読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【ないが意見の総仕舞い】ないがいけんのそうじまい)放蕩者に意見するも聞くものにあらず、只財尽くれば意見を待たずして、自然に止むをいう。──【諺語大辞典】(落語・火事息子「『ないが意見の総仕舞』、これで堅くなるかと思ってたら道楽をおぼえて、うちを跳び出したが」)

【無い子(供)には泣きを見ない(しない)】(ないこにはなきをみない)「無い子では泣かれぬ」子が無ければ、親は子のために泣かされることは無い。また、苦労はしても子の有るほうがよい。子とはそれほどかけがえのないものだということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】  「持たない子には苦労をしない」(落語・六尺棒)とも。(落語・近日息子「小言を言ゃァふく れッ顔ァして表へ跳び出しちめえやがって。『無い子に泣きを見ない』ッてあのことだよ」)

【内秘(ないしょ)ごとは暴(ば)れやすい】ないしょごとはばれやすい)(講談・笹川繁蔵「ところが、内秘ごとは暴れやすい、の譬で」)

【ない袖は振れぬ】ないそではふれぬ)実際に無いものはどう動かしようも無い。してやりたいと思っても力が無くてど うにもならない。多く金銭・資力についていう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「あるそではふれとないそてはふられす」とある。(落語・突き落し「できるもできねえもねえじゃねえかおい、ない袖は振れないッてやつだよ」)

【長い浮世に短い命】ながいうきよにみじかいいのち)この浮世は長く永久に続くものだが、人の命ははかなく短い。寿命は限られていてしたい事も十分に果たせないとか、どうせ短い命なのだから好きなことをして暮らしたほうがよいとかいう気持ちでいう。長い月日に短い命。 ──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・真景累ヶ淵「是から一緒に逃去つて、永え浮世に短けえ命、己と一緒に賊を働き、榮耀榮華の仕放題」)

【長生きすると人は三代交際える】ながいきするとひとはさんだいつきあえる)(講談・夕立勘五郎「長生をすると人は三代交際へるといふが、本當な話しだな」)

【長生きすれば恥多し】ながいきすればはじおおし)「命長ければ恥多し」に同じ。(講談・南部坂雪の別れ「長生きすれば恥多し、情けないことを聞きました。兄も甥も見下げはてたる人非人」)

【長い正月のある奴じゃない】ながいしょうがつのあるやつじゃない)病人などの生命の長かるまじきをいう語。── 【諺語大辞典】、1.いつまでも長く正月が続くということは無い。よいことや芸事などはいつまでも続くものではないというたとえ。2.これから先、何度も 正月を迎えることはない。老いて先はいくらもない。また、病人の命などについてもいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「長ぇ月日がねえ」(講談・清水次郎長)とも。(講談・安政三組盃「この鈴木藤吉郎という奴は、長い正月のある奴じゃァねえ、今のうちだ、伯父甥の縁を切っちまえ」)

【長い短いは言わない】ながいみじかいはいわない)「長い短い」かれこれ。くどくどということ。四の五のというに同じ。──【江戸語の辞典】 「~は入らねェ」(講談・本所五人男)という言い方もあるようだ。(落語・幽霊稼ぎ「長い短いはいわないから金を二十両出したら浮ぶ」)

【長い物には巻かれろ、太い物には飲まれろ】ながいものにはまかれろ、ふといものにはのまれろ)「長キニハ巻カレヨ、太キニハ呑マレヨ」ともいう。力抗すべからざる者には服従するがよしとの意。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「ふときにはのまれよ ながきにはまかれよ」とある。(落語・三軒長屋「長えものには巻かれろだから、温和しく、階下でお燗番でもしてな」)

長いわらじをはく】(ながいわらじをはく)(「草鞋を履く」は旅に出ることをいう)長期にわたる旅に出る。多く博徒などがその土地にいられなくなって、遠い土地へ旅に出ることをいう。悪事の露見を恐れて高飛びをする。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・清水次郎長「清水の親分も長えわらじをはいていなすったのに」)

【ながき夜の遠のねぶりのみな目さめ波のり舟の音のよきかな】ながきよのとおのねぶりのみなめさめなみのりぶねのおとのよきかな) 回文、つまり前から読んでも後ろから読んでも同じ文句の好例として引き合いに出される和歌。七福神の絵とともに枕の下に敷いて寝るといい初夢が見られるという俗信がある。(落語・かつぎや「『長き夜のとおのねふりのみなめさめ浪のり舟の音のよきかな』という上から読んでも下から読んでも同じ歌と七福神の絵を枕の下に敷いて寝ると、よい初夢が見られるという」)

【長崎から強飯】ながさきからこわめし)遠方よりの到来物。──【諺語大辞典】「長崎から強飯が来る」長い物事のたとえ。面白味のないことが、だらだらと長く続くこちょなどにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・長崎の赤飯「そんなことが出来るんならな、長崎から赤飯が来て、天竺から古褌が来るよ」)

【仲直りの席に長居する者はない】なかなおりのせきにながいするものはいない)(講談・笹川繁蔵「仲直りの席に永居をする者はいません」)

【永の暇】ながのいとま)夫婦・主従などの縁を絶ちきって去らせること。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寺坂吉右衛門永のいとまをつかわす」)

【長屋中歯をくいしばる花見かな】ながやじゅうはをくいしばるはなみかな)(落語・長屋の花見「『長屋中……』頭へ長屋中を入れたのはうれしいな、『歯をくいしばる花見かな』」)

【泣きっ面に蜂】なきっつらにはち)「泣きっ面を蜂が刺す」の略。不幸の上に不幸をかさぬる喩。──【諺語大辞典】(落語・帯久「も、悪なると何もかもが悪なりますなあ。弱り目に祟り目、泣き面に蜂、貧すりゃ鈍する」)《い》

【泣きの涙】なきのなみだ)【意味】泣きて涙を流すさまを、「〜で」などいう。──【諺語大辞典】(講談・岩見重太郎「私どもには泣きの涙で……」)

【泣く門口は憂いを催す】なくかどぐちはうれいをもよおす)(落語・茗荷屋「総て泣く門口は憂を催すと云ふから愚痴を滴して貧乏神に取附れると云ふから然う苦よ苦よ仕なさんなよ」)

【泣く児と地頭にはかなわない】なくことじとうにはかなわない)往時の地頭の威勢盛んなりしをいう。──【諺語大辞典】(落語・乳房榎「じつに困っただよ、泣子と地頭にゃ勝たれねえとって、当惑しただが、お内儀さんどうかして、たった一杯乳い呑ませる工夫がつくまいか」)《い》

泣く子も黙るなくこもだまる)泣く子もその名を聞いただけで思わず泣き止むほどである。圧倒的な勢威を持つもののたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・関東七人男「そのころ江戸表で栂崎と言えば、泣く子も黙るというくらい恐ろしい強い人で」)

【なくて七癖、あって四十八癖】なくてななくせ、あってしじゅうはちくせ)(「七」「四十八」はともに多数の意)多かれ少なかれ人には癖が有る。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・清水次郎長「昔からよくいうことだが、人間というものは無くて七癖、あって四十八癖といって、何かしら癖のあるものだから」)

【仲人は宵の口】なこうどはよいのくち)「媒ハ宵ノウチ」宵の口とも、宵の程ともいう。媒酌人の義務は結婚の夜の宵の中に終る。──【諺語大辞典】 「毛吹草」 に「なかうどよひのほと」とある。(落語・たらちね「ササお杯がすんだら媒妁人は宵の口、おれはすぐとお開きにするよ」)

【情けが仇】なさけがあだ)好意からしてやったことが、かえって相手に悪い結果を与えることになること。慈悲が仇になる。恩が仇。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・鰯屋騒動「アゝ情けが仇とは此事だ宜し宜し伯父さんが敵討をしてやる」)

【情けに脆きは勇士の常】なさけにもろきはゆうしのつね)(講談・猿飛佐助「情けに脆きは勇士の常、『フム、聞いてみれば憫れな話だ』」)

【情けは情け、仇は仇】なさけはなさけ、あだはあだ)(落語・江戸見物「ハゝ………辱けねえが去りながら、情けは情け仇は仇」=よいよい蕎麦)

【情けは人のためならず】なさけはひとのためならず)我身に報いかえるをいう。──【諺語大辞典】 「~廻り廻って我身に及ぶ」「~めぐ りめぐりて己が身のため」「~みんな我身に報うものなり」などと続く。(講談・三方目出鯛「情けは人のためならず人情味温かな間違話し、三人目出度く納まつたのも一尾の鯛の贈物から」)

【梨の芯で歯を磨くと歯がきれいになる】なしのしんではをみがくとはがきれいになる) 俗信。江戸時代の人は戸隠山(神社)=虫歯の神様に願をかけ、梨を川に投げ入れると虫歯が治るというおまじないを行っていた。修験者が広めたもの。ただし梨の芯で歯を磨くと酸味のせいで歯がきれいになるのは事実らしい。(落語・佃祭「梨の芯で歯を磨くと歯がきれいになります」)

【梨の礫】なしのつぶて)梨を無しにかけて、音沙汰なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「と新助はソコソコに旅支度をして出たきり梨の礫で」)

【名正しからざれば戦い勝ちがたし】なただしからざればたたかいかちがたし)「名正しからざれば則ち言順ならず」物 事の名称が正確でなければ、言語が実質からはなれ、道理からはずれる。名が正しく実と一致しなければ、ことばが正しく事実を伝えず、秩序は生まれない。 「論語」より。──【故事俗信ことわざ大辞典】 ここでは戦における大義名分をいうか。(講談・猿飛佐助「名正しからざれば戦い勝ち難しとは兵法のいうところ」)

【夏の牡丹餅】なつのぼたもち)【意味】「夏の牡丹餅で来ている」の略。「来ている」は腐敗の気味あることにて、それを男女の私に思慕するにかけていう。──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「お前にはよっ程夏の牡丹餅だよ」)

【夏痩せと答えて後は涙かな】なつやせとこたえてあとはなみだかな) 俳句。北村季吟によるという。(落語・崇徳院「病でも色気のある病があります。 夏痩せと答えて後は涙かな……なんてえと風情がありますな」)

撫で切りにする】(なでぎりにする)多くの人を片っぱしから、残らず斬り捨てること。──【広辞苑四版】(講談・赤穂義士本伝「次第によっては貴様のところの家内中撫で切りにするから」)

【七重の膝を八重に折って】ななえのひざをやえにおって)折り入りて頼む形容。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・皿屋「先刻変な事をいやアがつたな、七重の膝を八重に折るといやアがつた」)

【七転び八起き】ななころびやおき)七たび転んで八たび起きること。何度失敗しても屈することなく立ちあがること。 一度や二度の失敗ぐらいで気落ちせず、がんばるべきであるということ。転じて、人の世の浮き沈みの激しいことのたとえにも用いる。──【故事俗信ことわざ 大辞典】(落語・三味線栗毛「なァ、人てえやつァ七転び八起きてえことがある。な? しっかりしろよ」)

【七度たずねて人を疑え】ななたびたずねてひとをうたがえ)「シチドサガシテ〜」ともいう。紛失物は静に之を尋ね求めて、妄に人を疑う勿れと也。──【諺語大辞典】(落語・牡丹燈籠「たとえにも七たび捜して人を疑ぐれというとおり、紛失した百両の金子が出たよ」)

【七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまない】ななつさがりのあめとしじゅうすぎてのどうらくはやまない)中年より始めたる放蕩は、やみ難きものなり。(七つ下がりとはおよそ今でいう午後四時過ぎ頃)(落語・子別れ「ま、譬に“七刻さがりに降りだした雨と四十過ぎての道楽を始めたのはやまない”といいますが」)

【七つ下がりは決して墓参りはするな】(ななつさがりはけっしてはかまいりはするな)(落語・真景累ヶ淵七つ下がりは決して墓参りはするなという譬えがあります」) 

【七所借】ななとこがり)「七所拵(ごしらえ)」1.刀剣の金具七所。2.方々から金を借り集めること。──【江戸語の辞典】 「七所算段」。これを上回る非常の金策が「八所算段」(やっとこさんだん)。(落語・文違い「足りない所は七所借をしても何うか都合をして、阿母さんを助けたいんだが」)

【何ごとぞ花見る人の長刀】なにごとぞはなみるひとのなががたな)花見という風流の場に、いかめしい長刀をさして来るとはどうしたことだ、風流心の欠けた野暮さを非難した向井去来(1651~1704)の句。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・花見の仇討「お武家なればお花が武威が余計見えます。 何事ぞ花見る人の長刀とか申しました」)

【何事も皆偽りの世の中に死ぬるばかりは誠なりけり】(なにごともみないつわりのよのなかにしぬるばかりはまことなりけり) 「〜子を思うばかりは誠なりけり」「〜死ぬるばかりぞ誠なりける」とも。世の中の事は何事につけ偽りばかりであるが、死ぬことだけは真実である。死は確実に訪れてくることをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・夕立勘五郎「何に事も皆偽はりの世の中に、子を思ふばかりは誠なりけり アゝ宜いとも承知した」)

【何をするにも先達】なにをするにもせんだつ) 「少しのことにも先達はあらまほしきものなり」(徒然草)を想起させる言い回し。(落語・百人坊主「何をするにも先達ということがありますがな」)

【名主といえば親、小前といえば子】なぬしといえばおや、こまえといえばこ)「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」とほぼ同義。(落語・塩原多助一代記「殊に小前といへば子のやうに思つて居る所から」)

【名は実の賓】なはじつのひん)実は主にして名は客なり、実あれば、名は無くも可なり。──【諺語大辞典】(講談・大名花屋「名は実の賓と申します」)

【名はその人の体を表す】なはそのひとのたいをあらわす)「名詮自性」(みょうせんじしょう)名は自性をあらわすものなりとの意。──【諺語大辞典】人の名前、物の名称はよくそのものの実体・本性を現わすものである。名詮自性。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・棒鱈「名はその仁の体をあらわすとか申すが、もぐらのような顔をしておったで、もぐらかと思いよった」)

【なまじなまなか】なまじなまなか)【意味】「なまじ」と「なまなか」は同義。なまじっか。中途半端。なまはんか。したくない、またはしないでもよいのを強いてすること。──【江戸語の辞典】 同義語を重ねた強調表現。(落語・蔵前駕籠「なまじなまなか腕だてをいたすと為ンならん、これへ出なさい」)

【生兵法は大けがのもと】なまびょうほうはおおけがのもと)(「生兵法」はなまはんかな武術の知識)なまじっか少し ばかり兵法を知っていると、それに頼ってしまって大怪我をする原因となる。中途はんぱな知識や技術では大きな間違いおかす原因になるという戒め。──【故 事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「なまへいほう大きずのもとひ」とある。(落語・おせつ徳三郎〜刀屋 「引ッたくられて引ッ殴かれて瘤ができりゃァそれでおしまいだ、<生兵法大怪我のもと>ということがある」)

【生酔い本性違わず】なまよ〔え〕いほんしょうたがわず)たとえ酒に酔っていても本来の性質は変わらないということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・居酒屋「『生酔い本性たがわず』と申しますが、これは往来なぞでよく拝見いたします」)

【訛りは国の手形】なまりはくにのてがた)方言によりて、其人の生国知らる。──【諺語大辞典】(落語・テレスコ「処ちょうたん国なまり、訛は国の手形と申します」)

【波風多きが浮世の常】なみかぜおおきがうきよのつね)(講談・両越大評定「此の儘無事に經過すれば結構でしたが、波風多きが浮世の常」)

【並木の松の肥やしになる】なみきのまつのこやしになる)(落語・蒟蒻問答「親分がいなけれァ、私は本当に並木のこやしだがねェ……」)

【涙金】なみだきん)(同情の涙で与える金の意)解雇の際に主人が奉公人に、勘当の際に親が子に、離別の際に男が妻妾に与える金。──【江戸語の辞典】(講談・寛永御前試合「そのときは涙金として、別に五両の金子を呈するによって」)

【南無三】なむさん)【意味】驚いた時や失敗した時、また事の成功を祈る時に発する語「南無三宝」の略。しまった。さあ大変だ。──【広辞苑四版】(講談・越後伝吉「三次は南無三失策った、と兵左衛門を突飛ばして逃げようとすると」)

【名も要らず命も要らず金も要らぬ者程世の中で始末にならぬ者はない】なもいらずいのちもいらずかねもいらぬものほどよのなかでしまつにならぬものはない)(講談・大久保彦左衛門「西郷南洲先生のお言葉に『名も要らず、命も要らず、金も要らない者程、世の中に始末にならぬものは無い』とありますが、彦左衛門も正に其始末にならない者で御座います」)

【習うより慣れろ】ならうよりなれろ)あらたまって学んで習得するよりも、からだで自然になれて会得するほうが効果 がある。また、実習を多くすることによって効果が上がることをもいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「ならはんよりなれよ」とある。(落 語・たらちね「驚いたなこれやア、併しマアお互に習うより慣ろだ、毎日やつてる中にやアどうにかなるだろう」)

【習わずして其道に達するを上とし、習って其道に達するは中、習って其道に達せざるは下とする】ならわずしてそのみちにたっするをじょうとし、ならってそのみちにたっするはちゅう、ならってそのみちにたっせざるはげとする) 類似表現が「論語」季氏編にある。「生而知之者上也。学而知之者次也。困而学之又其次也」云々。(講談・宮本武蔵「併し天地の間は宏大なもの、習はずして其道に達するを上とし、習うて其道に會得するは中、習うて其道に通ぜざるは下と致します」)

【なるはいやなり思いはならず】なるはいやなりおもいはならず)「成ルハ否ナリ思ウハナラズ」「アルハ否ナリ〜」ともいう。わが望む所は、意のまゝならず。意のまゝになるものは、我が望む所にあらず。──【諺語大辞典】(落語・お玉牛「とにかく浮世というものは、ままならぬもので、なるはいやなり思いはならず、つい辛気に暮していますがなァ」)

【縄目の恥を受ける】なわめのはじをうける)「縄目」縄の結び目。転じて捕縛。──【江戸語の辞典】(落語・明烏「人間と生まれて縄目の恥を受けたとあっては」)

【名を上げ父母をあらわすは孝の一番大なるもの】なをあげふぼをあらわすはこうのいちばんだいなるもの) 「孝経」より。「立身行道、揚名於後世、以顕父母、孝之終也」。「父母からもらった身体髪膚をあえて毀傷しない」ことが孝の始まりで、これが終わり。「名を上(揚)げる」名声を世にあらわす。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・岩見重太郎「名を上げ父母をあらわすは、孝の一番大きなものじゃ」)

【名を取るより利得(とく)を取れ】なをとるよりとくをとれ)実利の伴わない名誉を求めるよりは、実利をねらうほうがよい。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小山田庄左衛門「名を取るより利得(とく)を取れのことわざもあり、今さら後悔したところで、死んだ子の年をかぞえるようなものじゃ」)

【南柯の一夢】なんかのいちむ)「思い寝の~」とも。中国の故事(唐代の伝奇小説) に由来。夢のこと。また、はかないことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・片袖「かつ、両親への証拠にと、己が着ている着物 の片袖をもぎとり、わが手に渡せしと思いしが、南柯の夢……」)

何条もってたまるべき】(なんじょうもってたまるべき)「何でふ」(ナニトイフの転。反語の意味に用いて)なんとして。どうして。──【広辞苑四版】(講談・寛永三馬術何条もってたまるべき、市助のからだは微塵に砕けたと思いきや」、寛永御前試合「ぐいと引いたから何条たまりましょう」猿飛佐助「何条猶予いたすべき」)

【何のその岩をも徹す桑の弓】なんのそのいわをもとおすくわのゆみ)(講談・祐天上人「何のその岩をも通す桑の弓、人間は迷はず惑はず疑はず、一つの目的に精進致しますれば、必ず本望が遂げられるといふ」)

【何の仲でも銭金は他人】なんのなかでもぜにかねはたにん)「銭金は親子でも他人」金銭問題について親子の中にても、他人がましくなるをいう。──【諺語大辞典】(落語・文違い「いや、たとい何の中でも銭金(ぜにかね)は他人てェことがある」)

【何の仲でも礼儀あり】なんのなかでもれいぎあり)「親しき仲にも礼儀あり」とほぼ同義。(落語・馬のす「友達だよ。友達だけどもね、なんの仲にも礼儀あり」)

【南風競わず】なんぷうきそわず)1.南方の勢力がふるわない。2.日本では主に南北朝時代南朝北朝方に押されてふるわないこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・木村長門守「嗚呼南風競はず大阪城は終に落去致しましたが、木村長門守の冑の名香は、昭和の今に薫を殘しまする」)

【南部の鮭の鼻曲り】なんぶのさけのはなまがり)(「鼻曲がり」は生殖期に吻部が突き出て曲がっている鮭。性質などがねじけていることにかけていう)南部地方の人には根性曲がりが多いことを皮肉っていう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・京見物「『内宮外宮の神々よ、伊勢大神宮、南部の鮭の鼻曲り』そんなことはいいませんが」)

 トップヘ

広告を非表示にする