増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

盲亀の浮木優曇華の花待ち得たる今日只今】もうきのふぼくうどんげのはなまちえたるこんにちただいま) 「盲亀ノ浮木」値遇し難き喩。「優曇華ノ花」極めて遇い難い事の喩。──【諺語大辞典】 「もっきの~」とも読む。「毛吹草」にもある。(落語・花見の仇討「ここで会うたは盲亀(もっき)の浮木、憂曇華の、花待ち得たる今日ただ今、親の仇だ……いざ尋常に勝負さッしゃい」)落語:高田の馬場、花見の仇討 講談:幡随院長兵衛、太閤記、祐天吉松、赤穂四十七士伝、宮本武蔵、伊賀の水月源平盛衰記

【猛虎の群羊を駆るが如く】もうこのぐんようをかるがごとく)(講談・太閤記「瀬兵衛自ら眞先に立ち、槍の穂先を揃へて突いて出る、其勢ひ猛虎の群羊を驅るが如く」)講談:明智左馬助湖水乗切り

【盲人の夢姿を見ず、聾の夢声を聞かず】もうじんのゆめすがたをみず、つんぼのゆめこえをきかず)(落語・心眼「『盲人の夢姿を見ず、聾ゥの夢声を聞かず』とかいいます」)

【杢が割れる】もくがわれる)「目が割れる」(「目」は、目安、目当て、目算の意)悪事・たくらみ・隠し事などが露見する。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・安政三組盃「まあ近々におれも杢が割れるだろうと考えているのだ」)→「ぼく」参照のこと

【もぐらの手招きあっちへおいで】もぐらのてまねきあっちへおいで)(講談・岩見重太郎「汝等の槍が、こっちの身体にさわって堪るか、もぐらの手招きあっちへおいでだ」)

【文字知らざれば理に疎し】もじしらざればりにうとし)「書けぬ者理に疎し」教育を受けていない物は道理に暗く、理解力に欠ける。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・代脈「『傷寒論』一冊、目を通すンでなし、“文字知らざれば理に疎し”だ」)講談:慶安太平記

【持ち合わせ】もちあわせ)【意味】持ち合わせた盃の意。「持合せた」人に盃を差す時にいうあいさつ語。幸い手元に盃があったの意。──【江戸語の辞典】(落語・お藤松五郎「持ち合せで失礼ですけども、さ、一杯いかが?」)

【用いるときは鼠も虎の如く、用いざるときは虎も鼠の如く】もちいるときはねずみもとらのごとく、もちいざるときはとらもねずみのごとく)「時に遇えば鼠も虎になる」よい時機にめぐりあうと、つまらない者でも出世して権勢をふるうようになることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「ときにあへはねすみもとらになる」とある。(講談・寺坂吉右衛門用いる時は鼠も虎の如く、用いざれば虎も鼠の如く、ある時は何でもないが、さてこうなってみるとひどいものだな」)

【餅に搗く】もちにつく)鳥が「とりもち」につく。音通で「餅に搗く」とも理解された。もて扱いかねる。もてあます。──【江戸語の辞典】(講談・梁川庄八「『遥る遥る房州から遣つて來て、仙臺の城下の事を先へ調べてから、知らん振りをして掛合に參るとは、何たる皮肉な奴だらう』と、一同餅に搗いて了ひました」)

【餅屋は餅屋】もちやはもちや)「~素人了簡畑水練は役に立たぬ」と続く。「餅は餅屋」 物おのおの専門とする所ありとの意。──【諺語大辞典】(落語・明烏「ソコは餅屋は餅屋で何処を何う捏ツ返しを付けましたか華魁の部屋へ連れて行つてしまいました」)《い》落語:山号寺号、紺屋高尾、雪の瀬川、阪東お彦=派手彦、御慶 講談:安政三組盃、梅ヶ枝仙之助、亀甲縞治兵衛、太閤記、蘇生

【勿体ねえ勿体ねえでみんな嘗めた】もったいねえもったいねえでみんななめた)(落語・素人鰻「あははは、『勿体ねえ勿体ねえでみんな嘗めた』なんてねェ」)

【持ったが病】もったがやまい)金を持ちたるが、本人の煩累となること。──【諺語大辞典】(落語・お直し「少しでも楽になると増長する者、懐ろが温たかになつたので、持つたが病、時々主人の目を瞞着(ごまかし)て」)落語:子別れ、蒟蒻問答、お直し、閉込 講談:清水次郎長音羽丹七、夕立勘五郎、加賀騒動、獄門小僧、新吉原百人斬り

【持つべきものは友達】もつべきものはともだち)(落語・薬違い「五月蠅てへ奴があるかへ。持つ可き者は朋達だ」)

【もてんとすべからず、振られずとすべし】もてんとすべからず、ふられずとすべし)(落語・五人廻し「お古い川柳に、もてんとすべからず、振られずとすべし、なぞとございます。成程もてやうとして出掛けるより、振られまいとして出掛けるに限るんださうで」)

【本木に優る末木なし】もときにまさるうらきなし)新知は旧知に如かざるをいう。──【諺語大辞典】(落語・子別れ「さてほどたちますと、元木にまさる末木なしとか申しまして」)《い》落語:皿屋、一つ穴、真景累ヶ淵 講談:加賀騒動、汐留の蜆売り

【資本いらずの掴み取り】(もとでいらずのつかみどり)(落語・出来心「成程、資本入らずの掴み取りこんな旨い仕事はありませんな」)

【元の木阿弥】もとのもくあみ)再び旧態に帰るをいう。──【諺語大辞典】(落語・芝浜「これッぱかしの銭ァまたたくうちになくなるだろう。もとの木阿弥だ」)落語:お直し 講談:富蔵藤十郎、百猫伝、清水次郎長

【藻抜けの殻】もぬけのから)(「もぬけ」は、セミやヘビが脱皮すること。また、その抜けがら)人が抜け出した後の寝床や住居などのたとえ。(講談・赤穂義士本伝「まず大野九郎兵衛宅に乗りこんで行ったが、もはや藻抜けの」)

【もの言う花の名義空しからず】ものいうはなのめいぎむなしからず)「物言う花」(「解語の花」)意味を解し、口をきく花。美人のことをいう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・盃の殿様「もの言う花の名も空しからず、描きましたるものより、また一段とすぐれ、美しいものもございます」)

【物言へば唇寒し秋の風】ものいえばくちびるさむしあきのかぜ松尾芭蕉の句。座右の銘「人の短をいふ事なかれ己が長をとく事なかれ」のあとに添えられている。自慢したり、人をそしったりしたあとの、なんとなくむなしい気持ちをうたったもの。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・入黒子「『物言はゞ唇寒し秋の風』口程大事なものは無い。何所の御宅へ参つても、饒舌人は評判のよくないもので」)落語:京見物

【物言わぬは腹ふくるるわざなり】ものいわぬははらふくるるわざなり)「大鏡」や「徒然草」に出てくる言い回し。「思う事言わねば腹ふくる」思う事を言わないでいると、腹の中に物がたまっているようで気持ちがさっぱりしないということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・かつぎ屋「心障り思ふ事云はで止みなんは腹ふくるゝの道理だから、云つて仕舞ひ、心持ちを直して充分に笑つて貰ひたいネ」)講談:阿武松緑之助

【物書いて卑しうしたる扇子かな】ものかいていやしうしたるせんすかな)(講談・朝顔日記「之は餘り見事の御扇子、物書いて卑しうしたる扇子かな抔と申す事もござります故、矢張り何も認めぬが宜しうございます」)

ものごとはあきらめがかんじん】(ものごとはあきらめがかんじん)(落語・長屋の花見「わりと執念深えんですね。ものごとあきらめがかんじんですよ」)

【物事は隠すより現わるるはない】ものごとはかくすよりあらわるるはない)「隠すより現わる」隠し事は、隠せば隠すほど、かえって人に知られるものである。──【故事俗信ことわざ大辞典】もとは「中庸」にある言葉。(講談・宮本武蔵「が物事は隠すより現るるはない。この事は誰より洩れるともなく小倉の家中に評判となって武蔵の武名は誰れ知らぬ者もない有様」)

【物した物を物する】ものしたものをものする)「物シテ物サレル」一旦獲得したものを、他に奪い去らるゝこと。──【諺語大辞典】(講談・薮原検校「人の物した物を物するといふなア盗人の方ぢやア少し悪い方だが」)落語:転宅

【物に為(し)て為(さ)する礼あり】ものにしてさするれいあり)(講談・伊賀の水月「けれども又右衛門、ものに為て為する礼あり、と申すがその方存じ居るか」)

【物には謝するの礼あり】ものにはしゃするのれいあり)(講談・勤王芸者「斯様な物を差上げるのは無禮ぢやが、物には謝するの禮ありといふ」)

【武士(もののう)の鶯聞いて立ちにけり】もののうのうぐいすきいてたちにけり俳人・子葉としても有名な赤穂義士大高源五が、俳句を始めてすぐに作ったもの。(講談・大高源五「十内が見ると 武士の鶯聞いて立ちにけり」)

【武士の矢走の渡し近くとも急がば廻れ瀬田の唐橋(もののふのやばせのわたしちかくともいそがばまわれせたのからはし)急ぐ時に は、すこしぐらい危険でも近い道を通りたくなるのが人情であるが、それがかえって失敗をまねく原因にもなる。多少手間がかかっても安全な方法を選んだほう が結局は得策であるというたとえ。急ぐならそれだけゆっくりやれ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 宗長が詠んだという。「毛吹草」に「いそがばまはれ」 とある。(講談・明智三羽烏武士の矢走の渡し近くとも急がば廻れ瀬田の唐橋 とか申します。マ商人などは、大躰そのくらひなことで、遣つてをります」)

【ものは器で食わせる】ものはうつわでくわせる)(落語・時そば「どうだい、ものは器で食わせるッてね、なかみがすこぅしぐらいまずくッたッて、いれものがきれいならうまく食えるじゃねえか」)落語:雪の瀬川

【物見高いは江戸の常】ものみだかいはえどのつね)「江戸ハ物見高イ」物見猛シの意。些細の事にても、好みて見物するをいう。──【諺語大辞典】「~里(遊里の意)の癖」好奇心が強くて、何かあるとすぐ人だかりのするのが遊里の習いである。「〜都の常」などとも。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・花見の仇討「物見高いは江戸の常、まして花見時分の上野です」)落語:花見の仇討 講談:荒木又右衛門、名人小団次、出世の富籤、相馬大作、鈴木重八

【物見高いは都の常】ものみだかいはみやこのつね)前項参照のこと。(落語・たがや「物見高いは都の常、なんかッてえとすぐに弥次馬という尻尾のない馬が、何処でもわアッと集まってくるもんですがね」)

【物申す花に迷うやはな明り】ものもうすはなにまようやはなあかり)「物言う花の名義空しからず」参照のこと。(実録・おこよ源三郎「物申花に迷ふやはな明りと、迷ひ安きは色欲なり」)

【~も糸瓜もない】~もへちまもない)「~も糸瓜の皮もない」の略。「糸瓜の皮」つまらないもの、役に立たないもののたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「役人も糸瓜もねえから、一つやっつけてやるべえ」)

【桃栗三年柿八年、柚は九年でなり下がる】ももくりさんねんかきはちねん、ゆずはくねんでなりさがる)「桃栗三年柿八年」芽生えてから実を結ぶまでに、桃と栗は三年、柿は八年かかるということ。(落語・長刀傷「世間の諺にも、桃栗三年柿八年、柚子は九年で成り下がると申します」)《い》

【もやいにする】もやいにする)共同。共用。──【江戸語の辞典】(落語・宝萊「煙草盆もやひにしたつて、明いたものを下げたつて、人間が一人は入るんぢやアないか」)

【貰うものなら元日の葬式でも断らない】もらうものならがんじつのそうしきでもことわらない)「貰うものなら元日から葬礼道具」ただでもらうものなら元日に不吉な葬式道具でもよい。貪欲なことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・鼠小僧次郎吉「いわゆる蓄財餓鬼、貰うものなら元日の葬式でも、お断りはしないという守銭奴でありますが」)

【門前市をなす】もんぜんいちをなす)人の其家に出入する者多きをいう。──【諺語大辞典】 「毛吹草」にもある。(由井正雪門前市をなすといふ言葉もあるが、この様にまでせんければならんとは、扨も策略も一通りの骨折りではあるまい」)落語:死神 講談:名医と名優、慶安太平記

【門前雀羅】もんぜんじゃくら)「門前雀羅ヲ張ル」訪う人なくして、門前に雀網を張るばかり寂寞なるをいう。──【諺語大辞典】「史記」より。(講談・名医と名優「今まで雀羅を張つた半井の門前は俄かに市を爲す有様」)

【門前の小僧習わぬ経を読む】もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ)寺の門前に住んでいる子どもは、朝夕僧たちの 読経を聞いているので、習っていなくても経を自然に読むようになる。いつも見聞きしていると、いつの間にか覚え知るようになる。身近に接していると感化を 受ける。環境の影響が強いことのたとえ。勧学院の雀は蒙求を囀ずる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・死神「へへへ、『門前の小僧習わぬ経を読む』なんてたとえがあるが……そうかな、おばあさんにわかるかねえ」)《い》落語:狂歌家主 講談:関東七人男、田宮坊太郎、天下の糸平、三家三勇士、越後伝吉、小金井小次郎、三村次郎左衛門

門徒もの知らず】もんとものしらず一向宗徒の念仏のみして、仏学せざるをいう。──【諺語大辞典】(落語・縁結び浮名の春風=清正公酒屋「法華宗は『門徒物知らず………』と斯う嘲りますからむきになつて」)

 トップヘ

広告を非表示にする