増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【糠に釘】ぬかにくぎ)糠に釘を打つように、少しも手ごたえがない、ききめがないことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・肉附の面「女房は女のことですからさうは行かない。三日に上げず意見をするがぬかに釘」)《い》落語:藁人形、妾馬

【抜き足差し足忍び足】ぬきあしさしあししのびあし)「抜き足差し足」音のしないようにそっと歩くこと。「忍び足」他人に気づかれないようにこっそりと歩く足どり。──【広辞苑四版】(講談・安政三組盃「抜き足さし足しのび足、なんぞというものは却って人の耳に入りやすい」)

【抜きつれ】ぬきつれ)「抜き連れる」多人数が一斉に刀を抜く。抜き連ねる。──【広辞苑四版】(講談・関東七人男「『親分、高阪の身内は引き受けやした』と、抜きつれて斬ってかかる」)講談:幡随院長兵衛〜芝居の喧嘩

【ぬくめ鳥の爪をのがれる】ぬくめどりのつめをのがれる)「温め鳥」冬の夜、鷹が小鳥を捕えてつかみ、その脚を温め、翌朝これを放してやるということ。──【広辞苑四版】(講談・天保六花撰「おなみは全く生き返ったような心持ち、ぬくめ鳥の爪をのがれた心地とはこれでございましょう」)

【抜け駆けの功名】ぬけがけのこうみょう)人を出し抜き、おのれ一人功を立つるをいう。──【諺語大辞典】(講談・太閤記「それが気に食わンので。私は残念ですから、抜け駈けをするつもりで……」)

【抜けば玉散る氷の刃】ぬけばたまちるこおりのやいば)「抜けば玉散る」研ぎすまされた白刃の輝くさまをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・たがや「『ええい』と抜けば玉散る氷のやいば、と来ればたいへんに器量がいいんですがねェ」)落語:高田の馬場

【盗人猛々しい】ぬすっとたけだけしい)罪を犯しながら、却て人にかゝるをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・おすわどん「エー喧ましい、盗人猛々しいとは汝が事だ、何と分疏(いいわけ)をしようと此方は現場を見たんだ」)落語:汲みたて、おもと違い、探偵饂飩 講談:天保六花撰、清正仁徳録

【盗人に追い銭】ぬすっとにおいせん)盗人に物を盗まれたうえに、さらに銭を追加してやること。損のうえにさらに損を重ねることのたとえ。泥棒に追い銭。盗人に追いを打つ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・永代橋「あとの始末もすっかりしてやらなくちゃならねえ。盗人に追銭てェのはこれだよ」)落語:三人旅、禁酒番屋、昔の詐偽=鬼薊の清吉

【盗人にも三分の理(利)】ぬすっとにもさんぶのり)「〜五分ノ理」ともいう。いかなる事にも、相応の理由をつくればつけらるるものなりとの意。──【諺語大辞典】(講談・関東七人男「隠居さん少し待っておくんなさい、盗人にも三分の利があるとやら」)落語:転宅

【盗人の暇はあれども守る人に暇なし】ぬすっとのひまはあれどももるひとにひまなし)盗人のほうはよい機会をうか がっていつでも入るのだから時間の余裕があるが、盗難を守る番人のほうはいつ入るかわからない盗人に寸時の油断もならない。盗むのはたやすいがそれを防ぐ のはむずかしい。また、盗人というのは防ぎようがないものだということ。守り手の隙はなくとも盗人の隙ある。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」 に「ぬす人のひまはあれとまほりてのひまなし」とある。(実録・後藤半四郎「併し盗人の隙はあれども守人に隙はなしとか云なりと大口開けて打笑ひ其胴巻を其所へ投出し」)

【盗人の昼寝】ぬすっとのひるね)「~も当てがある」の略。なんの目的もなさそうに見える盗人の昼寝も、実は夜の稼 ぎに備えてのものである。何事をするにもそれ相当の理由があること。また、なにか思惑があってすることのたとえにいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】  「毛吹草」に「ぬす人のひるねもあてがある」とある。(落語・湯屋番「これすなわち、「むすびとおの昼寝」だ」)《い》

【盗人を捕らえてみれば我が子なり】ぬすっとをとらえてみればわがこなり)事の意外さに、処置に窮することのたとえ。また、ごく身近な者であっても心を許せないことのたとえにもいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 落語ではよく下の句「〜切りたくもあり切りたくもなし」がつ く。(落語・紫檀楼古木「『切りたくもあり切りたくもなし』という題が出た。『盗人を捕えてみれば我が子なり』というのをこしらえた」)落語:雪てん 講談:荒木又右衛門、伊賀の水月清水次郎長、猿飛佐助

【濡れ手で粟のつかみ取り】ぬれてであわのつかみどり)「濡れ手で粟」濡れた手で粟をつかめば、粟粒がそのままついてくるように、何の苦労もなく利益を得ること。労少なくして得るところの多いこと。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・ちきり伊勢屋「涙ながらに後家さんから頼まれました。濡れ手で粟のつかみどり」)《い》落語:ちきり伊勢屋、しじみ売り、左甚五郎 講談:山中鹿之助妲己のお百、大島屋騒動、女天一坊爆裂お玉、赤穂義士本伝

【濡れぬ先こそ露をもいとえ】ぬれぬさきこそつゆをもいとえ) 「知れぬ先こそ~」とも。 一旦過ちたる上は、非を遂げて憚らぬに喩う。──【諺語大辞典】(講談・伊賀の水月「しかし、今そちが言う通り、ぬれぬ先こそ露をもいとえだ」)講談:二度目の清書、天保六花撰〜松江侯玄関先、母里太兵衛、大岡政談お花友次郎、鼠小僧次郎吉、藪原検校

 トップヘ

広告を非表示にする