読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【理あって非に落ちる】りあってひにおちる)時として正義の却て不利なるをいう。──【諺語大辞典】「理に勝って非に落ちる」とも。(講談・寛永三馬術「此所は常盤橋御見附御門外、御膝下にて劍戟の沙汰に及ばゞ、理あつて非に落ちる」) 

【理外の理】りがいのり) No rule without exception.──【諺語大辞典】、普通の道理や常識では判断のつかない、不思議な道理。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・乳房榎「これらはすべて理外の理とか申して学問上の議論で押しつけるばかりにもゆかぬ」)

【梨(李)下の冠、瓜田の靴(沓)】(りかのかんむり、かでんのくつ)「瓜田に沓を入れず、李下に冠を正さず」参照のこと。(講談・朝顔日記「不義をなしたる覺えは御座りませぬ、なれど梨下の冠、瓜田の靴といふことも御座りまする」)

六韜三略虎の巻】りくとうさんりゃくとらのまき)秘法奥義という程の意。──【諺語大辞典】(講談・安政三組盃「貴様の叔父の原十右衛門に、気休め同様に渡しておいた西ノ内一枚の書き付けを、六韜三略虎の巻かのように思やァがって」)

【利に聡いは商人の常】りにさといはあきんどのつね)「聡い」感覚が鋭い。敏感だ。 ──【広辞苑四版】(講談・荒川十太夫「利にさといは商人の常、これにつけこんで一日で、線香成金になった男があるとは」)

【利は元にあり】りはもとにあり)【意味】「商ハ本ニアリ」商業の盛衰如何は、資本の多少による。──諺語大辞典(講談・夕立勘五郎「利は元にあり、皆んな此船で手前達は稼業をする今日幾らかづゝの給金が取れるんぢやアねえか」)

【龍躍って雲を呼び、虎嘯いて風を生ず】りゅうおどってくもをよび、とらうそぶいてかぜをしょうず) (講談・太閤記「誠や龍躍つて雲を呼び虎嘯いて風を生ずとか、虎が出て來る時には、酷い風が起ると、言ひ傳へられてをります」)

【龍虎相搏つりゅうこあいうつ)いずれ劣らぬ英雄・豪傑・強豪などが勝負することをいう。竜虎の争い。──【故事俗信ことわざ大辞典】「龍攘虎闘」、「龍攘虎搏」とも。(講談・太閤記龍攘虎闘秘術を盡して戰ひましたが」)

【良禽は木を選んで棲む】りょうきんはきをえらんですむ)賢い鳥は木をよく選んで棲み、巣をつくる。名臣賢臣はその主君をよく選んで仕えるというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】「良禽は林を選んで巣を求める」とも。(講談・笹野名槍伝「良禽は林を選んで棲むとか申しまするが、流石は恩師高田大先生、碁を打ちに來るお友達が宮本大先生」)

【両虎相闘う時は、一方は疵つき一方は倒る】りょうこあいたたかうときは、いっぽうはきずつきいっぽうはたおる)「両虎相闘えば勢い倶に生きず」 二匹の虎が戦えばどちらかが倒れる。二人の勇者が戦えば、必ず一方は倒れる、また、ともに倒れることをいう。両虎争う其の時は必ず一虎倒れる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・猿飛佐助「両虎相闘う時は、一方は疵付き一方は倒る」)

【両虎深山に威をふるい、双竜球を争う】りょうこしんざんにいをふるい、そうりゅうたまをあらそう) (講談・猿飛佐助「気合を入れつつジリジリと進む有様は、両虎深山に威を振るい、双竜球を争うも斯くやと思うばかり」)

【両虎深山に肉を争う】りょうこしんざんにししむらをあらそう) (講談・赤穂義士本伝「兩虎将に深山に肉を爭はうとしはじめました」)

 
【良将は一敗に矢をゆるめず】りょうしょうはいっぱいにやをゆるめず) (講談・西郷南洲「勝負は時の運、この次に勝て。良将は一敗に矢をゆるめず、心弱くつてはいかぬぞ」)
 
 【両手に花】(りょうてにはな)二つのよい物、美しい物を一人で占有することのたとえ。──【広辞苑四版】(落語・庖丁「こいつぁおどろいた。両手に花かい?」)
 
【良薬は口に苦し】りょうやくはくちににがし)「~苦く、諌言耳に逆らう」とも。良い薬は苦くて飲みにくいが、病気のためにはすぐれたききめがある。忠言、諫言は聞いて快いものではないが、その身のためになることをたとえていう。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」 にもある。(講談・相馬大作「御寵愛の高尾のことなどに関しても、良薬口に苦しのたとえにもれず」)《い》

【両雄並び立たず】りょうゆうならびたたず) 「史記」より。力の匹敵する二人の英雄が同時に出現すれば、必ず争いが起きてどちらかが倒れるものである。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・関東七人男「何事にまれ、両雄並び立たずとか申しますが、侠客とても同じこと」)

【理を以て非に落ちる】りをもってひにおちる)道理の上で正しい者が、かえって不利な立場となる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・佐倉宗五郎「併し御城内の御役人に手向ひをしたら、それこそ取り返しがつかねえ。理を以て非に落ちるといふことになる」)

【悋気は女の慎むところ、疝気は男の苦しむところ】りんきはおんなのつつしむところ、せんきはおとこのくるしむところ) 「悋気は女の慎み」女はもともと嫉妬深いものだから、やきもちをやくことは、慎んだほうがよい。──【故事俗信ことわざ大辞典】「疝気」主として睾丸・陰嚢の疾病その他による腰痛、また腸神経痛による下腹部の激痛などの総称。【江戸語の辞典】──(落語・ 権助提灯「“悋気は女の慎しむところ”なんてえことが言ってありまして、してみるとお焼餅てえものはご婦人にあるものと相場は決まったようで……」)

【綸言汗のごとし、ひとたび出でて再び帰らず、上意は風のごとし、駿馬もこれを追うこと能わず】りんげんあせのごとし、ひとたびいでてふたたびかえらず、じょういはかぜのごとし、しゅんめもこれをおうことあたわず)「綸言汗の如し」君主のことばは、一度出た汗が再び体内にもどらないように、一度口から出たら、取り消すことができない。「上意は風の如し」為政者の意志が人民の上に加えられることは、風が草をなぼかせるようであるの意。「駟馬も追う能わず」(「駟馬」は四頭立ての馬車)一度口に出してしまうととりかえしがつかない、発言は慎重にしなければならないことのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」にも「倫言汗のことし」とある。(落語・はてなの茶碗綸言汗のごとく出てふたたび返らず、箱の蓋へ万葉仮名で『波天奈』と記しました」)《い》

 トップヘ

広告を非表示にする