増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【新潟は後家と南瓜と弥彦山小千谷縮に牛蒡三条】にいがたはごけとかぼちゃとやひこやま、おぢやちぢみにごぼうさんじょう)(講談・水戸黄門新潟は後家と南瓜と彌彦山、小千谷縮に牛蒡三條、これが越後自慢の物だ。甲州とは比べものにはならねえ」)

【二一添(天)作】にいちてんさく)「二一天作の五」の略。算盤で、一を二で割る時、一を払って桁上の五珠をおろすこと。そこから転じて算盤で計算すること。算用。勘定。──【江戸語の辞典】(講談・玉菊燈籠「又算露盤も二一天作から稽古を初めたが覺えが宜いので」)講談:赤穂四十七士

【二階へやっかいで十階の身の上】にかいへやっかいでじゅっかいのみのうえ) 「十階」は「述懐」にかかるらしい。(落語・立波「何しろ私共へお出でなさいといふので二階へ厄介。二階へやつかいで十かいの身の上」)

【憎い鷹には餌】にくいたかにはえ)「憎い鷹には餌を飼え」の略。従わないで逆らう者には利益を与えて懐柔するのが得策である。憎い者に餌を与えよ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・安中草三郎「それ御覧なさい、矢張り憎い鷹にも餌を與へよとはよく云つたもので、存外思つたよりも心易いもので」)講談:赤穂義士本伝

【憎まれっ子世にはばかる】にくまれっこよにはばかる)「憎まれ子世にはばかる」人から憎み嫌われるような子に限ってうまく世を渡って出世するものだ。人から憎まれるような人にかぎって世間に出て幅をきかし、威勢をふるうものだ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」には「にくまれ子世にいづる」とある。(落語・たがや「『憎まれっ子世に憚る』とはうめえことを言いましたねえ、やくざァして跳んで歩いているあッしの方は丈夫で、兄貴はふだんからどっちかてえと弱い体質(たち)だもんですからねえ」)《い》講談:大岡政談お花友次郎

【憎むとも憎み返すな何時までも憎み憎まれ果しなければ】にくむともにくみかえすないつまでもにくみにくまれはてしなければ)(講談・田宮坊太郎「『憎むとも憎み返すな何時までも憎み憎まれ果しなければ』一度は安藤帯刀を父の仇として怨みました源八郎も、父甲斐守の非を知ると共に全く怨みは晴れ」)

【逃げる者道を選ばず】にげるものみちをえらばず)追われる者はどんな悪路もいとわず逃げる。追いつめられた者は手段を選ばなくなるということのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小金井小次郎「逃げる者道を選ばずの慣ひで難所難所の嫌ひなく足に任せて踏張つた」)

【二朱おじぎ、一分お世辞に二分叩き】にしゅおじぎ、いちぶおせじににぶたたき) 「叩き」は肩を叩くことをいう。(講談・寛永三馬術「悪る口を申すな。あれは、二朱おじぎ、一分お世辞に二分叩き、というところだ」)

【二束三文】にそくさんもん)価の極めて低きをいう。──【諺語大辞典】編者注:江戸初期、金剛草履(丈夫な草履) の値段が二束で三文だったことに由来する。ただし、三遊亭圓朝「塩原多助一代記」には、「下駄の鼻緒なども昔は二足三文でございました。それからこちらへ厄雑 (やくざ)なものを二足三文と申す事だそうです」(岩波文庫版)とある。数が多くて値段が安いもののこと。物の捨て売り状態をいう。(落語・宿屋の富「も う鼻緒 なんぞ、三文あるてえと二足買えたそうです。二足三文なんてえんで……」)落語:不動坊 講談:寺井玄渓

【似たもの夫婦】にたものふうふ)性質や好みのよく似ている者同士が夫婦になることが多いこと。また、その夫婦。仲のよい夫婦はいろんな点で互いによく似てくるものだということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・名刀捨丸「世の中に似たもの夫婦といふが、このお内儀さんは誠に正直な方だから」)《い》講談:徂徠豆腐

【日光を見ぬうちは結構というな】にっこうをみぬうちはけっこうというな)編者注:「にっこう」と「けっこう」の語呂合わせ。日光の東照宮の建築美を見ない者は、日光について語る資格はない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・左甚五郎「さて、下世話にも『日光を見ぬうちは結構というな』などいいますが」)

【ニッコリ笑って人を斬る】にっこりわらってひとをきる)(講談・国定忠治「忠次は人を斬る時に決して瞬(まばたき)をせずニツコリ笑つて人を斬る、何と豪い男ではございませんか」)

【二八月は暴れ月】にはちがつはあれづき)「ニ八月は荒れる(風の秋)」陰暦の二月と八月は強風が吹く。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「にっぱちがつはあれづき」とも読む。「毛吹草」に「二八月におもふ子ふねにのするな」とある。(講談・夕立勘五郎「すると此の夜四つ頃から暴風雨(あらし)になりました。二八月は暴れ月といひます」)落語:佃島 講談:妲己のお百、扇の的

【二分旦那一分貴所に二朱お前一朱左様なら二百だんまり】にぶだんないちぶあなたににしゅおまえいっしゅさよならにひゃくだんまり)(講談・玉菊燈籠「二分旦那一分貴所に二朱お前一朱左様なら二百だんまり といふ位で皆お茶代で挨拶が違ゐます」)

【日本国中赤の他人ってのは一人もいねえ、困ってる人がいれば助け合うのが世の中ってもんだ】にほんこくじゅうあかのたにんってのはひとりもいねえ、こまってるひとがいればたすけあうのがよのなかってもんだ)(講談・雪の夜話「冗談いっちゃいけねえ、日本国中赤の他人てのは一人もいねえ。困ってる人がありゃあ、お互い助け合うのが世の中ってもんでえ」)

【二本棒】にほんぼう)鼻の下の長い人。女に甘い男。男にのろい女。または、鼻たらし。馬鹿。阿呆。──【江戸語の辞典】(落語・権助提灯「あたしはこんなことをいうとね、たいへん二本棒のように思うがね、いや本当だ、お前評判がいいよ」)落語:素人占い=きめんさん、子別れ 講談:小金井小次郎、大岡政談お花友次郎

【乳虎の怒り】にゅうこのいかり)(落語・表札「焼野の雉子夜の鶴、乳虎の怒り、牝犢の愛というのは、何のことですか私にはわかりませんけど、みんな子どもの可愛いということをいったもんだろうと思います」)

【女房と畳は新しいのに限る】にょうぼうとたたみはあたらしいのにかぎる)落語:子別れ、芝浜、橋場の雪=夢の瀬川、薬違い

【女房は家の宝】にょうぼうはいえのたから)夫は外で働き、妻は家を守りそれを支えるものであるところから、妻の大切なことをいう。~は家の固め。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・大岡政談お花友次郎「女房は家の固めとか申しまして、どうも女房がなければ、家政の取り締まりがつきません」)ともいう。(落語・火焔太鼓「女房は家の宝だ内宝だ」)

【女房妬くほど亭主もてもせず】にょうぼうやくほどていしゅもてもせず)(落語・五人廻し「して見ると成程振られる方がお身の為になるので『女房の妬く程亭主厚遇(もて)もせず』という川柳がございますが」)落語:小いな 講談:清水次郎長

【女房を質においても】にょうぼうをしちにおいても)「〜朝酒はやめられぬ」──【故事俗信ことわざ大辞典】のように、「なにがなんでも~する」という極端な例え。(講談・清水次郎長「一人まえ二十五両包み一つずつこしらえりゃァ百両まとまるんで、女房を質においても必ずお返し申します」)講談:慶安太平記

【睨むとひらめになる】にらむとひらめになる)「親ヲニラムト鮃ニナル」父母に孝順ならしむるための諺。──【諺語大辞典】 親や目上を、上目遣いに敵意をこめて睨んでいる女性や子供を叱る時に言う言葉。そんなツラをしていると「白眼になる」(落語・明烏に用例あり)→片方に両目が寄って来世はヒラメになるぞ、ということ。(講談・勤王芸者「ヤイヤイ何だつて俺の面睨んでやアがるんだ、睨めると鮃になるぞ」)

【鶏も追い詰められて五尺跳び】にわとりもおいつめられてごしゃくとび)(落語・たがや「鶏も追い詰められて五尺跳び、なんてましてね、もうとことん追い詰められるてぇと、こういうことがある。」)

【庭に水、新し畳、伊予簾、透綾縮に色白の美女】にわにみず、あたらしだたみ、いよすだれ、すきやちぢみにいろじろのたぼ蜀山人の作。「打水に新し畳伊予簾小千谷縮に白襟のたぼ」(講談・小金井小次郎)とも。(落語・狂歌家主「蜀山先生硯箱を引き寄せて 庭に水新し畳いよ簾すきや縮に色白のたぼ」)落語:菊江仏壇

【人間到る処青山墳墓の地はある】にんげん〔じんかん〕いたるところせいざんふんぼのちはある)世の中どこで死んでも、骨を埋める場所くらいはある。故郷だけが墳墓の地ではない。大望を達するためには郷里を出て大いに活動すべきだということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・梁川庄八「俺丈の腕前を持つて居れば、到る處青山ありだ」)

【人間一代、物になろうというには情けないことも口惜しいこともある。その峠口を通り越して男になるんだ】にんげんいちだい、ものになろうというにはなさけないこともくやしいこともある。そのとうげをとおりこしておとこになるんだ)(講談・忠僕直助「人間一代、物になろうというには、情けないことも、口惜しいこともあるんだ。その峠口を通りこして男になるんだ。早く塩をもってきて清めておけ」)

【人間上見ればきりがない、下見てもほうず(方図)がない】にんげんうえみてもきりがない、したみてもほうずがない) 「ほうず」は「方図」=際限のこと(画図引きに由来する語=限り、だめ、際限の意)。 上には上があり、下には下があって、どちらも際限がない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・おかめ団子「上ヱ見りやア方図がねヱ、下ア見リヤア方図がねヱ。私(わし)のやうな、貧乏なものが有るかと思ふと、食ふに困つて、川へ身イ投げて、死ぬやうな者もあるでがす」)落語:莨の火、夢金 講談:寛永御前試合

【人間浮き沈み七度】にんげんうきしずみななたび)「浮キ沈ミ七度」人生の浮沈常なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「人間といふものは浮沈み七度とか云つて、隨分一生のうちに辛い事もある代りに、又一つ運が向つて來れば、樂な身の上になれるものだから、決してクヨクヨ案じなさんな」)

【人間往生際が大切】にんげんおうじょうぎわがたいせつ)「往生際」死にぎわ。転じて、仕方なくあきらめる時の態度。未練気の有無。──【江戸語の辞典】(講談・相馬大作人間は往生ぎわが大切だ、恩義のために手前が死ねば、年寄が三人よれば、伊達の三次は恩義のために、こういう死に方をしたと、茶話しの種にしてくれる」)

【人間稼ごうと思う間は子に伏し寅に起きる位でないといけない】にんげんかせごうとおもうあいだはねにふしとらにおきるくらいでないといけない)「子に伏し寅に起きる」(深夜零時ごろに寝て、午前四時ごろに起きる)よく働くこと。勤勉であること。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「夫れが、大体心得違いといふもの、人間は稼がうと思ふ間は、子に臥し寅に起きる位いでないと不可ません」)落語:塩原多助一代記

r【人間苦しい思いをしなければ思うような儲けはない】にんげんくるしいおもいをしなければおもうようなもうけはない)(講談・佐倉宗五郎「彼奴等三人が踏ん込んで來た時に、私は何うなる事かと思ひました、人間苦しい思ひをしなきやア、思ふ様な儲は御座いません」)

【人間盛りの時に見切らなきゃいけません】にんげんさかりのときにみきらなきゃいけません)(落語・竈幽霊「何時まで博打をして居ても親方の前だが目が出やァしませんよ、人間は盛りの時に見切らなけりゃァ徃けません」)

【人間地獄極楽は紙一重】にんげんじごくごくらくはかみひとえ)「地獄極楽裏表」まったく反対で、かけはなれているように思われているが、実際はわずかの差である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・鰍沢地獄、極楽は紙一重てえことをよく言いますが、さっきあの雪の中で途方にくれてどうするか…」)

【人間の身体は父と母が五輪五体持合って造える】にんげんのからだはちちとははがごりんごたいもちあってこしらえる)「五輪五体」人間の身体。──【広辞苑四版】(落語・寿限無「で人間の身体は父と母が五輪五体持合つて造えるなどと昔から申ますが」)

【人間はいっぺん死ねば二度とは死なねえ】にんげんはいっぺんしねばにどとはしなねえ)「一度死ネバ二度死ナヌ」死は只一度あるのみ。疑懼する所なく邁往すべきをいう。──【諺語大辞典】(落語・お七「しかし人間は一ぺん死ねば二度は死なねえ」)落語:貧乏花見、景清 講談:小金井小次郎

【人間は紙だの手拭いだのを絶やすものじゃない】にんげんはかみだのてぬぐいだのをたやすものじゃない)(講談・幡随院長兵衛「天王様の揃ひの手拭、これを出して遣る、人間は紙だの手拭だのを絶すもんぢやアねへから」)

【人間は心ほどの世を経る(、立ち寄らば大樹の蔭、犬になっても大家の犬)】(にんげんはこころほどのよをへる)「人は心ほどの世を経る」人は心がけしだいでその一生がどのようなものになるか決まる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・鼻きき源兵衛「人間は心ほどの世を経るということがある。おれは荷と天びん棒を両国の川の中へほうりこんでしまった」)落語:長屋の花見

【人間は土を被ってみなけりゃ運の良い悪いは云えない】にんげんはつちをかぶってみなけりゃうんのよいわるいはいえない) 「人の善悪は柩を蓋うてはじめて知る」に似た表現。(落語・子別れ〜上「人間は土を被つて見なけりゃァ運の好い悪いは云えないというが、マア斯ういう人を指して好運というんだね」)

【人間は万物の霊長】にんげんはばんぶつのれいちょう)人間はあらゆる物の中で、もっともすぐれたものである、ということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・饅頭こわい「人間は万物の霊長と言ってな、人間ほど強えものァねえんだぞ」)講談:応挙の幽霊画

【人間万事金の世の中】にんげんばんじかねのよのなか)この世の中は金がすべてである。人は金のためにあくせく働き、物事は金によって片がつく。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・夕立勘五郎「人間萬事金の世の中、峠まで行くといふのも金といふ剽輕者のお蔭だ」)講談:長曾根虎徹、祐天吉松、藪原検校

人間万事塞翁が馬にんげんばんじさいおうがうま)禍福は糾える縄の如く常なきことをいう。──【諺語大辞典】 「淮南子」にある故事にちなむ。「毛吹草」にもある。(講談・小林平八郎「あの折、浪人の某が上杉家において二百石、人間万事塞翁が馬とはいえ、世の中というのは不思議なものじゃ」)落語:唐茄子屋、茶わん屋敷、茗荷屋 講談:寛永三馬術、祐天吉松

【人間迷うのも女、悟るのも女】にんげんまようのもおんな、さとるのもおんな)(講談・伊賀の水月「その寝顔を又十郎つくづく眺めてお出でなすったが、思わずフッと心が変わりました。人間は迷うのも女でございますが悟るのも女……」)

【人間わずかに五十年】にんげんわずかにごじゅうねん)人間の寿命はたかだか五十年である。人生は短いということ。人間五十年。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・妲妃のお百「人間僅か五十年といつて、丸ツきり生きた所が高が知れて居る、それを今死んだ日にやア勘定に合わない」)落語:子別れ〜上、ちきり伊勢屋

【人三化七】にんさんばけしち)醜怪なる容貌、人間三分化物七分の意。──【諺語大辞典】(落語・心眼「ひとが悪口に人三化七なんてえことをいうだろ?」)落語:お玉牛、遠山政談 講談:寛永三馬術、真柄のお秀

 トップヘ

広告を非表示にする