読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増補・話芸きまり文句辞典

落語・講談によく出ることば(改装中)

【若鮎やつらぬ柳にはねてゆき】わかあゆやつらぬやなぎにはねてゆき) (講談・小野寺十内「古人の句に、――若鮎やつらぬ柳にはねてゆき というのがあるが、思いもよらぬことに十内は戸惑い」)

【若いときに苦労すると大人になって楽ができる】わかいときにくろうするとおとなになってらくができる)「若い時楽したら年寄って苦する」若い時に楽ばかりしていると、年とってから苦労することになる。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・鼠小僧次郎吉「まったくだ、親分の仰しゃる通り、若えうちに苦労をすると大人になって楽ができる」)

【若い時は二度ない】わかいときはにどない) 若い時は二度とないから、若いうちに何でも思いきってやってみるがよいということ。若きは二度と無し。若い内は二度と無い。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・小間物屋政談「人間というものは若い時ァ二度ないからせっせと働いて、年を取りゃだんだんとおとろえてくるから、まァ楽をして老後をすごそうという」)《い》

【我が永楽の金盥】わがえいらくのかなだらい)「我家楽ノ釜盥」の転訛──【諺語大辞典】、釜をたらいの代用にするような不自由な生活でも、わが家ほど楽しいところはない。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・越後伝吉「我が永楽の金盥とか申しまして、他人の中でうまい物を食べるより、何はなくともわが家へ帰つて有合せの肴で田舎酒を飲むのが何より楽しみ」)

【我が影の我を追いけり冬の月】わがかげのわれをおいけりふゆのつき)(実録・大岡政談後藤半四郎「『我が影の我を追けり冬の月』と人之を疑ふ時は柳の掛り紙鳶も幽靈かと思石地藏も追剥かと驚くが如し」)

【我が皮を切らせて彼等の肉を切り、我の肉を切らせて彼等の骨を断ち、我が骨を断たせて彼等の命を取る】わがかわをきらせてかれらのにくをきり、われのにくをきらせてかれらのほねをたち、わがほねをたたせてかれらのいのちをとる)「肉を斬らして骨を斬る」自分の肉を斬られるような危険を冒して相手の骨を斬って倒す。犠牲を恐れず捨て身で敵に勝つ。皮を斬らして骨を斬る。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・寛永三馬術「母上の此の御姿を見ては、などて市兵衛死に申すべき、我が皮を切らして彼等の肉を斬り、我の肉を切らして彼等の骨を斷ち、我が骨を斷たして彼等の命を取る」)

【若き男の色好まざるは、玉の盃底なきに似たり】わかきおとこのいろこのまざるは、たまのさかずきそこなきににたり)「色好まぬ男は玉の杯底無きが如し」すべてのことにすぐれていても、女色に興味のない男は情趣を解さず、立派なさかずきに底がないように人間として不完全である。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「徒然草」による。(講談・横川勘平「いゝではないか、若い者だ、若き男の色好まざるは玉の盃底無きに似たり」)

【若き時血気将に壮なりこれを慎むこと色にあり】わかきときけっきまさにさかんなりこれをつつしむこといろにあり)「若き時戒むるは色にあり」とも。「人生若いとき戒むべきは色にあり」参照のこと。(講談・水戸黄門「『若き時血氣將に壮なり之を慎むこと色にあり』と古の聖人は申されました」)

【我が田へ水を引く】わがたへみずをひく) 人皆自己の利益を謀るをいう。──【諺語大辞典】(講談・赤穂四十七士伝「夫れを唐人の寐言に酒は百薬の長だとか云つた者があるが全く我田へ水を引くの説であります」)

【我が身つねって人の痛さを知れ】わがみつねってひとのいたさをしれ)「我が身を~」とも。自分の苦痛にひきくらべて、人の苦痛を思いやれ。自分の身のこととして他の人のことを考えなさい。──【故事俗信ことわざ大辞典】「毛吹草」に「わがみをつんで人のいたさをしれ」とある。(落語・唐茄子屋「わが身を捻ってみなければ人の痛えのがわからない。それで貴様も人間になった」)

【吾が雪と思えば軽し笠の上】わがゆきとおもえばかろしかさのうえ)「吾が物と~」とも。自分のものと思えば笠に積もる雪も軽く思われる。苦しいことも、自分のためと思えば苦にならないことのたとえ。宝井其角の句。(講談・塚原ト伝「ヘエそりやア大丈夫でごぜえます、我物と思へば輕し笠の雪ツてえことで」)

【分け登る麓の道は多けれど同じ高嶺の月を見るかな】わけのぼるふもとのみちはおおけれどおなじたかねのつきをみるかな) (講談・雲居禅師「ま、目指す所はみな同じ。分け登る麓の道は多けれど同じ高嶺の月を見るかな、じゃよ」)

【技のできる人に限ってよく怠けたがる】わざのできるひとにかぎってよくなまけたがる)(講談・肉附の面「さて技の出來る人に限つてよく怠けたがるもので、其上矢張り大酒飲みと來てゐますから」)

【禍は下から】わざわいはしもから)わざわいは、とかく召使いなど身分の低い者の無思慮な言動によって起こる。身分の低い者の扱いに注意すべきであるということ。禍は下。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「わさわひはしもからおこる」とある。(落語・三軒長屋「扨禍は下から起るで、翌日下女が井戸端へ出て此の話を少し潤飾を付けていうと」)

【わざわいも三年経てば用をなす】わざわいもさんねんたてばようをなす)「~三年置けば役に立つ」とも。今わざわいとなるものでも、時が経てば何かの役に立つことがある。世の中に不用なものはないというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・二十四孝「その婆ァを孝行すりゃァ二分になるというのは不思議でごぜえます。災も三年たてば役に立つというのはここでごぜえましょう」)

【災いを転じて福となす】わざわいをてんじてふくとなす)「戦国策」より。身にふりかかってきたわざわいを、うまく利用してしあわせとなるように取り計らう。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・天下の糸平「豪いツ。恐入つたツ。禍を轉じて福(さいはひ)となすといふのは、お前さんの其の遣り方だ」)

【わしが国さで見せたいものは昔ゃ谷風今伊達模様】わしがくにさでみせたいものはむかしゃたにかぜいまだてもよう)(落語・阿武松「『わしが故郷さで見せたいものは、昔ゃ谷風、今伊達模様……』と唄にも残りました名力士」)

【轍の魚が水を得た心地して】わだちのうおがみずをえたここちして)「轍の鮒(魚)」車の通った跡のわずかな水の中で苦しい息づかいをしている鮒。危急の差し迫っていること。また困窮していることのたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・太閤記「總大將が來るといふので、いづれも轍の魚が水を得た心地して、やつと勇氣を囘復いたしました」)

【渡りに舟】わたりにふね)「時にとって渡りに舟」と も。「渡りに舟を得る」の略。水を渡ろうとすると、ちょうど都合よく船がある。何かしようとしている所へ必要なものや望ましい状態が、都合よくそろうこと のたとえ。渡しに船。渡りの船。──【故事俗信ことわざ大辞典】(講談・三方目出鯛「左様云はれたと聽いては、猶更無心は云ひ難いが、時に取つて渡りに船」)

【渡る世間に鬼はない】わたるせけんにおにはない) この世の中には無情の人ばかりではなく、慈悲深く人情に厚い人も必ずいるということ。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・唐茄子屋「渡る世間に鬼はない、唐茄子がお金(あし)に変わりました」)

【笑う門には福来る】わらうかどにはふくきたる) いつも笑い声が満ち、和気あいあいとした家には、自然と幸運がやって来る。祝う門へ福来たる。笑う所へ福来たる。笑う家に福来たる。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「毛吹草」に「わらふところへふくきたる」とある。(落語・子別れ「笑う門には福来る。世の中に笑う位結構なことはございません」)《い》

【笑う口には食えぬが泣く口には食える】わらうくちにはくえぬがなくくちにはくえる)(講談・田宮坊太郎「笑ふ口には食へぬが泣く口には食へるものださうで、メソメソ泣きながらも子供のこと、入れてくれた菓子を食べてゐる」)

【藁打ちゃ手を打つ】わらうちゃてをうつ)  「弱り目に祟り目」と同義か。(落語・帯久「弱り目に祟り目、泣き面に蜂、貧すりゃ鈍する、藁打ちゃ手打つ、便所へ行たら人が入っとおるちゅうぐらいで」)

【藁の上から三貫】わらのうえからさんがん)「藁の上でも三貫」生まれたばかりの赤児でも、男子はすでに銭三貫文の値打ちがあるという意。また、出産には三貫文の出費が必要だということ(「産の入り用は藁の上から三貫」参照のこと)。──【故事俗信ことわざ大辞典】(落語・位牌屋「藁の上から三貫という昔からの譬え、今は中々然んな事じやァ足らん」)

【藁の上からの許嫁】わらのうえからのいいなずけ)生まれ落ちるとすぐに。生まれた時から。藁の中から。──【故事俗信ことわざ大辞典】この場合は生まれながらに親同士が決めた縁組であること。(講談・清水次郎長「今年二十一で、之には藁の上からの許嫁が御座います」)

【藁をもつかむ思い】わらをもつかむおもい)「溺れる者は藁をもつかむ」を参照のこと。 (講談・名医と名優「溺れる者は藁をもつかむ。どうせ田舎廻りの藪医者であろうが、とりあえず診てもらおう」)

【破れ鍋にとじ蓋】われなべにとじぶた)われた鍋にはそれにふさわしい修繕した蓋があるものだ。どんな人にも、それ に相応した手ごろな配偶者があるというたとえ。また、粗末な者は粗末な者と結び合わせたほうがうまくいくというたとえ。──【故事俗信ことわざ大辞典】 「~に閉め蓋」という用例(安中草三郎)あり。「毛吹草」にもある。(落語・薬違い「破れ鍋にとじ蓋、物には釣合というものがあらァ」)《い》

【我に問い、己に答える】われにとい、おのれにこたえる)  「胸に問い、腹に答える」(講談・木曾富五郎)などとも。(講談・汐留の蜆売り「われに問い、己に答えました次郎吉、途中を急ぎまして入ってまいりました芝の汐留の河岸」)

【我横に歩みながらに我が子には直に歩めと無理な親蟹】われよこにあゆみながらもわがこにはすぐにあゆめとむりなおやがに) (講談・薮原検校「我横に歩みながらに我が子には直に歩めと無理な親蟹 自分では人殺しをして盗賊をした兇状持だが、子供には真直な道を歩かせたいといふ。之は親子の情」)

 トップヘ

広告を非表示にする