増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【箒で掃いて箕ではかるほどある】ほうきではいてみではかるほどある)「箒で掃くほど」箒ではくほど多い。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・伊達政宗の堪忍袋「小田原城ぐらいが欲しければ奥州仙台へおいでなされ、箒ではいて箕で計るほどあるからいくらでも差上げましょう」)講談:伊賀の水月、田宮坊太郎

【暴虎馮河の勇】ぼうこひょうが〔か〕のゆう)虎を手搏(てうち)にし、河を徒渉するが如き無謀の勇気。──【諺語大辞典】 「論語」より。(講談・太閤記「勝ち誇つたる敵の大軍に、この小勢を以て向うは、暴虎憑河の勇、思慮ある武士の恥づるところ」)

【坊さんにも方便】ぼうさんにもほうべん)(落語・高田の馬場「坊さんにも方便と申しましてな、地獄極楽なんというものがあると言いきりますが、変な嘘でございます」)

【坊主が憎けりゃ袈裟まで憎い】ぼうずがにくけりゃけさまでにくい)「法師が憎ければ袈裟まで憎し」法師が憎いときは、その法師がかけている袈裟まで憎い。その人を憎むあまりに、その人と関係あるものはすべて憎くなること。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にもある。(講談・清水次郎長坊主が憎けりゃ袈裟まで憎い、掴み殺してやりてえが、兄弟分の仁吉の女房として見ればさういふ訳にも往かず、仕方が無いから苦笑ひをしてゐます」)講談:笹野名槍伝、岩見重太郎、祐天吉松、安政三組盃

【坊主丸儲け】ぼうずまるもうけ)僧侶は資本を要せずして、利を得との意。──【諺語大辞典】(講談・一休禅師「そこへ坊主丸儲けとは云ひながら、坊さんが髑髏を持ち込んだのだからみんな眉を顰めた」)

【疱瘡は器量定め、麻疹は命定め】ほうそうはきりょうさだめ、はしかはいのちさだめ)「疱瘡は見目定め、麻疹は命定め」疱瘡はその軽重によって容貌の美醜がきまり、麻疹は生命の長短がきまるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・大久保彦左衛門、落語・妾馬「疱瘡は器量定めなんてェことをいいますから、顔へ疵でもつけた日にゃもう育てた甲斐がないと思いまして」)落語:本所七不思議 浪曲:正宗孝子伝

【這う這うの体】ほうほうのてい)今にもはい出さんばかりの様子。ひどく恐縮し、またさんざんな目に会い、あわてて逃げ出すさまをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・猿飛佐助「流石の五郎三郎も佐助の情けを喜び、這這の体で屋敷へ引き取る」)講談:柳田格之進、清水次郎長

【棒ほどに願って針ほどに叶う】ぼうほどにねがってはりほどにかなう)志大にして成る所小なるをいう。──【諺語大辞典】(落語・塩原多助一代記「さうはいくめえが棒程願つて針程叶へだから、大(でか)くやるべいや」)講談:太閤記、慶安太平記

【朋友は位あり】ほうゆうはくらいあり)(講談・矢田五郎右衛門「又各々方不肖の五郎右衛門をそれまでに思召し下し置かるゝ段實以て有難く朋友は位ありとは此事にてありつらん」)

【頬返しがつかない】ほおがえしがつかない)口中に一杯入れたる食物の咀嚼し難きに喩えて、始末のつかぬことをいう。──【諺語大辞典】 「方返し」「法返し」と表記するケースもある。(落語・文七元結「もう借金だらけでどうにもこうにも頬返しがつかねえ」)落語:樟脳玉、真景累ヶ淵 講談:梁川庄八

【ボクが割れる】ぼくがわれる)「ぼく」隠している悪事。旧悪。──【江戸語の辞典】(講談・祐天吉松「もうボクが割れちやア仕方がねえ」、落語・豆屋「ボク除け」)講談:天明白浪伝、大島屋騒動

【朴念仁】ぼくねんじん)「木念人」物知らず。わからず屋。ばか。罵語。──【江戸語の辞典】 「浮虚人参」(ボクニンジン)に由来する、という説あり。(落語・五人廻し「てめえみたいな朴念仁にゃァわからねえ、もう少し話のわかる人間らしいのを連れてこい」落語:笠碁

ぼけなす】(ぼけなす)外皮の色があせた茄子のことだが、ボケた人を罵ってこう呼ぶ。 (落語・子別れ「あんな飲んだくれのぼけなすでもいたら、すこしはかかしになるだろう」)

【反古に思う】ほごにおもう)「反古」物を書いて不用になった紙。ほうご。ほぐ。──【江戸語の辞典】(講談・小金井小次郎「夫は決して反古には思つて居りませんが」)

【星の数ほど男はあれど、月と見るのはぬしばかり】ほしのかずほどおとこはあれど、つきとみるのはぬしばかり)(講談・玉菊燈籠「星の數ほど男はあれど月と見るのは主ばかり 月と見立てられて玉菊に惚れられる位ゐの男でございますから何處かすることが違つて居る」)

【星ひとつ見つけし夜半のうれしさは月にもまさる五月雨の空】ほしひとつみつけしよわのうれしさはつきにもまさるさみだれのそら) (講談・矢田五郎右衛門「長屋の者一統に大困難、誰が詠みましたか、 星一ツ見付し夜半の嬉しさは月にもまさる五月雨の空」)

【細い煙を立てる】ほそいけむりをたてる)「細イ煙ヲ立ツル」貧困の生計をなすこと。──【諺語大辞典】(参考=浪曲・正宗孝子伝「細き煙もようようと」)

【牡丹餅で頬ぺたを叩かれるような】ぼたもちでほっぺたをたたかれるような)心持のよきこと、又幸なることにいう。──【諺語大辞典】(講談・越後伝吉「牡丹餅で頬ペタを叩かれるようなもの、夢ではないかと、股のあたりをつねったといいますが、まさか……」)

【北国の雷できたなり】ほっこくのかみなりできたなり)「日光の雷で~」とも。「きたぐにの~」とも 読む。北国で鳴るところから「北鳴り」を「着たなり」にかけ、着のみ着のままをしゃれていう。着たきりすずめ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛 永三馬術「どうにもなりません、着た切り雀お宿は何處だといふんで、古い文句ぢやないが、北国の雷できたなりだ」)

仏様でもご存知あるまい】(ほとけさまでもごぞんじあるまい) 「お釈迦様でも気がつくめえ」が芝居の台本(「切られ与三」)で知られているが、落語や講談ではこちらの言い回しに出会うことが多い。(猿飛佐助「乃公が尾けておるとは仏様でも御存知あるまい」)

【仏頼んで地獄へ落ちる】ほとけたのんでじごくへおちる)案外の結末を得るに喩う。──【諺語大辞典】(講談・伊賀の水月「そうでございますかな、仏たのんで地獄へ落ちるとはこのこと……」)

【仏作って魂入れず】ほとけつくってたましいれず)「仏造リテ魂入レヌ」緊要なる最後の工夫を欠くをいう。──【諺語大辞典】 「七堂伽藍建立して入仏供養しねえも同じ」などともいう。「~眼入れず」=「画竜点睛を欠く」の意、とも。「毛吹草」には「ほとけつくりてまなこをいれず」とある。(講談・越後伝吉「路金 ばかりでは江戸へ歸つて忽ち途方に暮れるであらう、佛造つて魂入れないやうでは、世話甲斐がないと仰しやつて」)《い》落語:大工調べ、浜野矩随、仔猫 講談:寛永三馬術、鼠小僧次郎吉、小猿七之助、本所五人男、新吉原百人斬り

【仏の顔も三度】ほとけのかおもさんど)「~、堪忍も過ぎれば馬鹿になる」と続く。「仏の顔も三度撫づれば腹立つ」の略であるという。「地蔵ノ顔も〜」ともいう。屢々すれば温和なる人も終には怒るとの意。──【諺語大辞典】(講談・天保六花撰「その後もたびたび無心に来る、あまりしつこくたびかさなるので、仏の顔も三度とやら、彦右衛門も、このごろでは、ほとほともてあましております」)《い》講談:清水次郎長

【郭公自由自在にきく里は酒屋へ三里豆腐屋へ二里】ほととぎすじゆうじざいにきくさとはさかやへさんりとうふやへにり)(落語・野ざらし「目に青葉耳に鉄砲郭公自由自在に聴く里は……てェようなお住まいだ」)落語:やかん

【郭公は死出の田長、八千八声血に啼く】ほととぎすはしでのたおさ、はっせんやこえちになく)「杜鵑ハ八千八声鳴いて血を吐く」[倭訓栞]口えあきに肉生ずれば、鳴くごとに肉さけて、血出る故なり。──【諺語大辞典】(講談・太閤記郭公は一名死出の田長と呼び、八千八聲血に啼くとやら」)

【骨折り損のくたびれ儲け】ほねおりぞんのくたびれもうけ)苦労が多いだけで何の利益にもならず、疲労だけが残ること。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・猫の皿「そうそういいものも出ない。たまには“骨折り損のくたびれ儲け”で」)《い》落語:鼻がほしい

【骨かくす皮にはだれも迷うなり、好きもきらいも皮のわざなり】ほねかくすかわにはだれもまようなり、すきもきらいもかわのわざなり)(落語・天神山「しかし、一休という坊(ぼん)さんはええこと言うたで。“骨かくす皮にはだれも迷うなり 好きもきらいも皮のわざなり”そらそうや」)講談:新吉原百人斬り

【骨かくす皮には誰も迷ふらん皮破るれば斯くの姿ぞ】ほねかくすかわにはだれもまようらんかわやぶるればかくのすがたぞ)前項の類歌。世の無常を説いた一休禅師の歌であるという(どっちが本当に禅師の作かは分からない)。(落語・手飼の犬「だから一休の歌に『骨かくす皮には誰も迷ふらん皮破るれば斯くの姿ぞ』」)

【骨が舎利になっても】ほねがしゃりになっても)いかなる困難辛苦を犯してもの意。──【諺語大辞典】(落語・梅若礼三郎「マ待ちねエ。たとい骨が舎利になったッて、おれがお前に酒を飲ましたことはいわねえから」)落語:居残り佐平次 講談:岡野金右衛門、小金井小次郎

骨がなければ一緒になりたい】(ほねがなければいっしょになりたい)「骨ガ無ケレバ一所ニナル」親愛の情極めて切なること。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「骨がなければ一緒になりたいといわんばかり、はたの見る目もうらやましいくらいのもので」赤尾林蔵「骨が無ければ一緒に成らうと云ふ約束をしたんです」)

【外持】ほまち)(「ほかもち」の約。一説、「穂持(ほもち)」で農家の子弟が落穂を収入にする意か)臨時収入の金品。余得。へそくり。──【江戸語の辞典】(講談・藪原検校「サア之はお前の余録」)、(同・天明白浪〜八百蔵吉「お前の私得にしねえ」)

【惚れたが弱味】ほれたがよわみ)(講談・鼠小僧次郎吉「ぽんぽんはねつけられ通しだが、惚れたが弱身、胸をさすって時の氏神の御入来を待っていた」)

【惚れて通えば千里も一里、長い田圃もひと跨ぎ】ほれてかよえばせんりもいちり、ながいたんぼもひとまたぎ)「思ウテ通エバ千里ガ一里」俗謡、〜逢ワズ戻レバ又千里。──【諺語大辞典】(落語・首ったけ「“惚れて通えば千里も一里、長い田圃も一と跨ぎ”なんて……学校じゃあんまり教(おせ)ェないけれども……」)

襤褸を着ても、心は錦のような】ぼろをきても、こころはにしきのような)外見はみすぼらしくても、心の中は美しい。また、心が豊かで美しければ外見は問題外である。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・鹽原高尾「氣立ての惡いものは、假令へ錦を着ても心は乞食、彼奴がと人に笑はれます、良しや襤褸を着ても、心は錦のやうな、お源坊の了簡」)

【本阿弥】ほんあみ)刀剣鑑定家本阿弥氏。転じて一般に鑑定・鑑定家の異称。連声で「ほんなみ」とも。──【江戸語の辞典】(落語・酢豆腐「ヨウヨウ、食物の本阿弥を命ぜられたは嬉しいね」)

【盆画盆石和歌糸竹】ぼんがぼんせきわかしちく)「盆画」備後の白砂を更に細かく砕いて着色し、盆の上に人物・禽獣・虫魚を描くもの。──【江戸語の辞典】「盆石」は盆の上に自然石や砂を配置して風景を創作し、その風趣を味わうこと。また、その石。──【広辞苑四版】「糸竹」筝・琵琶などの弦楽器と笙・笛などの管楽器。楽器。また、音楽。──【広辞苑四版】 (主に女性の)芸事や風雅な趣味全般をさす。「~歌俳諧」とも。(講談・西郷南洲盆畫盆石和歌糸竹、何一つ抜目のないとの噂であるから、一も二もなく早速承諾いたしました」)「盆画盆石和歌糸竹俳諧」(講談「鰯屋騒動」)

【盆が見える】ぼんがみえる)「」博打で賽を振り出す場所。転じて、盆茣蓙の略。──【江戸語の辞典】(落語・突き落し「ずいぶん盆が見(め)えねえじゃァねえか、そうだろう?」)講談:関東七人男

【盆暮れに半纏の一枚も貰う】ぼんくれにはんてんのいちまいももらう)(落語・三軒長屋「あの伊勢勘のところじゃァ俺の親父も出入りをして、盆暮には、まァ、半纏の一枚も貰ってたんだから」)

【本郷もかねやすまでは江戸の内】ほんごうもかねやすまではえどのうち)(講談・和久半太夫「『本郷もかねやすまでは江戸の内』とかいろいろな事を云ふ。今の本郷の三丁目、電車の交叉點のあの賑やかなところ、あすこがあれから先は江戸の内とは思はれないくらゐの淋しさであつた」)講談:祐天吉松

【盆蓙の垢を舐める】ぼんござのあかをなめる)(講談・越後伝吉「殊に博奕打の娘で盆蓙の垢を舐めて育つた女ゆゑ」)

【本所に蚊がいなくなりゃ大晦日】ほんじょうにかがいなくなりゃおおみそか)江戸の本所は蚊の多きをもて有名なり。──【諺語大辞典】 「本所」の 読みは慣用としては「ほんじょう」。 「本所は蚊が名物」という表現は人情噺「乳房榎」にもある。「浅草に蚊がなくなれば師走かな」という句も落語「野ざらし」「姫かたり」にある。(落語・唐茄子屋「『本所に蚊がいなくなりゃ大晦日』か、うまいことを言いやがった」)

【本所に過ぎたるものが二つあり津軽大名炭屋塩原】ほんじょうにすぎたるものがふたつありつがるだいみょうすみやしおばら)(落語・塩原多助一代記「『本所に過ぎたるものが二つあり津輕大名炭屋鹽原』と歌にまで謡はれまして」)

本寸法】(ほんすんぽう)(落語・うなぎの幇間「することが万事本寸法だ」)落語:子別れ

【ぽんつく】ぽんつく)1.バカな人のこと。ぽんしゅう。──【明治東京風俗語辞典】、まぬけ。ぼんやり。ぼんたろう。名詞。──【広辞苑四版】 2.「不平不満を言う」。動詞。(落語・五人廻し「俺なんざ、買ってる妓がそばにいないからッて、甚助を起こしたり、ぽんつくなんてそんな野暮な人間じゃァねえんだよ」)

梵天国】ぼんでんこく)(古浄瑠璃の名。浄瑠璃祝言には必ずこれを語る習慣があった所から、物事の終り、これで打切りの意に用いられるようになったと)「ぼんでんごく」とも。解雇。追放。離縁。(講談・百猫伝「明日にも内に有る丈けの、家材家財を打ち売て梵天と極込うよ」)落語:滑稽義士 講談:大岡政談お花友次郎

【盆の上の借り貸しは地頭へのおさめ年貢からみると几帳面】ぼんのうえのかりかしはじとうへのおさめねんぐからみるときちょうめん)(講談・関東七人男「おめえだって堅気じゃァあるめえ、盆の上の借り貸しは地頭へおさめる年貢からみると几帳面なものだ」)

【盆の上の豆のように】ぼんのうえのまめのように)(講談・名刀捨丸「盆の上の豆のように、五体綿のごとくに疲れるまで働く」)落語:鼠穴 講談:幡随院長兵衛、天明白浪〜悪鬼の万造、慶安太平記、名刀捨丸、無筆の出世 浪曲:正宗孝子伝

【煩悩の犬は追えども去らず、菩提の鹿は招けども来たらず】ぼんのうのいぬはおえどもさらず、ぼだいのしかはまねけどもきたらず)「煩悩の犬は追えども去らず」煩悩ははらってもはらっても、あとからわいてきて、人につきまとう犬のように心から離れない。「菩提の鹿招けども来たらず」人が鹿を呼んでも鹿はおそれて近づこうとしないことに、菩提のなかなか得がたいことをたとえていう。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「~来たらぬ恋の道」とも。「菩提」は悟りを得て涅槃の境地に至ること。(講談・水戸黄門「主ある女と存じて居るが、煩惱の犬、追へども去らぬ戀の道」)落語:宿屋仇、西行 講談:猿飛佐助、鎌倉星月夜、安中草三郎、本所五人男、鰯屋騒動

【凡夫盛んなる時は神も祟りなし】ぼんぷさかんなるときはかみもたたりなし)「凡夫盛に神祟ナシ」「人間盛に神祟ナシ」ともいう。人間の悪運強盛なる時は、神仏も之を如何ともすべからずの意。──【諺語大辞典】(落語・骨違い「『凡夫盛んに神たたりなし』なんということを言いますが、商売も都合よく、とんとん仕事が入ってくる」)落語:牡丹燈籠 講談:祐天吉松、獄門小僧、大岡政談お花友次郎 実録:おこよ源三郎

トップヘ

広告を非表示にする