増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【風前の燈火】ふうぜんのともしび)命の危うきに喩う。──【諺語大辞典】(講談・水戸黄門「此の美濃守が大老になつたならば、徳川の天下は五代六代の間に暗夜にならうといふ、其の危ふいこと風前の灯火であります」、落語・お七「風前の燈火のごとくまことにお気の毒さまなわけで」)落語:てんしき、粗忽長屋大山詣り、坊主の遊び 講談:赤穂四十七士

【ブウブウをいう】ぶうぶうをいう)「ぶうぶう」小言。不平。苦情。文句。多く酔漢にいう。──【江戸語の辞典】(落語・てんしき「コノ、杯を重ねますと、しまいにはブウブウが出ます」)落語:粗忽長屋大山詣り、坊主の遊び 講談:赤穂四十七士

【夫婦喧嘩は犬も食わない】ふうふげんかはいぬもくわない)夫婦間の喧嘩は、大抵根もなき痴情より起るものなれば、他人は之に干渉するを要せず、歯牙にかくるに足らずとの意。「〜犬モ構ワヌ」ともいう。──【諺語大辞典】(落語・狂歌家主「大晦日だ、夫婦が大きな声をするが、夫婦喧嘩は犬も食はぬと言ふからよくねへ」)落語:五目講釈

【夫婦仲の口はめったにきけない】ふうふなかのくちはめったにきけない)(落語・厩火事「おいどうなってるんだいおい、それだから夫婦仲の口はやたらきけないてなこのことなんだよ」)

【夫婦の固めに雪の降るのは縁が深い】ふうふ〔めおと〕のかためにゆきのふるのはえん:えにしがふかい)俗信(「深雪」という)。(落語・真景累ヶ淵「なに雪は降つてゐるよ、夫婦の固めに雪が降るのは縁が深いとかいふ事があるねえ」)

【風流に貴賤の分ちなし】ふうりゅうにきせんのわかちなし)(落語・蜀山人「偖て、風流に貴賤の分ちなしと申しまして」)

【風流は園の呉竹槍の柄に人には乞食之直なもの】ふうりゅうはそののくれたけやりのえにひとにはこじきこれすぐなもの)(落語・三百餅「ソコで直なる物は何だといふと、『風流は園の呉竹槍の柄に人には乞食之れ直なもの』」=狂歌家主)

【風流は貧しきにあり梅の花】ふうりゅうはまずしきにありうめのはな)「楽しみはまづしきにあり梅の花」に似た歌。(講談・紀伊国屋文左衛門「貧乏をしてゐるから、櫻が松に見えるといふこともございませぬ、風流は貧しきにあり梅の花で、何でも貧乏をしてゐる時には花を見るのが何より樂しみなもので」)

【笛吹かず太鼓叩かず獅子舞の後足になる胸の安さよ】ふえふかずたいこたたかずししまいのあとあしになるむねのやすさよ)(講談・佐倉宗五郎「『獅子舞の太鼓叩かず笛吹かず後足になる身こそ安けれ』で獅子を被つて踊るのも苦しいが、又笛太鼓を鼓くにもやはり苦しみがある」)落語:髪結新三 講談:大久保彦左衛門、名医と名優、朝顔日記

【不学者論に負けず】ふがくしゃろんにまけず)「非学者論ニ負ケズ」無学者の暴論をなして屈せざるをいう。──【諺語大辞典】(講談・清水次郎長「そりゃあお前いけねえ、不学者論に負けず、ゆうべ生まれた赤ん坊にでも、悪いとなったらば、フッ、あやまるときまっているじゃあねえか」)

【深間にはまる】ふかまにはまる)「深間」男女の情交の深いさま。──【江戸語の辞典】 「深間になる」(講談・関東七人男)、「なんでも芝の三田辺の質屋の若旦那と深間ンなって」(同・汐留の蜆売り)とも。(落語・文七元結「いまでは抜き差しできないほど、深間にはまってしまった」)

【不義の富は浮かべる雲の如し】ふぎのとみはうかべるくものごとし)「不義の富貴は浮雲の如し」とも。人道にはずれたことをして得た富貴は浮き雲のようにはかないものである。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「論語」より。(講談・加賀騒動「不義の富は浮べる雲の如し、汝(われ)と心を合はせて、主家を横領せんとする毒蟲どもの側で酒は飲めぬ」)

【不義は御家の御法度】ふぎはおいえのごはっと)男女の密通は厳禁であるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・泣き塩「本来ならば不義は御家のきつい御法度てえやつで手討になるとこだけども」)落語:つづら、お七 講談:寺坂吉右衛門、加賀騒動、重の井子別れ

【俯仰天地に恥じず】ふぎょうてんちにはじず)かえりみて、自分の心や行動に少しもはじるところがない。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「孟子」より。(講談・梁川庄八「武士道から申さば俯仰天地に恥ぢざる行ひと思ふのぢや」)

【覆水盆に返らず】ふくすいぼんにかえらず)こぼれたる水の再び盆の中に返らざる如く、離別したる夫婦は、復元の如 くならぬ意。──【諺語大辞典】(落語・唖の釣「つらい時に別れちまって、楽ができるからいっしょになろうといっても、ものが無理だ。この盆の水も同様だ から、ない縁とあきらめてくれと、こういった。なァ、これが名高い覆水盆に返らずという故事だ」)落語:小間物屋政談

【福徳の三年目】ふくとくのさんねんめ)好運に済会すること。福徳は神名、三年目にその神の恵がめぐり来るという。──【諺語大辞典】(落語・素人車「之が世に謂ふ福徳の三年目、今年は大層な御出世でげすな」)講談:朝顔日記、柳生三代、三家三勇士

【袋の鼠】ふくろのねずみ)「袋ノ中ノ鼠」逃るゝ道なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・名月若松城「氏郷を袋の鼠と取り巻きました」)講談:寛永三馬術

武家が七十家、公家が三十家、合わせて百姓】ぶけがしちじゅっけ、くげがさんじゅっけ、あわせてひゃくしょう)(落語・目黒のさんま「百姓々々とくちぎたなくいっても百姓の因縁がわかるめえ。土ッ掘りばかりする者を思っているが、武家が七十家、公家が三十家、合わせて百姓ということはわかるめえ」)

【武士鰹大名小路生鰯茶屋紫に火消錦絵、火事に喧嘩に中っ腹】ぶしかつおだいみょうこうじなまいわしちゃやむらさきにひけしにしきえ、かじにけんかにちゅうっぱら)(落語・山崎屋「江戸の名物が“武士・鰹・大名小路・生鰯・茶屋・紫に火消・錦絵…火事に喧嘩に中ッ腹”…と妙な物が名物になっておりますが」)落語:鹿政談、鼠穴、手飼の犬、素人洋食

【武士に二言なし】ぶしににごんなし)武士の信義を重んじるをいう。──【諺語大辞典】(落語・夢金「馬鹿な事を言うな。武士に二言はない」)落語:茶わん屋敷、そばの殿さま、真景累ヶ淵、松引き 講談:赤穂四十七士伝、安中草三郎、明智三羽烏、寛永御前試合、宮本武蔵

【武士の命は君にあり】ぶしのいのちはきみにあり)「武士の命は義によりて軽し」武士は信義のためには命をも惜しみなく捨てる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・荒木又右衛門「武士の命は君にあり。又右衛門の命は本多大内記殿にお預けせしも同じ事、それを妻の縁故を以て助太刀をせいの、敵討をさせてくれのと、よく男子たる者が申せたものだ」)

【武士の誓詞は金鉄の如し】ぶしのせいしはきんてつのごとし)「男子の一言金鉄の如し」男の言うことは、金や鉄のように固い、たしかなものである。約束したことを翻さないと誓ったり、確認するときのことば。──【故事俗信ことわざ大辞典】 武士に二言はない、一旦誓ったことは必ず守る、前言を翻したりしない、ということ。「武士(さむらい)の一言金鉄の如し」(講談・真柄のお秀)とも。(講談・太閤記「黙れッ、苟しくも武士の誓詞は金鐵の如し」)落語:花見の仇討 講談:本所五人男、新吉原百人斬り

【富士の山ほど苦労はするが元は一夜の出来心】ふじのやまほどくろうはするがもとはいちやのできごころ)(落語・唐茄子屋「富士の山ほど苦労はするが元は一夜の出来心……アルコールが腹わたへしみわたります。悪くない、ついふらふらッと浮気料簡を起します」)

【武士は相身(見)互い】ぶしはあいみたがい)武士は相互に同情の念を有すべし。──【諺語大辞典】 「人間は~」「商人は~」「~相互い」とも。(落語・粗忽の使者「どうか武士は相身互いでござるから、どうかお考え下さるわけには行きませんか、手前の口上を」)落語:高田の馬場、帯久、茶わん屋敷、御慶 講談:梁川庄八、赤穂義士本伝、伊賀の水月堀部弥兵衛、荒木又右衛門、三方目出鯛、男子の一言、左甚五郎、慶安太平記、明智三羽烏

【武士は轡の音に目を覚ます】ぶし〔もののふ・さむらい〕はくつわのおとにめをさます)「心掛けある侍は轡の音に目を覚ます」心に油断なきをいう。──【諺語大辞典】(講談・寛永御前試合「武士は轡の音に目を覚ますという、七兵衛ほどの達人がいくら熟睡しておればとて、盗賊が部屋に入って来たのを知らぬはずはございません」)講談:大石内蔵助、柳生三代、本所五人男

【武士は食わねど高楊子】ぶしはくわねどたかようじ)(「高楊枝」は、食後に楊枝をゆうゆうと使うこと)武士は、た とえ貧しく食えなくても、十分食べ足りたような顔をして楊枝を使う。武士はどんなに貧しくても不義を行わない。武士の誇りの高いことをたとえていう。── 【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・うそつき弥次郎「『そこが武士は食わねど高楊枝』『気取ったね』」)《い》落語:井戸の茶碗 講談:明智三羽烏

【武士は死におくれざるが花】ぶしはしにおくれざるがはな)(講談・小野寺十内「とかく武士は死におくれざるが花でありまするぞ」)

【富士はだんだん白くなる、筑波はいよいよ青くなる】ふじはだんだんしろくなる、つくばはいよいよあおくなる)(講談・倉橋伝助「一両減った、二両減ったとこの金がなくなります。富士はだんだん白くなる、筑波はいよいよ青くなる。懐に残った金がたったの百だ」)

【武士は名をこそ惜しめ】ぶしはなをこそおしめ)「命より名を惜しむ」生命より名誉を大切にする。「弓矢取る身は名こそ惜しけれ」弓矢を取る武士にとって、名誉を大事にし、それを傷つけられることを第一に恐れる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記武士は名をこそ惜しめ、いざ」) 

【無職渡世】ぶしょくとせい)(講談・国定忠治「御判行の裏を行く無職渡世、博奕打ちなどと云ふものは宜いものに思ふのが手前への了簡違ひ」)講談:天保水滸伝〜笹川の花会

【婦女は愛する者のために粧い飾り、勇士は己れを愛する者のために生命を捨てる】ふじょ〔おんな〕はあいするもののためにけわいかざり、ゆうしはおのれをあいするもののためにいのちをすてる)「女は己を喜ぶ者の為に容(かたちづく)る」女は自分を愛してくれる人のために顔や姿を美しくしようと努力する。「士は己を知る者の為に死す」男子は自分の真価を知って待遇してくれる人のためには身命をなげうって尽くす。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「史記」より。(講談・猿飛佐助「婦女は己れを愛する者のために粧い飾り、勇士は己れを愛する者のためには生命を捨てるとかや」)

【武士を千日養うはただ一時の役に立てんがため】ぶしをせんにちやしなうはただいっときのやくにたてんがため)(講談・岩見重太郎「なんと仰しゃる、武士が剣術を知らぬではすみますまい、武士を千日養うは、たゞ一時の役に立てんがためである」)講談:大久保彦左衛門、岩見重太郎、赤穂四十七士伝、忠僕直助

【節を付ける】ふしをつける)けちをつける。なんくせをつける。言いがかりをつける。──【江戸語の辞典】(講談・小金井小次郎「おゝそれぢやアお前がそれへ節を付けるんだな、よし賽を見せてやらう」)

二つになれと切り込む一刀】(ふたつになれときりこむいっとう)(寛永三馬術二つになれと切り込む一刀」、木村岡右衛門二つになれと切りこんできた」)

【双葉のうちに摘まずんば斧を用いる憂いあり(らん)】(ふたばのうちにつまずんばおのをもちいるうれいあり)「二葉ニシテ絶タザレバ斧ヲ用ウルニ至ル」何事も最初の間に早く処置せざれば、後には処置困難となる喩。──【諺語大辞典】 「双葉のうちに刈らずんば~」とも。(落語・乳房榎「あの餓鬼はなかなか利発で二歳三歳の常の子供とは違うよ、嫩葉のうちに刈らずんば斧を入るるの悔あり」)講談:田宮坊太郎、柳生三代、安中草三郎

【仏者のいわゆる宿世の因縁】(えにし)(ぶっしゃのいわゆるすくせのえにし)「宿世」前世からの因縁。──【広辞苑四版】(講談・鼠小僧次郎吉「不思議の御縁で一っ所にいるというのも矢っ張り仏者のいわゆる宿世の因縁でございましょう」)

【仏法に鉄砲に女房を天下の三法という】ぶっぽうにてっぽうににょうぼうをてんかのさんぽうという)「女房鉄砲仏法」女の力でふんいきが和らぎ、鉄砲の力で無法者を押さえ、仏法の力で人心を教化する。この三つの力で世の中が治まるということ。(落語・お血脈「三つの法というのは何だと申すと、仏法に鉄砲に女房、之を天下の三法といい」)落語:芝居と帯

【仏法は釈迦に問え、儒道は孔子に聞け】ぶっぽうはしゃかにとえ、じゅどうはこうしにきけ)(講談・宮本武蔵佛法は釋迦に問へ、儒道は孔子に聞け、武藝の奥儀は有馬喜平次信賢を訪ねて知れ」)

【懐中がクヤ】ふところがくや)「くや」(「厄」の倒語)すべて物事の悪いことに用いる。大道商人などの隠語。(落語・お茶汲み「オゝ若い衆さん懐中がクヤなんだが、お前ン所は玉代が幾らだなんて聞くだけ野暮だ」)

【布団着て寝たる姿や東山】ふとんきてねたるすがたやひがしやま)編者注:服部嵐雪(一六五四~一七○七・芭蕉の門人)の句。(落語・京見物「どこもかしこもみな結構じゃ。嵐山へ行ってみたらどうやイ。ふとん着て寝たる姿や東山」)講談:朝顔日記、三家三勇士

【舟と橋、お城惣嫁に酒蕪、石屋揚屋に問屋植木屋】ふねとはし、おしろそうかにさけかぶら、いしやあげやにとんやうえきや) 「惣嫁」は江戸で言う夜鷹。「揚屋」は置屋から遊女を呼んで遊ぶ家。「橋に船、お城芝居に米相場、問屋揚屋に石屋植木屋」とも。(落語・鹿政談「これが大阪へまいりますと……“舟と橋、お城、惣嫁に酒・蕪、石屋・揚屋に問屋・植木屋……”」)

【父母在すときは遠く遊ばず、遊ぶに必ず方あり】ふぼいますときはとおくあそばず、あそぶにかならずほうあり) 「父母在せば遠く遊ばず」親は子の身を非常に心配するものだから、親の存命中は、やむを得ない場合をほかは遠い所へ旅行などしないのが親に孝を尽くす子の 道である。遠出をする時には行き先をはっきりさせなさい、と説く孔子のことば。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・明烏「お前はね、父母在すときは遠く遊ばずなどと、親孝行で結構です。おとっつあん喜んでるよ」)落語:写真の指傷 講談:清水次郎長、徳川天一坊、岩見重太郎、中山安兵衛
【ぶま】ぶま)「不間」1.間が抜けていること。へま。しくじり。2.調子がうまく合わぬこと。とんちんかん、拙劣。不器用。3.工合の悪いこと。4.不格好。みっともない。──【江戸語の辞典】(落語・首ったけ「尤もお前はんは之まで遊びに来て、芸者を揚げた事なんぞない、年中ブマな遊びばかり……」)

【冬の月と老女の化粧は物凄い】ふゆのつきとろうじょのけしょうはものすごい)[枕草子]「スサマジキモノ十二月ノ月夜、嫗ノ化粧」──【諺語大辞典】(講談・佐倉宗五郎「どうだい同役、この月は。冬の月と老女の化粧は物凄いといふが」)講談:加賀騒動

【芙蓉の眦、丹花の唇】ふようのまなじり、たんかのくちびる)「芙蓉の皆(まなじり)」蓮の花のように清らかでぱっちりした目。「丹花の唇」は赤い花のように赤く美しい唇。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・水戸黄門「色は飽くまで白く芙蓉の眦丹花の唇、三國一の富士額」)講談:塚原ト伝

【ブラブラ病】ぶらぶらやまい)大して重くもないのに臥たり起きたり、久しく全快しない病気。気鬱症・恋わずらい・神経衰弱の類。肺病の下地といわれた。──【江戸語の辞典】(落語・御神酒徳利「今年、十七になる娘さんがあるが三年このかたぶらぶら病い」)落語:代脈、搗屋幸兵衛、さら屋、真景累ヶ淵、成田小僧、しじみ売り 講談:鼠小僧、玉菊燈籠、小野寺十内

【振りおろす剣の下の深見川踏み込んでこそ浮かぶ瀬もあり】ふりおろすつるぎのしたのふかみがわふみこんでこそうかぶせもあり)「切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」(講談・「伊賀の水月」)(講談・猿飛佐助「親骨は銀の象眼を以て『振りおろす剣の下の深見川、踏み込んでこそ浮かむ瀬もあり』と武術の極意が刻んである」)

【降りかかる火の粉は払わなければならぬ】ふりかかるひのこははらわねばならぬ)自分の上に降りかかる火の粉は払い落とさないと、我が身がやけどをする。害が及びそうな事柄は、積極的に防がなければならないというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・天保六花撰「畳の上で往生しようと、発心した丑松も、降りかかる火の粉は払わにゃあならねえ」)

【不離不即、形影これ相伴う】ふりふそく、けいえいこれあいともなう)「不即不離」二つのものが、つきもせず離れもしない関係を保つこと。不離不即。──【広辞苑四版】、「形影相伴う」形とその影がいつも一緒であるように、夫婦などが仲むつまじく離れないさま、人の仲のよい様子などをいう。(講談・寺坂吉右衛門不離不即、形影これ相伴う関係にあるからでございます」)

【降りみ降らずみ(定めなき)】(ふりみふらずみ)降ったり降らなかったり。降ったり止んだり。──【広辞苑四版】 「後撰集」にある名歌「神無月降りみ降らずみ定めなき時雨ぞ冬の初めなりける」(詠み人知らず)に起源する言い回し。(講談・曾我物語情の紋づくし「降りみ降らずみ定めなく、うつろう空は叢雲の」)

【古川に水絶えず】ふるかわにみずたえず)【意味】由緒深く基盤のしっかりとしているものは、衰えてきてもすぐには滅びない。代々の富豪の家には、おちぶれた後にも立派なものが残っていることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」にもある。(落語・富久「古川に水絶ずで、一分や二分の金は御坐いますから……」)落語:花見酒、市助酒、茶わん屋敷 講談:紀伊国屋文左衛門、太閤記、天保六花撰

【故郷をほめほめ江戸の土になり】ふるさとをほめほめえどのつちになり)「我国をほめほめ江戸の土になり」とも。(講談・夕立勘五郎「手前もマア旅ばかりしていねえで、 江戸へ歸つたらどうだ、我國を賞め賞め江戸の土になり、江戸を賞め賞め甲州の土となるなんざ餘り聞いた事がねえ」)講談:大塩瓢箪屋裁き、夕立勘五郎、祐天吉松

【古びたれども鎧一領、錆びたれども槍一筋】ふるびたれどもよろいいちりょう、さびたれどもやりひとすじ)(講談・木村岡右衛門「定めし数万の敵を引受けて、華々しき戦いをするだろうと存ぜし故、古びたれども鎧一領、さびたれども槍一筋、数万の敵とわたりあい、太平武士の眠りを覚し、城を枕に討死いたし、死花を咲かせんと存ぜしところ」)

【古家の造作】ふるや〔いえ〕のぞうさく)古い家を増改築しようとすると、予想以上にいたみやふつごうな点が多く見つかるので手数と費用がかかるということ。見た目以上に手間がかかることのたとえ。また、費用と手間がかかる割には見ばえがしないことのたとえ。(講談・水戸黄門「又下様で申す古家の雜作とか申すことがある」)落語:片棒

【分捕功名は戦場の習い】ぶんどりこうみょうはせんじょうのならい) 「~武士の常」、「~武士の習ひ」(講談・明智三羽烏)とも。(講談・太閤記「イヤ、これはずいぶん上物だ、分捕巧名は戦場のならい、鎧兜もすっかり貰い受けよう」)

【ふんばり】ふんばり)「踏張」安女郎を罵っていう語。転じて一般に、芸娼妓を罵倒する語。──【江戸語の辞典】(講談・玉菊燈籠「吉原のふんばりを買つて黴毒(かさ)をかいて國へ歸つた奴がありましたが」)

【文武は車の両輪、鳥の左右の翼】ぶんぶはくるまのりょうりん、とりのさゆうのつばさ)「文武ハ車ノ両輪」相待ちて偏廃すべからざるをいう。──【諺語大辞典】文化・文芸の方面と武道・武力の方面とが両方とも兼ね備わっていなければならないことをいう。文事ある者は必ず武備あり。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・安政三組盃「文武は車の両輪のごときもので、また鳥の左右の翼のごときもの」)講談:安政三組盃、寛政力士伝、岩見重太郎

トップヘ

広告を非表示にする