

【鳥居(の)数が少ない(を多くくぐっている)】(とりいかずがすくない)「鳥居を越す」(狐が鍵をくわえて幾度も鳥居をとび越せば、やがて稲荷大明神になれるとの俗信から)経験を積み、年功を重ねることのたとえ。鳥居数を潜る。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・成田小僧「鳥居数をだんだんくぐってから、若いときのことを考えますと」)落語:樟脳玉 講談:寛永御前試合、清水次郎長相馬大作

【鳥が鳴(うと)うて夜が深い】とりがうとうてよがふかい)「鶏鳴イテ夜深シ」思い立ったことの結果のよしあしの見通しがまだ立たないことにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「又吉原の花魁を見たいと思ふが迚も云つた處で、鳥が鳴うて夜が深い話だ」)

【取りつく島のない】とりつくしまのない)依頼し、たよるべき所なきをいう。(講談・藤原銀次郎「まるで取りつく島のない冷たい挨拶」)

【鳥なき郷の蝙蝠】とりなきさとのこうもり)「鳥ナキ島〜」ともいう。──【諺語大辞典】、優れた者がいない所では、つまらない者が幅をきかすというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもみられる。(講談・田宮坊太郎「ヘツ、堀源太左衛門なんか鳥なき里の蝙蝠だ」)《い》講談:梁川庄八

【鳥の啼かぬ日はあっても】とりのなかぬひはあっても)編者注:「毎日毎日休みなく」の意で、以下の講談本に用例が認められるのだが、「烏(からす)が鳴かぬ日はあっても」が正しいか。(→講談社「講談全集」版・近江聖人、→普通社「講談名作全集」版・安政三組盃)

【鳥の将に死なんとする其の声や悲し、人の将に死なんとする其の言うことや善し】とりのまさにしなんとするそのこえやかなし、ひとのまさにしなんとするそのいうことやよし)鳥の死にぎわの鳴き声はまことに悲しい。人が死にのぞんでいうことばは、純粋で真実がこもっている。「論語」にある。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・由井正雪鳥の將に死なんとするや其の聲悲し、人の將に死なんとする、其の云ふことや善し、八郎右衛門の手を確かと押へた兄の藤四郎」)

【取る手遅しと】とるておそしと)(講談・原惣右衛門「かたわらにある一通、とる手おそしと開いてみれば」)講談:宮本武蔵

取るものなら石仏の胸倉でも取る】(とるものならいしぼとけのむなぐらでもとる)「取ることは親の首でも取る」限りなく欲深なことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・一文惜しみ「取るもんなら地蔵様の胸倉でも取ろうというような、これァもうこり固まったしみッたれな奴」)

【取れば憂し取らねば物の数ならず捨つべきものは弓矢なりけり】とればうしとらねばもののかずならずすつべきものはゆみやなりけり) 「太平記」巻二十九に、薬師寺公義(きんよし)の歌として載っている。(講談・寛永三馬術「過ぎし昔藥師寺が、取れば憂し、取らねば物の數ならず、捨つべきものは弓矢なりけりと詠まれたが、奉公は實に辛い」)講談:三家三勇士

【盗人上戸】どろぼうじょうご)「ぬすびとじょうご」1.酒も菓子もどちらも好む人。2.酒を多量に飲んでも顔や姿に酔いの様子が出ないこと。また、そういう人。──【広辞苑四版】(落語・釜どろ「デ、甘いものとお酒を飲むのを、俗に盗人上戸といふのは、多分是れから初まつたのかも知れません」)

【泥棒でも目的(あて)のない事はしない】どろぼうでもあてのないことはしない)「盗人の昼寝もあてがある」何の目的もなさそうに見える盗人の昼寝も、実は夜の稼ぎに備えてのものである。何事をするにもそれ相当の理由があること、また、なにか思惑があってすることのたとえにいう。(講談・夕立勘五郎「貴郎盗人でも目的のない事はしないといふ話しです比喩たもんですな」)

【ドロンを決める】どろんをきめる)「どろん」芝居で、幽霊の出入りなどに太鼓をどろどろと打つ音。転じて、急に消え失せるさま。──【広辞苑四版】(落語・お化け長屋「愈々モウ逆さに振るつたつて鼻血も出ないというようになつたら、ドロンを極めて」)

【呑舟の魚も遂には漁師の網にかかる】どんしゅうのうおもついにはりょうしのあみにかかる)「網、呑舟ノ魚ヲ洩ラス」法律の大悪人を制する能わざるに喩う。──【諺語大辞典】「呑舟の魚」舟をまるのみにするほどの大きな魚。転じて、善悪ともに大人物・大物のたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講語・笹川繁蔵「呑舟の魚も、遂には漁師の網にかゝるというが、敵の顔を知らない自分に向って、却って敵の方から名乗ってくれたということは有難い、と思ったが」)

【頓痴奇】とんちき)(擬人名語「とん吉」の「きち」を逆倒した語)1.とんま。間抜け。馬鹿者。2.深川の岡場所語で、野暮。半可通。──【江戸語の辞典】(落語・火焔太鼓「余ツ程お前さんも頓痴奇だよ」)

【飛んで火に入る夏の虫(、秋の蛍の身を焦がす)】(とんでひにいるなつのむし)自ら求めて禍を取る喩。──【諺語大辞典】(落語・お七「飛んで火に入る夏の虫、秋の螢の身を焦すと『小いな』という浄瑠璃の文句にはいってますが」)《い》講談:堀部安兵衛、笹野名槍伝、勤王芸者、三家三勇士、梁川庄八、山中鹿之助、明智三羽烏、女天一坊爆裂お玉、名刀捨丸

【どんなもんだ、広徳寺の門だ】どんなもんだ、こうとくじのもんだ)「広徳寺の門」「どういうもんだ」との問いいかけに対して「こういうもんだ」と答えるべきを、広徳寺の門と言いはぐらかすしゃれ。──【江戸語の辞典】 「どうかしたか」の洒落で「どうか下谷の広徳寺」というのもある。(講談・左甚五郎「江戸の洒落言葉に『どういうもんだ広徳寺の門だ、おお豪気なもんだ』とよくいったものです」)

【鳶が油揚げを攫われたような】とんびがあぶらあげをさらわれたような)「とびにあぶらあげ」を見よ。

【蜻蛉や飛び直しても元の枝】とんぼうやとびなおしてももとのえだ)(落語・疝気の虫「とんぼうや飛び直しても元の枝……だから、こう、枝へとまっていて、すうッと飛んで、またそこンとこへくる」)講談:相馬大作、汐留の蜆売り

 トップヘ

広告を非表示にする