読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【日当りの畑で出来た人間】ひあたりのはたけでできたにんげん)(落語・三で賽「其中に恰好(ちやうど)吾々と同じやうな、日当りの畑で出来た人間が有りまして」)

【ひいきの引き倒し】ひいきのひきたおし)人をかばい過ぎて、却て其人の害となること。──【諺語大辞典】(講談・幡随院長兵衛「下世話にいふ贔屓の引倒し、御親切は有難いが、眞平御免を蒙る」)講談:鼠小僧次郎吉

【ひおむき(ひよめき)の固まらない】ひよめきのかたまらない)「ひよめき」(ひよひよと動く意)幼児の頭蓋骨がまだ完全に縫合し終わらない時、脈搏につれて動いて見える前頭および後頭の一部。──【広辞苑四版】(講談・夕立勘五郎「まだひおむきの固まらねえ汝等のやうな素丁稚が聞きに来たつて話をする気遣いはねえ、トツトと帰れ」)講談:清水次郎長

【日蔭の豆も弾ける時分には弾ける】ひかげのまめもはじけるじぶんにははじける)春情の発動する時期のおのずから来るをいう。──【諺語大辞典】(落語・文七元結「いねえッたってしょうがねえやな、日蔭の豆だってはじける時分にゃァはじけるてェ事があらァなァ」)《い》落語:お七 講談:安政三組盃

【引かれ者の小唄新内節)】(ひかれもののこうた)盗人猛々シの類にて、罪人のわざと平気を装い、勇気を示すをいう。──【諺語大辞典】(講談・加賀騒動「黙れ、曳かれ者の小唄と云ふは汝のことだ」)講談:梁川庄八、笹野名槍伝、祐天吉松、西郷南洲

【彼岸の中の鯊は中気のまじないになる】ひがんのうちのはぜはちゅうきのまじないになる)(落語・野ざらし「先生、彼岸の中の鯊は中気のまじないになる、是非たのむと」)

【引き鳴らす甲斐こそなけれ村雀音ききなれて鳴子にぞ寄る】ひきならすかいこそなけれむらすずめおとききなれてなるこにぞよる) (落語・親子茶屋「おとっつあん、あんたな、引き鳴らす甲斐こそなけれ村雀、音聞きなれて鳴子にぞ寄る、という古歌があるのをご存じで?」)

【引面丹】ひきめんたん)「引見ん丹」「引き見ん」(「引き見ん」引いてみようの意)を薬名に擬した語。行きみんたん・振りみんたん等いうの類。1.相手をたらして金品を提供させること。遊里では、客が色仕掛けで女郎からまき上げるをいう。2.飲酒。──【江戸語の辞典】(講談・八百蔵吉「何う引面丹をしたか、お花とお勝が何うやら綺麗な支度で、芝居茶屋の八重扇といふのへ参りました」)

比丘尼に髭出せ】びくににひげだせ)「比丘尼ニ櫛出セ」とも。無理なる注文。──【諺語大辞典】(講談・本所五人男「此れは途方もない事を云ふ比丘尼に何とかいふ比喩で法外な事を云ふ人だ」)

【庇を貸して本宅を取られる】ひさしをかしておもやをとられる)庇護を与えし者に、おのが地位を奪わるる類の喩。「軒ヲ貸シテ〜」ともいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」には「かた屋かしておも屋とらるゝ」とある。(落語・庖丁「遂には庇を貸して本宅(おもや)を取られると言つて、真直な道を通りますけれども、横道を通らないと、毎度我々社会で御饒舌(おしゃべり)を致します」)

【膝とも談合】ひざともだんごう)人と相談するの利あるをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「膝ともだんかう」とある。(落語・ちきり伊勢屋「膝とも談合と申しますから、どうして死ななければならんのかそのわけをお聞かせなさい」)落語:泣き塩、長崎の赤飯、阪東お彦 講談:大高源五、小猿七之助

【膝を抱く】ひざをだく)懇願する。頼み入れる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「どうか一ツ伝吉どんの膝を抱いて、治めて貰いたいものだのう」)講談:小金井小次郎

ピシャリ一鞭加えると】(ぴしゃりいちべんくわえると)(寛永三馬術「馬のたてがみ返すと見るや、ピシャリ一鞭加えると」)講談:難波戦記〜真田入城

【美人薄命】びじんはくめい)「佳人薄命」美人はふしあわせな場合が多いということ。また、美人は病弱だったりして早死にする場合が多い意にもいう。美人薄命。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・短命「美人薄命なんてえことを申しますが、あまりいい器量に生まれますてえと、なんかどうも長生きをしないなんてえことを申しますなァ」)落語:大師の杵 講談:天保六花撰

【美人笑いを含めば一城を傾く】びじんわらいをふくめばいちじょうをかたむく)「傾城」美人が色香で城や国を傾け亡ぼす意。──【広辞苑四版】(実録・妲妃のお百「美人笑ひを含めば一城を傾くと云ふ古語の譬」)

【鐚一文】びたいちもん)鐚銭一文。きわめてわずかのかね。後に打ち消し表現をともなう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小金井小次郎「鐚一文でも場錢のことだ、猶豫はならねえから裸體にして追ひ放したんだ」)

【左りの耳が痒し】ひだりのみみがかゆし)「朝右夕左」(アサミギユウヒダリ)朝は右の耳、夕は左の耳痒ければ、吉事を聞くとなり。──諺語大辞典(講談・本所五人男「ケチを付けるな屹度善い事に違ひない左りの耳が痒し昨夜目出度い夢は見るは何んとなく心嬉しい事ばかりある」)

【引っ越して三年は竹を入れない】ひっこしてさんねんはたけをいれない) 笹竹を使って暮れの十三日の煤払いをしない、の意。(講談・大高源五「昔は家を転じて三年は竹を入れないのを法としておりました」)

【匹夫の勇】(ひっぷのゆう)「孟子」にある言葉。ただ血気にはやるばかりの小勇。小人の勇気。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・明智三羽烏「お前がたなぞは情けねい料簡、全で匹夫の勇、下郎の心と同なじ料簡」)講談:幡随院長兵衛、赤穂義士本伝

【非道の長者に二代なし】ひどうのちょうじゃににだいなし)「長者二代なし」長者の富は二代続かない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」には「長者二だいなし」とある。(講談・清水次郎長「其の米で儲けては人間の道が立ちません。非道の長者に二代なし」)

【人多き人の中にも人ぞなし、人になせ人人になれ人】ひとおおきひとのなかにもひとぞなし、ひとになせひとひとになれひと)  「~人になれ人人になれ人」とも。(講談・伊賀の水月大和国正木阪において、一万三千六百八十四名からの門人を取り立てましたが、いわば、――人多き人の中にも人ぞなき、で、さてこれほど大勢の門人を擁しながら、光吉公のおめがねに叶いましたものは、この丑之助よりほかにございません」)

【人が増せば水増す】ひとがませばみずます)家族ふゆれば費用随うて増加す。──【諺語大辞典】(講談・相馬大作人が増せば水増すといって、人間が一人殖えればそれだけ入費がかゝる」)講談:関東七人男

【人斬れば私も死なねばなりませぬそこで御無事に木脇差さす】ひときればわしもしなねばなりませぬそこでごぶじにきわきざしさす)(講談・村松喜兵衛「是れは堪忍 といふことを狂歌にいたしたもので、 人切れば私(わし)も死なねばなりませぬそこで御無事に木脇差さす…」)講談:赤穂義士本伝

【一声と三声は呼ばぬ卵売り】ひとこえとみこえはよばぬたまごうり)(落語・孝行糖「一と声と三声は呼ばぬたまご売り…… という句がございます。昔卵を売りにまいりましたのが一と声ではおかしゅうございまして」)落語:道具屋、竃幽霊

【人ごとに一つの癖はあるものをわれには許せ敷島の道】ひとごとにひとつのくせはあるものをわれにはゆるせしきしまのみち) 「人ごとに一つの癖」人は誰でも、その人独特の癖を持っているということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・真柄のお秀= 「人として~あるものよ」、落語・九段目「人ごとに一つの癖はあるものをわれには許せ敷島の道 とやら申し上げまして、人はおのおの大小道楽というものは、貴賤ともに免れませんものと見えまして」)落語:小言幸兵衛、正直清兵衛 講談:難波戦記

【人盛んなる時は天も暫く是を置く】ひとさかんなるときはてんもしばらくこれをおく)「人盛んなる時は神祟らず」人の運勢の盛んな時は神仏の力でもどうすることもできない。凡夫盛んに神祟りなし。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「~神も仏も罰することができぬ」とも。(実録・おこよ源三郎「然れども人盛んなる時は天も暫く是を置とかや」)落語:牡丹燈籠 講談:関東七人男

【人さかんなれば天にかつ】ひとさかんなればてんにかつ)「人衆(おお)ければ〔盛んなるときは〕天に勝つ」人力は到底天理には及ばないけれども、衆人の勢力が強い場合には、一時的には天理に勝つことができる。──【故事俗信ことわざ大辞典】「人熾んなれば天に克ち、天定まって人に克つ」とも。前項に同じ。(落語・牡丹燈籠「人盛んなる時は天に勝つ、人定まって天人に勝つとは古人の金言うべなるかな」)講談:両越大評定、藪原検校、百猫伝

【人死する時に死せざれば、死に勝る恥あり】ひとしするときにしせざれば、しにまさるはじあり)「死すべき時に死せざれば死にまさる恥あり」死ぬべき時に死なないで、生きながらえていると、死ぬよりもつらい恥を受けることになる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・三家三勇士「人死する時に死せざれば死に勝る恥ありとか、どうかこの手をお放し下され」)講談:国定忠治

一太刀恨む】(ひとたちうらむ)「恨む」恨みを晴らす。仕返しする。──【広辞苑四版】(磯貝十郎左衛門「主の敵が眼前にありながら、一太刀なりとも恨むことができず」)

【一つ穴の狢】ひとつあなのむじな)「同ジ穴ノ狐」「一ツ穴ノ狐」同類なること。──【諺語大辞典】(講談・赤穂義士本伝「岡島萱野なぞも、つの穴のムジナでござる」)講談:寛永御前試合

【一つ叶えばまた二つ】ひとつかなえばまたふたつ)人の欲望は次から次へときりがないことをいう。「一つ叶へば二つ出来三つ四つ五つ六かしの世や」(「譬喩尽」)──【故事俗信ことわざ大辞典】、「思フ事一ツ叶ヘバ又一ツ」──三つよついつもむつかしの世や。後水尾院御製のよし申し伝う。──【諺語大辞典】 「一つよければまた二つ」とも。(落語・うそつき弥次郎「ひと息ついたが、一つよければまた二つ」)講談:矢田五郎右衛門、藪原検校、清水次郎長

【一つ違いは金の草鞋で捜してもねえ】ひとつちがいはかねのわらじでさがしてもねえ)「一つ姉は買うて持て」一歳年上の金を出して買ってでも妻にせよ。一つ年上の妻は世帯のためによいということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・宮戸川一つちがいは、金の草鞋で捜してもねえとかいうじゃァねえか。婆ァさん、お前が十七で、おれが十八だっけの?」)

【一つ鍋のものを食った友達】ひとつなべのものをくったともだち一家に居住するをいう。──【諺語大辞典】(落語・大山詣り「きのうまでも今日までも、ひとつ鍋のものを食った友達が死んじまって、あっしひとりが助かりましたと」)落語:化物使い

【人として礼なきは禽獣に近し】ひととしてれいなきはきんじゅうにちかし)(落語・牛ほめ「人として礼なきは禽獣に近しという。叔父甥の間柄でもそういうわけのもんじゃァねえ」)

【人とつき合う時は三者とつき合え】ひととつきあうときはさんしゃとつきあえ)「医者福者智者ニ懇意ナレバ不自由セズ」──【諺語大辞典】 「徒然草」一一七段に「よき友、三つあ り。一つには、物くるゝ友。二つには医師(くすし)。三つには、智恵ある友。」とある。(講談・天保六花撰「『先づ人と交際なれば三者と交際へといふ事がある』」)講談:慶安太平記

【人取る亀は人に取られる】ひととるかめはひとにとられる)「人捕ル亀ハ人ニ捕ラルル」人を害すれば己も亦人に害せらる。──【諺語大辞典】(講談・天保六花撰「それをこちらのものにしたところで神様はお喜びなさるとも憎いやつだとはいいますめえ、人取る亀は人に取られるは自業自得、因果応報だ」)

【人に口を利くなら仲人口】ひとにくちをきくならなこうどぐち)「仲人口」悪い事はいわず善い事のみを誇大にいうたとえ。──【江戸語の辞典】(落語・子別れ「これ、人に口を利くなら仲人口だ。熊さん、お前に悪いところはない」)

【人に死生あるは一日に昼夜の別あるが如し】ひとにしせいあるはいちにちにちゅうやのべつあるがごとし)(講談・赤穂義士本伝「愈々本日がお別れとなりました。人に死生あるは一日に昼夜の別ある如く、これは定まる約束ごとでござるから王侯貴人の貴き身も死することは免れぬ」)

【人には添うてみよ、馬には乗ってみよ】ひとにはそうてみよ、うまにはのってみよ)「人ニハ添ウテ見ヨ馬ニハ乗ッテ見ヨ」親しく交りたる後ならで、軽々しく其性行を判定すべからず。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・三人旅「おどろいたなァ、人には添ってみろ、馬には乗ってみろなんてなァ、はじめて乗ってみたが、あんまりいい心持のもんじゃァねえや」)落語:皿屋、とろろん、仔猫

【人の過ちは好んで人の師となるにあり】ひとのあやまちはこのんでひとのしとなるにあり) 「孟子」にある「孟子曰、人之患在好爲人師」によると思われる。(講談・近江聖人「『人の過は好んで人の師となるにあり』と、いふことがあります」)

他人の一寸我身の一尺】(ひとのいっすんわがみのいっしゃく)他人の欠点を見るは易く、我身の非を知ることは難し。──【諺語大辞典】(実録・高橋お傳「『他の一寸わが身の一尺、重なる惡事はそつちが問屋』」)

【人の噂も七十五日】ひとのうわさもしちじゅうごにち)世上の噂も二箇月半も経過すれば、おのずから消滅すとの意。──【諺語大辞典】 「七十四日」という歌の文句もある。 「毛吹草」に「よのとりさたも七十五日」とある。(講談・面割狂言人の噂も七十五日、じつと我慢なさるのが得策かと存じます」)落語:猫定、汲みたて 講談:寛永三馬術、伊賀の水月、和久半太夫、小山田庄左衛門、天保六花撰、幡随院長兵衛、由井正雪、名月若松城、汐留の蜆売り、藪原検校

【人の口には戸が立てられぬ】ひとのくちにはとがたてられぬ)人の批評は防止すべからず。──【諺語大辞典】(落語・後家殺し「人の口に戸は立てられないてえことを申しますが、あたしは独身(ひとりみ)ではございません」)講談:安政三組盃、幡随院長兵衛、藤原銀次郎、祐天吉松、大岡政談お花友次郎

【人の恋路の邪魔する奴は犬に食われて死ねば良い】ひとのこいじのじゃまするやつはいぬにくわれてしねばよい) 「馬に蹴られて死ねば良い」という場合もある。(落語・入黒子「人の恋路の邪魔する奴は、と云ふ都々逸の文句にも有るぢや無いか」)落語:梅若礼三郎、肝潰し、なめる 講談:梁川庄八、関東七人男

【人の死ぬときには四苦八苦の苦しみがある】ひとのしぬときにはしくはっくのくるしみがある)「四苦八苦」非常な苦しみ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・朝友「人のコノ死ぬときには四苦八苦の苦しみがあるということでございますが」)

【人の性は善なり】ひとのせいはぜんなり)「人の性の善なるは猶水の下(ひく)きに就くがごとし」人間の本性が善であるのは、ちょうど水が低いほうへ流れる性質を持っているのと同じで、論ずるまでもない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・二十四孝「ボンヤリしたやつでも人間の性は善であるからして、だんだん理屈を聞いてみると自分も親孝行をする気になりましたが」)落語:夏どろ、唐茄子屋 講談:神崎与五郎、両越大評定、天保六花撰、名匠源八、岩見重太郎、越後伝吉、赤穂四十七士伝、妲己のお百

【人の性は本善】ひとのせいはほんぜん)(落語・反魂香「と是だけの事を言うと、ガツクリ息は絶えました、人の性は本善、死際に親に難儀を掛けまいと斯様に申し立てましたから、阿母は子殺しにならないで落着いたしました」)

【人の善悪は柩を蓋うてはじめて知る】ひとのぜんあくはひつぎをおうてはじめてしる)「棺を蓋いて事定まる」人間の真の評価は死後になって初めて定まる。生きている間は公平な判断ができない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 杜甫の詩「大夫  棺を蓋いて事始めて定まる」を連想させることわざ。(講談・木村岡右衛門「何を仰うせられても拙者は立腹いたさぬ。人の善悪は柩を蓋てはじめて知る、酔狂人の貴公にむかって答弁をいたしたとて、何の功ももござらぬ故、ただいまは別段弁解をいたしませぬ」)

【人の疝気を頭痛に病む】ひとのせんきをずつうにやむ)他人の事につきて無用の心配をなすこと。──【諺語大辞典】 「隣の疝気を~」とも。(講談・浪花五人男「ヱゝ人の疝氣を頭痛に病むでもなからうと行かうとした途端」)

【他人の褌で相撲を取る】ひとのふんどしですもうをとる)他人の褌を借りて相撲を取る。他人の物を利用して自分の事に役立てるたとえ。人の太刀で功名する。人の提灯で明かりをとる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・小金井小次郎「他人の犢鼻褌で相撲を取る様な工合で儲けて」)

【他人の前ではくさしているが、逢えば他人が邪魔になる】ひとのまえではくさしているが、あえばたにんがじゃまになる)(講談・新門辰五郎「アハゝゝゝ旨えことをいつて居る、他人の前ではくさして居るが、逢へば他人が邪魔になるといふんで」)

【人の将に死なんとする、その言や良し】ひとのまさにしなんとする、そのげんやよし)【意味】人が死にのぞんでいうことばは、純粋で真実がこもっている。──【故事俗信ことわざ大辞典】「鳥の将に死なんとする其の声悲し〜」を見よ。(講談・笹野名槍伝「其の命を投出してゐる又八、人の将に死なんとする時其の言ふことや良し、よもや僞りはあるまいかと思ひますが」)

【人は天が下の御霊】ひとはあめがしたのみたま)人間は万物の霊長である。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「~御霊物(みたまもの)」とも。(落語・羽衣「ふざけたことをいうない。人は天が下の御霊というぞ。わりやァおれを見そこなやァがったな」)

【人は一代、名は末代】ひとはいちだい、なはまつだい)人の身は一代で亡びるが、よいにつけ悪いにつけ、その死後も 長く残るということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(落語・転宅「もっとも落語をお聞き遊ばして、これを倅の意見の足しにしよう の、また国会の足しにしようというわけにはなりません。大てい根なし草 というぐらいではありますが、人は一代名は末代」)《い》落語:三人旅、龍の都、百川、嵩谷、山岡角兵衛 講談:寛永三馬術、伊達誠忠録、梶川与惣兵衛、猿飛佐助、木村長門守、岩見重太郎、難波戦記冬合戦

【人は氏より育ち】ひとはうじよりそだち)「氏ヨリソダチ」血統より教育を重しとす。──【諺語大辞典】(講談・水戸黄門「といふのは、人は氏より育ち、情ないかな日傭取の惣右衛門が育てました虎松、行儀作法を知りませぬ」)

【人は気で気を病む】ひとはきできをやむ)「気デ気ヲ病ム」我が心から、要なきに心を苦むること。──【諺語大辞典】(落語・欲しい物覚え帳「能く人は気で気を病むといふお話を申しますが」)

【人は客、おれはまぶだと思う客】ひとはきゃく、おれはまぶだとおもうきゃく)(落語・文違い「遊びに行ってむこうに惚れさして、女郎をだまそうなんという。他人は客わが身は情夫と思う客……」)

【人は死して名を残し、虎は死して皮を残す】ひとはししてなをのこし、とらはししてかわをのこす)「虎は死して皮を残し人は死して名を残す」獣の王者である猛虎は死後も皮となって珍重され、人は死後に残した名誉や功績によってその名が語り伝えられる。自分の名誉を大切にすることを生前から心がけなければならない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・動物園「で、虎は死して皮を残すちゅうさかいに、こう皮をはいだんやけど」)落語:転宅、佐々木政談、龍の都、百川 講談:寛永三馬術、猿飛佐助、左甚五郎

【人はただ仲よきうちに遠ざかれ名残り惜しきをのちの形見に】ひとはただなかよきうちにとおざかれなごりおしきをのちのかたみに) (講談・正直車夫「その友達 が、いやな顔一つしないでよく僕を世話をしてくれるが、人はただ仲よきうちに遠ざかれ、名残り惜しきを後の形見にじゃ」)

【人は楯人は石垣人は堀、情けは味方仇は敵なり】ひとはたてひとはいしがきひとはほり、なさけはみかたあだはてきなり)(講談・夕立勘五郎「是れが天然の城だから、決してこの國には城を立てぬ、人は楯人は石垣人は堀、情けは味方仇は敵なりと仰しやつて城を立てなかつたさうでございます」)講談:国定忠治

【人は眉目よりただ心】ひとはみめよりただこころ)人は外見の美しさよりも、心の美しさが大事であるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・心眼「おい、ふざけちゃァいけない。ひとは眉目よりただ心、いくら顔容(かおかたち)がよくッたって心だてが悪かった日にゃァなんにもならない」)講談:真柄のお秀

【人は病の器】ひとはやまいのうつわ)人体に種々の疾病生ずるをいう。──【諺語大辞典】(落語・代脈「どんな美女(いいおんな)でも人間は病の器と云う、決して患わぬとは云えない」)落語:薬違い、悔みの妙薬 講談:水戸黄門岡野金右衛門、曾呂利新左衛門、笹野名槍伝、玉菊燈籠、新吉原百人斬り、幡随院長兵衛

【人学ばざれば智なし、玉磨かざれば光なし】ひとまなばざればちなし、たまみがかざればひかりなし)「玉磨かざれば光なし(器とならず)」どんな玉でも磨かなければ美しい光は出ない。どんなにすばらしい素質や才能を持っていたとしても、学問を積んで努力し、自己を練磨しなければその真価を発揮することはできないというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・猿飛佐助「人学ばざれば智なし。玉磨かざれば光なし。佐助は図らずも鳥居峠に於て、奇態の老人より昼夜の分かちなく、一心不乱に武術を教わった」)

【一人口は食えないが二人口は食える】ひとりぐちはくえないがににんぐちはくえる)生計は夫婦で営む方、独身より却て経済上得策なるをいう。──【諺語大辞典】 「十人ぐらしは易けれど、一人口は生計せぬ」(講談・明智三羽烏)とも。(落語・塩原多助一代記「人が世話をしやすが、一人口は食へねえが二人口は食へるといふ譬へもありやすから、旦那さまがまアだ早いといへば持たずに居やすし、持つても宜いといへば貰はうと思つて」)落語:搗屋幸兵衛、小言幸兵衛、たらちね、狐の嫁入り、塩原多助一代記 講談:明智三羽烏

【一人船頭一人芸者】ひとりせんどうひとりげいしゃ)(講談・小猿七之助「そのころ、一人船頭一人芸者というものは、船宿で固ーく禁じてありました」)

【独り者猫を相手に酒を飲み】ひとりものねこをあいてにさけをのみ)(講談・寛永三馬術「『獨り者猫を相手に酒を飲み』男やもめに蛆が生くと申しますが、大抵な者が男といへば不精なもの」)

【人若き時心未だ定まらず之を慎むこと色にあり】ひとわかきときこころいまださだまらず、これをつつしむこといろにあり) 「血気まさにさかんな時、之を慎むこと色にあり」とも。(講談・堀部安兵衛「此の安太郎は至つて美男、人若き時心未だ定まらず、之を愼しむこと色にあり、と申しますが」)講談:天保立花撰

【人我に辛ければ、我また人に辛し】ひとわれにつらければ、われまたひとにつらし)相手が自分に対してつれなくすれば、自分も相手につれない態度で接するものであるということ。怨みに報ゆるに怨みを以てす。目には目、歯には歯。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・祐天吉松「人我に辛ければ我又人に辛しだ。手前の命は貰ふから覺悟をしろ」)

【人を恨もうより我が身を恨め】ひとをうらもうよりわがみをうらめ)相手のしうちをうらむ前に、自分の至らないところを悔いて反省せよ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・仏の作蔵「人を恨まうより我身を恨めといふ教へがある」)

【人を思うは身を思う】ひとをおもうはみをおもう)人を思いやるのは我が身を思いやることになる。他人に情けをかければ、その情はめぐりめぐってやがては自分のためになるということ。情けは人のためならず。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・本所五人男「イエ決して成りません人を思ふは身を思ふ」)

【人を殺すには腹を刺せ】ひとをころすにははらをさせ)(講談・国定忠治「忠次が人を殺すには腹を刺せと云つたのは、北辰一刀流の大先生神田お玉ケ池に鳴した千葉周作先生が書き遺したのに、人を殺すのに腹を刺すのが一番だ、手や足を斬るのは駄目だとしてあります」)

【人を助けるのは出家の役】ひとをたすけるのはしゅっけのやく)すべての人に慈悲をかけ、救おうとするのが僧侶の役目である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・雁取り「人を助けるのは出家の役、況して五重の塔へ落ちたという此人を見殺しに出来ない、何とかして助けたいものだ」)落語:いが栗、雁取り 講談:仏の作蔵、妲己のお百、新門辰五郎、安中草三郎

【人をつかえば苦を使う】ひとをつかえばくをつかう)人を使役するの心労多きをいう。──【諺語大辞典】(落語・百年目「昔から人をつかえば苦をつかうと、えらいええことが申してござります」)

【人を使えば使われる】ひとをつかえばつかわれる)前項に同じ。──【諺語大辞典】(落語・権助提灯「おれのほうはまた“人を使やァ使われる”…気骨が折れる、同じ事(こっ)た」)落語:位牌屋、百年目、按摩の炬燵 講談:紀伊国屋文左衛門

【人を呪わば(祈らば)穴二つ】ひとをのろわばあなふたつ)人を呪詛して之を害せんとする者は、又おのれの陥るべき穴をも掘るべしとの意。──【諺語大辞典】「人を祈らば穴二つ」とも。(落語・悋気の火の玉「人を祈らば穴二つ、うまいことを申しました」)落語:御神酒徳利 講談:宮本武蔵、猿飛佐助

【人を見たら泥棒と思え、火を見たら火事と思え】ひとをみたらどろぼうとおもえ、ひをみたらかじとおもえ)「人を見 たら泥棒と思え」他人は軽々しく信用しないで、まず疑ってかかれ。人を相手にする場合は用心するにこしたことはないということ。「火を見れば火事と思え」 わずかな火を見ても大きな火事になるかも知れないと用心せよ。物事は警戒する上にも警戒するに越したことはないというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞 典】(落語・出来心「その、昔からいうでしょう。ひとを見たら泥棒と思え、これだ」)講談:清水次郎長、野狐三次、越後伝吉

【人を見て法を説け】ひと〔にん〕をみてほうをとけ)相手によって臨機応変の言動をすることが必要である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・お化け長屋「夫はいえない、人を見て法を説けだから其の野郎の様子を見て、臆病な奴だと思つたら悪い事は言わないから彼所はお止しなさい、此間首くくりがあつた、などというんだ」)落語:酢豆腐 講談:本所五人男

脾肉の嘆ひにくのたん)無事に苦みて、功名の立て難きを歎く義。──【諺語大辞典】 「脾肉」は腿の肉のこと。(講談・宮本武蔵「これがため常々脾肉の嘆に打たれておった連中」)

【日に三度下女恋人に実を見せ】ひにさんどげじょこいびとにじつをみせ)(講談・笹川繁蔵「――日に三度下女恋人に実を見せ――てえ川柳があらア、畜生め」)

【火の(気の)ないところに煙は立たぬ】ひのないところにけむりはたたぬ)多少の事実なくして、噂は立つものにあらずとの喩に用う。──【諺語大辞典】 「火の気のないところに~」とも。(落語・後家殺し「しかし、昔から火のないところから煙は立たねえというたとえがあるが」)講談:鯉の久三、浪花五人男

【火の中水の中】ひのなかみずのなか)燃えている火の中や深い水の底。危険や困難・苦痛を受けるたとえ。また、どん な艱難辛苦も物ともしない決意のたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「たとえ火の中水の中」などと使う。「水火を辞せず」(講談・加賀騒動)とも。 (落語・酢豆腐「半ちゃんんたのむとああたまをさげられりゃあ、たとえ火のなか、水のなかへでも飛びこもうてんだ」)講談:安政三組盃

【日の本は岩戸神楽の始より女ならでは夜の明けぬ国】ひのもとはいわとかぐらのはじめよりおんなならではよのあけぬくに)(落語・新治療「其お色気の水上は御婦人で 日の本は岩戸神楽の始より女ならでは夜の明けぬ国」=疝気の虫)

【火鉢のそばで爪を切ると気違いになる】ひばちのそばでつめをきるときちがいになる)(落語・佃祭「『火鉢のそばで爪を切ると気違いになる』というのですが、それはとった爪が火鉢にとび込むと、いやあな臭いがするからだろうと思います」)

【ひびたけ】ひびたけ)1.ひびわれ。亀裂。2.きず。──【江戸語の辞典】(落語・お直し「どうせ妾だつてヒゞタケの入つた身体だからやれない事はない」)落語:坊主の遊び

【ひふの間違い】ひふのまちがい)(講談・小金井小次郎「又越後の言葉にはひとふの間違いがある、これをひふの間違いといふ」)

【日文矢文の取替せ】ひぶみやふみのとりかわせ)【意味】「日文」毎日手紙を出すこと。「矢文」矢の催促の手紙。続けざまにやる手紙。──【江戸語の辞典】(落語・お茶汲み「其の当座といふものは日文矢文の取替せ」)

【非望の欲】ひぼうのよく)【意味】「非望」身分不相応な望み。──【広辞苑四版】(落語・御慶「あゝおよしおよし、富なんてえものァこりゃァ当たるもんじゃァない、それは非望の欲というもんだ」)

【ひもじさと寒さと恋をくらぶれば恥ずかしながらひもじさが先】ひもじさとさむさとこいをくらぶればはずかしながらひもじさがさき)(落語・万金丹「“ひもじさと寒さと恋をくらぶれば恥ずかしながらひもじさがさき”……お腹のへったてえのァ、これァいちばん身にこたえますな」)落語:和歌三神 講談:西行鼓ヶ瀧

【素見千人客百人、間夫が十人地色一人】ひやかしせんにんきゃくひゃくにん、まぶがじゅうにんいろひとり) 「御客千人馴染百人間夫三人情人(いいひと)一人」十所の諺。──【諺語大辞典】(落語・文違い「吉原というところへ行きますと面白い譬えをいいまして……冷やかし千人客百人、間夫は十人恋一人」)

【百が味噌、二百が薪、二朱の米、一分自慢の年の暮れかな】ひゃくがみそ、にひゃくがたきぎ、にしゅのこめ、いちぶじまんのとしのくれかな) 主に職人の家で、百文分の味噌、二百文分の薪、二朱の米、一分の金があれば、歳末としては大いばりの経済状況だ、ということ。(落語・山崎屋「お職人なんぞは『百が味噌、二百が薪、二朱が米、一分自慢の年の暮れかな』という……」)

【百姓は国の宝】ひゃくしょうはくにのたから)(講談・安中草三郎「百姓は國の寶と昔から云はれて居る、それをムザムザ斬り捨てゝ快とし」)

【百日の説法屁一つ】ひゃくにちのせっぽうへひとつ)多年の苦心も一朝の過失によりて無効となる喩。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「七日のせつほうもむになす」とある。(落語・浮世床「角道をあけて『角道(百日)の説法屁一つ』……」)落語:金玉医者 講談:小山田庄左衛門

【百聞は一見に如かず】ひゃくぶんはいっけんにしかず)百回繰り返して聞くよりも一回自分の目で見るほうが確実である。論より証拠。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・京見物「百聞一見に如ず、見て来なければ話にならない」)講談:三家三勇士

【百万石も剣菱も摺れ違うたる江戸の街】ひゃくまんごくもけんびしもすれちごうたるえどのまち) 「百万石も痃癖も……」を言い換えたものか。「剣菱」は酒の銘柄。(落語・盃の殿様「名にしおう江戸は、百万石も剣菱も摺違うたる繁昌は、金の成る木の植処、百万石の大名と剣菱の酒菰を着た乞食が摺違うという位、繁昌のさまを写した言葉」)落語:首提灯、姫かたり 

【百万だら】ひゃくまんだら)「百万陀羅」ことば数の多い形容。また幾度も繰り返し言う形容。──【江戸語の辞典】(講談・安政三組盃「まことに相すみませんの百万ダラをいって」)

【百も承知二百も合点】ひゃくもしょうちにひゃくもがてん)十分知悉すとの義。──【諺語大辞典】(落語・茶釜の喧嘩「イエサ、其りやァお前さんに落度がないてえ事は百も承知二百も合点だ、ハテマアお待ちよ」)講談:小金井小次郎、五貫裁き

百里の堤も蟻の一穴から破れる】ひゃくりのつつみもありのいっけつからやぶれる)「千丈の堤も蟻の一穴より破れる、大家の焼亡も一爐に始まる」を参照のこと。(講談・相馬大作「すべて物事は油断大敵、百里の堤も蟻の一穴から破れる道理」)

【百両のかたに編笠一蓋】ひゃくりょうのかたにあみがさいっかい)百両の金を貸した担保が編み笠一つ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「百貫のかたに編笠一蓋」ともいう。(落語・はてなの茶碗「いやいやいや、百貫のかたに編笠一つということもある」)落語:井戸の茶碗 講談:天明白浪伝、小林平八郎、関東七人男

瓢箪から駒ひょうたんからこま)「瓢箪カラ駒ガ出ル」意外の物の、意外の所よりいずるをいう。──【諺語大辞典】「毛吹草」に「へうたんからこまもいです」とある。(講談・曾呂利新左衛門「どうじゃ新左、昔から瓢より駒と申すことを聞くが」)《い》講談:朝顔日記

瓢箪ばかりが浮き物か】ひょうたんばかりがうきものか) 俗曲の歌詞。もっぱら芸者幇間をまじえてのどんちゃん騒ぎのシーンに出てくる。(講談・関東七人男「二階では三味線に太鼓がはいって、ヒョウタンばかりが浮きものか、サッサ浮いた浮いたと天井が突きぬけるかと思うような騒ぎ」)講談:男の花道

【兵六玉】ひょうろくだま)「表六」(「兵六」ともあてる)愚鈍な人をののしっていう語。まぬけ。──【広辞苑四版】(落語・巌流島「なんか言ってやろうじゃねえか、忌々しい兵六玉だ」)

【日和癖が悪い】ひよりぐせがわるい)「日和癖」とかく雨になりがちな空。時雨または村雨の多い季節の空模様。──【江戸語の辞典】(好天が長続きしない)こと。(落語・真景累ヶ淵「どうもこの頃は日和癖が悪くってね」)

平蜘蛛の如く】(ひらぐものごとく)「平蜘蛛」扁蜘蛛の異名。(寛永御前試合「初めの勢いどこへやら平蜘蛛のごとく大地に両手を突き」、宮本武蔵「二間ばかり飛びすさり、平蜘蛛のように平伏をした」、猿飛佐助「一同平蜘蛛のようになり、三拝九拝叩頭平身に及んでいる」→三拝九拝)

【昼鳶】ひるとんび)1.昼間、通りがかりに店先の金品をかっさらう盗人。小盗人。こそどろ。2.掏摸。──【江戸語の辞典】(講談・赤穂四十七士伝「太い小僧だ……晝鳶なんぞ仕やがつて」)

【昼は終日夜は終夜】ひるはひねもすよはよもすがら)(講談・水戸黄門晝は終日夜は終夜、天龍禅寺で修業をして居ると、丁度半四郎が三十三歳の時に、世の中に出る時節が到來致しました」)講談:赤穂四十七士

【微禄をする】びろくをする)給禄の減ずること。おちぶれること。零落。──【広辞苑四版】(落語・ちきり伊勢屋「今度ァ微禄をしたからって、お前のところへ這い出しにゃァ行かれねえ。痩せても枯れてもちきり伊勢屋の伝次郎だ」)

【ひろびろと心せわしき野ぐそかな】ひろびろとこころせわしきのぐそかな)(落語・三人旅「ひろびろと、心せわしき野ぐそかなてえがまったくだなァ、あゝ、落ちついちゃァいらンねえ」)

【貧すれば鈍する】ひんすればどんする)貧は人を愚鈍ならしむ。──【諺語大辞典】編者注:「貧には知恵の鏡も曇る」と同義。(落語・帯久「貧すりゃ鈍する、藁打ちゃ手ェ打つ、便所へ行たら人が入っとおるちゅうぐらいで」)卓越:算段の平兵衛、怪談市川堤 講談:水戸黄門、出世の富籤、天保六花撰、大高源五

【貧の盗みに恋の歌】ひんのぬすみにこいのうた)貧にせまりては盗をなし、恋にせめられては歌を詠むに至る。──【諺語大辞典】 「毛吹草」に「ひんのぬすみ」「こひのうた」とある。(講談・野狐三次「俺ァ疑う訳じゃァねえが、貧の盗みに恋の唄、アゝ金せえありゃア良人の磯五郎が何日でも帰って来られる」)《い》落語:穴泥 講談:野狐三次 実録:大岡政談後藤半四郎

【貧の盗みの出来心】ひんのぬすみのできごころ)「貧の盗み」(前項参照)貧乏すれば生活に窮して盗みを働くようになる。──【諺語大辞典】貧乏に追い詰められ、つい魔がさして盗みをはたらくこと。根っからの泥棒ではない、という自己弁護。(落語・出来心「ほんの貧の盗みの出来心でございます、涙のひとつもこぼして、あわれっぽくもちかけてみろ」)《い》落語:穴泥

【貧は諸道の妨げ】ひんはしょどうのさまたげ)貧は万事に障碍を生ぜしむとの意。──【諺語大辞典】(講談・小林平八郎「貧は諸道の妨げじゃ、こんなに貧乏してしまっては、剣術は教えられない」)講談:寺坂吉右衛門、梅ヶ枝仙之助、天保六花撰、幡随院長兵衛

【貧乏人の子沢山】びんぼうにんのこだくさん)貧乏人にはとかく子どもが多いということ。貧乏子沢山。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・天下の糸平「これで六人ですよ。貧乏人の子澤山たア善く云つたものですなア」)

【貧乏人の節句働き】びんぼうにんのせっくばたらき)「節句働き」節句の日には人は仕事を休むのに、ふだん怠けている者が自分だけことさら忙しそうに働くこと。──【広辞苑四版】(講談・新吉原百人斬り「俗にいふ貧乏人の節句働らきで次郎吉は家の掃除などをして居ると」)

【貧乏暇なし】びんぼうひまなし)貧乏なために生活に追われっぱなしで少しのひまもない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・文七元結「うかがわなきゃならないんでございますが、貧乏暇なしてェやつで……」)《い》落語:山号寺号、三人旅、雁取り、お若伊之助

【貧乏をしてもこの家に風情あり質の流れに借金の山】びんぼうをしてもこのやにふぜいありしちのながれにしゃっきんのやま)(落語・野ざらし「貧乏をしてもこの家に風情あり、質の流れに借金の山、あよいよい」)

 トップヘ

広告を非表示にする